フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月30日 (水)

台湾ドラマ 「美楽加油」 邦題決定 ⇒     「晴れのち女神が微笑んで」 追記アリ

マイク・ハー&シンディ・ワン主演の台湾ドラマ 「美楽加油」 の邦題が決定しました!

    「晴れのち女神が微笑んで」

です。

- 「晴れのち」は天気の晴れではなくて、「主人公の美楽(メイラー)の心が晴れて」の意味です。美楽が三人の男性の間で揺れ動いた後に心が固まって、という意味です。

- 「女神」は主人公の美楽(メイラー)のことです。「美楽」という名前を邦題に入れるのは難かしいので「女神」としました。

- 「微笑んで」は主人公の美楽(メイラー)の存在が周囲を明るくする、美楽が笑うと周りを幸せにする、という意味です。このドラマのテーマでもあります。


「晴れのちボクらは恋をする」ともども可愛がってやって下さいまし!

「晴れ恋」「晴れ女」、お楽しみに!

[追記] *「晴れ女」は 「はれじょ」と呼んで下され!


ちなみに、ワタシは「晴れ男」(笑)。

もう一つちなみに、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」もヨロシクお願いします(笑)。

DVD、絶賛発売中です⇒ http://www.amuse-s-e.co.jp/kenting/


2011年11月27日 (日)

第48回 金馬奨 授賞式 結果速報 (2)

台湾現地は、今日も朝から金馬奨授賞式のニュースで盛り上がっています。

新聞各紙のTOPも金馬奨関連の写真が大きく飾っています。

台湾メディアの注目は、「セデック・バレ」「あの頃、君を追いかけた」がどれだけ賞を獲得できるか?にあったようですが、結果としては、香港映画の「桃姐」が最優秀監督賞(アン・ホイ)、最優秀主演男優賞(アンディ・ラウ)、最優秀主演女優賞(葉德嫻)の主要部門をかっさらって行きました。

彼らの受賞発表時に会場では大きな拍手が上がっていましたので、概ね肯定的だったのだと思います。特に、アンディ・ラウの受賞時には、会場から黄色い声が!大歓声でした。そもそも、セレモニー開始時にアンディ・ラウが会場入りした時点から会場がソワソワした感じになっていました。

昨日のセレモニーでは、各処各処で映画の主題曲(今年のノミネート作品だけでなく過去の名作を含む)のライブが行われ、贅沢な一時でした。個人的には「あの頃、君を追いかけた」のエンディング・テーマの時にはジーンとしました。(OST買おっ!笑)

金馬奨授賞式のプレスルームでセレモニーを取材したことはありましたが、会場でセレモニーをまじまじと見るのは初めての経験だったので、会場の空気感を掴めたのは貴重でした。やっぱり違います。

司会者のエリック・ツァン親子(この親子の掛け合い漫才のような司会は面白かった!)が言っていたように、今年は台湾映画にとって豊かな一年でした。台湾映画の躍進を感じた昨晩の授賞式でした。

第48回 金馬奨 授賞式 結果速報

http://www.goldenhorse.org.tw/ui/index.php?class=ghac&func=nw

馬のマークがついているのが受賞です。

主要部門において台湾勢は、「セデックバレ」が最優秀作品賞・最優秀助演男優賞、「あの頃、君を追いかけた」のコー・チェントンが新人賞を獲得した以外は、残念賞、、、

期待していた九把刀の新人監督賞、エディ・ポンの最優秀主演男優賞、ミシェル・チェンの最優秀主演女優賞の受賞は実現しませんでした。

全体としては、大陸・香港・台湾作品をバランスよく受賞させた政治的配慮か?とも思える印象でした。

プレゼンターとしてチェン・ボーリンと宮崎あおいさんが登壇して、中国語と日本語でやり取りする姿は面白かったです。「藍色大門」の話で盛り上がりました。

チェン・ボーリンが宮崎あおいさんを優しくリードしている姿が好印象。

2011年11月25日 (金)

台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) 第23話・第24話 日本語字幕仮MIXチェック

「最キミ」日本語字幕作業も、全30話のうち第24話まで来ました!

リン・シャオルーの元彼レン・イーシャンの結婚式や、シャオルーの母親探しが出て来るエピソードです。

今回も、大声でゲラゲラ笑いながら字幕チェックしてました(笑)

ホント面白い。

中国語字幕で観ていた時よりも細部がわかって、更に面白いです。

12月2日(金)~DATVさんで【追っかけ放送】がスタートします。

見逃した方はぜひこの機会に!

明日は金馬奨授賞式!

11月26日(土)、いよいよ明日、金馬奨授賞式です。

今年は台湾の北西部の町”新竹”でセレモニーが行われます。

”新竹”といえば台湾映画 『九月に降る風』 の舞台です。

ノミネート作品一覧はこちら⇒ http://www.goldenhorse.org.tw/ui/index.php?class=ghac&func=nw


個人的に注目しているのは、台湾映画「セデック・バレ」、「あの頃、君を追いかけた」、「翻滾吧!阿信」がどのくらい受賞できるか?

昨今の台湾映画の勢いの良さが伺えると思います。

台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 【追っかけ放送】 @DATV 12月2日(金)よりスタート!!

http://datv.jp/p000311/

台湾で話題沸騰のドラマが早くも日本初放送!極上のラブ・コメディ!

◆放送日: 12月2日スタート

◆(金)15:30~(2話連続)

◆放送回数: 全30話

◆日本語字幕版

ただでさえテンポが良くて面白いドラマなので、2話連続だと更に!

年末年始は大いに笑って下さい!

2011年11月23日 (水)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 第21話 @BS日テレ オンエア・チェック

勤労感謝の祝日を締めくくるのは、やっぱりコレ!

「晴れ恋」第21話「幸せへの入口」、いかがだったでしょうか?

ユンチエの前妻ワン・ランは、ナント車椅子の姿に。。。

一方、ヨンヨンとユンチャオが昔ペンフレンドだったとは!!

ドラマッチックですよね(笑)。

遊園地のシーンが愛らしかったです。

ヨンヨンとシャオニエンがユンチエを追って大陸へ。

デザート作りのシーン、丁寧に撮影されていましたね。美味しそうでした。

マイク・ハーのファンの方々にとってはお風呂のシーンが良かったですかね。

最後にヨンヨンがスーパー・マーケットでワン・ランの車椅子姿を目撃してしまいます。


さて、本日の小ネタは・・・う~ん、苦しい(笑)強いて言うと、ユンチエがヨンヨンのために買った大陸のコンドミニアムから見える風景、かなっ(汗)。

昼間の風景が2回、夜の風景が1回出て来たのですが、高級コンドミニアムのベランダから見えるのは海と島、そして遠景に半島。これは恐らくアモイの海岸線かと。

大陸の不動産バブリーな様子が垣間見えますね。


さて、来週の第22話は波乱が待ちうけています!お見逃しなく!
放送開始時間が30分遅くなりますので録画の方、御注意を!

ではでは、来週もお楽しみに。

2011年11月21日 (月)

マイク・ハー主演 「美楽加油」、第1話・第2話素材落としチェック

先週木曜日にやーっと、やーっと到着した「美楽加油」のマスターですが、編集スタジオさんが第1話・第2話を早速DVDに落として送って来て下さいました。

いや~、さすがHDマスター、映像がキレイです。

パソコンで映像確認していた時には粗い映像だったのですが、はっきりクッキリで!

年末~年始、忙しくなりそうです。

2011年11月17日 (木)

マイク・ハー主演 「美楽加油」、マスター到着~♪

や~っと、や~っと、マスターが届きました。

首を長くして待っていました!

台湾で放送されたバージョンは90分版x13話でしたが、日本は60分版(正味46分前後)x22話のフォーマットになります。

HDフォーマットです!

台湾の放送って、HDで制作しても、放送自体はまだSDなんですよねぇ。もったいない。

なので、デジタル放送に移行した日本の方がHDで制作されたドラマの恩恵を受けるんですよね。


マイク・ハーのファンの方々、「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」で台湾ドラマに目覚めた方! 「晴れ恋」の後はコレですゾ!

なんてったって、台湾で「晴れ恋」の視聴率を上回る数字を叩き出した「美楽加油」です!

来年春、乞う御期待!

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 第20話 @BS日テレ オンエア・チェック

本日も定刻通り始まりました「晴れ恋」。

第20話「嵐の予感」、いかがだったでしょうか?

もう20話まで来たんですね~!!あと5話のみです!


弟に社長の座を譲われたユンチエ。

でも健気に弟を陰ながら支えようとします(涙)

前妻のワン・ランに会うために再び中国に渡ります。


さて、本日の小ネタは台湾の桃園空港と松山空港。

以前、日本から台北入りする飛行機は台北”郊外”にある桃園空港を使用していました。

台北から車で40分以上もかかる場所にあります。

第20話の最後の方でユンチエが中国に向かうシーンで使われていたのは桃園空港です。

近代的なビルで、よくドラマの撮影で使われてます。

でも、昨年の10月からは、東京羽田便に関しては台北”市内”にある松山空港が利用されています。

台北市のど真ん中にあり、空港からタクシーで5分も乗れば台北の繁華街に行けます。

交通的にはとても便利なのですが、免税店が不十分で、ビル自体も古く、ドラマの撮影には適していません。

で、今日は、ドラマの映像にトリックがありました。

ユンチエが出発したのは桃園空港だったのですが、離陸した上空の飛行機を映したシーンは松山空港付近のものでした(笑)。というのは、桃園空港から出発する飛行機は101タワーの付近を飛行することはないからです。


では、また来週!

残り5話、怒涛のごとく物語が進行して行きますゾ!

クリスマスの時期に素敵な最終回を迎えることになりますんで、引き続きお楽しみに!

2011年11月14日 (月)

台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) 第21話・第22話 日本語字幕仮MIXチェック

「最キミ」第21話&22話!

チエシウとシャオルーの掛け合いが面白すぎ!

台湾の偶像劇で、ここまでセリフの面白いドラマがあったでしょうか ??

しかも、演技のうまい役者によって、セリフが生きています。

というか、この二人だからこそセリフが余計に引き立っています。

脚本家も冥利に尽きるというもの。

かなり早口でセリフをまくしたてているので、中国語上級会話の教材としてもいいかも(笑)。

「最キミ」は、リゾート・ホテルのエピソードからは、ひたすらチエシウとシャオルーが様々な出来ごとを通して、愛情を育んでいくエピソードが続きますが、回を重ねるにしたがって、本当の恋人に見えて来るくらい、あうんの呼吸が取れて行ってます。

よい脚本に、よい演出、そして、それらを実現化する俳優の名演技が揃って最高のドラマが出来上ります。

「最キミ」は三拍子揃った名ドラマです!ぜひ御鑑賞を!

2011年11月10日 (木)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 第19話 @BS日テレ オンエア・チェック

昨晩は用事があってリアルタイム視聴ができず、本日午前に録画チェック。

第19話「シャン家に嫁ぐ日」、如何だったでしょうか?

ヨンヨンが涙して実父と語り合うシーン、シャン家に嫁いで行くシーンはグッと来るものがありました。

シンデレラです。


さて、今日の小ネタは中華圏の結婚式。

紅色、爆竹、親への挨拶・・・

中華圏では”紅色”が一番縁起の良い色。太陽、火の象徴と言われ、邪を払うという意味でも祝い事には紅色がつきもの。

昔は、中華圏の花嫁は紅色の衣装を着るのが普通でしたが、西洋化の流れ中で、西洋式の白のウェディングドレスを着るケースも多くなって来ました。

でも、中華圏では”白色”はお葬式に着る喪服なので縁起が悪いとされていて、親の世代、お爺ちゃんお婆ちゃんの世代では眉をひそめがち。

シンガポールや台湾は中華圏の中でも西洋化が最も進んだ場所なので、白いウェディングドレスはフツーに見られますが、中国大陸の地方ではまだまだ伝統的な結婚式の方が好まれているようです。

春節(旧正月)の時に街じゅうを響き渡る”爆竹”は「邪を払う」という意味が込められています。目出度いことがある時は、お祝いするために邪を払います。我々外国人からすると、ただただウルサくて迷惑な騒音なんですけど、そういった意味が籠められています。旧正月の横浜中華街もウルサいですよ~(笑)初めて体験した時には心臓が止まるかと思いました(笑)

結婚の時の両親への挨拶は、新郎新婦が両親の前に跪いて行います。中華圏では、日本のように日常からおじぎをする、頭を下げるといった習慣が元々なく、結婚の時の親への挨拶の時ぐらい(でした)。それも、跪いて挨拶をするのですが、中華圏では、膝を地面につく「跪下」(クイシャー)というのは相手に平伏し絶対服従するという屈辱的な意味があるので、めったに行われる行為ではないんです(中国の時代劇ドラマを観ていると、勝ち方が負け方に屈辱的に跪かせているシーンをよく見かけます)。縦社会で親を敬う精神が生きている中華圏では、こうやって結婚式の時に跪くことで親への感謝を表しているようです。

では、来週もお楽しみに!


2011年11月 9日 (水)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 DVD Box 2 商品サンプル届く

発売元のアミューズソフトさんより、11月25日にリリースのDVD「晴れ恋」DVD Box 2の商品サンプルが届きました!

Harekoi_box2_h1

詳細はこちら⇒ http://www.amuse-s-e.co.jp/harekoi/

予約されている方、商品到着をお楽しみに!

まだ作品をご覧になられたことがない方、先ずはレンタルDVDで!


2011年11月 7日 (月)

『九月に降る風』トム・リン監督の最新作 『星空』 が中華圏で大注目!

SPACE ALC & アジアンパラダイスさんの記事より: http://china.alc.co.jp/culture/ouendan/2011/11/h10cj_1107star-5_1107star-6_love_1107star-7_1107star-8_1107star-9.html

今、台北の映画街=西門町は『星空』のデコレーションでいっぱい!

クリスマス・シーズンが近づいて来た今、とてもロマンチック&ファンタジックな雰囲気になっています。

『九月に降る風』(原題:九降風)のトム・リン監督、やはり逸材です。

私は彼の才能を信じています!!早く見たいゾ『星空』!

「週刊エコノミスト」2011/11/15 特大号 P.86-87 「コンテンツビジネス新時代~日台連携で狙う中国市場」に 弊社のコメント有り

本日発売の「週刊エコノミスト」2011/11/15 特大号:

http://mainichi.jp/enta/book/economist/

P.86-87の 「コンテンツビジネス新時代~日台連携で狙う中国市場」に 弊社のコメントが掲載されています。

「日本側の国際化が課題」の段落です。


2011年11月 3日 (木)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 第18話 @BS日テレ オンエア・チェック

本日も定刻通り始まりました「晴れ恋」。

第18話「1年後の約束」、いかがだったでしょうか?

ヨンヨンがシャオニエンの新ママであること、前妻にバレました。


さて、本日の小ネタは「パーフー」。孤児院の優しいお兄さんです。カラダが大きくって、シャオニエンも懐いています。

実はこの人、「晴れ恋」では俳優をやっているものの、本業はプロデューサー&監督さんなんです。しかも、御尊父がエンタメ業界の実力者。

9月のTaipei TV Festival の時に、とあるブースであるドラマのスクリーニングをしていたら、背後にどこかで見た人が!

カラダが大きいのですぐにわかりました。

「不好意思、幸福最晴天のパーフーですか?日本で幸福最晴天の配給をやっている会社の者ですが・・・」と声を掛けたら、驚いていました。

自分の手掛けた作品のスクリーニングをしてもらいたいから後で電話します・・・ナンテ言われまして、強い握手をして別れました。ついでに、オヤジさんとも握手して(笑)。

マーケットを歩いていると面白いサプライズがあるもんです。


それでは、また来週!

2011年11月 2日 (水)

ひかりTV特集: ”キスしたい唇 No.1”    超イケメン俳優 「マイク・ハー」 に迫る!

http://www.hikaritv.net/sp/mikehe/

↑↑↑プレゼントありますヨ

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 DVD Box 2 & 3 のパッケージ・デザイン

「晴れ恋」DVD発売元のアミューズソフトさんからジャケット写真が届きました:

◆Box2
Harekoi_box2_h1

◆Box3
Harekoi_box3_h1

台湾版のDVDとは全く違うデザインになっていますヨ

どうですか?


2011年11月 1日 (火)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 本日深夜より アジドラで再再放送開始~!

詳細はアジドラのHPにて:

http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/ad_SO0000002940.html

これでもか、これでもか、という感じの露出です(笑)

「晴れ恋」は再放送リクエストが多いとのことで嬉しい限りです。

台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) 第19話・第20話 日本語仮MIXチェック

11月になりました。今年も残すところあと2ヵ月。なんだかアッと言う間です。

「晴れ恋」の方が一段落して来ましたので、「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你)、それから新作の「美楽加油」に注力しています。


「最キミ」第19話・20話仮MIX、相変わらず面白い!

チエシウの母サマンサの登場で、シャオルー⇔チエシウ⇔アイウェイの三角関係はどっちの方向に動くのか?!

毎回毎回何かが起こるので目が離せないです。

大いに笑って、最後にホロっと。。。

多くの皆さんに御覧になって頂きたいです。

心温まること間違いなしです。

お楽しみに~

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック