フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 台湾ラブコメの金字塔 「ハートに命中100%」、幻の第39話が6月12日にホームドラマチャンネルで”初”放送!! | トップページ | 「晴れのち女神が微笑んで」 マイク・ハー来日インタビュー記事(3) »

2012年6月 8日 (金)

「広がりゆく台湾ドラマの今日」(交流 2012.3 No.852より)

台湾ドラマの現況に関してよく書かれた論説がありましたので、御参考までに。台湾ドラマに関わる仕事をしている人間にとっては割と常識的な内容だと思いますが、逆に知らないとモグリです(笑)

論説本文はこちら⇒ http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/15aef977a6d6761f49256de4002084ae/f1252464ed5760474925787d000a8b87/$FILE/03-05.pdf

ただ、一箇所ミスリーディングする箇所があったので指摘させて頂きます。

P.34左下段に書かれている「晴れのちボクらは恋をする~幸福最晴天」のクダリですが、これでは如何にも「晴れ恋」の台湾での視聴率がメチャクチャ悪かったという印象を持たれてしまうかもしれませんが、事実は違います。

「晴れ恋」の台湾での平均視聴率は、同じページの直前に書かれている香港や韓国との合作ドラマ「真的漢子」、「翻糖花園」、「スキップビート」、「ハヤテのごとく」よりも上を行っています。

上記4作品は台湾での放送が”初”放送だったのに対し、「晴れ恋」は中国大陸で先行放送⇒ネットで映像が流出というハンディを追いながらも、視聴率的には1%台後半を取っています。

昨今、1%割れを起こしているドラマに比べたら、ハンディを負いながらも、かなり健闘したと思います。

同様な例としては、「君には絶対恋してない!」がありますが、こちらも台湾の放送前に中国大陸からネットで全話が流出してしまうというハンディを負いましたが、台湾での平均視聴率は3%を超えていました。

要するに、ネットで映像流出というデメリットもありますが、内容が良いドラマであれば、逆に宣伝効果となるメリットもあるということです。(もちろん、内容が悪ければ、ネットでの口コミによって、そのまま視聴率は悪いでしょうし、そもそも台湾での放送も見送られてしまうことになるでしょう)

以上。

« 台湾ラブコメの金字塔 「ハートに命中100%」、幻の第39話が6月12日にホームドラマチャンネルで”初”放送!! | トップページ | 「晴れのち女神が微笑んで」 マイク・ハー来日インタビュー記事(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/45576359

この記事へのトラックバック一覧です: 「広がりゆく台湾ドラマの今日」(交流 2012.3 No.852より):

« 台湾ラブコメの金字塔 「ハートに命中100%」、幻の第39話が6月12日にホームドラマチャンネルで”初”放送!! | トップページ | 「晴れのち女神が微笑んで」 マイク・ハー来日インタビュー記事(3) »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック