フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第17話@BS日テレ オンエア・チェック | トップページ | 「後宮甄嬛傳」日本上陸決定! vs 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 (2) »

2013年2月 2日 (土)

「後宮甄嬛傳」日本上陸決定! vs 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」

あ~、もう2月に突入です!

2013年も早1ヵ月が過ぎてしまいました。

アジア・リパブリックは3月3日より6周年目に入りますが、6周年目の大型プロジェクトの作品名を発表させて頂きたいと思います:

「後宮甄嬛傳(英語題:Empressed in the Palace)です。

このタイトルを見て、「!!」と思った人は相当な中華エンタメ通。

はい、昨年、そして現在も中華圏で大フィーバー中、社会現象化している清朝宮廷ドラマです。現在中華圏で「後宮」もの「宮廷」ものと言ったら「清朝」のものです!そして、この「後宮甄嬛傳」はその最高傑作です。

華人の友達・知人がいる方は聞いてみて下さい。

ジャクギと同じ清朝雍正帝時代のお話で、雍正帝即位から乾隆帝即位までを描いています。ということで、ジャクギが生きた時代とかぶっているんです!ジャクギが好きだった人はきっとハマることでしょう。

2011年は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」が中華圏で大ブレイクして各テレビ賞を総ナメしましたが、2012年は「後宮甄嬛傳」がそれ以上に大ブレイクをしました。

ついこの間まで「歩歩、歩歩」「若曦、若曦」「歩歩驚心を超える作品はしばらく出て来ない!」なんて言っていた華人が、コロッと手のひらを返すように「甄嬛傳」を絶賛するようになりましたからねぇ(笑)

しかも、ファンの間では、「歩歩驚心」は「後宮甄嬛傳」の序章に過ぎなかった・・・という発言をする人まで!

しばらくの間は「後宮甄嬛傳」を超える作品は出て来ないであろうと(笑)

C-POPの女王、アーメイやジョリンなんかもコゾッてこのドラマのことを話題にして情報拡散に貢献していましたし、バラエティ番組でも、物まねやパロディが続出。正に社会現象化しています。

でも、本当にそれだけ作品力が凄いんです!かく言う自分も76話もあるこのドラマにすっかりハマってしまい、2回も見てしまっていますから!

ちょうど「ジャクギ」の日本でのファーストラン放送が始まった頃にハマっていました(笑)

作品情報につきましては、取りあえず、wikipediaを御参考に:

http://zh.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%8C%E5%AE%AE%E7%94%84%E5%AC%9B%E5%82%B3_(%E9%9B%BB%E8%A6%96%E5%8A%87)

このドラマ、何がスゴイかって言うと、再放送されるたびに視聴率が上がって行って、現地では”神劇”って言われてるんです。

台湾では5回も再放送されているんですヨ。

中華エンタメ通の方は御存知のように、実は先週、「歩歩驚心」主演女優の劉詩詩(リウ・シーシー)と「後宮甄嬛傳」主演女優の孫儷(スンリー)が奇しくも同じタイミングで訪台をしており、毎日この二人の話題が台湾メディアを賑わせていました。「歩歩驚心」vs「後宮甄嬛傳」の比較、どっちがスゴイ?特集が組まれたりしていました:http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT1/7663833.shtml

同じ雍正帝時代を描いた大ヒットドラマ2作品ということで、いろいろと比較されやすく

しかも、現在、「歩歩驚心2」こと「歩歩驚情」の撮影開始間近とあって、話題に事欠きません。

孫儷(スンリー)の来台目的は、台視(TTV)の春節特別番組”紅白”の収録のためだったのすが、お題目はもちろん「後宮甄嬛傳」の一コマ。台湾の視聴者は放送を楽しみに待っていると思います。きっと視聴率は高いことでしょう。

兎にも角にも、今、現地では「後宮甄嬛傳」熱がものすごいです。

5年後も10年後も語り継がれる名作、エバーグリーン作品と言ってよいでしょう。

この作品を日本に持ってくることが出来て非常に光栄に思います。

この場をお借りして、パートナーの皆様に感謝です。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」に引き続き、2013年、全身全霊をもってこの作品に取り組む所存です。

日本上陸をお楽しみに!

« 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第17話@BS日テレ オンエア・チェック | トップページ | 「後宮甄嬛傳」日本上陸決定! vs 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 (2) »

宮廷の諍い女」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

歩歩驚心」カテゴリの記事

コメント

若曦が終わったあと、youtubeでこの作品に出会いました!
台湾版と英語版を見てセリフを推察しながらの視聴でした。
見るたびに新たな発見があり、視聴率が上がっていったことにうなずけますね^^
日本語ではどのようなセリフになるかもまた楽しみです♪
ヒロインの演技力は詩詩よりも孫儷のほうがうえかな~?
四爺と四郎、私はニッキー大好き人間なので比べるべくもありませんが、ニッキーには四郎の役は演じて欲しくないです^^;
後宮甄嬛傳は歩歩驚心からみると後宮のドロドロが垣間見えますが、クイーンズなどよりはありえるなあと思える感じで引き込まれました^^
何時からの放送なのか一刻も早い放映を願ってやみませんm(_ _)m

さあ来週からは又若曦です^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/49112707

この記事へのトラックバック一覧です: 「後宮甄嬛傳」日本上陸決定! vs 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」:

« 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第17話@BS日テレ オンエア・チェック | トップページ | 「後宮甄嬛傳」日本上陸決定! vs 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 」 (2) »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック