フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 好きな皇子は誰!?決定戦! | トップページ | 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD第2弾、本日リリース! »

2012年12月 5日 (水)

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第10話 オンエア・チェック

本日は午前に「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」の最終回を迎えて大泣き、そして、夜は「五月に降る雪」。

忙しい水曜日ですが、「五月に降る雪」は自分にとっては癒しなんです。忙しいのに見るのが大変!とかいう感覚はまったくないんです。

ドラマのロケ地になっている苗栗(ミャオリー)の自然と農村の風景を見ているだけで目の保養になります。まるで森林浴をしているような感じで心が浄化されます。

ドラマの内容もピュアですし、ちょっと懐かしい感じがして、安心して見られるんです。

音楽も素敵ですしね。

ゆったりした時間の流れも好き(テンポの速いラブコメが好きな人には物足りないかもしれませんが!)。

夜寝る前に見るには最適なんです(笑)

しかも、爺爺がティンタンやチアシュンに語っているセリフがとても心に響くんです。

日々の忙しさの中で忘れてしまっている何か大切なものを思い出させてくれるんです。

台北育ちの都会っ子のチアシュンが諭されている姿がまるで自分と重なるようで(笑)

(ただし自分はあんなにカッコ良くないですが!笑)

さて、本日放送の第10話 「君を守りたい」、いかがでしたでしょうか?

ちょうど全20話の真ん中に来ました。

今日はティンタンとチアシュンのデートの映像、萌えシーン満載だったかと思います!

特に牧場のシーン。ティンタンの手をひくチアシュンの画。

メイン写真でも使った場面です。

それから牧場で追いかけっこをして倒れてのキス・シーン。

ファンの方にとっては「やっと!」といった感じでしょうか?(*^-^)

でもそこに、パオアルからの電話がかかって来て最終的にキスには至らず・・・という昭和的な美学があったりして(笑)

今の日本のドラマでは描けなくなって来たピュアな演出です。

日本が失ってしまった美徳が実は台湾に残っていたりするんですよね・・・

台湾のお爺さんやお婆さんが言うんですよ・・・最近の日本には昔のような武士道とか礼儀正しさとかがなくなって来てしまっているって。

50年にわたって日本の植民地だった台湾って、戦後の国民党支配に反発してか、年寄り世代は昔の日本に対して思慕を抱いてくれていたりしたのですが、最近の元気のない日本の姿を見て残念がってたり、でもやはり好きでいてくれていて。。。

日本って、この失われた20年で本当に変わっちゃいましたよね。大事なものを失ってしまったように感じます・・・残念なくらいに。バブルのツケが大きすぎました。

なんだかドラマと全然関係ない方向に話が進んでしまいました(笑)

さあ、幸せになりかけたティンタンとチアシュンですが、これからどんな展開になるでしょうか?パオアルの仕組んだ罠によって、すんなり幸せになれそうもありません。

油桐花(ヨウトンフア)の伝説は彼らを祝福してくれるでしょうか?

来週もお楽しみに!

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 好きな皇子は誰!?決定戦! | トップページ | 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD第2弾、本日リリース! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

記得.我們有約」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/48099644

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第10話 オンエア・チェック:

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 好きな皇子は誰!?決定戦! | トップページ | 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD第2弾、本日リリース! »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック