フォト
2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 「晴れのち女神が微笑んで」(原題:美楽加油) で中華ドラマに目覚めた方に オススメの華流ドラマ いろいろベスト3 | トップページ | あれから2年、改めて台湾に感謝! »

2013年3月12日 (火)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 vs 「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳) (11) 第十皇子

本日放送の「ジャクギ」第18話 「サンザシと茶菓子」、いかがでしたでしょうか?

以前のブログで書きましたように、この第18話が、物語の起承転結の”承”の前編・後編の分岐点になります:http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-8d3b.html

さて、本日のエピソードの後半で中心人物となっていた第十皇子ですが、「宮廷の諍い女」(原題:後宮甄嬛傳)の方にも出てくる登場人物です。しかも、ご夫婦そろって(笑)

雍正帝の兄弟の中で、「ジャクギ」と「諍い女」(いさかいめ)の両作品に実際に姿が現れるのは、この十爺(胤䄉)だけなんです。

昨日ブログにも書きましたように、八爺・九爺・十四爺はセリフの中にのみ出てきます。

逆に、「ジャクギ」には出てこないで「諍い女」の方だけに出てくる雍正帝の兄弟は十七爺(果郡王)と二十一爺です。

両作品を見て、皇子比べをしてみるのも面白いものです。

何よりも、雍正帝の比較が一番衝撃的カナ?(笑)

では、「宮廷の諍い女」(いさかいめ)の日本上陸をお楽しみに!

« 「晴れのち女神が微笑んで」(原題:美楽加油) で中華ドラマに目覚めた方に オススメの華流ドラマ いろいろベスト3 | トップページ | あれから2年、改めて台湾に感謝! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歩歩驚心」カテゴリの記事

宮廷の諍い女」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「晴れのち女神が微笑んで」(原題:美楽加油) で中華ドラマに目覚めた方に オススメの華流ドラマ いろいろベスト3 | トップページ | あれから2年、改めて台湾に感謝! »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック