フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« アジア・リパブリック 2013年下半期に放つ3本の矢は 華流10周年にちなんだラインアップ | トップページ | 映画 『花様~たゆたう想い』 シネマート六本木 第三週目の上映スケジュール »

2013年11月 7日 (木)

アジア・リパブリック 2013年下半期に放つ3本の矢は 華流10周年にちなんだラインアップ (2)

今年上半期の3作品を軽く振り返っておこうと思っていたのに、ついつい長くなってしまったので、ページを改めまして、今年”下半期”の3本の矢について!!

華流ドラマの金字塔「流星花園」が日本で初放送されたのが2003年10月4日(BS日テレ)。

今年の10月をもって、華流日本上陸10周年を迎えたのでありました!恭喜恭喜!

世の中的には韓流10周年のイベントにアテンションが行っていたようですが、華流だって忘れないでね(><)

韓流10周年イベントはやっぱりヨン様と「冬ソナ」で幕を閉じましたが、華流10年と言えば、やはりマーケットを牽引して来たのは何と言ってもジェリー・イェン氏ですよね。

で、弊社と致しましても何か華流10周年のささやかなお祝いをしたいという気持ちがありましたので、華流が日本に上陸した10月を記念して、映画『花様~たゆたう想い』(http://kayou-movie.com/)を10月に日本で劇場公開!その時の想いはココに⇒http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/08/bs2003104102013.html

ジェリーさん、アーティストになられましたねぇー!

ということで、本作を皮切りに、2013年の下半期は、華流10周年をお祝いする3本の矢を放ちまする。

続く2本の矢、先ずは、

◆「Love Around~恋するロミオとジュリエット」(原題:真愛黒白配)

昨日11月6日(火)からアジアドラマチックTVで放送開始!(http://www.so-netme.co.jp/adtv/lovearound/

10月27日(日)に台湾で最終回を迎えたばかりのホッカホカの新作ラブコメ。台湾の日曜偶像劇枠(日本の月9のようなもの)で今年No.1の視聴率!

華流10周年を記念して、台湾の最新ヒット作を最速で日本のお茶の間にお届け!

主演のジョージ・フーは台湾で出演作目白押しの超HOTなアーティスト。日本でも「夏の協奏曲」、「Love Around」、「Love NOW」、そして、「王家の○○」に似ているというウワサの時代劇も続々上陸。

台湾の最新のトレンドを!ということでセレクトした逸品です。

10月22日~24日にジョージ・フーが来日して日本の媒体の取材を受けた記事が徐々に露出して行っておりますので、記事をお楽しみに!

そして、3本目の矢は、

◆「屋根の上のエメラルド」(原題:屋頂上的緑宝石)

ウォレス・フォ x スン・リー x ジョージ・フー(デビュー作)の感動の名作。

海南島、上海、ロンドン、スコットランドの海外ロケを決行!

昨今流行りの台中合作ドラマの走りとなった記念すべき作品。

このドラマは、日本の華流10年の中で埋もれてしまった逸品です。

日本における華流の前半は、日本の漫画原作のドラマが中心に輸入されていて、台湾のオリジナル・ドラマはほとんど日本には入って来ませんでした。

その流れが変わったのは「ハートに命中100%」(2008年12月17日からBS日テレで放送)からでした。弊社が手掛けた記念すべき第一号作品です。その後、「敗犬女王」、「秋のコンチェルト」、「PS男」、「晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天」と、台湾オリジナル作品が好評を博して行きましたが、「ハートに命中100%」以前の作品はなかなか日本で紹介される機会がありませんでした。

「屋根の上のエメラルド」は、私が前職の「Live Taiwan」の時から目を付けていて手掛けたかったドラマなのですが、その時は、コミック原作の台湾ドラマが主流でしたので機会を逸してしまっておりました。

が、ここに来て、ようやっと日本で展開できるチャンスが巡って来ました。

第一に、言わずもがな、スン・リー主演の「宮廷の諍い女」が日本でもヒットしたことによって展開しやすくなったこと。

第二に、今年中国で一番のヒットとなったウォレス・フォ主演の「新・笑傲江湖」が日本で放送されることになったこと(原作の金庸ファンには不評のようですが、原作を読んでいない人、特に女性にとっては非常に楽しめるドラマですよ!何と言ってもイケメン・パラダイス!中華圏ではホスト版「笑傲江湖」なんて言われてましたし・笑)。ウォレス・フォと言えば華流初期の大ヒット・ドラマ「イルカ湾の恋人」「二人のお嬢様」などで御馴染みのアイドルだったのですが、その後は中国大陸で活躍するようになって、台湾偶像劇からは遠ざかっていたのですが、「屋根の上のエメラルド」は彼が久々に出演した台湾系ドラマだったのでした。

第三に、先ほども述べましたように、ジョージ・フーが台湾で大ブレイク、日本でも彼の出演作が続々と放送されることになったからです。「屋根の上のエメラルド」は彼の幻のデビュー作。ニューヨークで生まれ育った彼は、ネイティブ言語が英語、大学卒業して台湾でデビューしたての頃は中国語も覚束なかったぐらいでして、本ドラマでは別の人によって吹き替えられてしまっています。でも、今では中国語もベラベラで、ドラマで主役も張るようになりました。今後の台湾華流の顔の一人になって行くことでしょう。

ということで、3つの理由に支えられて、日本でお目見えすることになりました。

あの当時にこんなクオリティの華流ドラマが制作されていたのか!?と目からウロコの逸品です。ぜひ御堪能下さいまし。

それでは、アジア・リパブリック2013年下半期の3作品も御贔屓に!

« アジア・リパブリック 2013年下半期に放つ3本の矢は 華流10周年にちなんだラインアップ | トップページ | 映画 『花様~たゆたう想い』 シネマート六本木 第三週目の上映スケジュール »

Love Around~恋するロミオとジュリエット」カテゴリの記事

夏の協奏曲」カテゴリの記事

姐姐立正向前走」カテゴリの記事

宮廷の諍い女」カテゴリの記事

屋根の上のエメラルド」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

花様~たゆたう想い」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/53854860

この記事へのトラックバック一覧です: アジア・リパブリック 2013年下半期に放つ3本の矢は 華流10周年にちなんだラインアップ (2):

« アジア・リパブリック 2013年下半期に放つ3本の矢は 華流10周年にちなんだラインアップ | トップページ | 映画 『花様~たゆたう想い』 シネマート六本木 第三週目の上映スケジュール »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック