フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月30日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第52話: さよなら斉妃、葉答応⇒寧貴人、第三皇子の母となった皇后、果郡王の悲報

本日放送の第52話、いかがでしたでしょうか?

◆さよなら斉妃

この人、頭悪いんです・・・><

華妃みたいに証拠を残さず悪事をなすようなタマではないんです。

毎度毎度、誰がやったかすぐにバレるような方法で毒を盛るんですもの。

以前も、甄嬛に夾竹桃を盛った時もすぐにバレましたしね。

今回の葉答応への毒も・・・。

最期は哀れ・・・皇后に操られてご自害あそばしました。

葉答応寧貴人

大した女です。

毒だと知ってて飲んでいたのですね、あの斉妃からの差し入れを・・・

事件を哀れに思った雍正帝より昇格人事のお達しがあり答応から貴人へ。封号をも賜りました。

◆第三皇子の母となった皇后

華妃の没後、本性を徐々に現にしてきた皇后。

ザ・裏ボス。本当の悪です。

斉妃を死においやり、まんまと正式に第三皇子(弘時)の母親になりやがりました。

皇后が狙っているのは皇太后の座です。

弘時が次期皇帝になったあかつきに自分が皇太后になるために、生母である斉妃を闇に葬ったのです。

皇后は既に子供を産めないカラダですので、他の妃が生んだ皇子を自分のものにする必要があったのです・・・恐るべし!

皇太后が示唆していたように、実姉の純元皇后も実は・・・(。>0<。)

果郡王の悲報

「宮廷の諍い女」唯一のイケメンが!

え、マジか?!( ̄ー+ ̄)

来週のお楽しみです。

9月23日発売!台湾エンタメパラダイス Vol.5 『花様~たゆたう想い』特集

http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-785-7/Default.aspx

表紙はジェリーさん!

「花様~たゆたう想い~」ジェリー、ジョセフ、中華明星競演。台湾初の時代劇映画

2013年8月29日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第51話: 甄嬛♡果郡王、西蔵へ、梁山伯と祝英台、甄嬛ご懐妊、葉瀾依⇒常在

本日放送の第51話、いかがでしたでしょうか?

甄嬛果郡王西蔵へ、梁山伯と祝英台、甄嬛ご懐妊

甄嬛と果郡王のLOVEラブな日々に影が・・・

ロミオとジュリエットばりの仮死の薬を温太医から手に入れて、幸せへのステップを準備していたのに・・・

果郡王は雍正帝から西蔵(チベット)派遣を言い渡されてしまいます

甄嬛と果郡王は、しばしの別れ

その時に、「梁山伯と祝英台」の話が出てきます

実はこの話は悲劇なんです・・・

二人は結ばれずに蝶になるというオチになっています。

御参考までにWikipediaをどうぞ:

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A2%81%E5%B1%B1%E4%BC%AF%E3%81%A8%E7%A5%9D%E8%8B%B1%E5%8F%B0

別れ際に縁起の悪い話なんです。こんな話をしちまったもんだから・・・

果郡王との別れのシーン、馬に乗って峠を去って行く郡王の後ろ姿が印象的でした。

そして・・・・・あと10日もすれば郡王が帰ってくるという時に、甄嬛のオメデタが明らかになりました。

が、紫禁城から訪れた沈眉荘から、父が寧古塔で重病という知らせを聞かされます・・・

葉瀾依常在

じゃじゃ馬が後宮に召されました・・・

官女子の位をぶっとばしてイキナリ常在に。

以前にも華妃の待女だった喬頌芝がイキナリ常在になったのと同じ待遇です。

雍正帝って一体・・・

後宮の妃たちの間でも物議をかもします。

この葉常在、今後のストーリーでいい味出して行きます。

敵か?味方か?!

果郡王と親しそうに話していましたネ。

雍正帝の夜伽で何やら薬を飲んでいましたね!

今後の展開をお楽しみに!

では、明日の放送もお見逃しなく!

「Chinese STAR 2013 秋号」にて 「宮廷の諍い女」リー・トンシュエ&チャン・シャオロンのインタビュー特集、映画『花様~たゆたう想い』特集

http://long-net.com/index.php?document_srl=73430

2013年9月9日(重陽節)発売です!

リー・トンシュエ(果郡王)のポスター付き!

2013年8月28日 (水)

「恋せよ姐GO!」あと1週間でDVDリリース!ということでDVD用HPの公開です!

来週9月4日(水)に、いよいよ「恋せよ姐GO!」のDVD第一弾のリリースですよ!

ということで、DVD用HPを公開しました↓↓↓

http://koiseyo-anego.com/

アジアドラマチックTVのHPと合わせて御覧ください!

http://www.so-netme.co.jp/adtv/anego/

「恋せよ姐GO!」あと1週間でDVDリリース!ということで日本版トレイラーです!

来週9月4日(水)に、いよいよ「恋せよ姐GO!」のDVD第一弾のリリースですよ!

ということで、日本版トレイラーを公開しました↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?v=_T-a0iNVYms

(アジアドラマチックTVのCFとは違うもので、本日初公開!)

良い感じにまとまったと思います!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第50話: 甄嬛♡果郡王、果郡王vs温太医、斉妃-弘時、葉瀾依、ジュンガル部の男

本日放送の第50話、いかがでしたでしょうか?

もう50話なんですね~。あと26話です!

甄嬛果郡王

相変わらずラブLOVEモードです。

果郡王が紫禁城に行っている間、二人は文を交わしてお互いの気持ちを確かめ合います。

詩のやり取り、とてもロマンチックです。平安朝の貴族のようですね。

再会した時、「37日も会えなくて・・・」と、甄嬛がいじらしかったですね。後宮では見せなかった一面です。

このまま幸せが続くといいのですが・・・

果郡王 vs 温太医

温実初、大失恋の巻。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

温厚な温兄ちゃんにしては珍しく、今日は声を荒げていました。

お前はイイヤツだ!報われて欲しい

斉妃 - 弘時(三阿哥、第三皇子)

アホな斉妃。

聞かれてはならない会話を皇后の遣いに聞かれてしまいました・・・

このことが後々・・・

葉瀾依

新キャラ登場です!

円明園百駿園で馬の調教をしている女官。

雍正帝の目に留まりました。

ということは・・・。はい、さっそく蘇培盛がその手配をしていましたね(笑)

明日の放送でわかります。

ジュンガル部の男

この人、第三部の後半で再登場する重要人物です!覚えておいて下さい~

ジュンガル部は清の西北部遊牧民族

清にとってはやっかいな相手です。

「宮廷女官ジャクギ」にも出て参りましたネ

さあ、ラブLOVEモードの中、新キャラも登場し、第三部はどのように展開して行くでしょうか?

明日の放送もお楽しみに!

月間TSUTAYA アジアMAGAZINE 2013年9月号: 「宮廷の諍い女」、「恋せよ姐GO!」

現在TSUTAYAの店頭で配布されている月間TSUTAYA アジアMAGAZINE 2013年 9月号~

◆「宮廷の諍い女」 P.12

 日本版予告編: http://isakaime.com/

◆「恋せよ姐GO!」 P.22

 日本版予告編: https://www.youtube.com/watch?v=k1xno0lXG94

  アジドラでのファーストラン放送最終回、過去最高水準の視聴率で有終の美を飾ってくれましたよ~。

 「華流ドラマの作られ方」「制作舞台裏」に興味のある方はこのドラマは面白いと思いますよ~。勉強になります。自分も改めて勉強になりました!

2013年8月27日 (火)

『花様~たゆたう想い』 ジェリー・イェンさんのナマ声によるメッセージ

http://papa.me/post/G5i6j9cQ?syncref=sinapost

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第49話: 皇太后vs隆科多、甄嬛♡果郡王 雨の名シーン、恵貴人⇒恵嬪、果郡王vs温太医

本日放送の第49話、いかがでしたでしょうか?

皇太后vs隆科多(ロンコド)

今日のエピソードの半分は皇太后(雍正帝の母)が主人公でした。

「宮廷女官ジャクギ」では弟の十四爺を可愛がり、兄の四爺(雍正帝)を忌み嫌っている母親というキャラクター設定でしたが、「宮廷の諍い女」ではそういった感じではなく、息子である雍正帝を思う良き母親像となっています。

これまでは、病気で伏せりがちで、いつも恵貴人が看病に行っているというイメージでしたが、今日は幼馴染の隆科多の最期のエピソードで主要人物として御登場です。

皇太后はもともと宮女として後宮に入りました。先帝の康熙帝の時代です。

後宮には既に隆科多の姉の孝懿仁皇后がいました(隆科多は雍正帝の叔父にあたる・・・と皇太后が言っていたのはこのことを言っています)。

隆科多は姉に仕えさせるために幼馴染を利用した・・・そのような筋書きとなっておりました。

宮女として入宮し、その後、貴人徳妃皇太后と位が上がって行きましたが(德嬪→德妃→仁壽皇太后→孝恭仁皇后)、その間、温僖貴人良妃舒妃との権力闘争があったことが語られていました。

3月3日・・・この日は宮女選定の儀が行われた日で、現・皇太后は落選して隆科多と結ばれるはずでした。青色は先帝が嫌いな色と隆科多に言われて青い衣装で臨んだのに、実は青色は先帝が一番好きな色だったのです。隆科多は彼女を後宮入りさせるべくウソをついていたワケです。

そんな運命を背負わせた幼馴染に対し、本日、自ら最期のボタンを押したわけです。息子である雍正帝の為に・・・

甄嬛果郡王 雨の名シーン

何も申し上げません!ただただ見て下さい!

昨日の雪のシーンに続き、”禁断の愛”の名シーンです。

こうして二人は結ばれ、郡王の母上=舒太妃に挨拶に行くのでした。

母上は長相思長相守の合奏の時に既に運命を感じ取っておられたようです。

恵貴人恵嬪

皇太后への長年の貢献が認められ、昇格。めでたし、めでたし。

果郡王vs温太医

何も知らない温実初が甄嬛のところにやって来て・・・

明日のお楽しみに!

F4ジェリー・イェンが海賊役の「花様~たゆたう想い~」、日本・中国でも公開へ―中国

レコードチャイナさんより: http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=76045&type=

2013年8月26日 (月)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第48話: 甘露寺→清涼台→凌雲峰、甄嬛♡果郡王、雪の名シーン!朧月との初対面、長相思&長相守の合奏

本日放送の第48話、いかがでしたでしょうか?

今日は、果郡王雪の名シーンがありました!

女性視聴者が萌える大変ロマンチックなシーンだったかと思います。

甄嬛の高熱を冷ますために、果郡王自らが人間熱冷ましに・・・

非常にドラマちっくです。

甄嬛♡果郡王、禁断の愛が・・・

甘露寺清涼台凌雲峰

甄嬛ご一行は静白らに寺からイビリ出されてしまいました。。。

単なる風邪なのか肺炎なのかわからないというのに、雪の中、弱っている甄嬛を外にオン出すなんて鬼!

寺で修業する僧とは思えぬ悪行です。

一方、莫言が甄嬛を守ります。彼女、一匹狼でカッコイイ。良いことがありますように。

朧月と初対面

果郡王を見舞いに清涼台へやって来た雍正帝敬妃欽常在朧月ご一行

甄嬛は初めて自分の娘朧月に対面します。対面といっても覗き見ただけですが。。。

母は涙です・・・

長相思長相守の合奏

これも名シーンの一つです。

舒太妃の住む山荘にて李白の「長相思」を合奏。

舒太妃が詩を吟じることで更に美しい響きとなりました。

長相思長相守の元の持ち主は舒太妃でしたので感慨深いものがあります。

そして、舒太妃も甄嬛♡果郡王の赤い糸を感じ取ったようです。

では、明日の放送もお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) トレイラーを公開しました!

http://isakaime.com/

http://www.youtube.com/watch?v=GwctSQcn__U#t=85

ふふふ、コレは予告編大賞も狙える!?(笑)

2013年8月25日 (日)

『花様~たゆたう想い』 @8/24 ジョセフ・チェンさんファン・ミーティング (2)

本日のファンミで『花様~たゆたう想い』の日本版劇場予告編を御覧になられた皆様、いかがでしたでしょうか?

大スクリーンで観ると、やっぱり一味違いますネ!

予告編上映中、ジョセフ・チェンさんが最初から最後まで魅入っておられていたようなので嬉しかったです(◎´∀`)ノ

本来は、予告編上映中にジョセフさんが司会者の方と感想などのトークをすることになっていたようなのですが、予告編の方に心奪われてしまっていたようで、全くトークなしでしたね^^

実は、『花様』の日本版予告編は台湾版とはかなり編集を変えておりまして、ジョセフさんも初見だったハズ。印象が違う~と思って御覧になられていたのではないかと推察いたします^^

ファンの中には、既に台湾で作品を御覧になられている方も多いように見受けられますが、日本語字幕が入ると、また一味違って来るかと思います。

10月26日の劇場公開をどうぞお楽しみに!

では、今一度、劇場予告編をどうぞ!⇒ http://www.youtube.com/watch?v=66lqDiL1fOw&sns=fb

2013年8月23日 (金)

『花様~たゆたう想い』 @8/24 ジョセフ・チェンさんファン・ミーティング

明日のファンミにて『花様~たゆたう想い』の劇場予告編の上映 & ポストカード付き前売り券の販売がございます:

http://joesfamily.jp/news/

劇場まで行く時間のない方は、ファンミ会場のブースでお買い求め頂けます。

ご情報まで!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第47話: 甄嬛vs祺嬪、舒太妃:長相思&長相守、浣碧-果郡王-阿晋

本日放送の第47話、いかがでしたでしょうか?

後宮から妃たちが甘露寺に大挙してやって来て・・・

甄嬛 vs 祺嬪

後宮に入ったばかりの時は甄嬛に擦り寄っていたは、今や”小華妃”ばりの憎々しさ!

お堂で甄嬛の手を履物でギューっと踏みつけた上、ヒドイ嫌味を言ってのけました。

皇后の庇護のもと、やりたい放題です。

あとでどうなることやら・・・。しっぺ返しが楽しみです。

舒太妃長相思長相守

舒太妃、この名前を覚えていますか?

第17話の「及時雨登場」で出てきた桐花台の元の主です。果郡王の母上です:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/07/17-1201.html

現在は出家して沖静元師となっておられます。

仏様のように優しい表情をされています。

この方がもともと長相思長相守の持ち主でした。

甄嬛との縁を感じ入りました。

浣碧-果郡王-阿晋

第三部のはじめの10話ほどは、甄嬛果郡王の禁断のLOVE編になっていますが、プラス、三角関係も付随して参ります。

甄嬛の待女浣碧は果郡王のことが好きなのねん?でも、果郡王は甄嬛のことが好きなのねん。でもって、家臣の阿晋を結婚相手に薦めちゃうのねん。

さらには、皇太后が孟静嫻という女性を果郡王の嫁に推薦して来て嫉妬メラメラ・・・

というように、浣碧ちゃんの可愛らしい乙女心が垣間見られるLOVE編でもあります。

来週の放送もお楽しみに!

映画 『花様~たゆたう想い』 日本版劇場予告編をWEB上で公開しました!

8月10日(土)のジェリー・イェン・ファン・ミーティング2013「gift」で初出ししました映画 『花様~たゆたう想い』 日本版劇場予告編をWEB上で公開いたしました!

http://kayou-movie.com/

http://www.youtube.com/watch?v=66lqDiL1fOw

まだUPしたばかりなので、再生回数が1ケタとなっております~

お友達にお知らせくださいまし!

2013年8月22日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第46話(第三部): 10月 甘露寺、甄嬛→莫愁 vs 静岸・静白・莫言

さあ、本日より第三部の放送が始まりました~

最終章の開幕です!

10月の秋、朧月公主を出産後まだ7日しか経っていないというのに、甄嬛浣碧槿汐のみをお伴に紫禁城を離れ、甘露寺へ。莫愁という名を与えられ、修業をすることになりました。

*待女が甄嬛を呼ぶ時、後宮では「娘娘」と呼んでいましたが、廃妃の身となったので、「娘子」と呼んでいます。ご注意を!

そういえば、「宮廷女官ジャクギ」の方でも、第33話の「さらば、紫禁城」でジャクギが紫禁城を離れましたね・・・。その時、四爺は涙を流しながらジャクギを遠目で見送っておりましたが(笑)↓↓↓

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/vs-be48.html

「宮廷の諍い女」、しばらくは「甘露寺の諍い女」となって参ります。後宮を抜け出したとしても、女が集まっている組織では、自然と諍い事が起こるようでございます。

甘露寺の諍い女は、静岸静白莫言

静岸は静かそうな住職、静白は監視役で意地悪そう、莫言は態度は悪そうでも正義感がありそうです。

そして、辛い修業が始まった甄嬛の心の支えとなるのが、温太医、そして、果郡王です!特に、果郡王とは禁断の・・・

・・・甘露寺での修行が3ヵ月を過ぎた頃、後宮から諍い女たちが大挙してやって来て・・・

明日の放送も見逃せませんゾ!

お楽しみに!

第一部の放送を見逃してしまった方に朗報!9月4日からレンタルDVDがリリースされます:http://isakaime.com/

合わせてお楽しみ下さい~

2013年8月21日 (水)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第三部の人物関係図と冒頭45秒解説映像が公開されました

本日放送の「宮廷の諍い女」第二部ダイジェスト、いかがでしたでしょうか?

華妃存命中の名シーン、やはり迫力がありましたね!

あんなに悪の華だったのですが、実は、雍正帝への愛に一途な一人のか弱い女でした・・・。ご冥福を!

さて、明日からは第三部の放送です。

先ほど、公式HPで第三部の人物関係図と冒頭45秒解説映像が公開されましたので、明日の放送前に予習しておいて下さいね~

◆人物関係図

http://www.bsfuji.tv/isakaime/soukan/index.html

◆冒頭45秒解説映像

http://www.bsfuji.tv/isakaime/about/index.html

それでは、明日の第三部放送開始をお楽しみに!

「宮廷の諍い女」 華妃役の蔣欣さんから日本の視聴者向けにビデオ・メッセージが届きました! (4)

「宮廷の諍い女」(きゅうていのいさかいめ)公式facebookの「イイね」が1600に達し、華妃役蔣欣(ジャン・シン)さんのビデオ・メッセージをもう一本公開いたしました!

前々回の中国語バージョン、前回の日本語バージョンに続き、日本語によるビデオ・メッセージのオマケ映像です:

https://www.facebook.com/photo.php?v=399939903441568&set=vb.135646253302291&type=2&theater

「オハヨウございます」

可愛らしいです(◎´∀`)ノ

2013年8月20日 (火)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第45話(第二部最終話): 甄嬛vs皇后・安陵容、甄遠道vs瓜爾佳‧鄂敏、甄嬛 仏門へ

本日放送の第45話、いかがでしたでしょうか?

第45話は、「宮廷の諍い女」第二部の最終話です!

甄嬛 vs 皇后安陵容

甄嬛は自身が懐妊したと知るや、皇后に世話人に指名することによって難を避けられると信じていました。

皇太后までもが皇后に甄嬛の子を無事に出産させるようにと釘を刺していたので今回は問題なく産めるのかと思いきや!

安陵容め!

皇后をたきつけました。

しかも、皇族の子子孫孫を願う「螽斯門」の前で!

今や皇后-安陵容のラインは鉄板の百合関係に見えますが・・・

甄遠道 vs 瓜爾佳‧鄂敏(グワルギャ・オミン)

皇后-安陵容が使った卑劣な手段は、甄嬛の愛する父 甄遠道を貶めることによって、身重の甄嬛に精神的な打撃を与え、流産させてしまうことでした・・・

皇太后の目が光る後宮で、あからさまに毒を盛ったり、事故を装うことができなくなっていたからです。

年羹堯を暗に美化しているとされた「銭名世の詩」を甄遠道が持っていたことを瓜爾佳‧鄂敏(グワルギャ・オミン)に暴露されたのがキッカケですが、「銭名世の詩」を否定する詩を作らなかったことにより、雍正帝から、あらぬ疑いをかけられ、重職を解かれて投獄、寧古塔に送られることになりました。

それだけでも甄嬛にとっては十分に精神的なショックでしたが、さらに、甄遠道が牢獄でネズミに襲われ疫病にかかるという知らせが!

安陵容による仕業でした・・・

麝香入りのおしろいと言い、今回といい、ヒドすぎ!

仲良し三人娘だったとは思えませぬ・・・

第三部にて、甄嬛 vs 皇后安陵容はどのように展開していくでしょうか?!

負けるな甄嬛

負けるな女・半沢直樹!(笑)

甄嬛 仏門へ

後宮に疲れ果ててしまった甄嬛。

さらに雍正帝から「お前は後宮に相応しくない、仏門で修業して来い・・・」と心が折れるようなコトバを・・・。鬼!><

甄嬛も甄嬛で気丈で、産んだばかりの娘、朧月公主の養育をさんに託して後宮を去る決心をしたのでした。

さて、明日は第二部のダイジェスト(総集編)です。

華妃追悼、彼女が元気に活躍していた映像をお楽しみに下さい!

華妃を演じたジャン・シンさんから日本の視聴者に向けた日本語によるビデオ・メッセージが届いております。公式facebookを御覧下さい:https://www.facebook.com/photo.php?v=398628623572696&set=vb.135646253302291&type=2&theater

では引き続き「宮廷の諍い女」をお楽しみ下さい!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第75~76話(最終回) 日本語字幕仮MIXチェック

日本語字幕作業も第76話(最終回)までやって参りました!

これは本当にザ・名作!

中華圏で再放送の度に視聴率が上がる”神劇”と言われたのもナットクです!

今回の第75~76話もスゴかったぁ・・・

甄嬛 vs ラスボス(最後の敵)

ラスボスは皇后ではなく・・・

「半沢直樹」的に言うと、直樹 vs 頭取って感じでしょうか(笑)

最終回の日本での放送は9月27日(金)です。

その前に、本日は第二部の最終回です!

そして、明日は第二部のダイジェストです。

華妃追悼記念として、華妃が活躍していたお姿を懐かしんで下さい~

では、放送をお楽しみに!

2013年8月19日 (月)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第44話: 流朱 逝く、安陵容のおしろい薬

「宮廷の諍い女」第二部も残り1話となって参りました。

明日で終了、明後日はダイジェスト、木曜日から第三部開始です。

本日放送の第44話、いかがでしたでしょうか?

あぁ、、、流朱が逝ってしまいました・・・

淳貴人の死に続き、また一人、可愛い妹分が天国に。

主(あるじ)に忠実な待女でした。

幼い頃から一緒に育ったが故、ショックは大きかったと思います。

妊娠が発覚した甄嬛にとって、精神的な打撃は母体・胎児ともに悪影響です。

さらにショックなことが温太医から告げられました・・・

(彼は甄嬛に今は告げるべきではないと思っていたようですが)

甄嬛が猫に引っ掛かれた時に、安陵容が持ってきた舒痕膠に大量の麝香(じゃこう)が含まれていたことが発覚しました。

甄嬛が初産で流産してしまったのは、華妃に猛暑のなか土下座させられたのと、歓宜香の影響か?!と思われていましたが、真相は・・・これだったのです。

これで、彼女が敵であることが明らかになりました。

ただ、甄嬛はこのことをしばらく伏せておきます・・・第三部の後半戦をお楽しみに!

明日はいよいよ第二部の終わり。

どうぞお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 今週8/20第二部終了、8/21第二部ダイジェスト、8/22第三部放送開始!

お楽しみ頂いております「宮廷の諍い女」、今週は、第二部から第三部に移行します!

8月20日(火)に「宮廷の諍い女」第二部が最終回を迎え、8月21日(水)は第二部ダイジェストの放送、8月22日(木)より第三部に突入です!

http://www.bsfuji.tv/isakaime/about/index.html

公式HPの方も、第三部用の人物関係図に更新されます。

第三部は、甄嬛と果郡王との禁断の愛、甄嬛vs皇后の最終決戦という二つの大きな軸で動いて参ります。

最終回までどうぞお楽しみに!

2013年8月18日 (日)

男版「宮廷の諍い女」 vs 女版「半沢直樹」(2)

あぁ、今夜は、自分の最近の日曜夜のお楽しみ「半沢直樹」の放送がない!(泣)

このドラマを観ると、元気をもらえて、月曜の出勤が俄然やる気になるんですよねぇ

早く来週の第6話の放送を観たい!どうやら拡大版のようです。

ヽ(´▽`)/

今夜は放送がなくて寂しいので、男版「宮廷の諍い女」 vs 女版「半沢直樹」第2弾(笑)

http://bbs.hupu.com/5985312.html

http://tieba.baidu.com/p/2499783977

http://k.cnhubei.com/article-2116571.aspx

ふむふむ、そうかぁ、そうなのかぁ~。

近藤は淳貴人なのか!?(笑)

男版「宮廷の諍い女」 vs 女版「半沢直樹」

この夏クールのドラマでダントツ人気の「半沢直樹」

自分もハマっています。毎週日曜日が楽しみ(゚▽゚*)

実は、海の向こう側でも話題になっています!

台湾版Yahooの動画ニュースを御覧アレ~

男版「宮廷の諍い女」って言われていますヨ:

「男版後宮甄嬛傳爆紅 10倍反擊的直樹」:http://tw.omg.yahoo.com/video/%E7%94%B7%E7%89%88%E5%BE%8C%E5%AE%AE%E7%94%84%E7%92%B0%E5%82%B3%E7%88%86%E7%B4%85-10%E5%80%8D%E5%8F%8D%E6%93%8A%E7%9A%84%E7%9B%B4%E6%A8%B9-103727118.html

「宮廷の諍い女」 華妃役の蔣欣さんから日本の視聴者向けにビデオ・メッセージが届きました! (3)

「宮廷の諍い女」(きゅうていのいさかいめ)公式facebookの「イイね」が1500に達し、蔣欣さんのビデオ・メッセージを公開いたしました!

前回の中国語バージョンに続き、日本語バージョンのビデオ・メッセージです:

https://www.facebook.com/photo.php?v=398628623572696&set=vb.135646253302291&type=2&theater

ガンバって日本語をしゃべって下さっています!(◎´∀`)ノ

「日本の皆様、宮廷の諍い女、お楽しみ下さいませ。ありがとうございます」

下線部のところはちょっと聞き取れないですが、おそらくこのようにおっしゃって下さっているのだと思います。

華妃、永遠なれ!

2013年8月16日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第43話: 純元皇后、甄嬛vs皇后バトル勃発、冊封:莞嬪→莞妃の撤回、甄遠道vs瓜爾佳‧鄂敏

本日放送の第43話、いかがでしたでしょうか?

華妃没後、甄嬛 vs 華妃のバトル ⇒ 甄嬛 vs 皇后バトルに軸が移行して参りました。

真の諍い女が姿を露わにして来ました。

華妃が存命の時には陰に追いやられていた皇后が、第二の華妃の出現を未然に防ぐため、全力で甄嬛潰しにかかります。

その手段が卑劣!

雍正帝が今でも忘れられない亡き愛妃 純元皇后を利用しました。

*純元皇后についてはコチラ⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-d43f.html

雍正帝の逆鱗にふれた甄嬛は、莞嬪→莞妃の冊封を取り消され、俸禄も答応クラスに落とされ、碎玉軒に幽閉されてしまいます。

天国から地獄へ突き落されました。

皇后、恐るべし!

甄嬛 vs 皇后のバトル軸に付随して、甄遠道 vs 瓜爾佳‧鄂敏(グワルギャ・オミン)、甄嬛 vs 祺貴人という軸も生まれています。

元々、甄遠道瓜爾佳‧鄂敏は同じ都察院の高級官僚として年羹堯の弾圧に貢献し、友好的な関係にあったはずなのですが!

ただ、甄遠道漢軍旗瓜爾佳‧鄂敏満軍旗で、(満)出身の皇后は俄然(満)推し。

皇后は満軍旗出身のこの親子を味方として手懐けたのでしょう。

甄嬛甄遠道の親子は、この瓜爾佳‧鄂敏祺貴人の親子にジリジリと足を引っ張られて行くことになります。

漢軍旗 vs 満軍旗の裏バトルです。

さあ、追い詰められて行く甄嬛甄遠道の親子、これからどうなる?!

来週の放送も見逃せません!

来週は、8月20日(火)に「宮廷の諍い女」第二部が最終回を迎え、8月21日(水)は第二部ダイジェストの放送、8月22日(木)より第三部に突入です!

どうぞお楽しみに~

2013年8月15日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第42話: サヨナラ年答応(元・華妃)&襄嬪(元・曹貴人)、冊封:莞嬪→莞妃、安貴人→安嬪

本日の第42話、いかがでしたでしょうか?

年答応(元・華妃)と襄嬪(元・曹貴人)が42ました。

甄嬛と年答応の約10分ほどの二人演劇は正に第二部のクライマックス!!

全話を通しての名場面でもあります。

女優vs女優のエネルギーのぶつかり合いでした。

憎々しいけど愛すべきキャラクターの華妃がいなくなってしまって寂しい!

でも、これからは、華妃の陰に隠れていた真の”諍い女”が本性を表して来ます。

莞嬪→莞妃安貴人→安嬪冊封が決まり、雍正帝とともに莞嬪が宮を出て行った時の皇后の表情と言ったら!!メラメラメラ、女の嫉妬が顔に出ていました。

今までは、甄嬛vs華妃の構図でしたが、これからは、甄嬛vs皇后の構図になって行きます。

話題のドラマ「半沢直樹」の方も、ちょうど第一部「大阪編」半沢直樹vs浅野支店長の構図から、第二部「東京編」半沢直樹vs大和田常務の構図に移行しますしね(笑)どうやら真の敵のようです!

華妃・浅野支店長は序章に過ぎなかった!ホンモノの敵、皇后・大和田常務との対決は如何に!?

「半沢直樹」の方も、5億円⇒120億円、倍返し・10倍返しとスケールが大きくなって行くようですが、「宮廷の諍い女」もスケールが大きくなって更に壮絶なバトルが!?

日中各ドラマのサバイバル劇から目が離せません!

どうなる半沢直樹!どうなる甄嬛(シンケイ)!

「半沢直樹」は残り5話ですが、来週は世界陸上のため1回お休みなので、順当に行けば9月22日(日)が最終回ですね~

「宮廷の諍い女」は同じ週の9月27日(金)に最終回(第76話)が放送予定です!

どっちも楽しみ ><

では明日の放送もお楽しみに!

追伸:今週末、公式facebookにて、華妃さんから日本のファンの方々に日本語によるビデオ・メッセージを公開する予定です~

2013年8月14日 (水)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第41話: 祺貴人登場、毒婦 襄嬪(曹貴人)

本日放送の第41話、いかがでしたでしょうか?

年羹堯の次は、隆科多(ロンコド)が次なる粛清のターゲットになりそうな気配です・・・

二人とも雍正帝擁立の立役者でしたのに。

雍正帝は恐怖政治を敷いたことで有名ですが、こういうのを見ると、そういうことかと・・・

祺貴人 登場

甄遠道(甄嬛の父)とともに年羹堯弾劾に貢献した瓜爾佳‧鄂敏(グワルギャ・オミン)の娘が後宮に入って来ました。甄遠道瓜爾佳‧鄂敏都察院の高級官吏です。

祺貴人は美人ですが計算高く意地悪そうです。が、そんなに頭は良くない模様(笑)

彼女は満軍旗の出身です。後宮では満軍旗出身者は皇后富察(フチャ)貴人の二人だけで、他はすべて漢軍旗出身者なので、皇后が満軍旗の沽券にかかわるとして祺貴人を招き入れた形です。(*弊社の字幕では、満軍旗出身者の名前はカタカナでルビを、漢軍旗出身者の名前には平仮名でルビをふっています)

祺貴人は後宮入りするやすぐに夜伽に召され、その後は、甄嬛の宮に転がり込んで来ました。雍正帝の寵愛を一番に受ける甄嬛の近くにいれば幸多からんとの計算で!

この娘、第三部で大活躍です。どんなふうに大活躍するのかお楽しみに!

◆毒婦 襄嬪(曹貴人)

華妃弾劾の貢献者として、曹貴人から襄嬪に昇格したものの、年答応を殺すことを進言したことで皇太后・雍正帝の反感を買い、毒殺されることに・・・

裏切り者の最期は厳しい!

娘の温宜公主はどうなってしまうでしょうか?本日の雪のお遊びのシーンがヒントです。

そして、年答応はどうなる?!明日もお見逃しなく!

2013年8月13日 (火)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第40話: 11月の大人事異動!

本日放送の第40話、いかがでしたでしょうか?

「宮廷の諍い女」第二部も残り5話です!

今日はたくさんの人事異動(笑)がありました!!まとめるのが大変です><。。

敦親王十弟):宗人府に幽閉、皇族から庶民へ

年羹堯:要職をすべて剥奪され、門の看守に降格→自害へ

華妃:降格&封号剥奪で年答応に。

芝答応頌芝):宮女に降格、年答応の待女に

周寧海慎刑司で拷問。悪事を吐き出す。

曹貴人:風見鶏の曹貴人は情勢変化の風を読み、華妃の悪事を洗いざらい告白。襄嬪に昇格。告白のシーンで、華妃にケリを入れられてました!!!

甄遠道(甄嬛の父):現在の職と兼任で吏部尚書の職を与えられる

瓜爾佳‧鄂敏(グワルギャ・オミン):娘が祺貴人として後宮入り

大きな動きでした。

そして、甄嬛沈眉荘は仲直り。安陵容は変の間シンケイに献身的だったということで雍正帝から好評価。

さあ、降格した年答応、この後どうなる!?皇后お付きの太監江福海が彼女を追い詰めるシーンが印象的でした。あの嫌味たっぷりのセリフ回し、やっぱりアラン・リックマンです(笑)

明日もお楽しみに!

2013年8月12日 (月)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第39話: 夏→秋、皇帝動く!雍正帝vs八弟・九弟・十弟、甄嬛は蓬莱島に

本日放送の第39話、いかがでしたでしょうか?

ついに皇帝動く!

今日のエピソードは「宮廷女官ジャクギ」を御覧になっていた方にはお馴染みの話です!

ジャクギ最終回の第35話で、ジャクギがチョウショウとして現代に戻ってから、ジャクギの死後、清朝宮廷の皇子たちがその後どうなったかをパソコンで調べました。

本日のエピソードは、そのクダリと重なっています。

第八皇子派が一掃され、八弟九弟は宗家から外された上、各々「アチナ」「サスヘイ」というヒドイ名前に改名させられ、唯一親王として厚遇されていた十弟(敦親王)も幽閉させられることになります。

*「ジャクギ」の方では十弟は妻の明玉とともに最後まで幸せに暮らした風の演出だったのですが、「諍い女」の方では厳しく罰せられます。

十弟の動きを監視・幽閉を実行したのは、泣く子も黙る雍正帝の秘密部隊「血滴子」。

以前のエピソードで、医者の江兄弟を始末したのも彼らでした。

「宮廷の諍い女」第三部にも彼らが出てきますので、覚えておいて下さい。同じ人が出てきます。

この変の間、甄嬛は後宮の宴で無礼を働いたとして、雍正帝から蓬莱島行きを命じられていましたが、実はそれは・・・。前回のエピソードのコソコソ話はこのことで!

さて、この変で焦っているのは年羹堯

明日の展開も気になります!

それでは明日の放送もお楽しみに~

映画 『花様~たゆたう想い』ポストカード付き前売券、先ほどからWEBで販売開始になりました![追記アリ]

昨日、シネマート六本木に納品していた映画『花様~たゆたう想い』の前売券が完売してしまい、ジェリー・イェン・ファンミーティングで地方からお越しのファンの方がご購入できないという御不便をおかけしてしまいました。せっかく劇場に足を運んで下さった方々に大変申し訳けなく思います。

先ほどから下記のWEBサイトで、ポストカード付き前売券がご購入頂けるようになりました:

https://www.major-j.com/info.php?f=kayou-movie

https://www.major-j.com/cinema_information.php?id=M20130812002

[追記] 前売券購入サイトのアドレスが変更になりました!発注画面も変更になっています。ご注意ください。

すでに地方に戻られてしまわれた方、こちらをご利用されると便利かと思います。

秋の劇場公開をどうぞ心待ちにしていて下さい!

取り急ぎ、お知らせ申し上げます。

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DVD発売後、番組HPのFBイイネが2600を超える!

8月2日(金)にDVD第一弾が発売された「夏の協奏曲」

DVD発売後、DATVの番組ホームページのfacebookの「イイネ」が2600を超えました!

http://datv.jp/p000457/

多くの御支持を有難うございます~

夏にピッタリのラブ・ストーリーです。

台湾の底力、とくとご覧ください!

ラブコメではなく、「秋のコンチェルト」と同じく、泣きの感動ラブ・ストーリーです。

美しい風景と美しい物語に涙して下さい

言承旭 自爆告白遜咖陷舊情 日本逼哭4千櫻花妹

apple daily 娯楽新聞より「言承旭 自爆告白遜咖陷舊情 日本逼哭4千櫻花妹」:

http://ent.appledaily.com.tw/enews/article/entertainment/20130811/35213388/

2013年8月10日 (土)

「宮廷の諍い女」 華妃役の蔣欣さんから日本の視聴者向けにビデオ・メッセージが届きました! (2)

「宮廷の諍い女」(きゅうていのいさかいめ)公式facebookの「イイね」が1400に達し、蔣欣さんのビデオ・メッセージを公開いたしました!

先ずは中国語バージョンのビデオ・メッセージです:

https://www.facebook.com/photo.php?v=396242400477985&set=vb.135646253302291&type=2&theater

「イイね」が1500になりましたら、日本語でお話下さっているビデオ・メッセージを公開させて頂きます。

華妃が日本語をしゃべってる!

どうぞお楽しみに~

2013年8月 9日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第72~74話 日本語字幕仮MIXチェック

日本語字幕作業も第74話までやって参りました。

いよいよ残すは2話のみです!

今回の第72~74話もスゴいんです。

後宮の真の諍い女 vs 甄嬛の戦いに終止符が・・・

そして、王爺~~~!

こりゃマジ名作じゃ!

こんな凝りに凝った脚本が書けるなんてスゲェっす。

後宮甄嬛傳」原作小説の著者流潋紫は1984年10月8日生まれの女流作家

歩歩驚心」原作小説の著者桐华は1982年10月18日生まれの女流作家

ともに、中国の80后(パーリンホウ)から出てきたネット小説家です

この世代、一般的なフツーの日本人にも響くものを書くことができるようです

新しい中国の息吹

日中関係の新時代を築く潜在力があるのではないかと感じます。

目が離せません。要注目です。

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第38話: 夏 円明園、頌芝が待女⇒答応、雍正帝・甄嬛vs年羹堯・華妃、八弟・九弟

本日放送の第38話、いかがでしたでしょうか?

全76話のちょうど真ん中に来ました!

季節は夏、ふたたび避暑の円明園にやって参りました。

頌芝が待女⇒答応に昇格

華妃の待女だった頌芝が雍正帝に見初められ夜伽に!

そして一待女に過ぎなかった身分が一気に答応に!

通常であれば、待女は官女子から始まるところ、一足飛び

華妃も他の妃たちもコレにはビックリ。

待女あがりの頌芝、いつまで雍正帝の寵愛をつなぎとめていられるでしょうか?

◆雍正帝・甄嬛 vs 年羹堯・華妃

年氏一掃計画始動!

驕れる者は久しからず・・・ 

滅びへの道 「バルス」!(笑)

円明園の庭での甄嬛 vs 華妃ガチンコ バトル、両妃の顔の表情がたまらなかったです!

◆八弟・九弟

今日は「宮廷女官ジャクギ」でお馴染みの彼らの名前が出てきましたネ。

幽閉されていますが、まだ生きています!!ジャクギはまだ生きてるんだろうか?

「朕に逆らい不遜な彼らをどう裁くべきか」・・・雍正帝が臣下に問うてました。

八弟・九弟の姿を見てみたいもんです。

さあ、「宮廷の諍い女」第二部も残すところあと7話!

第二部クライマックスに向けて、来週も見逃せません!

どうぞお楽しみに!

「宮廷女官ジャクギ」呉奇隆(ニッキー・ウー) vs 「宮廷の諍い女」 孫儷(スン・リー)

上海のマダム・タッソー蝋人形館に関する記事です:

http://ent.appledaily.com.tw/realtimenews/article/entertainment/20130808/239053/吳奇隆四爺穿越 逗臭臉甄嬛

この構図、面白い!

『花様~たゆたう想い』 日本版劇場予告編、ジェリー・イェン・ファン・ミーティング2013「gift」で初出し!

昨晩でき上がったばかりの日本版劇場予告編。

明日のイベントで初出し、初お目見えです!

イベントに参加される方、どうぞお楽しみに!

『花様~たゆたう想い』 劇場前売り券、明日8月10日(土)より発売開始!

Cinemart(シネマート)HPより:http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/topics/#010833

前売券ご購入者様には特製ポストカード2種のうちお好きな絵柄を1種プレゼント!

明日のジェリー・イェン ファン・ミーティング 2013 「gift」にいらっしゃる方は、会場の日比谷公会堂近くの東京メトロ日比谷線日比谷駅から4駅目六本木駅まで足を延ばして頂いて、チケットとチラシとポストカードをぜひゲットして下さい~

◆日比谷線:日比谷駅⇒霞が関駅⇒神谷町駅⇒六本木駅

◆日比谷駅~六本木駅の所要時間8分、片道運賃160円です

イベントの前後にお立ち寄りをぜひ!

2013年8月 8日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第37話: 初夏、甄嬛-曹貴人、甄嬛の母と妹、華妃の待女 頌芝、甄嬛vs沈眉荘vs安陵容

本日放送の第37話、いかがでしたでしょうか?

季節はふたたび夏に向かい、いろいろな軸が出てきました。

◆甄嬛-曹貴人

曹貴人は完全に甄嬛の方に寝返りましたね~

ザ・風見鶏です

◆甄嬛の母と妹

甄嬛の母上が正装した姿、とても品がありました。山本陽子さん似?

妹の玉嬈。声に覚えはありませんでしたか?

・・・・亡き淳貴人の声と同じですよね?同じ声優さんの使いまわしで(笑)

この玉嬈、「宮廷の諍い女」第三部で大人の女性となって再登場しますので覚えておいて下さい。かなり大事な役どころです。

◆華妃の待女 頌芝

華妃は、筆頭ブレインだった曹貴人が甄嬛の方に寝返っているのに気づいているのか?気付いていないのか?更に今度は待女の頌芝が怪しい動きを・・・。雍正帝の気を惹こうとしています。

飼い犬に噛まれる、飼い猫に引っ掛かれる状態が続いている華妃、この先どうなる?

◆甄嬛 vs 沈眉荘 vs 安陵容

後宮に入ったばかりの時は、キャンディーズみたいに仲の良かった三人娘。

しかし、今では一枚岩とは行かず・・・

この三人の後ろ盾はそれぞれ違っています。まとめてみますと、

- 甄嬛⇒雍正帝

- 沈眉荘⇒皇太后

- 安陵容⇒皇后

今までは、幼馴染の甄嬛 - 沈眉荘の軸は鉄板、安陵容は二人から距離を置かれる・・・という関係だったのが、華妃復位から甄嬛 - 沈眉荘の軸が崩れ始め、それを好機とみた皇后が安陵容を使って、二人の仲を完全に断ち切らせようとします。

が、賢い沈眉荘姐さん、安ちゃんの魂胆を見抜いておったようです。叱責されました。

安の方はすかさず甄嬛に擦り寄って行きます。

この三人の関係値もいま変化の時にありますが、これからどうなる!?

明日の放送も見逃せん!

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)、アジアドラマチックTVで 一挙放送!

http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/ad_SO0000005402.html

9月3日(火)より

平日(月)~(金)

朝5:00と 深夜1:30の枠で

毎日放送!!!

「恋せよ姐GO!」見逃した方、どうぞお楽しみに!

2013年8月 7日 (水)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第36話: 雪解けの季節、年妃⇒華妃 復活!!、甄嬛vs沈眉荘、華妃不妊の秘密

本日放送の第36話、いかがでしたでしょうか?

◆雪解けの季節、華妃が復活!

封号が「」から「」に戻りました。

皇后の宮に来た時の華妃のドヤ顔と来たら!

ホント、この人わかりやすい性格です(笑)

華妃復活の背後には、敦親王(十弟)と年羹堯(ねんこうぎょう)の結託がありました。

九王奪嫡」(きゅうおうだっちゃく)の折に第八皇子派にいた敦親王は、こうやって四爺(雍正帝)に楯突いているのですね・・・

ソリューションを提示したのが甄嬛でした。

それが故・・・

◆甄嬛 vs 沈眉荘

甄嬛が華妃復活のお膳立てをしたと聞き及んだ沈眉荘。

仲の良かった幼馴染が初めて仲違いすることに!

自分の命を無きものにしようとした華妃をずっと恨んでいた沈眉荘は、華妃を助けた甄嬛のことを信じられなくなります・・・

実は、雍正帝と甄嬛にはある目論見があるのですが、沈眉荘はまだそのことを知らないのです・・・

さて、仲の良い姉妹のようなこの二人、一体どうなってしまうでしょうか?

◆華妃不妊の秘密

雍正帝と皇太后の会話・・・華妃不妊に隠された恐ろしい秘密が語られていました。

歓宜香、そして、過去に華妃が妊娠した時に毒をもって子を亡きものとしていたこと・・・

端妃がその役目を負ったこと・・・(それが故に、端妃はのちに華妃に仕返しをされて、子を産めぬ身体になってしまいます)

ナント恐るべき秘密が!

明日の放送もお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)第69話~76話(最終回): 9月24日(火)~9月27日(金)放送スケジュール変更のお知らせ!

「宮廷の諍い女」(きゅうていのいさかいめ)を御覧くださっている視聴者の方にお知らせです!

第69話~76話(最終回)の放送スケジュールが変更になります!

当初発表では、10月3日(木)に最終回を迎える予定でしたが、下記のように、9月24日(火)から一日2話進行となり、前倒しになります:

http://www.bsfuji.tv/isakaime/about/index.html

9月23日(月)第68話(通常通り放送)

9月24日(火)第69話、第70話(2話放送)

9月25日(水)第71話、第72話(2話放送)

9月26日(木)第73話、第74話(2話放送)

9月27日(金)第75話、第76話(2話放送、最終回)

番組を御覧になって下さっている方々、ご注意くださいませ!!

『花様~たゆたう想い』 アジアフォーカス福岡国際映画祭2013のHPに作品情報がUPされました

http://www.focus-on-asia.com/lineup/#enjoy

2013年8月 6日 (火)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第35話: 甄嬛vs富察貴人・曹貴人、雍正帝vs敦親王(十弟)、甄嬛-敦親王夫人(明玉)

本日放送の第35話、いかがでしたでしょうか?

◆甄嬛 vs 富察貴人・貴人

いや~怖い恐い「人豚」の話。

甄嬛も気が強い人です。負けていませんね~。

やられたらやり返す! 女版「半沢直樹」です(笑)

甄嬛の心理戦で富察貴人はイッパツでやられてしまいました。

以前、麗嬪余氏の幽霊騒動で気がふれてしまったように彼女も・・・

その点、曹貴人の方が精神面強いです。やはり母が故でしょうか。

形勢不利とみて年妃の裏金の秘密を甄嬛にバラしました!

ザ・風見鶏女。

しかし、これも、我が娘を守るためなのです。母は弱し!

甄嬛は淳貴人の死の理由を知って、復讐心がメラメラと。

女・半沢直樹、どのように復讐して行くでしょうか?!

◆雍正帝 vs 敦親王十弟

敦親王(十弟)がヤラかしてしまいました~

宮廷女官ジャクギ」でも何かと幼稚な行動をしていたトラブル・メーカーが、「宮廷の諍い女」でも問題を起こしました。

雍正帝下の朝廷にケンカを売りました。

甄嬛は、宴での挨拶以来交流ができた敦親王夫人(明玉)を通して解決することを雍正帝に提言します。

作戦は成功したようですね。

知恵の働く人です。雍正帝が気に入るわけです。

このまま寵愛が続くでしょうか?

明日の放送もお楽しみに!

2013年8月 5日 (月)

「宮廷の諍い女」 華妃役の蔣欣さんから日本の視聴者向けにビデオ・メッセージが届きました!

皆さん、「宮廷の諍い女」をお楽しみ頂いておりますでしょうか?

先ほど、華妃役の蔣欣さんから、日本の視聴者向けに、ビデオ・メッセージが届きました!

現代のお姿、ロングヘアーで可愛らしい~

しかも日本語でもしゃべってくれています!

皆さん、華妃にハマっていませんか?!

このキャラクターは中華圏でも非常に人気で、蔣欣さんにとって当たり役となりました。

このビデオ・メッセージは「宮廷の諍い女」公式facebook”イイネ” ○○○○人達成記念の時にfbで公開する予定でおります。

どうぞお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第34話: 冬の年越し前、甄嬛の復活劇、ジュンガル部

さあ、今週もやって参りました「宮廷の諍い女」。

本日放送の第34話、いかがでしたでしょうか?

◆甄嬛の復活劇

季節はめぐって再び冬の年越しの季節に・・・

今日のエピソードの中心はナンと言っても甄嬛の復活劇です。

思い出の倚梅園(いばいえん)で何ともロマンチックな演出を用いて雍正帝の寵愛を取り戻します。

そして、焦らし作戦

男と女の心理戦です(笑)

甄嬛が寵愛を取り戻すと、彼女が凋落している間に散々イビっていた妃たちがビビり始めました・・・恨み晴らさでおくべきかぁ~ 

ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

ジュンガル部

本日のエピソードでは、西北で強大化しているジュンガル部のハーンに、清朝の公主を差し出す話が描かれていました。ナント、相手のハーンは60歳を過ぎたジジイ。゜゜(´□`。)°゜。

実は、この部族は「宮廷女官ジャクギ」の中でも出て来ていました:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-a672.html

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/vs-c841.html

そして、「宮廷の諍い女」第二部、三部になると・・・

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/vs-b453.html

ジュンガル部のことは果郡王も絡んで来ます。

先々のエピソードに出てきますので「ジュンガル部」のことは覚えておいて下さい。

では、明日の放送もお楽しみに!

2013年8月 4日 (日)

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DVD第一弾、好評リリース中!

「秋のコンチェルト」に続く、台湾ドラマの金字塔!

DVD第一弾、好評リリース中!

http://natsu-kyo.com/onair.html

http://natsu-kyo.com/

2013年8月 3日 (土)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第69~71話 日本語字幕仮MIXチェック

日本語字幕作業も第71話までやって参りました。

残すは5話のみです!

今回の第69~71話もスゴいんです。

後宮の真の諍い女 vs 甄嬛の戦い!

甄嬛のカラダをはった賭け!

そして、雍正帝の次期後継者争い!

第三皇子、第四皇子、第五皇子、第六皇子のうち誰が?(歴史が既に示しているところではありますが、知っている人はナイショで)

九王奪嫡の悪夢再びか!?

「ジャクギ」ファンにはお馴染みの八弟、十三弟、十四弟の名前も出てきますよ。

八弟も十四弟も幽閉されていますが、まだ生きています!

自分も一視聴者、一「ジャクギ」ファンとして楽しんじゃっています(笑)

皆さんが放送を御覧になるのは9月になりますが、どうぞお楽しみに!

台湾ドラマの金字塔 「流星花園」 日本上陸(2003年10月4日)からちょうど10年の2013年10月、映画「花様~たゆたう想い」日本劇場公開。ジェリー・イェン、アイドルからアーティストへ

実は、映画「花様~たゆたう想い」の”10月”日本劇場公開は、華流業界にとっての記念の意を籠めております~

台湾ドラマの金字塔 「流星花園」が日本に上陸したのが2003年10月4日BS日テレ)。

あれからちょうど10年の2013年10月に映画「花様~たゆたう想い」が日本劇場公開:http://kayou-movie.com/

主演のジェリー・イェンはアイドルからアーティストに。

流星花園」は、前職のワーナーの時に、香港のチームがVCDとDVDをリリースしてメガヒット。年間売上の4分の1ほどを稼ぎ出したお化けタイトルです。

当時、アジア・パシフィック・リージョン部門で働いていた私は、「なんじゃコノ作品は?」と驚かされたものです。

ワーナーといえば、「ハリー・ポッター」シリーズなどアメリカ本国で制作された作品が主力商品でしたので、漢字で書かれた「流星花園」は???だったのです。

よくよく香港チームから教えてもらったところ、F4主演の台湾ドラマということで、原作は日本の「花より男子」ということで、新鮮な気持ちでした。

その頃は折しも日本では「冬ソナ」ブームが始まったばかりで、トレンドは韓流の方に動いていました。

が、中華圏では、台湾発のドラマが一大ブームになりかけていました。

これは数年後に日本にも来るのかなぁ~と思っていたら、2003年10月から日本でも「流星花園」の放送が始まりました。

自分がワーナーのアジア・パシフィック・リージョン部門に異動したのが2003年の3月。その日から中国語の勉強を始めたので、自分の中国語学習歴も今年で10年になります。

10年一区切り。

米国外資系で働いていた欧米志向だった私も、今ではすっかり東アジア志向となりました(笑)

アジア・リパブリックは今年度は6周年。

この間に色々な変化があったなぁ~と思います。

華流10周年の節目に、華流の最大の貢献者ジェリー・イェン氏が出演している映画「花様~たゆたう想い」を手掛けることになり、大変光栄に思います。

実はアジア・リパブリックがジェリー氏の作品を手掛けるのはこれが初めてなんです。意外に思われている方も多いようです(笑)

現在、映画配給の老舗クロックワークスさんと一緒にクリエイティブ周りを急ピッチで進めております。

ポスターやチラシや前売券などが今月から露出して参りますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

10月の日本劇場公開をどうぞお楽しみに!

その前に、9月のアジア・フォーカス福岡国際映画祭でのプレミア、どうぞ宜しくお願いします!

2013年8月 2日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第33話: 甄嬛-果郡王、甄嬛-沈眉荘、久々に麗嬪、皇后-安陵容、甄嬛vs斉妃&富察貴人

本日放送の第33話、いかがでしたでしょうか?

今日も年妃は出てきませんでしたネ。

が、色々な軸でストーリーが展開しました。

冒頭、十爺の妻(明玉)が甄嬛の見舞いに来ていましたネ。

甄嬛-果郡王

本日は果郡王の登場シーンが多かったですね~

徐々に徐々に存在感を増して来ております。

そして、第三部ではついにこの二人の軸が中心に!禁断の・・・

第三部もお楽しみに!

甄嬛-沈眉荘

さすが本当の幼馴染。

この二人の信頼関係は鉄板ですね。今のところ・・・

◆久々に麗嬪

その沈眉荘が甄嬛を奮い立たせようとしてワザと冷宮に連れて行き、落ちぶれた妃たちの成りの果てを見せつけました。

そこで見たのは、例の余氏の幽霊騒動で気がふれて冷宮送りになっていた麗嬪の姿でした・・・。この方、ピーターさんに似てますでしょうかね?

皇后-安陵容

華妃呪いの人形の一件以来、皇后に首根っこを掴まれて手先となっている安陵容。皇后の宮で、侍女の絵春から差し出された飲み薬 ・・・一体これは?!そうなのです。安ちゃんも哀しい妃なのです。子を持つ幸せを取り上げられてしまい、完全に皇后の駒になってしまっているのです。

甄嬛vs斉妃&富察貴人

甄嬛が落ち目と見るや強気に出たこの二人!これが後々・・・

後宮は怖い恐い。皇帝からの寵愛が後宮の妃たちの力関係を決めるのです。

恨み晴らさでおくべきかぁ~

さて、次週、甄嬛は復活なるでしょうか?彼女は何のために蝶を集めているんでしょうか?

どうぞお楽しみに!

2013年8月 1日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第二部ダイジェスト番組&第三部冒頭映像の収録

先週の金曜日、「宮廷の諍い女」第二部ダイジェスト番組&第三部冒頭映像の収録がありました。

今回のナレーションも白熊さん。

低音で渋いセクシーな声が魅力です。

第二部は華妃の存在感が! 

第三部は果郡王との禁断の愛がドラマを盛り上げます!

第二部ダイジェストの放送は8月21日(水)です。

まだまだ間に合う「宮廷の諍い女」

乗り遅れてしまったお友達に教えてあげて下さい~

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第32話: 安陵容↑vs甄嬛↓

本日放送の第32話、いかがでしたでしょうか?

めずらしく年妃が出てきませんでしたね~。

彼女が出てこないと寂しい感じがするくらい存在感のある人ですから!(笑)

さて、本日のエピソードは、安陵容vs甄嬛を軸にストーリーが進んで行きました。

雍正帝に寵愛されていく安陵容 vs 雍正帝の寵愛が遠のいていく甄嬛という構図です。

それから、甄嬛が流産してしまった原因・・・年妃の宮で使用されていた歓宜香が原因か?とされていますが、実はまだ真の理由が明らかにされていません。さあ、真犯人は!?

名医の温太医もまだ真の理由を見抜いていません・・・

明日の放送もお楽しみに!

「夏の協奏曲」 in A-Bloom 2013 AUTUMN号

P.60 - 61 で特集されています:

http://www.amazon.co.jp/A-Bloom-%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-Vol-19-2013%E5%B9%B4-09%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B00DVMU75W

『花様~たゆたう想い』 in A-Bloom 2013 AUTUMN号

P.24 - 27 で特集されています!

http://www.amazon.co.jp/A-Bloom-%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-Vol-19-2013%E5%B9%B4-09%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B00DVMU75W

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)、本日18:00、アジドラでファーストラン最終回!

「恋せよ姐GO!」、いよいよ本日18:00最終回放送です!

イーソンとミンミンの恋のゆくえは!?

どうぞお楽しみに!

http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/ad_SO0000005402.html

http://www.so-netme.co.jp/adtv/anego/

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック