フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« エンタメ~テレ 2014年6月のオススメ「晴れのちボクらは恋をする 」 | トップページ | Road to 「歩歩驚情」: 中国歴史ドラマ 「宮廷の泪・山河の恋」 ファーストラン放送終了 ⇒ その他オススメ作品の御紹介 »

2014年5月20日 (火)

Road to 「歩歩驚情」: 中国歴史ドラマ 「宮廷の泪・山河の恋」 ファーストラン最終回 ⇒ 改めまして清朝宮廷サーガ三部作の位置づけ

本日、「宮廷の泪・山河の恋」のファーストラン放送が最終日を迎えました。

視聴して下さった皆様、如何でしたでしょうか?

ネット上で色々な感想を拝見させて頂いておりましたが!(^^)

このドラマは、ユアルこと孝荘文皇后の一代記になっていますが、ドラマのベースになっているのは、ドラマの頭、ヌルハチ崩御後のハン継承の遺言(第4王子ホンタイジ vs 第14王子ドルゴン)をユアルが皆に伝えた際の宣誓です:

 ホルチン部の女が恐れるのはー

 ”夫に愛されず 子に背かれること”

 偽証ならば そうなってよいか?

 「偽りを言えば 夫に愛されず子に背かれ

 生涯 孤独な身となる」

ユアルは偽証したため、宣誓の通りの人生を送ることとなったというオチです。

おそらく、LOVEを期待されていた方には満足の行く顛末ではなかったと思いますが、割と史実に近いストーリー・ラインになっていたかと思います。

そして、「宮廷女官ジャクギ」の康熙帝の代に突入しました。康熙帝は順治帝の第三皇子、母親は佟妃(トゥンひ)です(分かりづらいと思いましたので、ドラマ本編には解説字幕を入れておきました)。

さて、アジア・リパブリックではこれまでに3つの清朝宮廷ドラマを日本のお茶の間にお届けして参りました:

第1弾:「宮廷女官ジャクギ

第2弾:「宮廷の諍い女

第3弾:「宮廷の泪・山河の恋

これら3作品を時系列的に並べ直してみると下記のようになります:

Photo

これを、スター・ウォーズ式に言うと(笑)、

Episode 1-4 「宮廷の泪・山河の恋」(ヌルハチ~ホンタイジ~順治帝~康熙帝即位)

Episode 4-5 「宮廷女官ジャクギ」(第4代康熙帝~第5代雍正帝)

Episode 5-6 「宮廷の諍い女」(第5代雍正帝~第6代乾隆帝)

という並びになります。

上から下に清朝宮廷ドラマの初級⇒中級⇒上級みたいな感じになりますでしょうか。

「山河の恋」は清朝の初期ヌルハチ~康熙帝即位まで(約46年)を駆け足で描き、全36話の中に清朝のベーシックな歴史情報を詰め込んでいるのに対し、「諍い女」は雍正帝一代(約14年)を全76話でじっくりと描いています。

おそらく、「諍い女」を観てから「山河の恋」を観ると、ドラマの厚みが足りないように感じられるかもしれませんが、上記のような時系列順に御覧いただくと、順々に厚みが増して行く感じになりますので、アジリパ的にはそのような鑑賞方法をオススメしたいと思います。

「宮廷女官ジャクギ」や「宮廷の諍い女」の台詞の中には清朝初期の先達たちの話も出てきますし、満州族・蒙古族・漢族の関係値を理解する上でも「山河の恋」で清朝のベースを理解しておくことをオススメしたいと思います。

清朝は、康熙帝・雍正帝のあたりからは漢語も理解し、漢人を重用して行きましたが、清朝初期では満州族と蒙古族(特にホルチン部)との結び付きの方が強かったとか、ガッテンすることが多いです(^^)

さて、「宮廷の泪・山河の恋」のファーストラン放送は本日で終了ですが、6月5日(水)にはレンタルDVDが、6月25日(水)にはセルDVDがリリースされます:http://sanga-koi.com/

Sanga_sell_box_small

(*上記はセルDVDのジャケット・デザインです。若干修正する可能性があります)

放送を見逃された方は、今秋の「歩歩驚情」(「宮廷女官ジャクギ」の続編:http://www.bs-j.co.jp/jyakugi2/)の放送開始までにぜひ!

« エンタメ~テレ 2014年6月のオススメ「晴れのちボクらは恋をする 」 | トップページ | Road to 「歩歩驚情」: 中国歴史ドラマ 「宮廷の泪・山河の恋」 ファーストラン放送終了 ⇒ その他オススメ作品の御紹介 »

宮廷の諍い女」カテゴリの記事

山河恋」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歩歩驚心」カテゴリの記事

歩歩驚情」カテゴリの記事

コメント

社長様
ブログ楽しく拝見しております。
最終回見せていただきました。

山河恋は私はかなりハマりまして、
玉児、多爾袞、ホンタイジ、フリンの人生を調べたり
しました。
玉児の生き方に色々考えさせられました。
毎朝家族が出かけて2回目の洗濯機を回しながら
録画した物を見る生活でした。
明日から淋しいなぁと思ってますが、
宮廷の諍い女がノーカット版を待ってましたので
(買わなくてごめんなさい)
アジドラさんでの録画した物がありますので、
じっくり見たいと思ってます。
山河恋が終わってから、諍い女を見たいと思ってましたが、私は間違っていなかったんですね(^_^;)
諍い女はまだ3話くらいしか見ていないんです。

秋からの「歩歩驚情」も楽しみにしています(*^^*)
若曦のドラマは今でも本当に好きなドラマです(^^)
こちらの会社のドラマはほとんど拝見しております。
これからも良質の台湾、中国ドラマ、映画を日本で見らますよう、切によろしくお願い致します。

tsufuta様、メッセージ有難うございます。

そして、「宮廷の泪・山河の恋」を最後までお楽しみ下さったようで、嬉しく思います。

はい、順番としては「山河の恋」⇒「諍い女」の方が、よりドラマを理解できると思います。

皇后役のエイダ・チョイさんは、どちらのドラマでも皇后をやっておられますので、入りやすいと思いますヨ!

「諍い女」ご覧になったらまた感想をお聞かせ下さいませ!

今後とも応援のほど宜しくお願い申し上げます(^^)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/56258450

この記事へのトラックバック一覧です: Road to 「歩歩驚情」: 中国歴史ドラマ 「宮廷の泪・山河の恋」 ファーストラン最終回 ⇒ 改めまして清朝宮廷サーガ三部作の位置づけ:

« エンタメ~テレ 2014年6月のオススメ「晴れのちボクらは恋をする 」 | トップページ | Road to 「歩歩驚情」: 中国歴史ドラマ 「宮廷の泪・山河の恋」 ファーストラン放送終了 ⇒ その他オススメ作品の御紹介 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック