フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第34話、若曦没。筆に込めた想い | トップページ | 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 好きな皇子は誰!?決定戦! »

2012年12月 5日 (水)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第35話、最終回「そして来世へ」

本日とうとう最終回!

今日の午前中って、テレビ東京さんの系列では、地上波の方で「宮廷女官 チャングムの誓い」が最終回、BSの方で「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」が最終回を迎え、なんとも絶妙な編成でした!「チャングム」は中国語版を5回も鑑賞しているぐらい大好きなドラマだったので、御縁を感じるとともに、非常に光栄です。

編成プロデューサーの方の腕前に感服!まさか最終回が同じ日になっていたなんて!

さて、ジャクギ最終話「そして来世へ」、いかがでしたでしょうか?

冒頭から涙・涙で、眼鏡のガラスが曇って大変でした・・・

ティッシュ一箱 逝っちゃいました(笑) 放送終了後の現在、骨抜き状態、脱力状態です。

もぉですねぇ、BGMが流れて来るだけで涙が出てきてしまうんですよ。パブロフの犬のように。一体この体質からいつ抜け出せるようになるのでしょうか?しばらく続きそうです(笑)

雍正帝が若曦との思い出の品々(遺品)を一つ一つ手に取って涙する時、シンクロして涙・・・。字幕チェックの時に何度もこのシーンは見てるんですけどね(笑)

”矢”、覚えていますか?雍正帝が若曦を守って身に受けた矢。若曦は大切にとってあったんです。

離れ離れになってもお互いのことを好きだったのに死に目に会えなかった雍正帝と若曦・・・

結末はいかがでしたでしょうか?

これはもう、続編に期待せざるを得ません!来年2月の撮影開始が待ち遠しです。

「ジャクギ」のファンになって下さった方、しばらくは余韻が残ると思います。もうしばらくこの世界にひたっていたいという方は、12月28日にリリースされるDVDを心待ちにしていて下さい~⇒ http://jyakugi.com/

改めて、この作品を手掛けて良かったナ・・・と感じています。買付けをした時には、中国大陸のドラマなんてどうせ・・・とか、辮髪ものはヒットしないよ・・・とか様々なネガティブな偏見に見舞われましたが、面白いものは面白いんです!例え日本で知られた俳優が出演していなくても、脚本が良ければ視聴者を惹きつけます。

「冬のソナタ」が初めて日本で紹介された時、韓国ドラマやヨン様のことを知っている人なんてほとんどいなかったと思います。でも、視聴者の心をガッシリ掴みました。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」の番組ホームページが立ち上がった時、中国ドラマや四様(呉奇隆/ニッキー・ウー)のことを知っている人もほとんどいなかったと思います。でも、放送の回を追うごとに着実にファンを増やして行ったように思います。

弊社はこれからも、中華圏の佳作を日本のお茶の間にお届けし続けたいと思っております。皆さんに新しい発見と感動を与えられたらアジア・リパブリックとしては幸いです。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」の後も、引き続きアジア・リパブリック5周年記念作品として2本の華流ドラマをお茶の間にお届けすべく準備を進めております。両作品とも、アジア・リパブリックの眼力で厳選した良作です。自信をもってお届けしたいと思います。本日はトレイラー映像のチラ見をば!この映像だけでも心がトキメキかと。

◆「夏の協奏曲」(原題:戀夏38℃)

ショート・バージョン:http://www.youtube.com/watch?v=xQ-W4T8pRrE

ロング・バーション:http://www.youtube.com/watch?v=G0qaR6iyWds&feature=plcp

既に日本語字幕制作作業に入っていますが、私、さっそく涙しています(笑)

「秋のコンチェルト」も 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」もそうでしたが、私が泣く作品はヒットするというジンクスがあります(笑)前職の映画会社の時からそうでした(≧∇≦)

妻○木さん似の主人公、韓流スタアのようなイケメン俳優が出演してますので、女性のハートを掴むことでしょう (*゚▽゚)ノ 

◆「恋せよ姐GO!」(原題:姐姐立正向前走)

16分バージョン:https://www.youtube.com/watch?v=snodjypk3fI

既に当ブログで何度かご紹介していますが、若曦が最後に過ごした皇子=第14皇子こと林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)の最新出演作です。ドラマの紹介はこちら⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-7b26.html

中国歴史ドラマファンにはお馴染みのルビー・リン、台湾ドラマファンにはお馴染みのジロー、ピーター・ホー、NHK中国語講座で御馴染みのフービンなど豪華共演!これは見逃せません。

原題の「姐姐立正向前走」の直訳は「姐さんシャンと前を向いて歩け」ですが、これだと様にならないので、邦題はもっとキャッチーな形にしました。ドラマの内容が、30歳になる女性脚本家(ルビー・リン)の恋愛を応援するものになっているのと、中国語原題から「姐姐」の部分は残したかったのと、英語題がGO SISTER GO !なのでこれを組み合わせました。ドラマの企画書を読むと、恋に億劫になっている女性の恋愛応援歌(劇中でジローが歌っている曲も失恋した女性への応援歌になっています)なので、勢いがつくように「姐GO!」としています。日本のヒット小説/ドラマに「anego」というのがありますので、これとは被らないように、中華的な「姐」を生かして工夫してみました。

両作品とも来年日本上陸です。どうぞ御贔屓に!

御期待ください!

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第34話、若曦没。筆に込めた想い | トップページ | 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 好きな皇子は誰!?決定戦! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歩歩驚心」カテゴリの記事

コメント

ルォシィ大好きでいたが、終わってしまって残念です。dvd両方年末に届くといいのですが、、dvdで13様が敏敏ちゃんに歌うシーンを見るのが楽しみです。

こんにちは。
昼休み、たまらずこちらを伺いました。
が、余計に気になってみたくなった〜。
アホです、ホント。
矢、浣洗局(?)に行く時も大事そうにしていたから、きっと最後まで持っているはず、と思いましたが、でてくるのですね。
最愛の人が身を呈して守ってくれた証拠であり、その血肉を宿したものだから、大事だったんでしょう。
今日は早く帰って見ます! 帰れるのか!?

社長様、お疲れ様でした。
最終回も本当に、涙、涙でした・・・(*_*)

続編、楽しみです。
頑張って版権をとって下さい!

紹介して下さったドラマも楽しみです。
寒い日が続きますが、お仕事頑張って下さい。

時々、社長様のブログを見に来ますので、続編の情報も、是非教えて下さい。

このご時世に大陸物!大変なご決断だったと思いますが、素敵な作品に会えて本当に良かったです。
こちらで色々説明して下さった事も作品の理解が深まって良かったです。(火葬とか)
当分楽しみが減りますがDVD楽しみにしていますね。
今後も素敵な作品の買い付けお願いします。

ついにきてしまいました。画面が涙でにじまないよう、こらえてみせると思いつつ…
ものの数分で玉砕でした。ジャクギが十三爺に託した言葉に、八爺の願いをきいてほしいってあったんですね。嬉しかったです。

過去のシーンのモノクロ、いいですね!
最後の最後、夕日を浴びた紫禁城に包まれたジャクギに癒されました。

乙女心が蘇りました。
このような素敵なドラマの出会いに感謝します。
ありがとうございました。

社長様、こんにちは!
最終回泣きました。涙 涙
胸が何度もキュンとなりました
皇子達の泣きの演技が最高でしたね
じゃくぎが現代に戻って博物館で四皇子似?
の彼と出会うとは!
明日から何を楽しみにすれば良いの
じゃくぎは本当に心に残るドラマでした。
ありがとうございました。
じゃくぎ最高!!

ついに終わってしまいました・・・。こんなすばらしいドラマを日本に持ってきていただいて社長様には本当に感謝しています。

いきなり最初から涙腺が緩んでしまいました。途中せっかく収まったのに最後の邂逅でまた決壊です。
十四、わざと見せ付けてたのね。結局様々なしがらみが最後に会うことすら妨げてしまったなんて残念でたまりません。続編への伏線だと思って我慢することにしようかしら・・・。

このドラマから興味がわいて、中国語始めました。といってもかじりかけですがw
紹介されているドラマも楽しみです。ただし地上波もしくはBS放送があれば・・・なんですがww

社長様、
素晴らしいドラマを紹介して下さってありがとうございました。

もうもう、本当に素晴らしかったです。
あんなに泣けたドラマはここ数年で初めてです。

終わってしまって淋しいです。
DVD-BOXでノーカット版を見るのを楽しみにしています。

続編も楽しみです。今回の様に素晴らしい作品だと良いですね。

華流ドラマを見るのは初めてでしたが、これからアジア・リパブリックさんが紹介してくださるドラマはどんどん見ていこうと思います。


初めてコメント。こんなに感動したドラマは今まで無かった。有り難う御座いました。中国の歴史は大好きで三國志他、色々読書してます。
因みに康煕帝には、一生の間に41人の后妃に皇子35人、后女20人生ませたが、皇后運は薄くて、3人の正皇后を亡くしてる。
ドラマの4皇子は⇒第11皇子。14皇子は⇒第23皇子。

4皇子は即位式で廱正帝になる時は44才であった。

この後乾隆帝。

最終回まで楽しませていただきました(^∇^)/。
ユアン・ホン迷としては、13爺が最後までブレずに寛容で人徳者だったのが嬉しいです。

日本語版については、台詞や歌詞の字幕はもちろんのこと、
歴史用語・人物解説の字幕が大変親切で視聴する上で
有益で、高評価でした。
欲を言えば、各回のエピソードが終わる時の緑色の背景の静止画面に
書いてある漢文の訳がついてたらもっと良かったのにと思いました。

ドラマだけではいまひとつ心理描写がわからなかった部分もあるので、
これから本を読んでみます。

こちらのブログも毎日楽しませて貰いました。
続編の買い付け頑張って下さいね!
5月に降る雪も毎週観てますよ。
貴社の益々のご発展を!

社長さま

素晴らしいドラマを有り難うございました。
この数年間の中で、一番と言って良い程ハマりまくりました。
特に四様の演技に脱帽しました。声優さんを含めてすばらしかったです。
某国営放送で流れていたら一大ブームを巻き起こしそうなパワーを秘めた作品だと思いました。チャングム現象に負けない位の!
この作品のガイドブックや写真集とかあると良かったのになあ。
また素敵な作品をお願いします。
私は、やはり歴史時代劇が良いです。

社長さま
とうとう終わってしまいましたね。
この作品をきっかけに、皆さん色々知りたい事が多くなりましたよね。
中国語も勉強したくなりました。
年末、北京駐在中の夫に逢いに行く予定なのですが、「行ってみたいところある?」と聞かれたので、すかさず
故宮‼紫禁城‼とリクエストしました。(^o^)
四爺達の過ごした紫禁城見て来ます。

とうとう終わってしまいました…。
この二ヶ月楽しませていただきました。
ありがとうございました。
つらつらと感想を書き込もうと思ったのですが、まとまりきれなくて…。

是非、続編の方もお願いします!


最後に……王殿〜!!!
(ノд<。)゜。゜。

社長さま 
あ~終わっちゃいました(涙)何年ぶりにドラマにどっぷりハマりました。初めて見た中国ドラマにこんなにハマるなんて・・。DVDも早速予約しました。
明日から、ジャクギと皇子たちに会えなくてさみしいです(涙)早くDVDが届く日を待ちわびています。
仕事でやむを得ず勉強していた中国語学習に、がぜんやる気が出てきました。これぞジャクギパワー!!続編も楽しみにしています。現世では、ジャクギが、皇子達が幸せになれるように祈りながら・・。また14皇子の最新作も楽しみにしてます。
ほんとによい作品を紹介してくださってありがとうございました。今後もよい作品を紹介して下さいね!!

社長様

初めてコメントさせていただきます。

アジアリパブリックさんの作品はほとんど拝見しております^^つふたと申します^^

いつも私の心をつかむ台湾ドラマばかりです^^

台湾ドラマを見るようになって、3年経つんですが
中国ドラマは2本目が 「宮廷女官 若曦」でした。

1本目も李監督、このドラマに出演されている俳優さんもいらしてます^^

劉詩詩さんも出演されていました。

若曦、本当に素晴らしい作品でした^^

何度も何度も泣きました(ノ_-。)
この時代の女性の愛し方が心を打ちました。
続編もいい作品でありますように^^

解説を字幕で付けてくださり、時代背景の勉強にもなりました。
本当にありがとうございました。

アジアリパブリックさんの今後の作品にも期待しております^^

ジローとジョージですね~^^

2本とも予告拝見しました^^
早く日本語訳付いた作品を拝見したいと思っております。

本当にありがとうございました^^


社長様。。。(泣)(泣)(泣)
こんばんは、お疲れ様です。

今やっとビデオに録画してた今日の最終話を見ました(泣)。。。


当分、私、もぬけの殻状態と、頭の中は、ルォシィと四様が離れないでしょう(泣)。

明日からヤバいです(泣)(笑)


しばらく余韻と脱力感と、依存症になりそうです。


この2ヶ月間、本当に素晴らしい感動と胸一杯な気持ちをさせてくれたドラマを買い付け、BSジャパンでの放送を本当にありがとうございました。


そして是非、続編も買い付けて頂き、日本での放送を是非ともよろしくお願い致します。


初めまして♪

ここまでハマったのは“神ちょう侠侶”以来です。その続編の中で“小龍女”の子孫を演じていたのが、ルォシィこと劉詩詩さんだったとは!今更ながら気がついてビックリ!


BSジャパンさんには、早速、ノーカット版での再放送をお願いしました。叶うといいな〜☆


今後も楽しいドラマ(古装もの希望)を期待しています♪

社長さま

初めまして。素晴らしいドラマをありがとうございました。皆さんがコメントしているように、親切な解説によって、より深く歴史的背景を理解することができました。育休中は、ジャニーズか韓流にハマると聞いていたのですが、歴女の私は本ドラマにどっぷりハマりました!続編も楽しみにしていますね!

はじめまして。
歩歩jing心の買い付け、本当にありがとうございました。
35回(といっても途中からですが)、
10月より本日まで楽しみに拝見して参りました。

数少ない華流ドラマを細々とチェックしてきた者としては
大変素晴らしい作品をご紹介いただき、
誠に感謝しております。

続編をぜひご紹介いただきたいことはもちろん、
続編撮影が2月と聞き、日本へは
社長さまの御力を持ってしてもしばらく期間が
必要と存じますので、
事後番組(バラエティやNG)もぜひご紹介いただけると幸いです。

今後とも大陸、台湾の作品をご紹介くださることを
楽しみにしております。

追伸/蛇足
辮髪がNGとは意外でした。
古くは、ラストエンペラー、比較最近では、蒼穹の昴でも
辮髪は日本で受け入れられていた
と思っていたので、個人的には意外でした。
辮髪などに関係なく、華流歴史ドラマを
積極的にご紹介くださいませ。

社長様。。。お疲れ様でした。。。そして日本に、宮廷女官若曦紹介してくださりありがとうございました。。。こんなにはまった、、ドラマは、久々です。今年私の中では、一番のドラマです。。。。ありがとうございます。。。大陸の俳優さんにも詳しく成りました。。。台湾の俳優さんは、存じてましたが、大陸の俳優さん、、も、イケメン揃いです。(笑)(笑)(笑)(笑)。。。

若曦の手紙なきした。。。本当4爺に会いたかったでしょう。。。壅生帝が、、若曦の形見を1つ1つ手ににとる姿は涙涙でした。。。本当もう終わったのですね。。。BSジャパンさんにも、再放送お願いしました。。。(笑)(笑)(笑)DVDは予約ずみですが、、良い作品なので、たくさんの人に見て頂きたくて、、BSジャパンさんにリクエストしちゃいましたよ。。(笑)(笑)(笑)社長さん、続編に期待します。若曦と、4爺が結ばれますように。。。そして、まだ撮影も、始まってないとは存じてますが、日本には早めにご紹介くださいませ。社長さん、待ちきれないです。(笑)(笑)
ますます寒くなって来ましたが、風邪など、引きませんよう、お気をつけくださいね。いつも本当にありがとうございます。

とうとう終わりましたね。
ツッコミどころ満載で、
夜中1時を過ぎてから「今日の若曦」について、
メールで語り合い(ネロー!!苦笑)
翌朝は「昨日の若曦」話で盛り上がっていたのに、
それができなくなるのかと思うと残念。

地道な布教活動(笑)の甲斐もあり、
社内にも、同級生の間でも、
「若曦」ファンがすっかり増えたし、

放送終了が近づくにつれ、
「何気なく見ていた最初の方がどうだったのか、
 もう一回最初から見たくなってきた!」
という声が多数で、

この作品の魅力と、スタッフの方々の熱意をひしひしと感じてます。


次は、DVDを見まくって、
あわよくば、原作を読むぞー。
(早く日本語で原作本出してヽ(●´ε`●)ノ ホスィ)

そして、紫禁城(故宮)リベンジ!!
(あ~、北京出張ないかなー(溜息))

あらん様、ねこたま様、とろ様、BlueDaisy様、sima様、あんこ様、ゆうやん様、英様、オジサン様、みらん様、ななん様、クラママ様、えみ様、パダワン様、ちゅん様、ぷりん様、つふた様、アベル様、ココ様、ひみ様、time-3様、靖子様、小新LOVE様、メッセージ有難うございました!

お馴染みさんから初めてメッセージ下さった方まで、本当にたくさんの方からメッセージを頂戴しまして嬉しい悲鳴でございます!感謝感謝。お一人お一人にお返事できず申し訳ない気持ちです!余りに反響が大きくてビックリしております。

8月末に尖閣諸島問題が起こってしまい、10月の放送自体がキャンセルになってしまうのではないか??また、放送が開始されたとしても視聴者からクレイムが来るのではないか??と毎日ハラハラ(驚心)の日々を過ごしておりましたが、フタを開けてみたら、思いもかけず、視聴者の方からこんなにも好評をいただき、また温かいメッセージまで頂戴し、本作を手掛けた弊社としましては冥利に尽きます。

本当に信念をもってやって良かった・・・と感じています。

本ドラマを支持して下さったファンの方々に感謝感謝でございます。多謝!

本ドラマをネタに、中華圏の視聴者と日本人の視聴者が「あの場面が良かった!」「アレは泣けた!」「あの皇子が良かった!」というような相互コミュニケーションをしている姿を想像すると私は嬉しくなります。

政府間ではいがみ合っていても、民間レベルでは相互コミュニケーションは継続して行かなければ未来はありません。

エンターテインメントは容易に国境を超えることができます。相互コミュニケーションを促す材料としては最適だと思います。

弊社は常々、中華圏の最新話題作を日本にいち早くお届けすることを目指していますが、先ほどのように、中国や台湾の人たちと日本人が同じドラマの話題で盛り上がって友達になって行くことを願いながら仕事をしております。

そんな材料となるドラマを引き続き手掛けて参りたいと思っております。

皆さまの応援と御愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

アジア・リパブリック代表取締役 塚崎 拝

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/48092174

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第35話、最終回「そして来世へ」:

« 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第34話、若曦没。筆に込めた想い | トップページ | 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 好きな皇子は誰!?決定戦! »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック