フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

「恋せよ姐GO!」、「夏の協奏曲」、「宮廷の諍い女」(いさかいめ) 日本語字幕作業

本年度アジア・リパブリックが放つ3本の矢=「恋せよ姐GO」(原題:姐姐立正向前走)、「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃)、「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)

現在、日本語字幕作業を急ピッチで進めています。

本日時点、「恋せよ姐GO!」が第18話まで、「夏の協奏曲」が第16話まで、「宮廷の諍い女」が第29話まで作業が進んでいます。

恋せよ姐GO!」は極上のラブコメ、

夏の協奏曲」は泣きの感動系の傑作、

宮廷の諍い女」は中国歴史ドラマの一級品、

三者三様、字幕チェックをしながら、それぞれのカテゴリーのS級作品を堪能しております。

手前味噌ながら、この3本のドラマは、どこに出しても恥ずかしくないクオリティーだと自負しております。

昨今、台湾・中国ドラマのクオリティーがどんどん上がって来ています。この3作品を通して、その息吹を感じて頂ければ弊社としては幸いです!

(◎´∀`)ノ

2013年4月27日 (土)

華流ドラマ 「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走) 明日(4/27)05:00~アジドラで第1話&2話 再放送!

明日朝5時からアジドラで「恋せよ姐GO!」の第1話第2話の連続放送があります。

今週水・木の本放送を見逃してしまったというアナタ!お見逃しなく!!

https://www.so-net.ne.jp/adtv/content/ad_SO0000005402.html

2013年4月23日 (火)

華流ドラマ 「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走) いよいよ明日(4/24)18:00~アジドラで放送開始!

さあ、いよいよ明日、アジア・リパブリックの2013年度3本の矢のうち1本目の「恋せよ姐GO!」の放送開始です!

4月24日(水)18:00~@アジドラです

Gotitle


◆アジドラ番組HP:

https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/

◆場面写真:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-bd51.html

◆当ブログでの「姐GO!」紹介記事一覧:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/cat51592526/index.html

明日の放送開始をお楽しみに!

2013年4月22日 (月)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」 x 「恋せよ姐GO!」 :第十四皇子ふたたび!ドラマ続編の困難

ジャクギの放送が終わっちゃってツマらないと感じてらっしゃる貴女

4月24日(水)18:00から第十四皇子こと林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)が出演する新作ドラマ「恋せよ姐GO」が始まりますヨ↓↓↓

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-2597.html

このドラマ、ジャクギと重なるところがあるんです。。。

TVドラマ続編制作の困難さを描いています。

「恋せよ姐GO!」劇中劇の「バラの咲く季節」が期待以上の大ヒットをし、いざ続編制作!となった時に・・・

出演者のギャラは上がるし、主演俳優の事務所には別ドラマからのオファーが殺到してスケジュール調整が困難、脚本家に書き下ろしてもらうもの大変・・・

ん?どっかで聞いたような話?

はい、そうですね、「歩歩驚心」の続編が動き出した時、正にこんな問題が起きました。

続編の「歩歩驚情」には「歩歩驚心」のメンバー全員が出演するというわけではありません。

ジャクギ、雍正帝(四爺)、康熙帝、十爺、ジャクギの姉を演じた俳優・女優は出演しますが、その他のメンバーはスケジュールの都合などで出演NG。ただ、八爺は某エピソードだけ特別出演をするらしく・・・

四爺を演じたニッキー・ウーのギャラも相当に上がっています。

「歩歩驚心」はネット小説が原作のドラマ化でしたが、「歩歩驚情」はオリジナル・ストーリー。上手くストーリー・メイキングできているでしょうか?

「歩歩驚情」の中国での放送は年末ぐらいとのことですが、先ずは「恋せよ姐GO!」で十四爺こと林更新の現代的なお姿を一目ご覧アレ!ジャクギでは吹き替えられてしまっていた声も御本人の地声ですよ!

それでは4/24(水)18:00~アジドラで放送開始をお楽しみに!

◆アジドラ番組HP:https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/

NHK連続テレビ小説 「あまちゃん」 x 華流ドラマ 「恋せよ姐GO!」 :脚本が面白い!

「あまちゃん」が面白い!

視聴率も早々と20%を超えて絶好調のようです。じぇじぇ!

自分としては「カーネショーン」以降、久々にハマっています。

宮藤官九郎さんの脚本、さすがですねぇ~

毎日仕事を始める前のお楽しみになっています。

朝から楽しいですヽ(´▽`)/ 

やはりドラマも映画も脚本が命です!

主役が有名な俳優・女優でなくても、脚本が良ければ視聴者の心を惹きつけます。

4月24日(水)18:00~アジドラで始まる華流ドラマ「恋せよ姐GO」(原題:姐姐立正向前走)も面白いですよ!

そもそも、脚本家が主人公の物語です!

アラサー女性の脚本家が年下の落ち目の元アイドル君と恋愛をする物語ですが、華流ドラマ制作の裏舞台、芸能界の舞台裏を描いた本作はアジア・ドラマ・ファン必見の面白ポイント満載!

劇中劇の新作ドラマ、続編制作の裏側、プロデューサーx脚本家の駆け引き、主演俳優の抜擢、俳優どうしの確執、視聴率戦争、パパラッチの問題、マネジャー問題、スキャンダルの利用、媒体・記者の使い方、記者会見・宣伝の裏側など見どころ満載!これでアナタもドラマ制作通に!?

いよいよ4/24(水)18:00~アジドラで放送開始です!

どうぞお楽しみに!

◆アジドラ番組HP:https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/

 

「項羽と劉邦 King's War」 x 「恋せよ姐GO!」 (原題:姐姐立正向前走) 

4月20日からWOWOWで放送が始まった「項羽と劉邦 King's War

中華エンタメファンは、御覧になられた方も多いと思います

私も土曜日の朝9:00から拝見しました :)

実は、この「項羽と劉邦 King's War」 と 今週水曜日からアジドラで放送が始まる「恋せよ姐GO!」 (原題:姐姐立正向前走) には、一つ共通点があるんです。

さて、何でしょう?(笑)

片や”古装劇”(歴史時代劇)、片や”時装劇”(現代劇)

答えは・・・・・高希希です

三国志」「項羽と劉邦 King's War」 監督の高希希が「恋せよ姐GO!」の出品人の一人になっています。

「姐GO!」のオープニング・クレジットの冒頭に名前が出てきますのでチェックしてみて下さいネ

「姐GO!」のプロデューサー兼主演女優の林心如(ルビー・リン)は高希希監督の「三国志」の中で孫尚香の役を演じていました。

その時の御縁なんでしょうかね?

それでは、4月24日(水)18:00の放送開始をお楽しみに!

◆アジドラ番組HP:https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/

2013年4月19日 (金)

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DATV の番組HP公開1週間でFBイイネが1700超える

おやスゴイ!

http://datv.jp/p000457/

Facebookのイイねボタンが「1.7k」と表示されているのは「1,700以上」を意味しています

公開1週間で1,700達成は速いスピードだと思います。

(ちなみに「宮廷女官ジャクギ」は再放送終了後に2,000に達しました)

ということで、本日、DATV HPのTOPページ「DATVおすすめ番組」の中に「夏の協奏曲」が仲間入りとなりました:http://datv.jp/

嬉しい驚きです!

このドラマ、皆さんの御期待に添えるドラマクオリティだと信じています!

韓流第一世代の方にも響く作品だと思います。

改めてドラマの場面写真を御紹介します⇒  http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-3c0f.html

この夏、美しいラブストーリーに涙してください!

放送開始をお楽しみに!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (28) 周杰倫ジェイ・チョウ 【公公偏頭痛】 

「宮廷女官ジャクギ」の再放送が終わっちゃって寂しい!

「宮廷の諍い女」(いさかいめ)の放送が待ち遠しい!

・・・と感じてらっしゃるアナタに~

JVRmuzicのYouTubeオフィシャル・チャンネル [JVR Official Channel] より:

周杰倫【公公偏頭痛 官方完整MV】Jay Chou "Gong Gong with a Headache" MV

https://www.youtube.com/watch?v=FbqBv7Tz1QY

♪公公公 公公公 公公公・・・・・・・♪コンコンコン コンコンコン・・・・(笑)

以前にもブログで書きましたが、中華圏、特に台湾では「歩歩驚心」~「後宮甄嬛傳」のヒットによって空前の清朝宮廷ブーム!

特に「後宮甄嬛傳」の影響は大きく、台湾ではジョリンアーメイなどのC-POPアーチストがファンやメディアに向かって「甄嬛傳、見たぁ?!」と煽ったりしていいたので、社会現象化に拍車をかけました。

そして、C-POP界の大御所である周杰倫ジェイ・チョウ)に至っては、【公公偏頭痛】という楽曲まで作ってしまい、MVも清朝宮廷を舞台とした凝った映像を作り上げています。

この楽曲を聴くと、ドラマの中に出てくる「公公」たちのことを思わずにはいられなくなります。

公公たちは宮廷の中でさぞ苦労が多かっただろうナぁ~ナンテ(笑)

日本で”大奥もの”と言ったら「江戸時代!」というのと同じように、中国の”後宮もの”と言ったら「清朝康熙帝~雍正帝~乾隆帝時代!」

現地本場で流行っているホンモノをぜひ御堪能ください!

では、「宮廷の諍い女」の日本上陸をお楽しみに!

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)    3/25(月) 台北記者会見の模様 (3)

いよいよ来週からアジドラで放送開始!

https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/

ということで、3/25 PRイベントの時の様子を今一度:

Img_2778

写真はコチラ⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-ebeb.html

いよいよ来週水曜日(4/24)放送開始です!

2013年4月17日 (水)

宝塚 星組 台湾公演 千秋楽 観てきました!

◆オフィシャルHP(日本語版):

http://kageki.hankyu.co.jp/taiwan2013/

◆オフィシャルHP(中国語版):

http://takarazukarevue.tw/#/home

◆オフィシャルFacebook:

https://www.facebook.com/TakarazukaRevue.tw

◆会場:國家戯劇院

http://www.taipeinavi.com/miru/32/

◆産経ニュースより:宝塚星組トップスター 柚希礼音さん「台湾にたくさんの感謝を込めて」

http://sankei.jp.msn.com/world/news/130407/chn13040700000000-n1.htm

昨日ジャクギの再放送が無事に終了し、私、本日は宝塚・初デビュー!初めて観劇しに行って参りました。

台湾公演がなかったら一生ご縁がなかったかもしれない宝塚。

しかも、ライブビューイングという武器がなかったら行っていなかったでしょう~。やはり本場に行くのは気が引けます・・・

ライブビューイングって御存知ですか?

今は、例えライブ会場現地に行けなくとも、映画館などで同時中継してくれるサービスがあるんです:http://www.liveviewing.jp/contents/072_kageki.html

実は、先週日曜日にライブビューイング・ジャパンの方から「ももクロ春の一大事2013」(http://www.liveviewing.jp/contents/071_momoclo9.html)に御招待頂いたのが私のライブビューイングのデビューだったのですが、すっかりハマってしまい(ももクロにもライブビューイングにも・笑)、その会場で宝塚台湾公演のライブビューイングのCM映像を見て、「海外からも中継できる?!これは行ってみなければ!宝塚も一回は経験しておきたいし」と思って速攻イープラスでポチっとチケットを買ってしまいました(笑)

本日4月17日(水)、日本時間の14:30~18:00にわたる大公演は充実した内容でした。

「これが宝塚!」「That's Entertainment」でした。

3部構成で、第1部が日本舞踊を中心としたもの、第2部は中華圏で有名な物語の「怪盗楚留香」(「五月に降る雪」のケン・チュウが中国版ドラマに出てましたネ:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130415-00000027-rcdc-asent)の歌劇、第3部が宝塚レビュー。

第1部は日本の文化を伝えるもの、第2部は日本と台湾の文化交流として、第3部は宝塚の神髄を伝えるもの、というような構成だったと思います。

テレサ・テンで有名な「月亮代表我的心」(月はわが心)などの中国語楽曲を4曲も披露してくれましたし、アンコールでは台湾会場の観客と一緒に再び「月亮代表我的心」を合唱。

最後の舞台挨拶でもガンバって長めの中国語で挨拶をしてくれましたし、「感謝」、「我愛台湾」、「我会再来台湾」、「歓迎来日本鑑賞宝塚」、「我愛台湾」と何度も言ってくれましたし、その度に台湾会場の観客が大拍手で、非常に感動的なシーンでした~

宝塚99年の歴史の中で台湾公演は初めてだったらしく、そのキッカケになったのは台湾の3・11義援金に感謝をするために・・・とおっしゃって下さっていました。台湾会場も拍手!

素晴らしかったです。柚希礼音さんカッコええ。後光が差していました(◎´∀`)ノ

来年の100周年の際も台湾公演やって欲しいナ。

今日は良い経験をしました。

明日からまた頑張ろう~

アジア・リパブリック3本の矢、「恋せよ姐GO!」、「夏の協奏曲」、「宮廷の諍い女」の仕込みです!

宝塚の皆さんは台湾滞在中にティンタイフォンのショウロンポウなど召し上がったかと思いますが、華流ドラマもぜひご覧になって頂きたいです~!(゚▽゚*)

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DATV の番組ホームページ公開6日でFBイイネが1600超える

今日も驚き!

http://datv.jp/p000457/

Facebookのイイねボタンが「1.6k」と表示されているのは「1,600以上」を意味しています

公開6日で速いスピードだと思います。

嬉しい驚きです。

皆さんの御期待に添えるドラマクオリティだと信じています!

この夏、美しいラブストーリーに涙してください!

放送開始をお楽しみに!

2013年4月16日 (火)

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) DATV の番組ホームページ公開5日でFBイイネが1500超える

驚き!

http://datv.jp/p000457/

Facebookのイイねボタンが「1.5k」と表示されているのは「1,500以上」を意味しています

嬉しい驚きです。

皆さんの御期待に添えるドラマクオリティだと信じています!

放送開始をお楽しみに

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (27) さよなら若曦

本日放送のジャクギ再放送第35話(最終回)「そして来世へ」、いかがでしたでしょうか?

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-07e2.html

◆涙・涙・・・でも、その後、あの二人は来世でどうなるんだろう?と思われた方、続編の「歩歩驚情」が気になるところかと思います。現在中国で撮影進行中。あの木蘭の簪(かんざし)が現代の中国に甦ります。

◆涙・涙・・・でも、ジャクギ没後、雍正帝のその後のストーリーが端寄られて物足りなかったと思われた方、「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)の日本上陸を心待ちにしていて下さい。ジャクギのファーストランの時に、このドラマは35話では足りない!とお書きになられていたファンがいらっしゃいましたが、「諍い女」(いさかいめ)の方では雍正帝のその後の物語が続いて行きます。

◆さて、ジャクギは十四爺に嫁ぐことによって、ようやっと”女官”の身分から”側室”の身分へと昇格したかに見えましたが、実は雍正帝は正式には二人の婚姻を認めておらず、”宗譜”に記録することも認めていませんでした。なので、後世にジャクギの歴史的な記録が残っていない・・・という筋書きになっています。よって、ジャクギは入宮した後ずっと”宮廷女官”だったということで、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」という名前になっています。

◆かたや、「宮廷の諍い女」の甄嬛(しんけい)は、 漢軍旗の官僚の娘として生まれ、雍正帝の妃(側室)候補として後宮に入り、やがて側室として後宮制度の階段を登りつめて行きます。ジャクギの時代と一部重なっていて、ジャクギが接してきた人々とランデブーすることも!あぁ、あの時、あそこにジャクギがいたのか・・・と想像しながらドラマを観ると面白いですヨ。

ジャクギの再放送は本日で最終回。甄嬛(しんけい)の物語がもうすぐ幕を開けます。どうぞお楽しみに!

2013年4月15日 (月)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 x 「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走):林更新(ケニー・リン)スペシャル (2)

本日再放送のジャクギ第34話 「筆に込めた想い」、いかがでしたでしょうか?

いよいよ物語の起承転結の”結”。

”結”は紫禁城から離れた十四爺の館が舞台となり、ジャクギと十四爺とのシーンが多くなります。

兎に角、”結”では十四爺がカッコ良く描かれています。剣舞のシーンに電流が走った方も多かったことでしょう(笑)

ということで、十四爺を演じた林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)スペシャル再び:

34__4

↓↓ケニー・リンだけ先に現代にタイムスリップ?!

Img_2038_small_2

↑↑「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)より

詳しい情報はコチラ⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-62ad.html 4月24(水)@アジドラでの放送開始をお楽しみに!

2013年4月12日 (金)

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) 5月5日(日)21:00~ DATVで1話先行無料放送 決定!

http://datv.jp/p000457/

「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃) 日本初放送決定!

「秋のコンチェルト」、「晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天」、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」、「宮廷の諍い女」、「恋せよ姐GO!」のアジア・リパブリックがお届けする華流ドラマ良作シリーズ最新作「夏の協奏曲」(原題:恋夏38℃)、日本”初”放送決定!

DATV 64日(火)19:00~スタート
 
毎週(火)19:0021:002話連続放送)

(*「秋のコンチェルト」のファーストラン放送もDATVさんでした!韓流第一世代の方にもハマって頂けるドラマだと思います)

Img_1888_small

2img_0800_small

1img_0402small
Img_8183_small

Img_1907_small

3img_8207_small_2

Img_4057_small_2

Img_9287_small_2

いい写真がたくさんあって、選ぶのが大変でした!!

監督

黄朝亮(映画「夏天協奏曲」)

◆ 主演

胡宇威(ジョージ・フー「ハヤテのごとく」「ろまんす五段活用」)

呉映潔(ウー・インジエ(「画皮 千年の恋」、「私たち結婚しました-世界版」で2PMのテギョンと共演)

◆あらすじ

 「ある人が言っていた・・・

  地球の自転と反対回りに99度回転すれば時間を元に戻せるんだと。                         

   もし本当だったら、ボクはあの年に戻りたい・・・

  あの年、キミと再会したあの夏。」

 10年前、あの場所、金門島の幼馴染はそれぞれの道を歩み始めた。

 一人は金門島に残り、一人は厦門(アモイ)に、そして、もう一人は台北に。

 10年後、運命の糸に手繰り寄せられるように三人は再会する。

 阿寛(アークァン)は金門島で生まれ育った真っ直ぐな少年。

 李静(リーチン)は厦門(アモイ)出身の令嬢。母親が金門島にリゾートホテルを開業することになり久しぶりに金門島に戻って来る。

 小青(シャオチン)は台北出身の都会っ子。生まれつき難病を抱えていて、夏の間だけ金門島に療養に来ていた。

 李静と小青は共に世界的ピアニストを目指すライバルで、コンクールでいつも上位を争っていた。

 二人は、同じ男性に惹かれて行く。

 李静は幼い頃から阿寛に好意を寄せていた。台北からやって来た小青は厦門の空港で運命的に阿寛と出逢うのだった。

 さらに、李静と同郷の酒造会社の御曹司許磊(シューレイ)も金門島にやってきて、4人の運命の歯車が回り始める。

 あの夏、金門島で、4人の心が交差する・・・

今年、アベノミクスは日本経済復活のために3本の矢を放ちますが、アジア・リパブリックは華流マーケット活性化のために3本の作品を放ちます(◎´∀`)ノ

1本目の矢は、ラブコメ路線のS級作品「恋せよ姐GO」(https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/)。弊社の「ハートに命中100%」「晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天」を超えるクオリティです!

2本目の矢は、泣きの感動路線のS級作品「夏の協奏曲」。弊社の「秋のコンチェルト」を超えるクオリティです!翻訳家の先生も自分も字幕をチェックしながら涙しています。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

3本目の矢は、歴史時代劇のS級作品「宮廷の諍い女」。弊社の「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」を超えるクオリティです!中華圏ではジャクギを超える反響で社会現象化しました。

3作品の放送開始をどうぞお楽しみに!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (26) さらば紫禁城、若曦(じゃくぎ)と甄嬛(しんけい)

今週は本日金曜日もジャクギの放送があったのですが、見逃さずに御覧になれましたか?ちゃんと録画できていましたか?

第33話 「さらば 紫禁城」、無事にお楽しみ頂けたでしたでしょうか^^

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-9081.html

さて、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)、今日は「さらば 紫禁城」について。

本日のエピソードでジャクギはとうとう紫禁城を出ることになりましたが、実は「宮廷の諍い女」(いさかいめ)の主人公甄嬛(シンケイ)の方も・・・

ただ、紫禁城を出た後の展開がまったく違います。

紫禁城で翻弄された女たちの数奇な運命や如何に?!

ジャクギの結末は来週のお楽しみに!

そして、甄嬛(シンケイ)の物語はもうすぐ日本でも幕を開けます。

放送開始をお楽しみに!

2013年4月11日 (木)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (25) 十爺と明玉

本日再放送の第32話 「愛に殉ず」、いかがでしたでしょうか?

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-cec9.html

今日のエピソードでは、八爺の正室=明慧と、十爺の正室明玉の姉妹に涙でした。。。

そしてまたまた出てきました年羹堯隆科多の名前。

ジャクギが彼らの名前を八爺に伝えてしまったことが”すべての発端”だと雍正帝に訴えました。

さて、本日は十爺明玉について少々。

「ジャクギ」の中では前半からコミカルなコンビとして描かれて来ました。

喧嘩するほど夫婦仲が良いというのを絵に描いたようなコンビですが、八爺の失脚によって彼らも暗雲に巻き込まれて行きます。

雍正帝の代になると、住み慣れた紫禁城から出され、地方に飛ばされてしまいます。

でも、ジャクギの中では最後まで仲睦まじい夫婦として描かれています(最終回を御覧アレ)

この二人は「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)にも登場します。

ほんのちょっとだけの登場ですが、第八皇子派の中で唯一「諍い女」(いさかいめ)に登場するのが彼らです。

で、登場するのはこのシーン:

Img_3250_small

手前側で後ろを向いている男女が二組いますが、そのうちの一組がそうです。

どんな顔かって??今はナイショ。それは見てのお楽しみです!

では日本上陸をお楽しみに!

2013年4月10日 (水)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (24) 年羹堯と年妃(年世蘭)(ii)

本日再放送のジャクギ第31話 「すべての発端」、いかがでしたでしょうか?

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-f401.html

本日は年羹堯年妃(年世蘭)について再び。

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-a32b.html

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)で年妃を演じているのは蒋欣という女優さんです(写真中央に座しているお方)。1983年5月8日生まれ、弱冠まだ29歳の若さですが、ものすごい貫禄です。将来、コン・リーのような大物女優になりそうなオーラがあります。-05-08)うまで

Wzy_2498_small

「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)の前半部では華妃という名前で呼ばれていますが、雍正帝の寵愛を受けて、華妃華貴妃年妃年答應敦肅貴妃(追封)敦肅皇貴妃(再追封)というように後宮の階段を上って行きます。

この華妃のキャラクターが強烈で!!!(*≧m≦*)

今年の春節前日、台湾電視台の過年特別番組”紅白”にも招聘されて舞台に姿を現しましたが、ものすごく背が高い上に、このキャラクターのままで登場したので、かなりの圧巻でした。ドラマの中の声は地声だったのですね!セリフの言い回しが憎々しげでコレがまたクセになります(笑)。

彼女を見るだけでも一見の価値あるドラマです!

日本上陸をお楽しみに~

2013年4月 9日 (火)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (23)雍正帝の息子:弘時と弘暦(後の乾隆帝)

本日放送の第30話 「壮絶なる最期」、いかがでしたでしょうか?

「壮絶なる最期」とは、玉壇の最期を言っていました。

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-abcd.html

今日は、雍正帝の息子、弘時(第三皇子)と弘暦(第四皇子)について少々。

本日放送の第30話には弘時が登場しましたが、昨日放送の第29話には弘暦の名前が登場していました:

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-6aed.html

ジャクギはどちらの皇子が雍正帝の次の皇帝になるのを歴史の知識として知っていましたので、自分が面倒を見ていた承歓(しょうかん)に弘暦(こうれき)へ誕生日の品を贈らせたワケです!

この二人の皇子は、勿論 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)の方にも登場します。

弘時は、「ジャクギ」の中では玉壇(ぎょくだん)を介した第八皇子派の稚拙な戦術ミスによって次期皇帝候補から外される憂き目に遭うのですが、「諍い女」の方では・・・

やはり第八皇子や第十四皇子が絡んで来るのですが今はナイショです!

面白いですよ~

一方の弘暦は、甄嬛(シンケイ)が母親代わりとなって行きます(実母は早世)

日本上陸をお楽しみに!

追伸:本日も年羹堯の妹君が登場。雍正帝の寵愛を受けていました。華妃華貴妃年妃年答應敦肅貴妃(追封)敦肅皇貴妃(再追封)と後宮制度の階段を上って行きます。

2013年4月 8日 (月)

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)    3/25(月) 台北記者会見の模様 (2)

実は、この台北での記者会見&インタビューの後、主演のジロー氏は飛行機に駆け乗ってどこかへ・・・という話は伺っていたのですが、コレでしたね: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT2/7814969.shtml

忙しそうです。

「恋せよ姐GO!」、いよいよ4月24日(水)日本でも放送開始です。

ジローの「対不起、対不起・・・」の演技には泣き!ビックリするほど上手いです。

お楽しみに。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (22)  徳太妃

さあ、今週から「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」の再放送復活です。

放送時間、間違えませんでしたか?今日から午前10:08からの放送です。しかも今週は金曜日にも放送があります。

冒頭の30秒ダイジェストの映像とオープニング主題歌を聴くと、あぁ始まったナ!とパブロフの犬のような感じで気分が昂揚して来ますネ。

さて、本日放送のジャクギ第29話、いかがでしたでしょうか?

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-43b7.html

今日は、第四皇子(雍正帝)と第十四皇子の実母である徳太妃について。

実は、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)では、徳太妃の描き方が大きく違っています。

「ジャクギ」では同腹の第十四皇子を可愛がり、第四皇子のことは忌み嫌っていて、雍正帝として即位してからも疑念をもって憎々しげに接する母親像が印象的でしたが、「諍い女」(いさかいめ)の方では雍正帝の良き母、時に助言をし皇帝を労わる優しい母親として描かれています。

こうも真逆だと、ジャクギを鑑賞された方は戸惑われるかと思います。「え、同一人物?」「こんな優しかったっけ?」という印象を持たれるかと(笑)

比べてみると面白いですよ。

それから、今日のエピソードで玉壇(ぎょくだん)が「年羹堯の一族が一掃され・・・」と言っていましたね?年羹堯がこれから失脚することになり、後宮にいた妹の年妃も・・・(今のところ未だ年羹堯も失脚しておらず、年妃も雍正帝の愛妃として後宮に君臨しているものの・・・。ジャクギが嫉妬して雍正帝を困らせていましたでしょ?)。この辺りの話は「宮廷の諍い女」の中盤のクライマックスで詳しく出てきます。すごく面白いですよ、ココ(笑)。

さあ、ジャクギも残り6話を残すのみとなりました。

物語が怒涛のごとく進んで参ります。

ティッシュ、タオルを御用意を!涙・涙の毎日です。

引き続きお楽しみに!

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)  アジドラの番宣映像がルビー・リンさんのFacebookで紹介されました!

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)プロデューサー兼主演女優のルビー・リンさんが、ご自身のFacebookで日本の番宣映像を紹介して下さいました:http://www.facebook.com/rubylin127/posts/110958709099909

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 BSジャパン再放送、今週は金曜日にも放送があります!

「中国ドラマ☆宮廷女官ジャクギ」は 4月8日(月)から 毎週月~金曜 午前10時08分放送です。

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/

ご注意をば!

2013年4月 7日 (日)

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)  アジドラの番宣映像が本国のウェブでも紹介されました!

http://e.weibo.com/2540147163/zqMoZb0KQ

http://e.weibo.com/u/2540147163

http://video.sina.cn/?sa=d889198t424v456&cid=1766&cpage=1&vt=4

2013年4月 5日 (金)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 BSジャパン再放送、4月8日(月)~午前10:08からの放送に変更となります

「中国ドラマ☆宮廷女官ジャクギ」は 4月8日(月)から 毎週月~金曜 午前10時08分放送です。 ※4月1日(月)~5日(金)はお休みです。

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/

ファンの方、ご注意を!

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)  アジドラの番組HPで番宣映像(ジローとルビーのメッセージ付き)が公開になりました!

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=k1xno0lXG94

http://www.so-netme.co.jp/adtv/anego/

4月24日(水)の放送開始まで間もなくです!

お楽しみに!

2013年4月 3日 (水)

「イタズラな恋愛白書」(我可能不会愛你) x 「恋せよ姐GO!」(姐姐立正向前走)

本日放送の「イタズラな恋愛白書」第5話を観ていてビックリ!

李大仁の今カノ=マギーの部屋は「恋せよ姐GO!」の女主人公ワン・ミンミンの部屋と同じです。

玄関を入った壁に埋め込まれた木製の飾り棚、リビングにある特徴的な書棚(本立てが斜め)、ソファ、クッション、見覚えのあるものばかり!

そういえば、「姐GO!」のワン・ミンミンは30歳の女性脚本家という設定。

「イタ恋」の程又青は30歳のOLという設定。

へぇ~(笑)

ワン・ミンミンも程又青も年下の男性からアプローチされるし。

へぇ(笑)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 の続編 《步步驚情》兩個若曦情牽四爺

中國時報より:http://showbiz.chinatimes.com/2009Cti/Channel/Showbiz/showbiz-news-cnt/0,5020,110511+112013040300043,00.html

徐々にベールが明らかに・・・

劉詩詩は実は二役やるんです。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 龍騰網 www.ltaaa.com

http://www.ltaaa.com/bbs/forum.php?mod=viewthread&tid=140045&page=18

火山小姐、你真認真而辛苦!

連4月1号的博客翻完、佩服佩服(@Д@;

也許你已知道、在BSJapan”歩歩驚心”播完了后、不是”後宮甄嬛傳”而”太平公主秘史” (這不是我們公司的作品)。現在我們準備”後宮甄嬛傳”的日文字幕、水準超高、很難~。我們還需要努力努力。

2013年4月 2日 (火)

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走) @百度 Bai du 貼吧

(^-^;

http://tieba.baidu.com/p/2245508884

2013年4月 1日 (月)

江戸時代の”大奥” vs 中国清朝の”後宮”:「テレビ東京時代劇 天下騒乱 徳川三代の陰謀」 vs 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) 追記アリ

今週はBSジャパンで「ジャクギ」の再放送がお休みで、時代劇「天下騒乱 徳川三代の陰謀」(http://www.bs-j.co.jp/tenka/index.html)が放送されていますので、これを機に、中国清朝 vs 日本の江戸時代の比較をば!

「宮廷女官ジャクギ」の舞台となっている”清朝”

日本史の方では江戸時代に相当しています。

具体的には下記のように年代が重なっています:

◆江戸時代(1603~1868) vs 中国清朝(1636満州で建国、1644~1912中国を支配)

更に、「宮廷女官ジャクギ」と「宮廷の諍い女」(いさかいめ)のドラマの背景となっている雍正帝の時代は、江戸時代の徳川吉宗の時代に重なっています:

◆徳川八代将軍 吉宗(在位:1716~1745)vs 清朝第五代皇帝 雍正帝(在位:1722~1735)

天下騒乱 徳川三代の陰謀」の番組ホームページの「企画意図」(http://www.bs-j.co.jp/tenka/kikaku.html)を読んでみると、大奥の女の権力争いについて触れられています。

次期将軍の擁立には大奥の力関係が影響を与えていた・・・これは中国清朝の後宮と似ていますネ (*追記:「宮廷女官ジャクギ」の中では”九王奪嫡”という皇位争い、「宮廷の諍い女」の中では第三皇子と第四皇子の皇位争いが描かれています)

いま中華圏では後宮ものが大流行り。後宮と言ったら清朝の後宮もの。日本で大奥ものと言ったら江戸時代の大奥というのと同じですネ(笑)

」シリーズ⇒「歩歩驚心」(宮廷女官ジャクギ)⇒「後宮甄嬛傳」(宮廷の諍い女)と、この2年で立て続けに清朝後宮ものが高視聴率でヒットしています。

前者2作品はタイムトリップの要素が話題となってヒットしましたが、「諍い女」は精緻な後宮の物語が視聴者の心を捉えました。

現代の会社組織や官僚組織で働く人々の処世術にも通じる物語に共感を覚えたのです。

現代社会を生き抜く為に非常に役に立つ話がいっぱい詰まっています。

本当に精緻な脚本です。

台湾ドラマ業界のクリエーターたちまでもが舌を巻く出来栄えです。

本当かいな?と懐疑的に思われている方!

御覧になって頂ければナットクされるかと思います。

日本上陸をお楽しみに~

「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走) 2012年6月の上海電視節 & 2013年3月の台北PRイベントの模様

4月1日です!新年度に突入しました!

今週はジャクギの再放送がお休みなので、退屈しのぎに何かしら関連トピックをお届けしたいと思います~

本日は、第十四皇子こと林更新(ケニー・リン)も出演している「恋せよ姐GO!」の上海と台北のPRイベントの写真を公開します:

<2012年6月 上海電視節PR>

Dsc_0455_small

Dsc_0598_small_3

Dsc_0638_small_2

Dsc_0714814yoku_small_2

「恋せよ姐GO!」のYoukuでのインタビュー番組収録の時にナント第八皇子(中央の日焼けした人)が突然訪問にやって来て会場が大混乱!第八皇子と第十四皇子のランデヴー。やはり第八皇子派(笑)

<2013年3月 台北PR>

Img_8103
記者会見場ではナント、ルビーさんとジローさんの真後ろの席でした。一緒にトレイラーを鑑賞~

Img_5966
日本用個別インタビューの模様。これは中華系のメディアでは一切露出していませんので、公開をお楽しみに!

Img_3054

ルビーさんとジローさんからアジドラ視聴者プレゼント用にサイン入りの写真を頂戴しました!

4月24日(水)の日本”初”放送開始をお楽しみに!

◆アジドラ番組HP⇒ https://www.so-net.ne.jp/adtv/anego/

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック