フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 アジアドラマチックTV HPアクセスランキング第2位に返り咲き!! | トップページ | 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第25話、康熙帝の崩御、第13皇子の復帰 »

2012年11月19日 (月)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 天灯(チャイニーズランタン) (2)

テレビ朝日系列 日曜洋画劇場 「レッドクリフ 特別版~RED CLIFF INTERNATIONAL VER.」 御覧になられましたか?

ナント、WBC(野球)のライブ放送が延びて、22:00からの放送開始に!Oh my God! 眠いゼ!

映画『レッドクリフ』は日本での劇場公開時には前編・後編に分けられて公開されましたが、本日の放送は、前編・後編を1本にまとめた特別版(=インターナショナル・バージョン)でした。

http://www.tv-asahi.co.jp/nichiyou/next/cur/

http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/cnews/20121112-OYT8T00145.htm

”赤壁の戦い”が始まる時に出てきましたネ、”天灯

天灯は、別名”孔明灯”と言われていますが、これは諸葛孔明(諸葛亮)の孔明から来てますね

でも、”赤壁の戦い”に使われていたかどうかは???

伝承では、平陽での戦いで使われたらしいのですが、これでさえも定かではないとのこと。

映画『レッドクリフ』はジョン・ウー監督の創作が多分に入っていますので、監督の演出で”孔明灯”を入れたとも。

映画的には面白みが出るので、観客を喜ばせるための演出としてはアリかなと(笑)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」では、現代からタイムスリップして来た若曦が、蒙古族との宴の時に”孔明灯”を使って宴の演出をしていましたが、彼女は映画『レッドクリフ』を観ていたのカナ~なんて想像しちゃいました。2008年の大ヒット映画ですから、歴史好きな彼女だったらきっと観ていたハズ。そして、きっと「あの映画は邪道!!」とか言っていたかもしれませんね(笑)

では、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」第7週の放送をお楽しみに!

物語が起承転結の”転”に突入します。

« 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 アジアドラマチックTV HPアクセスランキング第2位に返り咲き!! | トップページ | 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第25話、康熙帝の崩御、第13皇子の復帰 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

歩歩驚心」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/47889256

この記事へのトラックバック一覧です: 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 天灯(チャイニーズランタン) (2):

« 台湾ドラマ 「五月に降る雪」 アジアドラマチックTV HPアクセスランキング第2位に返り咲き!! | トップページ | 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第25話、康熙帝の崩御、第13皇子の復帰 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック