フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第9話: 斉妃の夜伽、第三皇子、イビられる沈眉荘

本日放送の第9話、いかがでしたでしょうか?

今日のエピソードは、後宮指南役の仕事を学んでおくようにと雍正帝に命じられるほど帝の寵愛を受けたが故に、華妃にイビられ、池にまで突き落とされてしまった沈眉荘がヒロインでした。

あぁ、哀れ。帝の寵愛を受けてしまうと、古参の妃たちから目の敵にされてしまうのです。。。特に、後宮で権勢を誇る華妃に睨まれると生きては行けないのです。

会社組織でも、新卒で入社してきた可愛い女性社員が周りの男性社員からチヤホヤされると、”お局”さんたちが焼きもちを焼く・・・というのが日本のドラマでもよく描かれますが、アレと同じですね(笑)

”お局”って江戸の大奥の文化を引き継いでいるわけですから(笑)

それから、本日のエピソードの前半、甄嬛(シンケイ)のたっての願いで雍正帝は久々に他の妃を夜伽に選びます。選ばれたのは、ナント、斉妃でした。斉妃は後宮でも古参の妃で、第三皇子の母親でもあります。

ただ、我が子ながら愚鈍ゆえ、雍正帝は第三皇子のこと疎んじいます。そのため、斉妃は常に我が子の将来のことを心配しています。

ここで他の皇子たちのことについてもお話しておきましょう。

第一皇子は亡き純元皇后の息子、第二皇子は純元皇后の後を引き継いだ妹(現皇后)の息子なのですが、どちらも幼少の時に他界しています。

第四皇子は既にセリフの中で登場して来ました。「母親は卑しい身分の出身なのに、雍正帝が酒の勢いで・・・この話は宮中では御法度なの・・・」と沈眉荘が言っていたのを覚えていますか?

「ジャクギ」に出てきた第四皇子(ニッキー・ウー)と間違えないで下さいね~。ニッキー・ウーは康熙帝の第四皇子で、今回の話は雍正帝の第四皇子です。

先帝の康熙帝は25人ほどの皇子に恵まれましたが、雍正帝は子供が少なかったです。

康熙帝没後の兄弟間の後継者争い”九王奪嫡”(きゅうおうだっちゃく)がトラウマになっているのか、それとも、”宮廷の諍い女”たちによる足の引っ張り合いが原因なのか、、、

ドラマを観てのお楽しみです!

では来週の放送も御期待ください!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 再び!7月6日(土)よりアジアドラマチックTVで放送開始!番組HPオープン!

現在、BSフジで「宮廷の諍い女」が絶賛放映中ですが(http://www.bsfuji.tv/isakaime/)、CSアジアドラマチックTVで「宮廷女官ジャクギ」再びです!今度はノーカット版です!

番組HPが先ほど公開されましたので御覧下さい⇒ http://www.so-netme.co.jp/adtv/jyakugi/

放送は、毎週土曜日・日曜日の20:00~21:00です。

清朝宮廷ドラマがお好きな方は、平日(月)~(金)17:00からは「宮廷の諍い女」、週末(土)(日)20:00からは「宮廷女官ジャクギ」をお楽しみ下さい!

(◎´∀`)ノ

2013年6月27日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第8話: 甄嬛の夜伽

本日放送の第8話、いかがでしたか?

甄嬛(シンケイ)がついに雍正帝との伽に!幸せな時を過ごします。

今日の見どころポイントは「宮廷の諍い女」公式facebookでお楽しみ下さい↓↓↓

◆ http://www.facebook.com/taka.tsukazaki?ref=tn_tnmn#!/photo.php?fbid=140442649489318&set=a.135651079968475.1073741828.135646253302291&type=1&theater

◆ http://www.facebook.com/taka.tsukazaki?ref=tn_tnmn#!/photo.php?fbid=140443726155877&set=a.135651079968475.1073741828.135646253302291&type=1&theater

それでは明日の第9話もお楽しみに!

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) 第17~18話日本語仮MIXチェック。  番組HPのFBイイネが2500を超える!

今日は東京は久々の晴れ!

夏のような青空と雲がお目見えしました(゚▽゚*)

そろそろ梅雨もあけて夏に突入ですね

私の方は、「宮廷の諍い女」の放送開始で一時中断していた「夏の協奏曲」の日本語字幕制作作業の再開!

第17~18話の日本語字幕仮MIXのチェックを致しました。

この2話は、阿寛(ジョージ・フー)と小青(ウー・インジエ)がシアワセの絶頂にあるエピソードで、この二人の睦まじい姿を見てるだけでホッコリ和みます。女性の方はきっと萌えることでしょう(◎´∀`)ノ

夏に相応しい作品です!

美しい風景と美しい純愛の物語に心洗われ、時に涙の感動作です。

「秋のコンチェルト」が好きだった方にオススメのS級ドラマです。

DATVさんの番組HPのfacebookイイネも2500を超えて絶好調!(「宮廷女官ジャクギ」を上回る数字です)

どうぞお楽しみに!

2013年6月26日 (水)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 公式facebookのイイネが500を超える!

昨晩の深夜、公式facebookのイイネが500になっておりました!

(第6話の放送~第7話の放送の間に)

かなり早いスピードで驚いております。

皆様の温かいご支援に感謝いたします。

引き続きドラマをお楽しみ下さい!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第7話: 甄嬛 貴人に昇格、余氏 官女子に降格、黄規全 

本日放送の第7話、如何でしたでしょうか?

甄嬛は雍正帝に見初められて「常在」⇒「貴人」に昇格

余氏は馬脚を現して雍正帝の寵愛を失い「答応」⇒「官女子」(後宮制度の最底辺)に降格

すべては皇帝の寵愛次第なのです!

以下、改めて後宮制度の図解をば:

Photo_2

後宮に召された時、沈眉荘は既に「貴人」の位を封ぜられていましたが、甄嬛は「常在」からのスタートでした。入宮時は実家の家柄や格が位を左右しますが、入宮後は、如何に皇帝の寵愛を得て行くか?が重要ポイントになります。

皇帝の寵愛を得られれば昇格、皇帝の寵愛を失えば降格、最悪の場合は冷宮送りとなります。

何だか現代の組織人事に通じるところがありますね(笑)。社長・上司に気に入られれば昇格、嫌われれば降格。。。

実は、このドラマが中華圏で社会現象化するほどヒットした原因の一つに、「上班族」(サラリーマン)が如何に会社組織の中で生き残って行くか?のヒントにあふれている!というのがありました。そして、数々の名言が流行して行ったのです。

日本の会社組織でも役に立つと思いますヨ~

さて、今日は、黄規全(黄公公)について少々。彼は内務府で後宮まわりの業務を取り仕切っている太監です。まさにザ・宦官という感じですよね(笑)。この役を演じている俳優さんも、声優さんもオネェっぽいキャラを上手く演じていると思います。華妃の親戚という立ち位置ですが、華妃一派からは嫌味を言われてたりして苦労をしているようです。

公公はホント大変だぁ~!ってことでまたまたコチラ↓の御紹介をば(笑)

JVRmuzicのYouTubeオフィシャル・チャンネル [JVR Official Channel] より:

周杰倫【公公偏頭痛 官方完整MV】Jay Chou "Gong Gong with a Headache" MV

https://www.youtube.com/watch?v=FbqBv7Tz1QY

♪公公公 公公公 公公公・・・・・・・♪コンコンコン コンコンコン・・・・

ところで、昨日、中華圏のメディアで下記のような記事を見つけました:

中國時報より: 《甄嬛》日本首播 矯情變「裝老實婊子」

http://showbiz.chinatimes.com/showbiz/130511/132013062501010.html

ってか、「賤人就是矯情」っていうのは第34話に出てくるセリフで未だ放送されていないのに何で第34話の日本語字幕の話をしてんねん?!この記者、いい加減やなぁ。。。

時々ネット上で見かけますが、素人さんがYouTubeで勝手に日本語字幕を付けて公開しているのは弊社とは一切関係ありませんので、それを見て記事にしているのであれば、この記者はお粗末すぎますヨ。

私、個人的に台湾のことはとても好きですが、こういったメディアのいい加減なところだけは辟易することが多く、残念ポイントです。改善してもらいたいもんです。

では、明日の第8話の放送もお楽しみに~

2013年6月25日 (火)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第6話: 安陵容の夜伽、ブランコの出会い、純元皇后

本日放送の第6話、いかがでしたでしょうか?

甄嬛(シンケイ)のまわりでは、沈眉荘に続いて、安陵容が夜伽に召されました。

当の甄嬛はといえば、ようやく雍正帝との対面を果たすものの、まだこのお方が雍正帝だということを認識しておらず、、、

御対面を果たしたのはブランコでした。

このシーンは後々の大事な思い出になって行きますので覚えておいて下さい~

それにしても、清朝時代にブランコってあったんですかね?

あったのですかね・・・?と言えば、本日のエピソードで華妃が使っていた美顔ローラー(翡翠製?)が気になりました(笑)。

時代考証に詳しい方いらしたら教えて下さい~

それから、雍正帝が 「これほどの簫(しょう)の音を聞くのは 恐らく 純元皇后が亡くなって以来だな」 と仰せのシーンがありましたが、この純元皇后というのは、雍正帝の亡き愛妃(正室)で、現在の皇后の姉です。雍正帝は未だに純元皇后のことが忘れられない・・・というのが物語のベースとなっております。頭の片隅に入れておいて下さいませ~

では、明日放送の第7話もお楽しみに!

2013年6月24日 (月)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第5話: イケメン皇弟 果郡王、成りすましの余氏 登場

第5話、いかがでしたでしょうか?

イケメン・ハンターの方々、お待たせしました!このドラマの一番の美形、果郡王(李東学)の御登場です!

彼の紹介については以前の記事をどうぞ↓↓↓

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-e8a8.html

果郡王は雍正帝の弟、十七弟、すなわち先の皇帝”康熙帝”の第十七皇子、「宮廷女官ジャクギ」には登場して来なかったキャラクターです。

本日のエピソードで説明がありましたが、先の皇帝の後継者争い(九王奪嫡)には関わってはいなかったので、雍正帝も安心して親しくしているという設定です。

ジャクギに出てきた十三弟のような立ち位置でして、雍正帝の数少ない味方といった感じです。「ジャクギ」の時、十三爺もかなりの人気でしたが、「宮廷の諍い女」には御登場されませぬ~

この果郡王は、第二部・第三部で非常に重要な役どころになって来ますので、お楽しみに!特に第二部には、女性が心打たれる萌えシーンが待っております。きっと女性視聴者の方は心を鷲掴みにされることでしょう~(゚▽゚*)

それから、雪の梅園から登場して来た余氏。彼女はシンケイに成りすまして、宮女から妃に大抜擢をされます。ジャクギは女官のまま妃にはしてもらえませんでしたが!

このまま化けの皮が剥がれずにいられるでしょうか。フフフ。

それでは明日の第6話の放送も御期待ください!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 公式facebookで 【週刊 宮廷】今週の宮廷ニュース を展開中~

早安~。おはようございます。

今週も月曜~金曜17:00 BSフジで「宮廷の諍い女」の放送があります~

今週は第5話~9話の放送です。

週末は「諍い女」の放送はありませんが、その代り、公式facebook(https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime)の方で、【週刊 宮廷】今週の宮廷ニュースをお届けてしております。その週に放送されたエピソードの中から「これは!」というニュースをピックアップして解説しています(笑)

先週の宮廷ニュースTOP3は:

第1位:夏常在が後宮入りして間もなく“一丈紅”を受け、“冷宮”送りにされる!!

第2位:宮女の福子が井戸から死体となって発見される!!

第3位:3年に1度の「秀女選出の儀」が執り行われる!!

以上すべてニュースの見出しですので、ニュースの本文については下記のfacebookページを御覧ください~

https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime

では、今週の放送もお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第51~53話 日本語字幕仮MIXチェック

先週の火曜日(6/18)から放送が始まりました「宮廷の諍い女」ですが、今週は第5~9話が放送になります。

甄嬛(シンケイ)は後宮入りしたものの、夏常在が”一丈紅”の罰を受けたり、井戸に宮女の死体を目撃するなどして、さっそく後宮の洗礼を受け、病床に伏せる日々を過ごしていましたが、今週から挽回!お楽しみに。

我の方はこの週末に、視聴者の皆様より一足先に第51~53話の日本語字幕チェックをしておりました。

「宮廷の諍い女」は全76話と長丁場なので、日本では三部構成にしており、第26話から第二部に、第46話から第三部に入る形になっています:http://www.bsfuji.tv/isakaime/about/index.html

第三部の前半部は「ロマンス編」とも言える部分で、イケメンの○○○○との許されぬ愛が描かれています。

そして、第51~53話の部分はその転換点となっています。

第三部の放送開始は8月22日(木)になっておりますので、まだ先の話になりますが、どうぞ御期待ください!

それから、明日からの1週間を前に、「宮廷の諍い女」facebookのイイネが400を超えました!皆さまの御支持に感謝いたします。

それでは、今週の放送もお楽しみに!

2013年6月22日 (土)

三保の松原を含めての富士山 世界文化遺産登録決定、オメデトー!!

三保の松原を含めての世界文化遺産登録の決定となり、静岡出身者としてはこの上なく嬉しい限りです!!

三保の松原は自分がバスで通っていた幼稚園のすぐ近くで、よく砂浜に遊びに行ったものです。

今もあるのかどうかわかりませんが、三保文化ランド、ミニチュアランド、東海大学海洋学部付属水族館など思い出がいっぱいです(私、ちびまる子ちゃんのさくらももこさんやサッカーの長谷川健太さんと同じく昭和40年生まれ)。

自分は、日本平ホテルの庭(TBSドラマ「華麗なる一族」のロケ地)から三保の松原を眼下に見る富士山の風景がとても好きだったので、三保の松原を除外するとは何事!と思っていたのですが、本日の世界遺産認定では、ナント逆転で三保の松原も含めてOKということになったので何と目出度いことでしょう!!

今週は、「宮廷の諍い女」の放送開始といい、嬉しいことが続いている一週間です(◎´∀`)ノ

2013年6月21日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第4話: 温太医、沈貴人の伽、年羹堯の青海征伐

本日放送の第4話、いかがでしたでしょうか?

「華妃、おっかねぇ!」という感想を持たれた方が多いと思います。

「でも、彼女の演技、存在感、たまらない~!」とハマって行くことでしょう(笑)

さて、今日は先ず、温太医溫實初)役を演じている張曉龍について少々。

甄嬛(シンケイ)と幼馴染の温太医も、果郡王と同じように、影に日向に彼女を支えて行く役柄となっています。

この役を演じている張曉龍は、実は大学で宮廷作法や舞踊などを教えているお偉い先生なんです。大学で教えるかたわら、映画『レッド・クリフ』などの作法・舞踊指導をされてます。

昨年末、下記のような話題がありました:

<CRI Onlineより>

國劇盛典《甄嬛傳》奪7獎 "溫太醫"領群妃大跳後宮style(2012.12.15)

http://big5.cri.cn/gate/big5/gb.cri.cn/27224/2012/12/15/108s3959939.htm

コチラ↓↓↓昨年末、北京で行われた國劇盛典で行われた「後宮」組の大演目。笛吹く果郡王、勢揃いした後宮の妃たち、躍る温太医が話題になりました。

http://www.youtube.com/watch?v=Ck7mR6Yw7WE

(中華圏でもK-POPの「カンナム・スタイル」が流行っていたんで、、、笑)

温太医は、宮中のお医者さんの役ですが、本日出てきた麝香、蓮の実、ツバメの巣など、漢方や薬膳料理によく出てくるアイテムがドラマの中でいっぱい出てきますので勉強になりますヨ。周りに気付かれない毒とかも・・・(笑)

次に、温太医と同様、甄嬛(シンケイ)の幼馴染の沈貴人沈眉荘)について。

新人小娘の中で一番に「」に選ばれ、雍正帝の寵愛を受けるラッキー・ガール。が故に、華妃に目の敵にされて行きます(コワ~)。

この「伽」は、「翻牌子」によって選ばれるシステムになっているのですが、これについては「宮廷女官ジャクギ」の時の記事でふれていますので下記をご参照ください:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/vs-4478.html

「ジャクギ」では描かれていなかったのですが、「伽」に選ばれた妃は、布団にくるまれて皇帝の寝室に運ばれていたのですね!?これは知らなかったです(笑)お勉強になりました。

物静かで清楚な沈貴人、「大奥」でおなじみの鶴田真由さんになんとなく似ているような・・・

本日の最後は年羹堯(ねん・こうぎょう)で締めくくります。この方は、華妃のお兄さんです。九王奪嫡の末、第四皇子が雍正帝として即位しますが、その立役者でした。

「ジャクギ」の時に記事にしておりますので、下記を御参考ください:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-a32b.html

華妃が後宮で皇后をもしのぐ権勢を誇っているのは、このお兄さんが朝廷の権力者だからなんです。恐るべし年兄妹!

それでは来週月曜日の第5話放送をお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第一部 冒頭解説映像 ナレーションの御案内

今週の火曜日から放送が始まった「宮廷の諍い女」、お楽しみ頂いておりますでしょうか?

今日17:00からは第4話の放送があります。

ご覧になっている方はお気づきのように、日本放送にあたっては、「宮廷女官ジャクギ」同様に、冒頭に45秒の解説映像を付けております。

「ラスト・エンペラー」っぽい荘厳な楽曲を使って、紫禁城で繰り広げられる清朝宮廷絵巻を表現してみました(この楽曲はドラマの中で実際に使われている楽曲です)。

「宮廷の諍い女」は全76話と長丁場ですので、三部構成にして、第一部、第二部、第三部それぞれに別バージョンの解説映像を用意しております。

ネットのコメントを見ていると、「このドラマにはイケメンおらへんの?」と疑問に思っている方がいましたが、そんなことはございません!

第一部では少ししか出て来ないのですが、主人公の甄嬛(シンケイ)を影に日向に助け、ロマンスも・・・の美男がおります。その名は果郡王(李東学という俳優さんです)。ご登場を心待ちにしていて下さい。第二部、第三部の冒頭解説映像では彼も登場して来ますのでお楽しみに!

私が敬愛している韓国時代劇「宮廷女官 チャングムの誓い」でも、主役のチャングムを影に日向に支えるミン・ジョンホ(チ・ジニ)というヒーローがいましたが、あんな感じです。

「宮廷女官ジャクギ」で十四爺を演じた林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)がそうだったように、このドラマがキッカケで李東学もいきなり大スタアになりました。

Img_7419_small 

01125_53096367741608839

李東学のご紹介は本日はこのくらいにしまして、本題の冒頭解説映像のナレーションについて!

第一部のナレーション台詞は下記のとおりです:

「時は18世紀初頭の中国、清王朝。」

「康熙帝(こうきてい)の皇子たちによる後継者争い―」

「九王奪嫡(きゅうおうだっちゃく)を制して即位した雍正帝(ようせいてい)は」

「3年に1度の妃選びの儀で」

「漢族の娘・甄嬛(シンケイ)を見初める」

「愛する父母のもとを離れて後宮入りしたシンケイを待ち受けていたのは」

「美しくもしたたかな」

「宮廷の諍い女であった―」

ナレーションをやって下さっているのは白熊寛嗣(しろくまひろし)さん。数々の時代劇の予告編、解説映像をなさっています。下記HPのサンプル音声を聞いてみて下さい(1つめは飛ばして、2つめ、3つめを聴いてみて下さい)。

http://pro-baobab.jp/men/shirokuma_h/index.html

解説映像ナレーションの収録の時、ご本人のナマ声をお聞きしましたが、非常にセクシーな低音の持ち主で、感銘いたしました。

さて、この冒頭解説映像ですが、中華圏の人は戦争ドラマのイメージを持ったようです:

http://ent.ifeng.com/tv/news/mainland/detail_2013_06/20/26627336_0.shtml

どうやら台湾人の記者が書いたらしいんですが、日本の放送を画像コピーして貼り付けているし、なんじゃ!?

中華圏の戦争ドラマって、このような声を使って番宣作ってるんだろうか?

日本だと、時代劇の定番ってイメージの声なんですけどね。

「ところ変われば品変わる」ってことですね。

それでは、本日17:00からの第4話をお楽しみに!

2013年6月20日 (木)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 番組オフィシャルサイトが、BSフジ全番組中 No.2 !

「宮廷の諍い女」放送局のBSフジさんから嬉しいお知らせがありました!

月11日~18日の期間、「宮廷の諍い女」番組オフィシャルサイトへのアクセス数が、BSフジさんの数多くある番組ページの中で、第2位という快挙を成し遂げたとのことです!

(ちなみに、サイトがオープンしたのは6月10でした)

当ブログへのアクセスも、「宮廷女官ジャクギ」の時を上回るスピードでアクセス数が伸びています。

ドラマの内容には自信を持っておりましたが、初動から反響がとても大きくて非常に驚いております。

「宮廷の諍い女」は登場人物が多く、人間関係を掴むのが大変ですので、ぜひ下記の「人物相関図」を予め頭の中にインプットしておいて下さいませ~。よりドラマを楽しめること間違いなしです!

http://www.bsfuji.tv/isakaime/soukan/index.html

それでは、明日の第4話もお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第3話: 皇后、康禄海、周寧海、夏常在”一丈紅”

第3話、いかがでしたでしょうか?

甄嬛ら仲良し3人組が後宮入りを果たしましたが、早くも洗礼が!まだまだ序の口ですが・・・

今日は出演者の御紹介を少々。

先ずは皇后役を演じているエイダ・チョイさん。この方は香港出身の女優さん(元々はモデル)ですが、小生が前職のワーナーの時に手掛けた香港映画『君を見つけた25時』(1998年作品、1999年5月日本劇場公開。原題:毎天愛称6小時、英題:Your Place or Mine !、主演:トニー・レオン、ビビアン・スー)に出演していた女優さんです。「宮廷女官ジャクギ」「宮廷の諍い女」DVD発売元のクロックワークスさんが劇場配給をされた映画です。まさか15年ぶりに再会するとは思いませんでした!さすがに貫禄が付きましたねぇ~。「宮廷の諍い女」では今のところ華妃におされ気味の皇后ですが、今後どうなるでしょうか。お楽しみに。

次に甄嬛付きの康公公康禄海)について。中華映画好きな人は彼の顔にピンと来ませんでしたでしょうか?日本でも大ヒットした中国映画に出演していた人です。そう、1994年2月に日本でも劇場公開された『さらば、わが愛/覇王別記』で小石頭の少年時代を演じていた趙海龍クンです。いやぁ~アレから20年近くも経っているんですねぇ~。すっかりオッサンになっちゃって(笑)懐かしい友達に再会したような感じで小躍りしちゃいます。

それから、華妃付きの周公公周寧海)についてもチョット。「宮廷女官ジャクギ」の中でジャクギが八爺に対して「足の不自由な人に注意を・・・」と言っていたのを覚えていますか?おそらく彼のことを言っていたのですかね??

次に夏常在夏冬春)を演じている穎兒(劉穎)について。この方、中国のオタク族に人気の萌え系アイドルさんなんです。「宮廷の諍い女」の出演は本日のエピソードで終わりなんですが、短い出演期間で物凄い印象を残しました。んで、この方、ジャクギの八爺を演じていたケビン・チェン主演の呉越戦争の古装劇「英雄」で主役級の”西施”(中国4大美女の一人)を演じております。「英雄」は今年春のクールで台湾の華視で放送されていましたが、視聴率は残念ながら。。。八爺の人気をもっても力及ばずでした。中国大陸ではまだ放送されていないようです。おそらく、中国当局が発表した「歴史事実に反する時代劇はNG・・・」が引っ掛かっているのではないかと?なにせ、「孫子兵法」の孫武が武侠ばりに空を飛んだり湖の上を走ったりしてましたから(笑)

夏常在が華妃から受けた罰”一丈紅”。中華圏で「宮廷の諍い女」が放送後、コレは流行語になりました~。悪いことをしたら”一丈紅”!泣く子も黙る一丈紅です。

このドラマからはたくさんの流行語が出ています。中華圏にお友達がいる人は”一丈紅”って知っている?って聞いてみて下さい。「何で日本人のアンタが知っているの?」と盛り上がることでしょう~

その他の小ネタについては公式facebookをどうぞ↓↓↓

https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime

それでは明日の第4話をお楽しみに~

2013年6月19日 (水)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第2話: 後宮制度と甄嬛のお父さん

第2話の放送、無事に終わりました~

さて、今日のエピソードでは教育係から「後宮制度」についての説明がありましたネ。

これを図解しますと下記のようになっています。

覚えておくとドラマを更に楽しめますヨ。

Photo

甄嬛(しん・けい)は下から二つ目の「常在

沈眉荘(しん・びそう)は一つ上の「貴人

安陵容(あん・りょうよう)は最も下の「答応

さて、「ジャクギ」ファンだった方、甄嬛のお父さんをどこかで見たことがありませんか?

「ジャクギ」の途中でどこかに行ってしまったと思ったら、こんなところに!(笑)

さて、「ジャクギ」のどこにいた人でしょうか?

ちょっと嫌な役の人でした。

かなりトリビアです(笑)

答えは↓

「ジャクギ」第23話をご覧ください!

その他、今日の見どころは公式facebookをどうぞ: https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime

では、明日の第3話の放送もお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)が 第5回海峡映画・テレビ祭で 「台湾の視聴者が最も好きな大陸ドラマ賞」を授賞

昨日のブログで、「宮廷の諍い女」(後宮甄嬛傳)が台湾で社会現象化したことをお伝えしておりましたが、それを表す事象がまた一つ!

第5回海峡映画・テレビ祭で「宮廷の諍い女」が 「台湾の視聴者が最も好きな大陸ドラマ賞」を授賞しました!

CRI onlineさんより:http://japanese.cri.cn/881/2013/06/15/161s209558.htm

台湾人がかくも熱狂した大陸歴史ドラマ。

台湾好き、華流ファンの方も友達との話のネタにぜひ「諍い女」をちょっくら観てみて下さい。

なぜ台湾人がそんなにハマったのか?

しかも、普段ドラマを観ないような台湾人でさえハマっという「諍い女」とは一体どんなドラマなのか?

ご自分の目で検証してみて下さい~♪

ちょっとのつもりが、ついつい御自身もハマってしまうと思いますが!(笑)

では本日17:00からの第2話をお楽しみに!

2013年6月18日 (火)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 第1話放送 無事に終了~

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)日本ファーストラン、 第1話 無事放送終了しました~!

感無量

「宮廷女官ジャクギ」ファンだった方、

絢爛豪華な中国清朝絵巻の世界へ再びようこそ!

「ジャクギ」に劣らず、宮廷のセット、衣装、髪飾り、付け爪、調度品などにウットリすると思います(今回は、ジャクギに出てこなかった付け爪に注目!)

さて、本日の第1話の冒頭、雍正帝の老けた姿にビックリされた方も多かったと思います(笑)

「ジャクギ」で雍正帝を演じたニッキー・ウーと「諍い女」で雍正帝を演じるチェン・ジェンビンは見た目は全然違うのですが、実は年齢が同じなのですよぉ(笑)

実は、中国で「諍い女」が放送開始になった時も、二人の雍正帝を比較する論議がファンの間で盛り上がりました。

が、それも束の間。

「諍い女」の内容が余りにも魅力的だったが故、そんな表面的な論議などどうでもよくなってしまって、全中華圏が「諍い女」にハマって行ったのでした(中華圏にお友達・知人がいる人は当時の様子を聞いてみて下さい~)。特に台湾の熱狂ぶりがスゴかったです。

昨年自分が「ジャクギ」の日本上陸の準備に勤しんでいた時、中華圏の友人たちはドップリと「諍い女」の世界につかっていたのでした。

台湾で社会現象化したのを示す顕著な例がコチラ↓↓↓

JVRmuzicのYouTubeオフィシャル・チャンネル [JVR Official Channel] より:

周杰倫【公公偏頭痛 官方完整MV】Jay Chou "Gong Gong with a Headache" MV

https://www.youtube.com/watch?v=FbqBv7Tz1QY

♪公公公 公公公 公公公・・・・・・・♪コンコンコン コンコンコン・・・・(笑)

台湾ではジョリンアーメイなどのC-POPアーチストがファンやメディアに向かって「甄嬛傳、見たぁ?!」と煽ったりしていいたので、社会現象化に拍車をかけました。

そして、C-POP界の大御所である周杰倫ジェイ・チョウ)に至っては、【公公偏頭痛】という楽曲まで作ってしまい、MVも清朝宮廷を舞台とした凝った映像を作り上げています。

「ジャクギ」と「諍い女」を比較した小ネタは本ブログで30回ほど記事にしていますので、下記をご参照ください:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/cat53184006/index.html

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) という名前のシリーズです。

さて、今日の第一話、雍正帝の他に、もう一人強烈な印象を残した人がいたと思います。

そう、華妃です。この人、このドラマの憎々しげな役で大ブレイクしました。今後、コン・リーのような大物女優になって行くと思います。彼女の出演シーンはどれも圧巻です。要注目!

ところで、私、本日17:00に「諍い女」の放送が始まる前に、16:00から某地上波局で「斉藤さん」というテレビドラマをたまたま見ていたのですが、ビックリ!

「宮廷の諍い女」ならぬ「幼稚園PTAの諍い女」って感じで(笑)

清朝後宮も日本の幼稚園PTAも変わらないんですね~

で、主人公の容姿が似てる!

容姿が似ているだけでなく、

気丈な女性が諍いを制していく?

諍いに簡単に負けてしまいそうな弱そうな女性が主人公に付いて行く?みたいな。

実は、「諍い女」が中華圏で大ヒットした理由の一つとして、「現代社会を生き抜く知恵やセリフが詰まっている」というのがありました。

我が日本においていも、幼稚園PTAを制する知恵を学べるかもしれませんよ~(笑)

それでは明日の第2話放送もお楽しみに!

「諍い女」のトリビア的な小ネタは日本公式facebookでも随時アップされて行きますのでお楽しみ下さい~(ちなみに、私ではなく、ドラマの宣伝プロデューサーさんが書いてくれています)

さっそく、第一話の小ネタがUPされていますヨ。自分も読んでみてニンマリ :)

https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)、いよいよ本日6/18 (火)17:00より BSフジで放送開始!

いよいよ本日放送開始です!

あと4時間で放送開始です!

あぁ、昨年末からどれだけこの日を待ちわびたことか!

この作品を手掛けられて光栄です!

我が人生悔いなし!と思えるぐらい素晴らしい作品です。

このドラマをやり遂げたらしばらく休息したい~ってくらい全身全霊注いでやっています。

どうぞお楽しみに!

昨日の記事をどうぞ↓

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/bs-450b.html

では、17:00@BSフジにて!

2013年6月17日 (月)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)、いよいよ明日6/18 (火)17:00より BSフジで放送開始!

中華圏で「宮廷女官ジャクギ」を超える特大ヒットとなった「宮廷の諍い女」がいよいよ明日17:00~BSフジにて放送開始!!

清朝宮廷の世界へ再び!

ジャクギと重なる雍正帝の時代です。

あそこにジャクギがいたんだナぁ~。

ジャクギにハマった人もそうでなかった方も、中華圏で社会現象化したこのドラマは必見ですゾ。中華圏に知人・友人がいる人は原題の「後宮甄嬛傳」(ホウコン・チェンホァン・チュアン)という名前を言えば盛り上がること間違いなし!特に台湾での盛り上がりはスゴかったので聞いてみて下さい~

中国宮廷ドラマの最高傑作、いよいよ明日、幕が開けます!

◆BSフジ番組サイト:

http://www.bsfuji.tv/isakaime/

*現在の人物関係図は第一部のものです。第二部、第三部になりましたら新たな人物関係図に更新されます

◆冒頭45秒映像:

http://www.bsfuji.tv/isakaime/about/index.html

*ジャクギの放送時と同様に冒頭に45秒の解説映像が入ります。現在のものは第一部のものです。第二部、第三部では新たな解説映像に差し替えられます。後半戦になると果郡王(李東学)の映像が入って来ます。

◆「宮廷の諍い女」facebook:

https://www.facebook.com/kyuteinoisakaime

ちなみに、本日のレコードチャイナの翻訳記事「敏腕プロデューサーになった女優ルビー・リン、中国当局の規制に対抗」(http://topics.jp.msn.com/entertainment/china/article.aspx?articleid=1899933)を御覧になった方はお気づきになられたかと思いますが、中国当局の方針で今後は「タイムトリップもの」「宮廷闘争もの」のドラマはしばらく制作が控えられることになりますので、実質、「ジャクギ」と「諍い女」がこのカテゴリーの最高傑作としてしばらく君臨し続けることになります~

この機会にぜひ御鑑賞ください!

「宮廷女官ジャクギ」の方は7月6日からアジアドラマチックTVでノーカット版が放送開始になりますので、こちらもお楽しみに!

http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/ad_SO0000005700.html

「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走) DVD特典 メイキング映像 Vol.1~10 日本語仮MIXチェック

「恋せよ姐GO!」のDVDには、10分 x 30エピソードのメイキング映像が付きます!

一昨日、Vol.1~10の日本語字幕仮MIXのチェックをしましたが、かなり面白いデス

ジローの中国名と雨降りの関係、ジローとケニー・リンのキスのシーン、ジローのマイク・ハー物まね、ケニー・リンの内股オネェ?のカット・シーン、ジロー「対不起」の涙の演技(本当の涙だったんですよ。周りのスタッフもびっくりしてました)、ピーター・ホーの登場シーン、ジローとルビーのキス・シーン&抱擁のシーン、HEの楽曲披露のシーン、ジローの6パックのシーンなど、Vo.1~10だけでもこれだけ見どころ満載!

早くVol.11~30のチェックをしたいデス(゚▽゚*)

DVD発売情報はもうすぐ発表です~♪

2013年6月12日 (水)

「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走) アジドラの月間HPアクセスランキングで第2位に飛躍!

わお!

1.破邪の英雄-新・別巡検-

2.恋せよ姐GO!

3.可愛いあなた

4.水滸伝

5.ラブレイン<完全版>

http://www.so-netme.co.jp/adtv/

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DATV で第3話・4話放送後、番組HPのFBイイネが2446!

毎週、DATVさんでの放送が終わる度にFacebookのイイネが飛躍的に伸びて行っています!

先週、第1話・2話の放送終了後に2000を超えたと思いきや、昨日の第3話・4話の放送終了後には2446まで数字が伸びました。

驚異的な数字の伸びです。

2446は既にジャクギ以上の数字です。ジャクギは現時点で2069ですから・・・

すごい反響です

「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走) 第30話(最終回) 日本語字幕仮MIXチェック

さあ、本日アジドラさんで第15話が放送される「恋せよ姐GO!」ですが、私の方は昨日第30話(最終回)の日本語字幕仮MIXのチェックを終了いたしました~

大団円!最終回のジローのアクション・シーンは必見です!

それから、劇中劇 「バラの咲く季節」 の監督役に注目していて下さい。アッと驚くサプライズがあります(◎´∀`)ノ (大陸版では敢え無くカットされていたようでしたが・・・)

アジドラさんでの放送では、回を追うごとに視聴率が上がっているそうです!右肩上がりは内容保証ですネ。華流ドラマ業界を知っていると更に楽しめるんですよね~、このドラマ。

ドラマ制作の舞台、ドラマの宣伝PRマーケティング、芸能人の裏事情など、ナルホドさもあらんナットク状態で勉強になります。

では今夜の放送をどうぞお楽しみに!

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 日本版の オフィシャル facebook がオープン!

本日BSフジさんの番組特設サイトがオープンしたのに続きまして、「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 日本版オフィシャル facebook がオープン!

www.facebook.com/kyuteinoisakaime/

ドラマに関する様々な話題をご提供~

トリビア的知識などお楽しみ下さい

2013年6月11日 (火)

7月9日発売 『チャイニーズ・スター』 2013年夏号~ 「恋せよ姐GO!」、「宮廷の諍い女」キャスト・インタビュー付き大特集!

水面下で進んでおりました「Chinese STAR」2013年夏号、恋する華流ドラマ特集~。内容充実!素敵な紙面に仕上がっていました~

◆「恋せよ姐GO!」特集 (P.28-37)

- ジローのインタビュー(P.30-31)

- ルビー・リンのインタビュー(P.32-33)

- ケニー・リンのインタビュー(P.34-35)

- ゴールデン・チャンのインタビュー(P.36-37)

◆「宮廷の諍い女」特集 (P.38-43)

- スン・リーのインタビュー(P.41-43)

◆この後に、「宮廷女官ジャクギ」続編のキャスト・インタビューが続いています。付録にはニッキー・ウーのポスターが付いています。

以下、日中通信社さんから届いた表紙の写真とご案内テキストです:

1

『チャイニーズ・スター』2013年夏号

中華圏の最新芸能をお届けする季刊誌『チャイニーズ・スター』

今回は、あの『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』で台湾刑事役を熱演し、日本でも大ブレイク中のウー・ズンさんを取り上げ、日本でのファンイベントの様子や特別インタビューなど、盛り沢山の内容でお送りする。

ウーズンの表紙が目印だ。また、裏表紙はマイク・ハー。こちらも来日単独インタビューを収録。

一押し華流映画コーナーでは史上最強のイケメン戦士たちによる歴史アクション超大作『忠烈楊家将』を紹介。その三大主役イーキン・チェン、ヴィック・チョウ、ウー・ズンの濃厚独占インタビューを掲載。

ドラマでは「恋せよ姐GO!」、のジロー、ルビー・リン、ケニー・リンなど豪華出演者の独占取材や「宮廷の諍い女」の主人公を務めて大人気となったスン・リーさんの素顔に迫ります、そしてあの日本でも人気の「宮廷女官 ジャクギ」の続編「歩歩驚情」特集もあります。

ほかにもチェン・クン、ケルビン、アーロンなど沢山旬の華流スターの記事があります。お楽しみに!

超嬉しい付録ウー・ズン&ニッキ・ウー Wポスター付き!

7月9日全国書店にて発売開始!!

フライングゲット!
ネット先行予約
http://long-net.com/index.php?document_srl=59797

2013年6月10日 (月)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)6/18 (火)よりBSフジ (月)~(金)17:00枠で放送!! (3) 番組HP 特設サイトがオープン!

さあ!いよいよ来週火曜日(6/18)17:00から「宮廷の諍い女」(きゅうていのいさかいめ)のファーストラン放送開始です!

ということで、BSフジさんのHPで、番組特設サイトが公開になりました!

ジャクギ同様、ご愛顧くださいませ~

番組冒頭45秒映像でイメージを膨らませておいて下さい!

「時は18世紀初頭の中国、清王朝。」

「康熙帝の皇子たちによる後継者争い ―」

「”九王奪嫡”を制して即位した雍正帝は」 ♪

◆トップページ

http://www.bsfuji.tv/isakaime/

◆みどころ(番組冒頭45秒映像付き)、全体のあらすじ&放送スケジュール

http://www.bsfuji.tv/isakaime/about/index.html

◆各回の放送内容(あらすじ)

http://www.bsfuji.tv/isakaime/story/index.html

◆キャスト&スタッフ

http://www.bsfuji.tv/isakaime/cast/index.html

◆人物相関図

http://www.bsfuji.tv/isakaime/soukan/index.html

来週6月18日(火)17:00の放送開始@BSフジをお楽しみに!

2013年6月 7日 (金)

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)6/18 (火)よりBSフジ (月)~(金)17:00枠で放送!! (2)

第1話のあらすじ紹介出ました!↓↓↓

http://www.bsfuji.tv/top/pub/isakaime.html

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DATV で第1話・2話放送後、番組HPのFBイイネが2000を超える!

わお!ビックリです。

DATV で第1話・2話放送後、「夏の協奏曲」番組HPのFBイイネが2000を超えました!

http://datv.jp/p000457/

じゃ、じゃ、ジャクギよりも早い!

こ、こ、この夏は、「夏の協奏曲」で決まり!?

でも本当に内容は非常に良いです。

涙、涙の感動作です。

「ジャクギ」も涙でしたが、「夏の協奏曲」も涙です。

ご期待下さい。

2013年6月 4日 (火)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 ふたたび! 7月6日(土)より アジアドラマチックTVにて ノーカット版 放送決定! (3) 放送スケジュール詳細が発表になりました!

コチラです⇒ http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/ad_SO0000005700.html

お待たせしました!

アジドラで、7月6日(土)20:00よりノーカット版にて放送開始です!

*「ノーカット版」の説明⇒ http://www.so-netme.co.jp/adtv/info/index.html#news01

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DATV で放送開始の本日、番組HPのFBイイネが1900超える

おぉ、幸先よろしいですのぉ~

放送開始直前になってFBイイネが1900の大台に乗せました!

http://datv.jp/p000457/

「宮廷女官ジャクギ」のBSジャパン 番組HPのFBイイネが 再放送終了後に2000の大台に乗せたのに比べると、異常に早いスピートと言えます。

それでは、1時間後の放送開始をどうぞお楽しみに!

華流ドラマ 「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃)、本日19:00~DATVで放送開始!(2話連続)

Img_0800_small

Img_1888_small_2

◆「夏の協奏曲」場面写真特集:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-3c0f.html

◆「夏の協奏曲」今までの当ブログでの紹介記事:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/cat52210480/index.html

◆DATV番組HP:

http://datv.jp/p000457/

◆DATV番組宣伝映像:

http://www.youtube.com/watch?v=nkAFZYFK7EE

今日は初夏のような気温。「夏の協奏曲」にピッタリですね。

では今晩の放送開始をお楽しみに!

2013年6月 3日 (月)

6月のアジア・リパブリック

6月になりました!

このあいだ2013年が始まったばかりの感覚だったんですが、もう半分近く来ているんですね。もうすぐ夏です。

さて、6月のアジア・リパブリックは:

◆「恋せよ姐GO」(原題:姐姐立正向前走)、アジアドラマチックTVで絶賛放送中!

http://www.so-netme.co.jp/adtv/anego/

今週は第13話、14話の放送があります:

http://www.so-netme.co.jp/adtv/content/ad_SO0000005402.html

◆「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃)、6月4日(火)19:00~DATVで放送開始!(2話連続)

http://datv.jp/p000457/

◆「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)、6月18日(火)17:00~BSフジで放送開始(月~金)

http://www.bsfuji.tv/top/pub/isakaime.html

「宮廷女官ジャクギ」、「秋のコンチェルト」のアジア・リパブリックが2013年上半期に放つ3本の矢はどれもS級!どうぞ御期待ください。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック