フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

美楽加油

2013年3月12日 (火)

「晴れのち女神が微笑んで」(原題:美楽加油) で中華ドラマに目覚めた方に オススメの華流ドラマ いろいろベスト3

◆台湾日曜偶像劇枠 歴代視聴率ベスト3

1)「ハートに命中100%」(平均7.44)

2)「秋のコンチェルト」(平均5.80)

3)「敗犬女王」(平均5.69)

◆胸キュン♡ラブコメ ベスト3

1)「晴れのちボクらは恋をする」(全25話)

2)「ハートに命中100%」(全39話)

3)「最後はキミを好きになる!」(全30話)

◆泣ける感動系ベスト3

1)「秋のコンチェルト」(全34話)

2)「ハートに命中100%」(全39話)

3)「あの日を乗り越えて」(全6話)

| 

◆映画通もナットクの脚本で選ぶベスト3

1)「秋のコンチェルト」(全34話)

2)「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」(全20話)

3)「あの日を乗り越えて」(全6話)

◆台湾・中国の美しい風景に出逢えるベスト3

1)「五月に降る雪」(台湾中西部の苗栗ミャオリー)

2)「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」(台湾最南端の墾丁)

3)「晴れのちボクらは恋をする」(台湾中部の日月潭付近&厦門)

◆華流の原点はやっぱりF4!という方へのベスト3

1)「秋のコンチェルト」(ヴァネス・ウー)

2)「五月に降る雪」(ケン・チュウ)

3)「あの日を乗り越えて」(ヴァネス・ウー)

◆美顔系のイケメンに出逢えるベスト3

1)「晴れのちボクらは恋をする」(マイク・ハー、リー・イーフォン)

2)「晴れのち女神が微笑んで」(マイク・ハー、ゴールデン・チャン)

3)「ハートに命中100%」(バロン・チェン)

◆男らしい濃い系イケメン俳優が好きな方へのベスト3

1)「PS男」(ラン・ジェンロン)

2)「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」(イーサン・ルァン、エディ・ポン)、「敗犬女王」(イーサン・ルァン)

3)「最後はキミを好きになる!」(ジョセフ・チャン)

◆女神に出逢えるベスト3

1)「五月に降る雪」(ミシェル・チェン)

2)「PS男」(ソニア・スイ、ビアンカ・バイ)

3)「晴れのちボクらは恋をする」(チャン・チュンニン)

御覧になりたい作品の参考になりましたでしょうか?

「晴れのち女神が微笑んで」が好きだった人には、

◆胸キュン♡ラブコメ ベスト3

◆台湾日曜偶像劇枠 歴代視聴率ベスト3

に入っている作品をオススメしたいと思います。

では、レンタル・ビデオ店にGO!

2013年3月11日 (月)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(12)

本日先ほど、「晴れのち女神が微笑んで」がBSフジで最終回を迎え、平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」~というオンエア・チェック体制の日々が終わり、明日からしばらくはジャクギ一本の体制に・・・ちょっぴり寂しい感じもします :)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/vs-efd2.html

◆「晴れのち女神が微笑んで

第22話(最終回)「最後に女神は微笑む」、いかがでしたでしょうか?

台湾式ハッピー・エンディングでした。(*念のためですが、弊社で編集を加えたものでありませんので!台湾オリジナル版と同じエンディングです)

原題の「美楽、加油」に対して、最後は「以烈、加油」というセリフで締めくくっていました。

J-KINGコンサート開催~ということで、以烈(イーリエ)は無事に手術を終えて生きておりました :)

手術から6年~以烈、美楽、息子3人、大家族とともに幸せな日々を過ごしていたんだナ~ということで!

今更ながらですが、ドラマのオープニングとエンディングは、4月下旬から5月上旬に台湾の山岳部で咲く油桐花(ヨウトンフア)をモチーフにしたデザインになっていました。合間合間のイラストや出演者・スタッフのクレジットのワンポイントに、油桐花が使われていました。

油桐花は、日本の桜と同様に、台湾では春の風物詩です。

日本の桜は4月、台湾の油桐花は5月、

4月下旬~5月の上旬、台湾中部の山岳部は、山の上に雪がかかったような感じになるので、「五月雪」と言われています。

このドラマは、ケン・チュウ&ミッシェル・チェン主演の「五月に降る雪」同様に、客家(ハッカ)を称えたドラマですが、油桐花(ヨウトンフア)は、彼ら客家族が多く住む台湾中部の苗栗(ミャオリー)の名物です。

満開の花が散る様は、とても詩的です。

こんなような感じに散ります⇒ http://www.gogatsu-yuki.com/

去年は残念ながら台湾で油桐花の満開の様子を見ることが出来ませんでしたが、今年こそは見たい!と思っています。

「晴れのち女神が微笑んで」のBSでの放送は本日で終了ですが、もし見逃したエピソードがある方は、こちらをどうぞ⇒ http://www.amuse-s-e.co.jp/harejyo/

再見!

「晴れのち女神が微笑んで」 本日17:00~BSフジでいよいよ最終回!

いよいよ最終回です!お見逃しなく!

http://www.bsfuji.tv/top/pub/harezyo.html

2013年3月 6日 (水)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(11)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/vs-dd3e.html

◆「晴れのち女神が微笑んで」第19話「残酷な愛し方」

いよいよ残り3話となって来ました・・・

本日のエピソード、美楽(メイラー)が中国の杭州(ハンジョウ)に出発した後、以烈(イーリエ)は故意に美楽と距離を置こうとします。

さて、本日の杭州(ハンジョウ)編ですが、台湾とは違った町並みを楽しめたかと思います。

このドラマ、中国浙江省の会社が制作にからんでいますが、杭州は浙江省の省都です。

最近、台湾と中国の合作プロジェクトが増えて来ていますが、玉石混交の中、「晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天」や「晴れのち女神が微笑んで」は”玉”即ち成功例の部類に入るかと思います。

成功している合作プロジェクトは、台湾と中国大陸の両方でテレビ放送されますので、見分けが付けやすいと思います。

しかも、台湾での視聴率も良かったです。

さあ、杭州の何(ホー)家のエピソードと、美楽&以烈の物語はこの後どのように展開して行くでしょうか?

明日の放送もお楽しみに!

2013年3月 4日 (月)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(10)

年度末決算作業が落ち着いて来て、オンエア・チェック再開!

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/vs-bc40.html

◆「晴れのち女神が微笑んで」第17話「突然の事故」

「え!?」と思われた方もいらっしゃったかと(笑)・・・

父親の最期を看取るために病院に向かった以烈(イーリエ)が交通事故に遭ってしまうなんて!

そんでもって、病院で手術中に心肺停止で死亡!・・・と思いきや、美楽(メイラー)の心臓マッサージ(というか心臓を叩いてましたが!)で息を吹き返す・・・という展開。

更には、トラックにぶつけられて自動車のフロントガラスが粉々になったのに、以烈(イーリエ)の顔にはガラスの破片が刺さらずに綺麗な顔のママ。

このあたり、台湾ドラマっぽいって言うんでしょうかネ、ご愛嬌様です(笑)

とってもドラマチックな展開。

このシーンで流れていた曲は、日本で大ヒットした楽曲のシンディ・ワンによるカヴァーです。

さて、以烈(イーリエ)が退院してから美楽と二人で訪れていたヴィラはまたまた油桐花(ヨウトンフア)の里、客家族が多く住む苗栗(ミャオリー)の辺りかと思われます。

二人がお茶をしていたテーブルに「油桐花」と書かれたメニューらしきものがありました。

「油桐花」と言えば、以前も御紹介したドラマ「五月に降る雪」も油桐花をモチーフにしたドラマです:http://www.bs4.jp/drama/gogatsu/

BSでの放送は先週終了しましたがDVDがリリース中です:http://www.gogatsu-yuki.com/

さて、退院したものの、以烈(イーリエ)は事故の後遺症で記憶障害を患って行きます。

なんとも韓流ちっくですが・・・

更には、台湾での放送当時、シンディ・ワンが一人二役を演じたことで話題となっていた何(ホー)社長の妹のストーリーが出てきてエピソードがテンコ盛り。

「えー!」と思いながらも観てしまうのが、このドラマの面白さです(笑)

この何(ホー)社長役を演じているのは中国大陸のゴールデン・チャンという俳優さんですが、4月24日からアジアドラマチックTVで放送開始になる「恋せよ姐GO」(原題:姐姐立正向前走)にも出演しています。フェイルンハイのジローとH.E.というアイドル・ユニットを組んでいます。

それでは明日の放送もお楽しみに!

2013年2月28日 (木)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(9)

今週は全然記事が書けておりません~ ><

・・・と申しますのも、現在、2012年度の年度末会計処理の最中なんでございます。

仕事をしながらオンエアをチラ見しているのですが、解説記事までは手が回らじでして、、、

ということで過去の記事を流用でご容赦~

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

いま一度、ジャクギ解説記事の一覧をば:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-6854.html

◆「晴れのち女神が微笑んで

こちらも、今までの関連記事をば:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/cat46732048/index.html

2013年2月20日 (水)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(8)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/vs-c841.html

◆「晴れのち女神が微笑んで」第9話

「花嫁 傷心の失踪劇!」・・・とうとう結婚式はキャンセルに!傷心の美楽(メイラー)は山中のヴィラに逃避行。そこに以烈(イーリエ)が現れて・・・。

この山中のヴィラでの二人の朝食の風景、とても綺麗でしたね。

このシーンで美楽(メイラー)が「油桐花(ヨウトンフア)を見ながらコーヒーを飲みたい」というセリフを言っていたことから、ここは油桐花で有名な苗栗(ミャオリー)付近(新竹と台中の間)だと推測されます。この地域には客家(ハッカ)の人たちが多く住んでいます。

実はこのドラマ、行政院客家委員会が制作に入っており、客家人の勤勉さや文化をドラマを通じて伝えるという役割を担っています。美楽(メイラー)の家族は客家人という設定になっていまして、勤勉が故、美楽はあれだけ資格を持っているワケです!

ここでピピーンと来た人は華流ドラマ通!

客家文化を伝えるドラマと言えば、現在BS日テレさんで放送中のF4ケン・チュウxミシェル・チェン主演の「五月に降る雪」があります(今夜が最終回!)。

下記のHPでは、満開の油桐花(ヨウトンフア)が散っている様子が御覧になれます:

<アジドラHP>https://www.so-net.ne.jp/adtv/gogatsu/

<BS日テレHP>http://www.bs4.jp/drama/gogatsu/

油桐花が咲く季節は4月~5月の間で、咲くのは山間部。満開の時はまるで白い雪が山にかかっていような感じなので「五月雪」とも呼ばれています。ドラマのタイトルが「五月に降る雪」になっているのは、この花がテーマになっているからです。

美楽(メイラー)が「油桐花(ユウトンフア)も咲いていないし、一緒にいるべき相手も違う」と言っていましたね?

油桐花には”愛の伝説”というのがありまして、「別れてしまった恋人たちが油桐花が満開に咲く小道で再会すると永遠に結ばれる・・・」と言われているのですが(ドラマ「五月に降る雪」のテーマになっています)、もし美楽(メイラー)が以風(イーフォン)と油桐花が咲く小道で再会できれば、小悪魔の邪魔立てを吹き飛ばして、仲直りできるのに!と思っていたんでしょうね(笑)

晴れのち女神が微笑んで」と「五月に降る雪」は実は客家を描いた姉妹作のような感じでして、前者は2011年6月5日~8月28日に台湾の中視(CTV)で放送され、後者は同じ年の9月27日~10月26日に同じく中視で間髪入れずに放送されています。

「五月に降る雪」に関しては、年内に放送が終わることができるようにワザとそうしたのか、平日(月)~(木)22:00~23:00という通常は偶像劇枠ではない枠で週4進行で放送されましたので、もしかしたら、2011年は客家にとって何かを記念する年だったのかもしれませんね。

「晴れのち女神が微笑んで」を御覧になっている方で、油桐花(ヨウトンフア)の愛の伝説に興味を持たれた方は、今夜の「五月に降る雪」の最終回放送をオススメします。

愛の伝説を目撃できますよヨ。

BS日テレ23:00~です。

どうぞお楽しみに!

2013年2月19日 (火)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(7)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

本日より「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)」に記事を一本化させて頂きます:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-9594.html

◆「晴れのち女神が微笑んで」第8話

「婚約者の裏切り」・・・以風(イーフォン)兄さん、明日美楽(メイラー)との結婚式だというのに、まんまと小悪魔の手のひらで転がされています。兄さん弱すぎ!

さて、結婚式のリハーサルで使われていたアノ教会、華流ファンの方であればどこかで御覧になったことがあるかと。

ジェリー・イェン x エラ・チェン主演「君には絶対恋していない!」のキー・ビジュアルとして使われていた教会です:

http://www.bs-j.co.jp/kimikoi/index.html

華流ドラマでよく使われていますネ

明日の放送もお楽しみに!傷心の美楽(メイラー)は如何に?!

2013年2月18日 (月)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(6)

さ、今週も始まりました、平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」、プラス、水曜日の夜は「五月に降る雪」!

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

ということで、いま一度、ジャクギ解説記事の一覧をば:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-6854.html

◆「晴れのち女神が微笑んで

こちらも、今までの関連記事をば:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/cat46732048/index.html

では、今週の放送もお楽しみに!

2013年2月15日 (金)

平日午前は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、夕方は「晴れのち女神が微笑んで」 !(5)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ

金曜日は放映がございません~

来週(月)~(木)の放送をお楽しみに!

◆「晴れのち女神が微笑んで」第6話

以風(イーフォン)お兄さんがついに小悪魔の手に落ちてしまいました

ザ・不倫

台湾は、2010年11月5日~2011年4月15日にかけて放送されたドラマ 「結婚って、幸せですか」(原題:犀利人妻)が大ヒットして以降、”小三”(シャオサン)というコトバが社会現象化しました。

ドラマの中で、仲の良い夫婦の関係を裂く小悪魔女性の役名が ”小三”だったので、不倫の代名詞のように使われるようになりました。

ただ、台湾では小学校三年生のことも”小三”と言うので、PTAの間でちょっとした問題になったりしました。

「晴れ女」の中のシュエンシュエンという小悪魔女性の設定も、そんな当時の社会現象を反映したものだったと思います。

「晴れ女」は2011年6月5日から台湾で放送開始になったので、制作過程で”小三”現象の影響を受けていると推測されます。

台湾の日曜偶像劇に、このような生々しい不倫ネタが出てくるのは非常に珍しいのですが、それ故に、フツーの偶像劇とは違ったヒネり、深みが出てドラマが面白くなっていると思います。

それでは、来週月曜日の放送をお楽しみに!

より以前の記事一覧

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック