フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第14皇子ファンの方へ⇒最新出演作「姐姐立正向前走」の御案内 (3)

中国での放送開始直前ということで、「姐姐立正向前走」の北京での記者会見の模様が様々な媒体で紹介されて来ています。

昨日は写真ニュースを御紹介しましたが、本日は動画ニュースをば。

第14皇子役の林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)の本人の声って実はこんな感じなんです。結構低い声です↓↓↓

◆「新浪(Sina)」サイトの動画(29分)

http://www.youtube.com/watch?v=liTxMhDEIXs&feature=player_embedded

◆Apple Daily の動画ニュース

http://www.appledaily.com.tw/appledaily/article/entertainment/20121031/34610607

◆レコードチャイナさんの記事

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=65945&type=

本編が楽しみにです。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 中国医学と陰陽五行説

本日の第15話「草原の固い友情」では、「陰陽」と「五行」というコトバが出てきたところで解説を入れさせて頂いておりました。

「陰陽五行説」と言えば、中国医学(中医)の中核をなす思想でして、うん千年の歴史を持っています。

平日の朝8:25からテレビ東京で放送されている「宮廷女官 チャングムの誓い」が現在”医女”編に突入していますが、このドラマの中でも出てくる”医食同源”という思想も、中国医学の中で育まれて来たものです。

最近日本でも漢方薬膳料理が注目され人気になって来ていますが、正にこの思想を具現化しているものです。

中医の「陰陽五行説」については、下記のサイトに図入り解説がありますので御覧になってみて下さい↓↓↓

http://kanpo.kenko-jp.com/100/ent155.html

陰陽五行は「九星占い」なんかでも使われていますネ。

自分も漢方をかじってみようと通信教育の教材を取り寄せてみたものの、仕事が忙しくなって来てしまって、ほとんどテキストも開けてなく、通信添削も一度もやってておらじ。。。って言い訳ですが(泣)

中国語がわかると中医の世界が結構面白く見えて来ます。へぇ~ナルホド的なことが割と多いです。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 満州族と蒙古族

本日の第15話「草原の固い友情」、いかがでしたでしょうか?

今回のエピソードは、蒙古族の敏敏(びんびん)を軸に、ジャクギ+第13皇子+第14皇子が中心になっていました。

ドラマの中で、塞外遠征は今回で3回目。塞外に行くメンバーはその度に変わっています。

西域(正確には中国の北西部、現在のモンゴル)は古来から中国王朝にとって地政学的に非常に大事な地域で、ここを如何に制するか、如何にうまく付き合って行くかが大事な政治課題となっていました(今でもそうですが)。

西域が不安定になったり、西域が強大化して中国に攻め入るようなことが起これば、朝廷が揺らぐことになります。

なので、ドラマの中でも、康熙帝(こうきてい)らは蒙古王とうまくやって行こうと何度か塞外に赴いて、蒙古族との友好関係を維持しようとしています。

時には婚姻関係を結んで、より一層の安定化に努めようとします。

ということで、今回の第15話では、蒙古王の愛娘=敏敏(びんびん)と第13皇子との婚姻の可能性がほのめかされたりしていました。

満州族と蒙古族と漢民族については以前ブログ記事をどうぞ⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-da21.html

明日のエピソードは、塞外の宴が華やかです。お見逃しなく!

2012年10月30日 (火)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 一番人気のイケメン皇子は誰だ?!

第14話「新年の決別」、いかがでしたでしょうか?

若曦(じゃくぎ)の心、揺れています。

さて、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)は、中国本土での放送前から話題を呼び、中国での放送局の公式HP以外に新浪や捜狐など大手ウェブサイトでも特集ページが開設されていました。

それぞれのサイトでは色んな角度から作品を解説して、様々な企画で作品ファンの関心をひいていましたが、中でも「新浪」ではページ閲覧者にアンケートを実施し、話題になったのが「一番好きな皇子は誰?」という項目でした。

ノミネートされたのは第4皇子、第8皇子、第9皇子、第10皇子、第13皇子、第14皇子の6名に、特別参加で康熙帝(こうきてい)という合計7名。

気になる結果は・・・・?

12月5日の日本での最終回放送後にお知らせしますね(笑)

では、明日の放送もお楽しみに!

ちなみに、皇子たちのプロフィールはコチラ⇒ http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/cast.html

(*登場人物の写真をクリックすれば詳細情報が出てきます)

2012年10月29日 (月)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第14皇子ファンの方へ⇒最新出演作「姐姐立正向前走」の御案内 (2)

「姐姐立正向前走」は、いよいよ11月3日から中国で放送開始です。

それに向けてPR・宣伝活動がピークになって来ていますが、北京での記者会見の模様が公式微博(ウェイポー)の方にUPされていますので、御覧アレ。

TOPの写真がスライド・ショーで入れ替わって行きます:

http://e.weibo.com/u/2540147163?ref=http%3A%2F%2Fzh.wikipedia.org%2Fwiki%2F%25E5%25A7%2590%25E5%25A7%2590%25E7%25AB%258B%25E6%25AD%25A3%25E5%2590%2591%25E5%2589%258D%25E8%25B5%25B0

第14皇子の長髪&現代っ子姿が御覧になれます。

それにしても、豪華メンバー!

本映像が楽しみです。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 日本語字幕制作の進捗状況 (2)

現在のところ、日本語仮MIX作業が第30話まで、BS放送用カット編集作業が第26話まで進行しています。

泣きます。

涙・涙の展開です。

中華圏が泣いたのも頷けます。

乞う御期待!

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD発売記念 DVD-Box1&ケン・チュウ直筆サイン入りカード プレゼント @BS日テレHP

◆11月2日(金)発売の「五月に降る雪」DVD-BOX1と
  ケン・チュウ直筆サイン入りカードを
   抽選で3名様にプレゼント!

◆応募期間は11月8日(木まで。お急ぎ下さい!!

◆ご応募はコチラから↓↓↓

https://ssl.bs4.jp/pre/form/index.php?form_id=1447115

http://www.bs4.jp/drama/gogatsu/index.html

2012年10月27日 (土)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第14皇子ファンの方へ⇒最新出演作「姐姐立正向前走」の御案内

第14皇子こと林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)ファンの方!

彼の現代劇の姿を見たい!彼の本当の声を聞きたい!と思っているファンの方に御案内です。

11月上旬から中国で放送が始まるトレンディ・ドラマ「姐姐立正向前走」(原題)でその夢が叶います!

16分のトレイラーが公開されていますので、チラ見をどうぞ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=snodjypk3fI&feature=youtu.be

このドラマ、アジア・リパブリック5周年のトリを飾る作品として、既に日本への上陸が決定しております。

なぜアジア・リパブリック5周年のトリとして位置づけているのかと申しますと、弊社が手掛けて参りました台湾・華流ドラマの集大成とも言える作品だからです:

◆ 「れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天~」の制作チーム&脚本家

◆ 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ」の第14皇子こと林更新(リン・ケンシン、英語名:ケニー・リン)がジローの恋のライバルとして出演

◆ 「晴れのち女神が微笑んで」のゴールデン・チャンが出演

◆ 「五月に降る雪」のマギー・ウーが出演

これに加えて、大きなアピール・ポイントとなっているのが、

◆ 台湾の元祖アイドル、最近は中国で「傾城の皇妃」(原題:傾世皇妃)を成功させたプロデューサーとしての顔も合わせ持つルビー・リンの第2弾プロデュース作&主演作

◆ 台湾・華流の人気アイドル・ユニット飛輪海フェイルンハイのジローが主演

◆ NHKドラマ「上海タイフーン」、中国大河ドラマ「三国志」で御馴染みのーター・ホーがゲスト出演

◆ NHK教育「テレビ中国語 講座」で御馴染みのフー・ピンも出演

などなど、豪華俳優陣の出演!!

盆と正月がいっぺんに来たような(笑)

この秋~冬、中華圏で大注目のドラマです。

来年の日本上陸をどうぞお楽しみに!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 四爺 @台湾金鐘奨(Golden Bell)授賞式

台湾金鐘奨(Golden Bell)授賞式のLIVE中継をずっと公式サイト↓↓↓の方で観ていました:

http://www.youtube.com/user/2012goldenbell

一番最後のプレゼンター(最優秀男優賞と最優秀ドラマ賞)は四爺(四様)こと呉奇隆(ニッキー・ウー)でした!

小虎隊から「歩歩驚心」まで、彼の奇跡の映像をバックに御登場。

”我回来了”

正に大陸から台湾に凱旋という感じでした。

見事に復活を遂げた呉奇隆。

ウワサされている小虎隊の再結成実現なるか!?

とても注目されています。

日本でも「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)の反応が良いので再注目されることでしょう!加油

2012年10月26日 (金)

台湾ドラマ 「五月に降る雪」  台湾のTVエミー賞こと”電視金鐘獎”の”節目行銷獎”にノミネート!(2)

速報!

残念ながら受賞は逃しました!

受賞したのは勿論コレ:「我可能不會愛你

この勢いにはかないまへん~

http://2012goldenbell.cts.com.tw/finalists.html

三、
行銷廣告獎
(一)
節目行銷獎:

‧小資女孩向前衝(三立電視股份有限公司)
‧半熟戀人(臺灣電視事業股份有限公司)
我可能不會愛你(八大電視股份有限公司)
記得‧我們有約(中天電視股份有限公司)
‧真愛找麻煩(三立電視股份有限公司)

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-bab7.html

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 俳優の声について(2):中国語吹替声優の名前

|

視聴者の方から問い合わせのありました中国語吹替声優の名前が判明しましたので、お知らせします。

|

こういったことは権利元に尋ねるのが一番!

なかなかネットでも答えを探せないものです。

|

では↓↓↓

|

◆若曦⇒ 梦露

◆四阿哥⇒ 沈磊

◆八阿哥⇒ 

◆十三阿哥⇒ 孙晔

◆十四阿哥⇒ 俊杰

◆九阿哥⇒ 

◆十阿哥⇒ 黄晨

◆康熙⇒ 

◆若兰⇒ 范楚

◆明慧⇒ 

◆明玉⇒ 吴静

◆敏敏⇒ 奕雯

◆玉檀⇒ 龚晓

◆绿芜⇒ 范楚

|

*俳優の声が本人のものでないことについては以前の記事をご覧ください⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-fd09.html

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 原作の御紹介。中華圏はネット小説流行り!本作品の買付け秘話

金曜日~日曜日は「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)の放送がありませんので、この間を借りて、原作と著者の御案内をしておきたいと思います。

このドラマの原作は、中国の人気ネット小説家の桐華(トンホァ)(女性)が2005年にインターネット上に発表した「歩歩驚心」です。

彼女のプロフィールについてはBSジャパンの番組公式HPに情報掲載してございますのでご覧ください↓↓↓

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/intro.html

現在、中国も台湾もネット小説が大流行していますが、桐華(トンホァ)は中国大陸で第一線で活躍する人気女流作家です。

中国や台湾では、ネット小説の人気を背景に、最近は、これらを原作とする映画化やTVドラマ化が増えて来ています。

ただし、映像化のクオリティは玉石混交です。

いくら原作が良くても、演出技術が低かったり、キャストの演技が未熟な場合には、作品が死んでしまうケースだってあります。むしろ、今まではこのケースが多かったように見受けられます。

「歩歩驚心」の成功の要因は、原作の良さ⇒脚本化の成功+監督の演出力+キャストの演技、これらすべてが揃ったからに他なりません。

桐華の上質な原作⇒脚本化、李国立監督の演出、劉詩詩・呉奇隆を初めとする魅力的キャストの素晴らしい演技。これらの三位一体です。

アジア・リパブリックの作品買付けの評価プライオリティは、第1に脚本、第2に監督の演出力、第3にキャスト、という順番です。人気アイドルが出演しているからと言って作品を買付けるということはありません。今まで弊社で買付けて来た台湾ドラマは全部そのようにしてセレクトしたものです。

「歩歩驚心」の買付けも、この流れに沿ったものになります。

正直言いまして、中国大陸のドラマで初めてビビッっと来た作品です(笑)。

今まで何度も中国大陸ドラマの紹介スクリーナーを頂戴しては拝見しておりましたが、自分の感性に触れるものは余りありませんでした。。。画の作り方、映像の作り込み、演出の仕方が野暮ったく感じることが多くて、大体10分もスクリーニングしていると脱力感に見舞われるという繰り返しでした(笑)

ところが、「歩歩驚心」は最終回の第35話までちゃんとスクリーニングし終わることが出来ました。映像の作りが今までのものとは全く違ったんです!

2011年はタイムスリップものドラマが中国で花盛りでしたが、上半期に中国で人気を博した同じタイムスリップものは自分の肌には合わなかったのですが、下半期に大ヒットしたこちらの「歩歩驚心」は別格でした。普段辛口の台湾人の友人たちも口を揃えて、この作品については「泣いた!」「ウチの奥さんがハマっていた!」「お母さんがテレビに釘付け!」と言っていたのが印象深かったです。

ということで、弊社5周年記念の特別作品として本作品を買付けようと決断しました。

この作品であれば日本市場に出しても恥ずかしくない!アジア・リパブリック5周年 特別作品として打ち出しても恥ずかしくない!初めて取り組む中国歴史ドラマとしても恥ずかしくない!という思いがありました。

加えて、日中国交正常化40周年の今年、日中文化交流の面で貢献できるであろう!という思いがありました。。。残念ながら、これは不幸に見舞われてしまいましたが、この時期に日本での放送に漕ぎ着けられただけでもミラクルです。放送局のBSジャパン様には感謝感謝でございます。

映画やTVドラマは、その国の文化を知る窓です。

「冬のソナタ」の日本での大ブレイク以降、韓国ドラマを観ることによって我々は韓国という国の”今”を深く知ることになって行きました。

今度は、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)がキッカケとなって、中国という国の”今”を知って頂ければと思います。

今まで「中国のドラマはダサい」「遅れている」「ツマらない」と思っていた人もきっと驚きの発見をすることでしょう。

ただし、先ほども申し上げましたように、まだまだ玉石混交です。「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)のように突き抜けた作品も出てくるようになりましたが、全部が全部このクオリティというわけではありません。日本でウケる作品はまだまだ数が少ないです。

先ずは小さな第一歩。本作が中華ドラマへの興味を持って頂くキッカケとなってくれれば、弊社としては幸いです。

2012年10月25日 (木)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 公式HP 「登場人物」に 皇子役俳優たちの詳細情報が加わりました!

|

皆さん、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)の放送をお楽しみ頂けておりますでしょうか?

さて、以前視聴者の方からリクエストのありました俳優の詳細情報が公式HPの方に反映されましたので、お知らせ致します(*今までは、若曦と第4皇子のみでしたが、その他皇子たちの俳優情報が加わりました):

下記urlをクリックして御覧になってみて下さいネ:

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/cast.html

↑↑↑上記ページの「登場人物」の皇子たちの写真をクリックすれば、人物紹介と俳優の詳細情報が御覧いただけます。

例えば、第14皇子について↓↓↓

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/cast05.html

「1988年2月13日中国・瀋陽生まれ。2007年上海戯劇学院演技科に入学し、在学中にはモデルとして雑誌やTV-CMなどに登場する。本作品で俳優デビューを果たし、2011年度の様々な新人賞を受賞。すでにツイ・ハーク監督の新作映画『狄仁杰前伝』、ドラマでは「姐姐立正向前走」に出演が決定するなど、今最も注目されている大型新人である。」

こんな感じの情報をお入れしました。

第12話までご鑑賞されて、お気に入りの皇子はできましたか?

俳優情報をゲットして応援してあげて下さい。

では、来週の放送をお楽しみに!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) FAQ:若曦の仮名表記は何故[ルォシィ]ではなくて[ジャクギ]なのか?

本日の第12話 「歴史に挑む愛」、いかがでしたでしょうか?

「歴史は変わるのか!?」へのチャレンジです。

さて、本日は、ブログやツイッターでよく見かける御質問=FAQ(Frequently Asked Question)にお答えしたいと思います。

Q: 若曦の仮名表記は何故[ルォシィ]ではなく[ジャクギ]なのか?

A:  実はこの答えはとても簡単です。

この質問は、「康熙帝の仮名表記は何故[カンシーティー]ではなくて[コウキテイ]なのか?」と尋ねられているのと同じです。

康熙帝の中国語発音は[カンシーティー]ですが、歴史ドラマの場合、既に定着している日本語音読み[コウキテイ]とするのが慣例となっています。このドラマに登場する歴史上の実在人物については全てこの慣例に従っています。

若曦の中国語発音は[ルォシィ]です。しかし、彼女だけを原音カタカナ表記するのはバランスに欠けてしまいます。他の登場人物との統一性がなくなってしまいます。

歴史ドラマの場合には日本語音読み表記とするのが一般的です。

逆に、ラブコメなどの現代ドラマについては弊社は原音カタカナ表記を心掛けています。

逆に相当な原音主義者とでも言いましょうか(笑)

こちらを御参考までに⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/post-93bf.html

ということで御了承くださればと思います。

では来週月曜日の放送をお楽しみに!いよいよ第4週に突入です。

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 & 台湾映画 「パンのココロ」、本日はミシェル・チェン祭り(笑)

「五月に降る雪」 第4話「心の傷痕」、いかがでしたでしょうか?

実は本日は東京国際映画祭で、ミシェル・チェン主演の「パンのココロ」(原題:愛的麺包魂、http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=87)の業界向けID試写が19:30からありまして、帰宅して23:00から「五月に降る雪」を観ているので、さながら私的ミシェル・チェン祭りのような(笑)我的女神啊~!

実は私、「五月に降る雪」を買付けた理由の一つは、昨年の東京国際映画祭でも上映された「あの頃、君を追いかけた」(原題:那些年、我們一起追的女孩)をものすごく好きになりまして、その影響が大きかったからです。ポニー・テールのミシェル・チェンが超可愛的了!

そして、今日鑑賞した「パンのココロ」もミシェル・チェン見たさが理由でしたが、一つ発見したことがありました。

「あの頃、君を追いかけた」 と 「五月に降る雪」 と 「パンのココロ」には一つ共通点があったんです。

それは・・・勃起クン(笑)

「あの頃・・・」を見ていない人にはわからないと思いますが、「勃起」(ポーチー)というのは映画の登場人物のニックネームです。ライオンみたいに、いつも勃起ばかりしているので「勃起」と呼ばれている登場人物です。

「五月に降る雪」の中では、ティンタンの幼馴染のサツマイモ(ティークワ)を演じている少年、

それから、「パンのココロ」の中では、田舎の屋外飲み屋を経営している(?)坊主頭の男性=”阿坤”役を演じています。

外見が余りに変わっていたので最初はわからなかったのですが、目が同じでした。でも、映画によって化けますね。「あの頃・・・」と「五月・・・」では痩せている印象でしたが、「パン・・・」では老けたマッチョ。全然違う人かと思いました。

鄢勝宇という俳優です。監督もやっているようです。

本日はトリビアみたいになっちゃいましたが、小ネタでございました。

また来週!

2012年10月24日 (水)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) @「台湾エンタメパラダイスVol.3」 (キネマ旬報社)

本日の第11話「都からの侵入者」、いかがでしたでしょうか?

さて、このドラマ、ブログやツイッターを拝見していますと、ハマった方が続出、視聴者の方から好評価を頂戴しておるようで、非常に嬉しく思っております(◎´∀`)ノ

普段は韓国ドラマを御覧になっていて中華ドラマは今回が初めて!という方も結構いらっしゃるようです。

韓国ドラマファンをも惹きつける魅力を持っているようでして、先日のソウル・ドラマ・アワード2012で2冠を獲ったというのも頷けます(⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/seoul-interna-1.html )。

あの名作「宮廷女官 チャングムの誓い」の韓国も認めたドラマクオリティ。

このドラマ、他の中国ドラマとは違って突き抜けたクオリティを達成していると思いますが、その秘訣は何なのでしょうか?

理由の一つは、香港・台湾とのコラボレーションがあるのではないか?と分析しています。

そんな分析を「台湾エンタメパラダイスVol.3」というムック(キネマ旬報社)に寄稿しましたので、ご興味のある方はご一読くださいませ↓↓↓

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/vol-3-0059.html

では、明日の放送もお楽しみに!

2012年10月22日 (月)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第1話を見逃した方に朗報!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)DVDリリース決定です!

詳しくは⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/dvd-afb5.html

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) ドラマに登場する皇子たちの数

さあ、今週も始まりました「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)@BSジャパン。

第3週目に突入です。

本日の第9話「皇子たちの駆け引き」、いかがだったでしょうか?

本日は途中で地震情報が入ってしまいましたね・・・

ドラマはいよいよ皇子たちの権力闘争が激化して行きます。

そこで一度、登場する皇子たちの数と派閥を整理しておきましょう。

下記のBSジャパンさんのURLをクリックして下さい:

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/history.html

このページの中央部に掲載されている”派閥”図と皇子たちの番号(漢数字)を把握しておけば、より一層ドラマを楽しめますヨ!

ドラマに登場する皇子たちは、この図の中に記載されている第皇子、第皇子、第皇子、第皇子、第皇子、第皇子、第10皇子、第13皇子、第14皇子、それから、最年少の第18皇子の合計10人です。

ただ、第18皇子は先週の第8話で病死で亡くなりましたので、残り9人ということになります。よって、ドラマの冒頭解説映像では「美しき9人の皇子たち」と言っております。

それぞれの皇子については、各話に登場する度に、「第○皇子」というように縦字幕のテロップをお入れして覚えやすいように工夫してみましたが、わからなくなったら下記のURLをクリックして確認してみて下さいネ(登場人物の写真をクリックすると更に詳細な情報が出てきます)↓↓↓

http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/cast.html

それぞれの皇子がどの派閥に所属していたかを把握しておけば、明日からの放送を更に楽しく御覧いただけるかと思います!

では、今週の放送もお楽しみに!

2012年10月20日 (土)

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 ロケ地めぐり観光ガイド ブックレット

こちらでチラ見できます↓↓↓

http://gogatsu-yuki.com/pop.html

写真集仕立て、豪華20ページ!

数量限定!

「五月に降る雪」DVD Box 1 初回限定生産にのみ封入です。

ロケ地めぐり観光ガイド ブックレットを欲しい方は予約をお急ぎ下され!!

Amazon.co.jp ↓↓↓

http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%94%E6%9C%88%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82%8B%E9%9B%AA-DVD-BOX1-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%BC/dp/B008O18HDE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1350704235&sr=8-1

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD用トレイラー映像公開!

こちらデス↓↓↓

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=bJdh-mxNg_U

映像が綺麗なので、ぜひPCのフルスクリーンでご覧ください!

2012年10月19日 (金)

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD、商品サンプル届く! 「ロケ地めぐり観光ガイド ブックレット」の御案内

本日、DVD発売元のクロックワークスさんから「五月に降る雪」DVDの Box 1 商品サンプルが届きました!

先ず手に取ってみて、DVDパッケージのデザインが秀逸!

ハート型をくり抜いた厚紙の外箱が素敵!

そして、パッケージを開けるとDVDディスク1枚1枚の写真が素敵!

また、何と言っても、DVDに封入されてる「ロケ地めぐり観光ガイド ブックレット」が素敵すぎる!

もう一度、チラ見をば⇒ http://gogatsu-yuki.com/pop.html

チラ見では本当にちょっとしかページが御覧になれませんが、本チャンは全部で20ページもある豪華版です!

コレはもう、マスト・アイテムですね~

・・・って、どんだけ褒めまくってんだよ~アホか?!と思われるかもしれませんが、本当に素敵なんデス(笑)

あとは、購入されたファンの方のご意見を待ちたいと思います o(*^▽^*)o

購入された方のご意見を聞かれてから購入されても宜しいかと。

ただし、「ロケ地めぐり観光ガイド ブックレット」は初回限定生産なので御注意を!

DVD Box1 の発売日は11月2日(金)です。どうぞお楽しみに!

ちなみに↓↓↓Amazon.co.jpのサイトです:

http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%94%E6%9C%88%E3%81%AB%E9%99%8D%E3%82%8B%E9%9B%AA-DVD-BOX1-%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%A6%E3%83%BC/dp/B008O18HDE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1350635558&sr=8-1

この秋は華流ムック三昧!(4): 「台湾エンタメパラダイス Vol. 3」(キネマ旬報社)

http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-769-7/catid/8/Default.aspx

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9-vol-3/dp/4873767695/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1349062062&sr=1-1

本日発売!見本誌が届きました!

弊社関連のページは下記の通りです:

◆「晴れのち女神が微笑んで」&マイク・ハーのインタビュー(P.41-47)

 この写真は秀逸!ファンの方はきっと萌えぇデスね(笑)

◆「あの日を乗り越えて」(P.61)

◆「五月に降る雪」(P.62)

◆「姐姐立正向前走」(P.68)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(P.70)

それから、私、P70~72の「台湾・中国ドラマ合作事情」=「中国へ羽ばたく台湾ドラマ&スター事情」というコラムを執筆させて頂いております。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」や「晴れのち女神が微笑んで」などを例にとって解説をしております。

お時間がありましたら御一読くださいませ。

アジア・リパブリックは今後も台湾&華流コンテンツ普及に邁進して参りたいと存じます。

キネマ旬報HPより⇒ http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-769-7/Default.aspx

★内容の一部★
【注目の新作ドラマ・映画&スターInterview
『絶対彼氏~My Perfect Darling~』ジロー、シェ・クンダーInterview、ロケ地ガイド
『アリスへの奇跡』アーロンInterview
『愛、歓迎します~歓迎愛光臨~』ジョセフ・チェンInterview
『晴れのち女神が微笑んで』マイク・ハーInterview
『僕のSweet Devil』ショウ・ルオInterview
『イタズラな恋愛白書』チェン・ボーリンInterview
『僕らはふたたび恋をする』ピーター・ホー&チャン・チュンニンInterview、ロケ地ガイド
『進め!キラメキ女子』ロイ・チウInterview
『マジで君に恋してる』ニック・チョウInterview
<コラム>台湾・中国合作ドラマ事情 ⇐ここデス
「セデック・バレ 太陽旗/虹の橋」大慶Interview、セデック族の地を探訪
「花漾(原題)」ジェリー・イェン、ジョセフ・チェンの素顔
「ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉Black & White Episode1」マーク・チャオ、DEAN FUJIOKA Interview

【人気アーティスト&アイドル インタビュー】
超人気バンドが夏フェスで来日! 五月天Interview
独占密着取材! タン・ユージャ
男子アイドルグループも花ざかり! Lollipop F4ever Interview
人気のシンガーソングライター! 嚴爵、小宇Interview

【ディープに楽しむ台湾】
街で見つけたスターのお店/台北から地下鉄とバスで日帰りプチ旅行/台北のミャンマー街/あの名作ロケ地をおさんぽ

 

 

 

この秋は華流ムック三昧!(3): 「A-Bloom Vol.16」(ビジネス社)

http://www.amazon.co.jp/A-Bloom-%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-Vol-16-2012%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B009GKA1EA/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1349061798&sr=1-1

弊社関連のページは以下の通りです:

◆「姐姐立正向前走」(P.45-46)

◆「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(P.55)

なんだか紙質が変わったような・・・

この秋は華流ムック三昧!(2): 「華流スタードラマ&オールカタログ」(TOKIMEKIパブリッシング)

http://www.amazon.co.jp/%E8%8F%AF%E6%B5%81%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0-%E8%91%97%E8%80%85%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%AA%E3%81%97-%E3%83%BB%E7%B7%A8%E3%81%AA%E3%81%A9/dp/toc/4048990888

弊社提供の作品は下記の通りです:

◆「敗犬女王」(P.27)

◆「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」(P.69)

◆「秋のコンチェルト」(P.105)

◆「五月に降る雪」(P.114-116)

◆「晴れのちボクらは恋をする」(P.156-158,160)

◆「晴れのち女神が微笑んで」(P.159)

◆「ハートに命中100%」(P.196)

◆「最後はキミを好きになる!」(P.196)

◆「P.S.男」(P.197)

◆「あの日を乗り越えて」(P.197)

◆「九月に降る風」(P.204)

文字校正が回って来なかった作品もあり、弊社提供クレジットが抜けている紹介ページも見受けられましたが、上記を御参考いただければと。

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 DVD用HPがオープン! 「ロケ地めぐり観光ガイド ブックレット」の御案内

こちらデス↓↓↓

http://gogatsu-yuki.com/

うん、キレイ!TOPのトレイラー映像もDVD用に編集されたものなのでぜひ御覧アレ!

そして、注目は、DVD Box1に封入されているこちらの「五月に降る雪 ロケ地めぐり観光ガイド ブックレット」↓↓↓

http://gogatsu-yuki.com/pop.html

チラ見するだけでもおわかりかと思いますが、写真集仕立でかなり豪華!

(注意:コピー防止のために、このチラ見の写真は解像度を下げています。本チャンはもっとクリアでキレイです!)

ファンの方にはタマラナイ一冊になると思います。

ロケ地マップには現地のロケ地住所も記載されていますので、来年4月末~5月上旬、油桐花(ヨウトンフア)が満開の季節になったら、このブックレットをもって台湾に遊びに行っては如何でしょうか? o(*^▽^*)o

では、11月2日(金)のDVD発売日をお楽しみに!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) DVD発売決定![追記アリ]

お待たせしました!

多数お問い合わせを頂いておりましたDVDの発売に関してのお知らせです。

本日情報解禁!

ノーカット完全版でリリース決定!

Photo_2

11話~18話>

◆発売日:1228()
◆セルDVD(発売:クロックワークス、販売:アミューズソフト):DVD-BOX1 ¥15,000(税抜)
◆レンタルDVD(クロックワークス):Vol.16


219話~35話>

◆発売日:26()
◆セルDVD(発売:クロックワークス、発売:アミューソズソフト):DVD-BOX2 ¥15,000(税抜)
◆レンタルDVD(クロックワークス):Vol.712

[追記] 詳細はこちらのDVD用HPを御覧下さい! ⇒ http://jyakugi.com/

セルDVDについては本日よりご予約頂けます:

http://www.amazon.co.jp/%E5%AE%AE%E5%BB%B7%E5%A5%B3%E5%AE%98-%E8%8B%A5%E6%9B%A6-DVD-BOXI-%E3%83%AA%E3%82%A6%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%BC/dp/B009RHXDGU/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1350614191&sr=8-1

http://www.7netshopping.jp/dvd/detail/-/accd/1400553360/subno/1

BSジャパンさんでのファーストラン放送が12月5日に最終回を迎え、12月28日にDVDリリース開始です。

年末年始のお休みに「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」DVDをお楽しみ下さい!

今回、日本でのDVD発売に漕ぎ着けましてホッとしております。

クロックワークスさん、アミューズソフトさん有難う!!


2012年10月18日 (木)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 俳優の声について

本日放送の第8話 「父と息子」 、いかがだったでしょうか?

皇太子の廃位で引き締まったかと思います。

さて、本日は、出演俳優たちの声について少々お話したいと思います。

視聴者の方から当ブログの方にご質問がありました:「ドラマの俳優たちの声は御本人たちの声ですか?」

答えは⇒ほとんどの俳優の声は本人たちの声ではなく、別の声優たちによって吹替えられています。

理由なのですが、中国ではテレビドラマに関して言語政策がしかれていまして、”美しい”標準的な中国語(普通話)を全土に普及させることを目的としています。

最近は現代劇などについては別声優による吹替えを行わずに、本人たちの声をそのまま使うケースも増えて来ていますが、歴史ドラマについては未だに厳しく徹底されているようです。

最近の中国のドラマは、台湾や香港の俳優を招聘してドラマを制作するケースが増えて来ていますが、台湾人や香港人の話す中国語は、普通話とは若干発音・抑揚に違いがあるので、ほぼ間違いなく吹替えられてしまいます。

台湾人の場合、日常から北京語をしゃべってはいますが、[zhi], [chi], [shi], [ri] をハッキリ発音しない、香港人の場合、日常では広東語をしゃべっているのでそもそも北京語は得意ではない・・・というような背景があります。

このドラマの場合、第四皇子(ニッキー・ウー)と若蘭(アニー・リウ)は台湾出身、第八皇子(ケビン・チェン(ABC))と康熙帝(ダミアン・ラウ)は香港出身の俳優です。

映画『レッドクリフ』の金城武さんの声も別声優によって吹替えられていましたね。金城さんも台湾出身の俳優です。

こんな裏事情を知っていれば、より一層面白いかと思います。

でも、ファンとしては御本人の声を聞きたいものですよネ(笑)

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第3話 @BS日テレ、オンエア・チェック

本日は30分遅れて23:30からの放送開始でした(泣)

◆さて、このドラマ、風景がとても綺麗だと思いませんか?

台湾の中西部、苗栗(ミャオリー)を中心としたロケ地で撮影されています。

田園風景が美しいです。

ドラマ全編を通して、苗栗近辺の観光地が出てきますので、目の保養になりますヨ。

きっと行ってみたくなると思います。

そんな方に朗報!

「五月に降る雪」DVDには豪華写真集仕立てのロケ地案内ブックレットが封入されています。

まもなくDVD用のホームページが公開されますので、ブックレットのサンプルを確認してみて下さいネ。HPでは中味のチラ見も出来ます。

あ・・・地震情報が・・・甲信越地方で震度4。こんな深夜に物騒です。甲信越地方の方、こんな夜中に大丈夫でしょうか?

◆今週末から東京国際映画祭が開幕になりますが、「五月に降る雪」でティンタン役を演じているミシェル・チェンの台湾映画「パンのココロ」が上映されます:

http://2012.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=87

来日を期待していたのですが、残念!

ま、でも、去年の東京国際映画祭でナマのミシェル・チェン(「あの頃、君を追いかけた」で来日)を見られたから良しとしましょ。

しばらくは、画面の中の女神を見守りマス(笑)

◆今日のエピソードの中で、ケン・チュウ演じるチアシュンが日本人女性に振られる回想のシーンがありましたでしょ?(ちょっとたどたどしい日本語でしたが)

台湾映画が好きな方、この女性をどこかで見たことがありませんか?

答えは⇒  http://asia-republic.com/9wind/staff_cast/index.html

そう、台湾映画 『九月に降る風』 のユン役を演じたジェニファー・チュウ(初家晴)です。

彼女、『九月に降る風』の日本劇場公開の時にお父上と一緒に来日してくれたのですが、このお父様が日本に駐在したこともあって日本語がベラベラ。

きっと、この「五月に降る雪」の日本語セリフはお父さんと一緒に練習したんじゃないでしょうか?(*^-^)

あ、そうだ、「九月に降る風」と「五月に降る雪」の関係については、また改めて!

では、また来週!

2012年10月17日 (水)

NHK 「探検バクモン」 ニイハオ!池袋リアルチャイナ 

本日、BS日テレの「五月に降る雪」の放送が30分ズレ込んだので、NHKの「探検バクモン」 ニイハオ!池袋リアルチャイナ を見てみました。

池袋チャイナタウンは何度か行ったことがありますが、やっぱり出てきましたネ、焼きショウロンポウと本屋と食材スーパー(笑)

今日のナビゲーターは筑波大学の山下清海先生と、中国で一番有名な日本人コラムニストの加藤嘉一さん。

私、山下先生のチャイナタウンに関する本も、加藤さんの本も何冊が読ませて頂いていたので、お二人が同じ番組に出演されているのを見てオーっと思ってしまいました。

山下先生は本では存じていましたが、お姿を拝見したのは今回が初めて。

加藤さんはWBS(ワールド・ビジネス・サテライト)などテレビで出演されていたのを何度か拝見しています。私と同じ静岡のご出身。自分は清水出身ですが、加藤さんは”伊東人”(と著書の中で自己紹介されていました)。

番組で言いえて妙だったのが、「中国人も日本のこと知らない(わかってない)けど、日本人も中国のこと知らない(わかってない)ヨ。現地に行ってみないとわかんないよ。知るには池袋のチャイナタウンに来ればいいよ」というコメント。

そうそう、百聞は一見にしかずです。

メディアで報道されていることだけが全てではありません。自分の目で・耳で確かめるのが一番です。氷山の一角の情報だけしか見てないと、大きなウネリを見失いますヨ。

今日の番組は再放送があるようですので、見るチャンスがなかった方はぜひ御覧になってみて下さいネ↓↓↓

http://www.nhk.or.jp/bakumon/nexttime/index.html

弊社の理念は、テレビドラマ・映画を通してその国のことを知ってもらうこと・理解してもらうこと。。。

テレビドラマや映画はその国の文化・社会を映す”窓”です。映像から街の様子や人々のファッションなどの外見的な情報を得るだけではなく、ドラマのプロットや台詞から人々のメンタルな面を理解できます。

現在BS日テレ水曜23:00に放送している台湾ドラマ「五月に降る雪」では台湾の中でも中西部の客家人の文化が垣間見れますし、BSジャパンで月曜~木曜10:00に放送している「宮廷女官ジャクギ」では中国清朝時代の宮廷の様子と文化が垣間見れます。

そこには我々日本人があまり知らない世界があると思います。

どうぞご自分の目で耳で心で”体験”して新しい”発見”をしてみて下さい~

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 満州族・蒙古族・漢民族

第7話「草原の出会い」、いかがでしたでしょうか?

今回から数話にわたって、紫禁城を出て、塞外遠征(蒙古遠征)のエピソードになります。

ここで、ドラマをさらに楽しむために、満州族・蒙古族・漢民族の関係をおさらいしておきましょう。

ドラマの時代設定は中国の清王朝になりますが、清王朝はヌルハチを祖とする満州族による征服王朝です。

清王朝の直前は、中国の地を長いこと治めてきた漢民族による明王朝でしたが、明朝後期、中国東北部で勢力を拡大して来た満州族に滅ぼされ、征服されてしまいます(清王朝)。

ただ、清王朝は懐柔策をとって、漢民族の文化・社会制度を取り入れて漢民族をコントロールする政策を取りました。清王朝の官僚の中には有能な漢民族の役人が多く登用されていたりします。

蒙古族(モンゴル)は、中国北西部の騎馬民族、日本でも有名なチンギス・ハンの末裔たちです。明朝勃興の直前、元王朝として中国を支配していました。清朝同様に征服王朝でしたが、漢民族をうまくコントロールできず、短命に終わります。

満州族も蒙古族も共に騎馬民族でして、本日のエピソードで康熙帝(こうきてい)が言っていた「我らには騎馬民族の血が流れている。広大な大地が目前に広がれば血もたぎって当然だ」という台詞は正に満州族には騎馬民族のDNAが刻み込まれていることを言ってます。

第13皇子が歌っていた曲の中に、「馬乳酒を・・・」というのがありましたが、これも騎馬民族ならではかと思います。

同じ騎馬民族どうし、心が通じ合う部分もあって、ドラマの中盤にはそれを表すエピソードが出てきます。

この3つの民族のことを抑えておけば、ドラマをよりよく理解できますヨ。

では、明日の放送もお楽しみに!

2012年10月15日 (月)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 物語の起承転結

先週からBSジャパンで「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)の放送が始まりましたが、つかみはOKでしょうか?(笑)

このドラマ、全部で35話ありますが、起承転結の構成がしっかりとしていますので、最後まで飽きずに楽しく御覧になれるかと存じます。

「起」第1話~5話まで。主に、ドラマの背景、人物関係を描いています。全体的にはコミカルな演出になっています。

「承」第6話~25話まで。若曦(じゃくぎ)が皇宮に上がって、宮女として康熙帝(こうきてい)に仕えます。第25話の康熙帝の崩御は前半戦のクライマックスです。次期帝位をめぐっての皇子たちの駆け引きが見どころの一つになります。

「転」第26話~33話。雍正帝(ようせいてい)の時代に入ります。それぞれの皇子たちの運命は如何に・・・!?康熙帝に仕えていた人々は?若曦(じゃくぎ)が懇意にしていた人々は?涙涙の演出に。。。

「結」第34~35話。そして、若曦(じゃくぎ)の最後の選択は?○○○とは結ばれるのか?彼女は現代に帰れるのか?

最終回放送は12月5日の予定です:http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/story6.html

どうぞお楽しみに!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) カット編集について

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)、本日よりBSジャパンさんでの放送が2週目に入りました。

今週は第5話~8話が放送となります:http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/story6.html

さて、本日の放送でお気づきになられたかもしれませんが、BSでの放送は、放送枠の関係で、カット編集版となっております。

ただ、カット編集に際しては、弊社ではルールを設けております。

原則としては、

1)セリフのあるシーンはカットしない、

2)風景描写のシーンや人物が物理的に移動するだけなどのセリフのないシーンを中心にカットする、

3)それ以上にカットが必要な場合には、セリフのあるシーンも割愛せざるを得ないが、ドラマの見どころ3ポイントに触れるシーンは絶対にカットしない。

*見どころ3ポイントとは⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-ff99.html

上記、ご了承くださいませ。。。

いつの日か、日本でも完全版を御披露できればと祈っております。

どうぞお楽しみに!

2012年10月11日 (木)

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第2話 @BS日テレ、オンエア・チェック

第2話「運命?の出会い」、いかがだったでしょうか?

冒頭の5分、ティンタンのセリフは聞き逃さなかったですか?(笑)

彼女のコトバの中に、このドラマのキー・ワードが隠されていましたね。

運命の恋人との出会い、油桐花(ヨウトンフア)が散ること。

第1話冒頭10分の爺爺の物語と呼応しています。

さて、第2話、個人的には2つのシーンに惹かれました:

一つめは爺爺の太極拳のシーン。自分も太極拳24式を習っていたので(笑)。でも、型が違う!とか思って見ていました。太極拳って「中国の健康体操」と思っている人も多いようですが、アレは武術なんですよ。ゆったりとした動きなので誤解しちゃうのですが、あの動きには防御と攻撃の型が詰まっているんですヨ。ナメてかかると、結構筋肉痛になったります(笑)

二つめは茶畑のシーン。太極拳のシーンの後に、爺爺がチアシュンを連れて、付近の美しい風景を見せながら哲学的なことを言います。あの茶畑を見て、実家の静岡を思い出しました。昔、実家の静岡の家の前はぜんぶ茶畑でした。日本も台湾も茶の文化は共通です。同じ茶畑の風景を愛でる感性を持っている国なんだよなぁ~と感慨深く。台北だけしか行ったことがないとわからないものですが、台湾の田舎には、日本人にも懐かしい、こういった原風景が残っているものです。

このドラマ、台湾の田園風景が美しいので、そういったところもお楽しみ下さい。

「五月に降る雪」のセルDVDには、ロケ地をめぐる観光ガイドブックが封入されていますので、これはお役立ちです!小さな写真集のような感じなので、ケン・チュウ&ミシェル・チェンのファンの方にはタマラナイ一品になると思いますよ~

では、また来週!

2012年10月10日 (水)

今夜23:00~BS日テレで放送の台湾ドラマ「五月に降る雪」第2話、冒頭5分のティンタンのセリフに注目!

さあ、今夜は台湾ドラマ「五月に降る雪」第2話@BS日テレです!

(朝10:00にBSジャパンで「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)」、夜に「五月に降る雪」と、水曜日は弊社作品のオンエア・チェックで忙しい~汗)

さて、先週の第1話はお楽しみ頂けましたでしょうか?

第1話の冒頭10分も大事でしたが、本日の第2話の冒頭5分も大事になります。

この2つを逃すと最終回のエンディングが意味不明に・・・

夜23:00前になったら、テレビの前にスタンバイしていて下さいね!

ティンタンのセリフに注目です。

では。

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 三つの見どころ

本日の「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)第3話放送いかがでしたでしょうか?

全35話のうち、まだまだ序盤戦ですが、康熙帝(こうきてい)の登場で、これからどんどん面白くなって行きますヨ。

さて、このドラマには大きく言って、3つの見どころがあります:1)タイムスリップの要素、2)若曦(じゃくぎ)とイケメン皇子たちとの恋愛関係、3)王位継承をめぐる皇子たちの権力闘争

1)のタイムスリップに関しては、「バック・トゥー・ザ・フーチャー」や「JIN」に代表されるように老若男女楽しめる要素です。

第1話を見逃した方でも、第2話以降はドラマの冒頭30秒には、第1話でジャクギがタイムスリップした映像解説がありますので、それを御参考に!

歴女のジャクギは皇子たちの行く末を知っています。ドラマの前半戦は明るくコミカルな演出で仲のよい皇子たちという印象ですが、後半戦は涙・涙になって来ます。トーンの変化をお楽しみ下さい。

最終回の第35話、ジャクギは現代に帰って来れるんでしょうか?最後まで見逃せません。

2)のイケメン皇子たちとの恋愛関係ですが、本日の第3話まではジャクギと第10皇子を軸に動いていましたが、彼は別の女性と婚姻することになりました。

第4話以降は、第8皇子・第4皇子・第14皇子との関係に注目していて下さい。平安朝の光源氏の逆バージョンと言った感じでしょうか。少女漫画的要素でもあると思いますので、女性にウケる要素かと思います。特に腐女子の方(笑)

3)の王位継承をめぐる皇子たちの権力闘争ですが、これはジャクギが入宮してから面白くなって行きます。特に、現在の皇太子が廃位されるあたりと、康熙帝が崩御されるあたりのエピソードは必見。俄然面白さが増して来ます。権力闘争は男性視聴者にアピールする要素かと思います。

誰が次期皇帝になるのか?すでに歴史の答えは出ているのですが、そんなことを忘れさせてくれるぐらい惹きつけられる演出になっています。

ということで、老若男女だれでも楽しめる要素が満載の本ドラマ。最後まで御覧になれば、なぜ中華圏であれだけ大ブレイクしたのかがわかりますよ!

本ドラマに関わって下さっている日本語字幕制作スタッフの方々、局やビデオ会社のスタッフの方々、知人・友人が次々にハマって下さっているのをみて、したり顔の私(笑)

ドラマはこれからどんどん面白くなりますし、冒頭に解説映像が入っていますので、途中から鑑賞されても全然楽しめます!先ずは偏見なしに軽い気持ちで御覧になってみて下さい。

BSジャパン、月曜~木曜の毎10:00AMです。

詳しくは公式サイトを ⇒ http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/

では、明日の放送もお楽しみに下さい!

2012年10月 9日 (火)

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 日本語字幕制作の進捗状況

皆さま、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)の日本初放送、お楽しみ頂いておりますでしょうか?

本日は第2話の放送でした。

月曜~木曜の毎10:00AMからの放送ですので、お見逃しなく!

さて、御覧いただいている日本語字幕版ですが、現在のところ、仮MIX作業が第24話まで、BS放送用カット編集作業が第20話まで進んでいます。

今回、弊社としては初めて中国歴史ドラマに挑戦しておりますので、日本語字幕には非常に神経を使っております。

現代もののラブコメ作品とは違って、歴史用語(名前、官位、地名など)や宮廷用語が多く出てきますので、翻訳自体に時間がかかりますし、チェックにも時間がかかっています。

第1話、第2話を御覧になられた方は既にお気づきのように、このドラマには、官位や背景などを説明する”解説字幕”を縦表示で付けております。

通常のセリフは”横”表示で、解説字幕や歌詞字幕は”縦”表示で付けておりますので、視聴者の方には視点移動で御負担をおかけしてしまいますが、ドラマをよりよく理解するためには必要な情報ですので、ご理解くださればと思います。

このドラマを観終わった頃には、皆さん、中国清朝最盛期の歴史事情にお詳しくなられていることでしょう(笑)

それでは明日からの放送もお楽しみ下さい!

「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) 第2話放送より冒頭30秒に解説映像が入ります

第1話を見逃した方への解説映像となります:

「歴史好きな平凡な女性、張暁(チョウショウ)は

ある日突然タイムスリップしてしまう。

そこは康熙帝(こうきてい)が支配する18世紀の中国。

宮廷女官 若曦(じゃくぎ)として新しい人生を始めた彼女と

王位を争う美しき9人の皇子。

彼らの運命を知る彼女の心は大きく揺れる。

歴史は変わるのか?

現代には帰れるのか?

宮廷女官 若曦(じゃくぎ)、お楽しみください」

2012年10月 8日 (月)

台湾ドラマ「あの日を乗り越えて」セルDVD、2013年1月に発売決定!

「アジアンパラダイスさんより」: http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/10/dvd20131-cc58.html

2012年10月 6日 (土)

「宮廷女官チャングムの誓い」から 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」へ

現在、テレビ東京で「宮廷女官チャングムの誓い」を放送してますよね~:

http://www.tv-tokyo.co.jp/changumu/

毎週月曜~金曜 朝8時25分~9時21分に放送しています。

自分、一時期チャングム・ジャンキー(中毒)だったことがあります(笑)

寝る間も惜しんでDVDを鑑賞していました。ただし中国語版ですけど。

中国語版は5回ぐらい観ているんですけど、実はオリジナル韓国語版は一度も見たことがない!だから、しばらくの間、役者本人たちの声を知らなかったくらいです・・・(笑)

そんなハマっていた時期に書いていたブログをご紹介します:

http://asien.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/_11__479e.html#comments

この期間、とっても中国語が上達しました。

やっぱり外国語はテレビドラマが一番の教材です。

映画はアクション・シーンとかで台詞がない部分も多いですが、テレビドラマは台詞が満載!

自分は英語の勉強の時も、「ファミリー・タイズ」など台詞の多いドラマを使ってトレーニングしてました (^-^;

語学の学習は”楽習”(ガクシュウ)が一番。楽しみながら習得するのが長続きする秘訣です。

強いて勉める”勉強”は長続きしませんねー。

中国語を習得されたい方は、ぜひ中国/台湾ドラマで”楽習”を!

アメリカ英語のようにカジュアルな中国語を目指されたい方は台湾ドラマを、イギリス英語のように格式高い中国語を目指されたい方は中国ドラマを教材にされたらいいと思います。

自分は、英語も中国語もカジュアル派ですが、現在は、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ) 」の日本語字幕チェックをしながら格式高い中国語を体得して行っております(笑)

「チャングム」の時に体得していた中国語の宮廷コトバが役に立っていますヨ。

中国語を勉強されている方は、来週月曜日からの放送を録画して、毎日反復楽習して下さいね~!

では。

2012年10月 5日 (金)

あの大ヒット歴史ドラマ「歩歩驚心」が日本上陸!10月8日から放送開始 すでに続編の製作も決定!

わーお!

中華系のメディア(25日付で新浪娯楽)でニュースとして紹介されています:

http://www.insightchina.jp/newscns/2012/10/05/81871/

中国ドラマ 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心) いよいよ来週10月8日(月)より日本”初”放送スタート!

_dsc173346

明日から三連休ですね!

|

行楽の季節、どこかにお出かけになる方も多いと思いますが、最終日は家でゆっくりして下さいネ!

|

連休最終日の8日(月)10:00AMより、いよいよ「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」の日本”初”放送がスタートします。午前中はゆっくりとドラマを鑑賞して、お昼からお出かけして下さい(笑)

|

BSジャパンさんの番組HPを先ほど拝見したところ、Facebookの「イイね」ボタンが[539]になっていました:http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/

|

さて、実はこのドラマ、日中国交正常化40周年x弊社5周年記念用にと弊社が買い付けていた作品でして、40周年当日の9月29日~国慶節ホリデーの時期に日本でお目見えさせようと企画していたのですが、現在日中関係がこのような状態になってしまって非常に残念に思っております。

|

ドラマは各国の“今”を反映する鏡です。中国のみならず台湾でも大ヒットした「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」(原題:歩歩驚心)を御覧になれば、視聴者の方はいろいろな発見があると思います。

|

一般の方の中華ドラマに対するイメージは「ダサい」ということになるかと思いますが、実はここ数年で相当に進化しております。まだまだ玉石混交ではありますが、この作品は飛び抜けていまして、その証拠に、今年のソウル・ドラマ・アワード2012で2冠に輝いています。「宮廷女官チャングム」の韓国も認めたドラマ・クオリティです。

|

先ずは偏見なしに第一話をご鑑賞くださればと思います。

|

ドラマが相互文化理解の一助になることを祈っております。

|

10月8日(月)10:00AM、BSジャパンで放送開始。どうぞ御期待ください。

2012年10月 4日 (木)

「台湾エンタメパラダイスvol.3」 10月19日に発売!

アジアンパラダイスさんより:http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/10/vol31019-7f78.html

台湾ドラマ 「五月に降る雪」 第1話 @BS日テレ、オンエア・チェック

さあ、今夜からBS日テレ水曜23:00枠で放送が始まりました台湾ドラマ「五月に降る雪」、初回放送は如何だったでしょうか?

昨日のブログでお知らせしましたように、最初の10分を見逃さずに頭にインプットできましたか?

( ̄ー ̄)ニヤリ

最初の10分を頭にしっかりとインプットしておかないと、最終回のエンディングが理解できなくなっちゃいますからね!!!

詳しくは昨日のブログをもう一度ご一読くだされ!⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-a3c3.html

では、最終回への放送に向けて、アジア・リパブリックより皆さんに問題です:

~台湾ドラマ「五月に降る雪」の最終回エンディングでティンタンと結ばれるのは誰か?作者の意図を考慮して、以下の選択肢から最も適切なものに○をしてください~

 1)アータイ

 2)チアシュン

 3)アータイとチアシュンの両方

 4)アータイとチアシュンのどちらでもない

視聴者の皆さんの正解回答率が100%になることを祈っております!(笑)

来週の第2話冒頭の5分にもヒントが隠されていますので、お見逃しなく!

ではまた来週~♪

2012年10月 3日 (水)

張孝全(ジョセフ・チャン)代表台灣 爭金馬影帝

聯合報より: http://udn.com/NEWS/BREAKINGNEWS/BREAKINGNEWS8/7404054.shtml

「最後はキミを好きになる!」主演のジョセフ・チャン(張孝全)は今や台湾映画界の”影帝”と呼ばれるまでになりました!

2012年10月 2日 (火)

第四十九回金馬獎ノミネート発表! 【追記アリ】

「アジアンパラダイス」さんより:http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2012/10/post-7230.html#more

「最後はキミを好きになる!」主演のジョセフ・チャン(張孝全)が最新映画「女朋友。男朋友」で最優秀主演男優賞にノミネート!

やっぱり彼は演技が上手い!ホンモノの役者です。

「最キミ」のコメディ演技も見事でした。

【追記】

彼は今や台湾映画界の”影帝”と呼ばれてるんですよ~: http://udn.com/NEWS/BREAKINGNEWS/BREAKINGNEWS8/7404054.shtml (聯合報より)

「最キミ」ではリッキーが中華映画界の”影帝”という役でしたが、今やジョセフ・チャンが本物の”影帝”になりました!(笑)

「ハートに命中100%」、「敗犬女王」、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」主演のイーサン・ルァンが2010年の金馬奨で最優秀主演男優賞に輝いていますが、ジョセフ・チャンにも受賞して欲しいものです!

台湾ドラマ 「五月に降る雪」、いよいよ明日10月3日(水)からBS日テレで放送開始!

ケン・チュウ ファンの方、ミシェル・チェン ファンの方、そして、台湾ドラマ ファンの方々、お待たせ致しました!明日23:00より台湾ドラマ「五月に降る雪」がBS日テレで放送開始デス。

このドラマをご覧になる方に御注意!

最初の10分は絶対に見逃さないで下さい!

最初の10分の背景説明の台詞と映像を頭に刷り込んでおかないと最終回の結末が理解できなくなります!

小学校、中学校の国語の試験でよくこういった問題がありましたでしょ?「この作者が言わんとしていることは何か?以下の4つの選択肢のうち、最も適切と思われるものに○を付けよ」

大体において、作者の意図・主張は文章の最初か最後に書かれています。「五月に降る雪」の場合、最初の10分が肝心です。

作者が訴えたいこと、このドラマのテーマは「油桐花(ヨウトンフア)の愛の伝説」です。

キーになるのは、爺爺の台詞です。イケメンだからと言って、主役のケン・チュウの顔にウットリしていて、爺爺の台詞を素っ飛ばしてドラマを見ていると、作者の主張を見失います。

全話にわたって爺爺の会話・爺爺さんに関する説明を注意して聞いていれば、最終回のエンディング・シーンで迷うことはありません。

では、ここで問題です(笑)

~台湾ドラマ「五月に降る雪」の最終回エンディングでティンタンと結ばれるのは誰か?作者の意図を考慮して、以下の選択肢から最も適切なものに○をしてください~

1)アータイ

2)チアシュン

3)アータイとチアシュンの両方

4)アータイとチアシュンのどちらでもない

ヒント1:爺爺が諭していた「待つことは幸せ」は、ティンタンの場合、誰になるか?

ヒント2:油桐花(ヨウトンフア)の愛の伝説に言われている「別れた恋人たちが・・・」は、ティンタンと誰を指すか?

最後に、”台湾映画”の手法についてもお話しておきたいと思います。台湾映画をよく御覧になっている方は慣れてらっしゃると思いますが、台湾映画って結論をハッキリ言わずに余韻を残して劇終し、結論を観客に想像させるというやり方が美徳とされていた時代があります。(実はコレ、昔の日本映画の名作の影響)

現在の台湾のテレビドラマは、台湾映画界で修業して来た監督たちが活躍していることが多く、映画的にテレビドラマを構成するのを好む監督もいらっしゃいます。

「五月に降る雪」は正にそんな手法で作られていまして、映画的な映像美、映画的なエンディングになっています。視聴者は監督からのメッセージを受け取って、解読する作業が必要になります。

このような背景やヒントがわかれば、さきほどの4つの選択肢の答えは自ずと見えて来ることでしょう。

国語の授業が苦手だった人も、ドラマを鑑賞しながら監督との対話を楽しんでみて下さいね!

では、明日、BS日テレ23:00~23:10の10分間は目を皿のようにして御鑑賞アレ!!

o(*^▽^*)o

2012年10月 1日 (月)

この秋は華流ムック三昧!

◆「台湾エンタメパラダイス Vol. 3」

http://www.kinejun.com/book/detail/tabid/89/pdid/978-4-87376-769-7/catid/8/Default.aspx

http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%A1%E3%83%91%E3%83%A9%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%B9-vol-3/dp/4873767695/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1349062062&sr=1-1

◆「A-Bloom Vol.16」

http://www.amazon.co.jp/A-Bloom-%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%A0-Vol-16-2012%E5%B9%B4-11%E6%9C%88%E5%8F%B7/dp/B009GKA1EA/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1349061798&sr=1-1

◆「華流スタードラマ&オールカタログ」

http://www.amazon.co.jp/%E8%8F%AF%E6%B5%81%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%82%B0-%E8%91%97%E8%80%85%E8%A1%A8%E7%A4%BA%E3%81%AA%E3%81%97-%E3%83%BB%E7%B7%A8%E3%81%AA%E3%81%A9/dp/toc/4048990888

10月のアジア・リパブリック: 「五月に降る雪」@BS日テレ、「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」@BSジャパン

10月になりました!東京は台風一過、快晴です。

早いもので今年も残すところ3ヵ月のみ!時間過得真快。

さて、10月のアジア・リパブリックの目玉は↓↓↓

◆台湾ドラマ 「五月に降る雪」10月3日(水)BS日テレ放送開始!(毎週水曜日23:00~

 オフィシャル・サイト⇒ http://www.bs4.jp/drama/gogatsu/

◆中国ドラマ 「宮廷女官 若曦(じゃくぎ)」10月8日(月)BSジャパン放送開始!(毎週月~木10:00

 オフィシャル・サイト⇒ http://www.bs-j.co.jp/jyakugi/

どちらもアジア・リパブリック5周年を記念する大切な作品です。どうぞお楽しみに!

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック