フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 再び!7月6日(土)よりアジアドラマチックTVで放送開始!番組HPオープン! | トップページ | 「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走) DVDリリース情報発表! »

2013年6月28日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第9話: 斉妃の夜伽、第三皇子、イビられる沈眉荘

本日放送の第9話、いかがでしたでしょうか?

今日のエピソードは、後宮指南役の仕事を学んでおくようにと雍正帝に命じられるほど帝の寵愛を受けたが故に、華妃にイビられ、池にまで突き落とされてしまった沈眉荘がヒロインでした。

あぁ、哀れ。帝の寵愛を受けてしまうと、古参の妃たちから目の敵にされてしまうのです。。。特に、後宮で権勢を誇る華妃に睨まれると生きては行けないのです。

会社組織でも、新卒で入社してきた可愛い女性社員が周りの男性社員からチヤホヤされると、”お局”さんたちが焼きもちを焼く・・・というのが日本のドラマでもよく描かれますが、アレと同じですね(笑)

”お局”って江戸の大奥の文化を引き継いでいるわけですから(笑)

それから、本日のエピソードの前半、甄嬛(シンケイ)のたっての願いで雍正帝は久々に他の妃を夜伽に選びます。選ばれたのは、ナント、斉妃でした。斉妃は後宮でも古参の妃で、第三皇子の母親でもあります。

ただ、我が子ながら愚鈍ゆえ、雍正帝は第三皇子のこと疎んじいます。そのため、斉妃は常に我が子の将来のことを心配しています。

ここで他の皇子たちのことについてもお話しておきましょう。

第一皇子は亡き純元皇后の息子、第二皇子は純元皇后の後を引き継いだ妹(現皇后)の息子なのですが、どちらも幼少の時に他界しています。

第四皇子は既にセリフの中で登場して来ました。「母親は卑しい身分の出身なのに、雍正帝が酒の勢いで・・・この話は宮中では御法度なの・・・」と沈眉荘が言っていたのを覚えていますか?

「ジャクギ」に出てきた第四皇子(ニッキー・ウー)と間違えないで下さいね~。ニッキー・ウーは康熙帝の第四皇子で、今回の話は雍正帝の第四皇子です。

先帝の康熙帝は25人ほどの皇子に恵まれましたが、雍正帝は子供が少なかったです。

康熙帝没後の兄弟間の後継者争い”九王奪嫡”(きゅうおうだっちゃく)がトラウマになっているのか、それとも、”宮廷の諍い女”たちによる足の引っ張り合いが原因なのか、、、

ドラマを観てのお楽しみです!

では来週の放送も御期待ください!

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 再び!7月6日(土)よりアジアドラマチックTVで放送開始!番組HPオープン! | トップページ | 「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走) DVDリリース情報発表! »

宮廷の諍い女」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/52218909

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第9話: 斉妃の夜伽、第三皇子、イビられる沈眉荘:

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 再び!7月6日(土)よりアジアドラマチックTVで放送開始!番組HPオープン! | トップページ | 「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走) DVDリリース情報発表! »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック