フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« S&Pが米国債を1段階格下げ | トップページ | 台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) 台湾での第17話放送で号泣! [追記アリ] »

2011年8月 7日 (日)

台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) レイニー・ヤンとトム・プライスが 中華圏のバレンタイン・デー(情人節)に ドラマPRイベント!

皆さん~、中華圏にはバレンタイン・デーが1年に2回あることは御存知でしたか?

中華圏で”元祖”バレンタイン・デーと言えば、旧暦(農暦)7月7日の七夕に祝われる”情人節”(チンレン・チエ)。

今年は、昨日の8月6日(土)がその”情人節”でした。

日本でも有名な織姫と彦星の七夕伝説が由来で、中華圏の若い男女にとってロマンチックな節句でした。

でも、現在は、欧米⇒日本⇒台湾・香港⇒中華圏で広がった、2月のバレンタイン・デー”情人節”の方が若者の間ではメジャー化しています。特に台湾は日本の影響が強く、チョコレートやスイーツでお祝いするスタイルが浸透しています。

ちなみに、起源のヨーロッパでは、バレンタイン・デーに女性が男性にチョコレートを贈るなんてことはそもそもやっておらず、日本の商業主義の中で生まれた習慣です(笑)。

さて、昨日の情人節、台湾の台中で、レイニー・ヤントム・プライスが出席した「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你)(以下「最キミ」)のイベントが行われました:

聯合報より⇒ http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT7/6510630.shtml

中国大陸の安徽衛視の”幸福三部作”の第3弾作品「幸福三顆星」の記事と一緒になっちゃっていますが、こちらはこちらで、第2弾作品の「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」(以下「晴れ恋」)主演のマイク・ハーや第1弾作品の「幸福一定強」主演のミンタオがゲスト出演するということで話題になっています(「晴れ恋」は弊社配給作品)。「幸福三顆星」は、「PS男」のラン・ジェンロンと「敗犬女王」のシェリル・ヤンが主演のシリーズ最新作です。

ま、そっちはおいといて(笑)、「最キミ」の方は、今夜台湾で第17話が、来週14日(日)に最終回の第18話が放送ということで、番組宣伝の方もピークを迎えています。

レイニー・ヤンはデビュー10周年のニュー・アルバムも絶好調。

歌手としての音楽活動も、女優としての芸能活動も順風満帆です。

ただ、今週木曜日に台湾で放送開始になった話題の「陽光天使」の初回視聴率は1%未満と残念な結果に。。。予想されていたことではありますが、大陸との例の問題が大きく響いてしまっているようです、、、

台湾では、「陽光天使」といい、「拝金女王」といい、注目の大プロジェクトが次々と予想外の結果となってしまっています。。。大規模予算で制作されたドラマが視聴率1%未満の結果となるとビジネス的には相当厳しい、、、

さて、「最キミ」のイベントにレイニーと一緒に参加していた西洋顔のこのイケメン俳優さんはトム・プライスという香港出身の俳優さんです:

B28j2649

「最キミ」 の中で、香港映画界の”影帝”リッキー役として出演しています。

ティファニー・シュー演じるアイウェイと恋仲になって行くキャラクターです。

アイウェイは好きだった男性=チエシウ(ジョセフ・チャン)に振られ、自暴自棄になりそうだったところをリッキーが暖かく支えて行きます。

韓国ドラマ「私の名前はキム・サムソン」のダニエル・ヘニーのような立ち位置でしょうか?

ダニエル・ヘニー演じるヘンリー・キムがチョン・リョンウォン演じるユ・ヒジンの心の支えになって行ったように。

ともに西洋顔、ともに韓国語・中国語がネイティブではないという点でも共通していますね(笑)。

「最キミ」 は「私の名前はキム・サムソン」のように大いに笑えるラブ・コメです。

韓国の極上のラブコメと台湾の極上のラブコメを見比べてみるのも面白いですよ!

「最キミ」は、「秋のコンチェルト」「晴れのちボクらは恋をする」「ハートに命中100%」を手掛けて来たアジア・リパブリックが自信をもってオススメできるS級作品です。

9月4日の日本上陸をお楽しみに!

放送概要はこちら(動画予告付き)⇒ http://datv.jp/p000267/


« S&Pが米国債を1段階格下げ | トップページ | 台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) 台湾での第17話放送で号泣! [追記アリ] »

映画・テレビ」カテゴリの記事

醉後決定愛上你」カテゴリの記事

コメント

トム・プライスさんって、確か昨年12月のアジア太平洋映画祭に、アンソニー・ウォンさんと一緒に台湾にお見えになられた方ですよね。しっかりチェック済ですよ。彼が出演と知って、もっと視聴意欲が沸いてきました(笑)
字幕のお仕事、頑張ってくださいね~!
楽しみにしてま~す!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/41117066

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) レイニー・ヤンとトム・プライスが 中華圏のバレンタイン・デー(情人節)に ドラマPRイベント!:

« S&Pが米国債を1段階格下げ | トップページ | 台湾ドラマ 「最後はキミを好きになる!」 (原題:醉後決定愛上你) 台湾での第17話放送で号泣! [追記アリ] »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック