フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第2話: 後宮制度と甄嬛のお父さん | トップページ | 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 番組オフィシャルサイトが、BSフジ全番組中 No.2 ! »

2013年6月20日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第3話: 皇后、康禄海、周寧海、夏常在”一丈紅”

第3話、いかがでしたでしょうか?

甄嬛ら仲良し3人組が後宮入りを果たしましたが、早くも洗礼が!まだまだ序の口ですが・・・

今日は出演者の御紹介を少々。

先ずは皇后役を演じているエイダ・チョイさん。この方は香港出身の女優さん(元々はモデル)ですが、小生が前職のワーナーの時に手掛けた香港映画『君を見つけた25時』(1998年作品、1999年5月日本劇場公開。原題:毎天愛称6小時、英題:Your Place or Mine !、主演:トニー・レオン、ビビアン・スー)に出演していた女優さんです。「宮廷女官ジャクギ」「宮廷の諍い女」DVD発売元のクロックワークスさんが劇場配給をされた映画です。まさか15年ぶりに再会するとは思いませんでした!さすがに貫禄が付きましたねぇ~。「宮廷の諍い女」では今のところ華妃におされ気味の皇后ですが、今後どうなるでしょうか。お楽しみに。

次に甄嬛付きの康公公康禄海)について。中華映画好きな人は彼の顔にピンと来ませんでしたでしょうか?日本でも大ヒットした中国映画に出演していた人です。そう、1994年2月に日本でも劇場公開された『さらば、わが愛/覇王別記』で小石頭の少年時代を演じていた趙海龍クンです。いやぁ~アレから20年近くも経っているんですねぇ~。すっかりオッサンになっちゃって(笑)懐かしい友達に再会したような感じで小躍りしちゃいます。

それから、華妃付きの周公公周寧海)についてもチョット。「宮廷女官ジャクギ」の中でジャクギが八爺に対して「足の不自由な人に注意を・・・」と言っていたのを覚えていますか?おそらく彼のことを言っていたのですかね??

次に夏常在夏冬春)を演じている穎兒(劉穎)について。この方、中国のオタク族に人気の萌え系アイドルさんなんです。「宮廷の諍い女」の出演は本日のエピソードで終わりなんですが、短い出演期間で物凄い印象を残しました。んで、この方、ジャクギの八爺を演じていたケビン・チェン主演の呉越戦争の古装劇「英雄」で主役級の”西施”(中国4大美女の一人)を演じております。「英雄」は今年春のクールで台湾の華視で放送されていましたが、視聴率は残念ながら。。。八爺の人気をもっても力及ばずでした。中国大陸ではまだ放送されていないようです。おそらく、中国当局が発表した「歴史事実に反する時代劇はNG・・・」が引っ掛かっているのではないかと?なにせ、「孫子兵法」の孫武が武侠ばりに空を飛んだり湖の上を走ったりしてましたから(笑)

夏常在が華妃から受けた罰”一丈紅”。中華圏で「宮廷の諍い女」が放送後、コレは流行語になりました~。悪いことをしたら”一丈紅”!泣く子も黙る一丈紅です。

このドラマからはたくさんの流行語が出ています。中華圏にお友達がいる人は”一丈紅”って知っている?って聞いてみて下さい。「何で日本人のアンタが知っているの?」と盛り上がることでしょう~

その他の小ネタについては公式facebookをどうぞ↓↓↓

https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime

それでは明日の第4話をお楽しみに~

« 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第2話: 後宮制度と甄嬛のお父さん | トップページ | 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 番組オフィシャルサイトが、BSフジ全番組中 No.2 ! »

宮廷の諍い女」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「宮廷女官ジャクギ」の中でジャクギが八爺に対して「足の不自由な人に注意を・・・」――これわね…多分中国近年の歴史小説をよく読まない人が分からないと思うわ。
近年の雍正に関する小説(「若曦」も含めて)の作者は、おそらく皆、二月河が書いた「雍正皇帝」(これもドラマ化され、大人気でした)から影響を受けたんだろう。「雍正皇帝」の第一巻「九王奪嫡」の中に、雍親王府には、「鄔思道」(架空の人物)という軍師のような人がいる。「足が不自由な人」は、この「鄔思道」をいいます。鄔思道は足が不自由で、科挙に参加する資格がない、しょうがなく胤禛の側近になった。
中国語版「若曦」第14回、若曦は「鄔道思、田鏡文、李衛」などの名前を読んだ。李衛は歴史人物ですが、現代人としての張曉は「雍正皇帝」の小説を読んで、鄔思道という架空人物を歴史人物と誤解した。そして、記憶が間違って、「田文鏡」(歴史人物)の名前を間違って「田鏡文」を読んだ。だから八爺は「鄔思道、田鏡文」という名前が聞いたことがない顔をしていた。(「若曦」小説ではこう説明した)
「若曦」の作者はこの架空人物を通じて、自分が「雍正皇帝」から影響を受けたことを伝えたいだろう。
日本語字幕版は多分、「鄔思道」という日本の方が知らない名前(ほかの関係のないの小説の架空人物)だから、わざと「足の不自由な人」に訳したんだろう。

私ちゃんと説明したんだろうかなぁ。

constanze様、メッセージ有難うございます!

なるほど、深い!!私、勉強不足でした。そういうことですかー!

「足の悪い人・・・」で単純に短絡思考でつなげてしまっていました。教えて下さり有難うございました。

また色々と宜しくお願いします。

以後請多多指教。

社長さんご無沙汰しております。

若曦が終わったあともこちらのブログはずっと追いかけてました〜。

宮廷の諍い女も楽しく(?)観ています。
…華娘娘が怖くてまだ素直に夢中になれてないのですが、小主たちが仲良くしてる場面では心が和みます。
そんななか、夏さんの徹底した横柄っぷり…あそこまでいくといっそ潔いくらいに思えてたのですが、もう御退場〜というのが残念です。
一丈紅…まるで反物の織り方か染め方のような優美な名前で…恐るべし中国の刑罰!

あまり目にしたくはありませんが〜。

久しぶりなのでだいぶ長々と書いてしまいました。
申し訳ありません。
またお邪魔します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/52114788

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第3話: 皇后、康禄海、周寧海、夏常在”一丈紅”:

« 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第2話: 後宮制度と甄嬛のお父さん | トップページ | 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 番組オフィシャルサイトが、BSフジ全番組中 No.2 ! »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック