フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 @BS日テレさんのHP オープン!!!

http://www.bs4.jp/drama/harekoi/

先ほどオープンしたばかりです!

BS日テレさんのHPデザイン、いつもながら素敵です。

「晴れ恋」いよいよ来週水曜日23:00より放送開始!

極上のラブコメをお楽しみアレ。

台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 主演の張孝全 (ジョセフ・チャン) 中華圏で大ブレイク!

聯合報より: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT7/6429327.shtml


台湾のみならず、シンガポールを含む中華圏で人気を博している 台湾ドラマ「醉後決定愛上你」。

主演女優のレイニー・ヤンのみならず、主演男優のジョセフ・チャン(張孝全)が中華圏でブレイクして来ています。

先週行われたシンガポールでのプロモーションでも二人は大人気!

現地での反応が凄まじかったので、予定を上回る「二場記者會 二場專訪 二場粉絲簽名會」のPR活動を行ったとのこと。

レイニー・ヤンの方は昨年某ドラマで金鐘奨の主演女優賞を獲得していますし、これまでもコンスタントにメディアに露出していましたが、ジョセフ・チャン(張孝全)の方は久々にホットになっている感じです。

「秋のコンチェルト」でヴァネス・ウーが再評価されたのと同じように、「醉後決定愛上你」でジョセフ・チャンが再評価されています。

特に今回は、彼のキャリアの中で初のラブコメ挑戦になり、新境地を開拓しています。

以前もお話しましたが、ちょうど「トリック」で阿部寛さんがコメディに初挑戦して大ブレイクしたのと同じような状況になっています。

それまで真面目で寡黙なイメージの役が多かった俳優でしたが、大ヒットしたコメディ・ラブコメに出演したことによってイメージが変わり、その後の人生、俳優キャリアが変わって行く・・・これは日本であっても台湾であっても同じなんですね。

そういえば、イーサン・ルァンも「ハートに命中100%」の大ヒットによって、その後の人生が変わりましたネ。

芸能界を辞めようとさえ思っていたイーサンが、「ハートに・・・」の成功がキッカケで、今や「金馬奨」主演男優賞まで受賞して台湾芸能界のトップに昇りつめています。

「醉後決定愛上你」は「ハートに命中100%」と同じ監督=陳銘章がメガホンを取っています。ジョセフ・チャン(張孝全)は第2のイーサンになるんじゃないでしょうか!?大注目です。

台湾映画 『台北24時』 (後編) オンエア・チェック

んげっ、今日は野球中継の延長のため放送が24:00~に変更・・・てか、これはタイトル名「台北24時」に合わせてのイキな計らい?てなわけはないと思いますが、「台北24時」の後編は夕方18:00~早朝6:00のエピソードなので、リアルな感じで、ちょうど良かったと言えばそうなのですが。。。

本日の短編4エピソードは、前編に比べて、より”台湾映画的”になっています・・・の意味、おわかりになられたかと思います。特に、一番最後の「自転」は!

さて、台北電影節に合わせた特別編成は本日で終わり、来週からはいよいよ台湾ドラマ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 の放送開始です!

どうぞお楽しみに!

2011年6月29日 (水)

台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 国際版マスター到着~♪

本日、国際版マスターが届きました!

クリエイティブ&場面写真データの入ったROMと「醉後」の小説版のサンプルも一緒に。

日本での秋の放送に向けて日本語字幕作業を急ピッチで進めます。

夏休み、返上かな~。

台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 レイニー・ヤンの挿入歌も 大人気!

聯合報より: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT6/6426763.shtml

6月24日(金)~「台北電影節」 開催中! ・・・ということで 台湾映画 『台北24時』 後編 (原題:台北異想) 今夜23:00~日本 ”初” 放送 @BS日テレ!!

http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/post-4067.html

アジアンパラダイスさんに2011台北電影節オープニングの記事が掲載されています ⇒ http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/06/2011-223d.html

今夜の「後編」は、かなり”台湾映画的”です。台湾通の方、御覧になれば、この”  ”の意味がわかりますよ~。

2011年6月28日 (火)

台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 オープニング主題歌 大人気!

http://www.libertytimes.com.tw/2011/new/jun/28/today-show8.htm

「醉後決定愛上你」 の主題歌、MP魔幻力量の「不按牌理出牌」が台湾で大ヒットしています!

2011年6月27日 (月)

台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 シンガポールでプロモーション中~(2)

聯合報より: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT2/6422267.shtml

シンガポール現地で酔っぱらって・・・(笑)

2011年6月26日 (日)

NHK-BSプレミア 「テンペスト」 ~ 1879年 琉球王国が消滅した日

昨晩22:00~深夜1:00、舞台で観たかったのに見逃していた 琉球ロマネスク 「テンペスト」 をNHK BSプレミアで鑑賞しました。

「トリック」組による舞台化~堤幸彦演出、仲間由紀恵、生瀬勝久、安田顕出演~ デジタル映像を取り入れた凝った舞台演出、華やかな琉球伝統衣装、民族舞踊~ 

3時間もある作品でしたが、まったく飽きずに最後まで食い入るように鑑賞できました。

仲間由紀恵さんの一人男女二役、西岡徳馬さんの一人5役、小役人の一人二役なども面白かったですが、なんと言っても、生瀬勝久さんの聞得大君(きこえおおきみ)の怪演が圧巻でした。

でも、最後まで惹きつけられたのは、舞台演出のうまさだけではなく、やはり池上永一さんの原作の魅力だと思います。

「テンペスト」を観ていて、あぁ~我々日本人は一般的に沖縄の歴史に疎すぎるよナと感じました。

琉球王国は1429年~1879年もの長きにわたって独立を維持していた王国だったのに、明治政府による1879年3月11日発布の「琉球処分」によって日本に吸収され、同年4月4日に沖縄県が設置されたことにより、完全に歴史から姿を消しました。本土の大和民族とは違う固有の言語と文化を持っていた琉球が消滅したのです。(1879・4・4、人は泣く、粛粛と)

東南アジアの政治地理学的に重要な位置を占めている琉球は、王国存続時は、中国大陸・日本・東南アジアを含む東アジア地域のヘソとして交易で栄えていましたが、最後は、中国の清と日本の徳川幕府下にあった薩摩の政治的圧力の間に挟まれつつ、ヨーロッパ列強の東アジア進出の波に呑まれて行きました。

ペリーの黒船が浦賀沖に現われる前には、琉球王国に立ち寄って、政治交渉をしていたことなどを認識している人は割と少ないと思います。

番組終了後に放映されていた「テンペストのふるさと」で、原作者の池上永一さんが、沖縄に住んでいる人でさえ、琉球王国が実際にどんなものだったのかを認識している人は少ないとおっしゃっていました。歴史が風化しているんですね。。。歴史は、その歴史を覚えている人がいなければ忘れられて風化してしまいます。

沖縄出身の池上さんは子供の頃から、今でも沖縄の生活の中に生きている三線やエイサーなど琉球王国の文化の断片的な記憶のかけらには触れていたものの、今回「テンペスト」を著わすことによって初めて、まるでジグソーパズルのように断片が線になって更に一つ大きな絵につながって行ったとおっしゃっていました。膨大で大変な作業だったかと思いますが、非常に意味のある仕事をされたと思います。(私が言うのも何ですが)

お陰様で、こうやって、あの時代の東アジアの歴史を再認識できるようになりましたし。

この「テンペスト」は、NHK-BSでドラマ化されることも決定されています:

http://www.nhk.or.jp/jidaigeki/tempest/

舞台化に際して割愛されてしまったエピソードも映像化されると思います。

21世紀の東アジア時代を読み解くヒントや、沖縄の米軍基地問題を読み解くヒントも隠れていると思います。

昨日の放送を見終わって、聞得大君(きこえおおきみ)が死に際に言い放った言葉が今でも不気味に頭の片隅に残っています:「日本は何十年後にアメリカに焼き払われ、アメリカに支配され、アメリカとともに滅びるのじゃ」と預言していました。

「アメリカに焼き払われ、支配され」は既に歴史が証明するところです。残りの「アメリカとともに滅びる」は正に現在進行中のことを言わんとしているのでしょう。第1次世界大戦後から続いていたアメリカの繁栄とヘゲモニーが21世紀に入って低下し始めるとともに、日本の世界における地位の地盤沈下が起こっています。

「テンペスト」は。純粋なエンタテインメントとして楽しめるだけではなく、いろいろ考えさせられるテーマを含んだ歴史大河ドラマです。7月のNHK-BSでのドラマ版の放送が楽しみです。

台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 シンガポールでプロモーション中~

聯合報より: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT1/6420879.shtml

「醉後決定愛上你」は既に11の国と地域に版権が売れていると書かれていますが、日本は弊社が配給いたします♪

そういえば、レイニー・ヤンとジョセフ・チャンは「極速伝説」で共演していましたね。このドラマ、結構よく出来ているのですが、日本ではDVD未発売となっています。カー・レースがテーマのドラマです。

2011年6月24日 (金)

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 DVD BOX ジャケット・デザイン

Kenting_box1

発売元・販売元:アミューズソフトエンタテインメント
(c) Public Television Foundation, Taiwan All Rights Reserved. 提供:アジア・リパブリック

夏は海!海がキレイな墾丁(ケンティン)のDVDジャケットです!

表4デザインはこちら↓
Kenting_box1_h4

カッコイイ~♪ シャレオツです。


2011年6月23日 (木)

台湾映画 『台北24時』 (前編) オンエア・チェック [追記アリ]

先ほどオンエアが終了しました。

いつもの台湾ドラマとは雰囲気の違う作品だったと思いますが、いかがでしたか?


今日は出演していた俳優についてちょこっと。

◆第1話「ステキな朝」

メーガン・ライと呉中天(ウー・チョンティエン)が実名出演していた他、「秋のコンチェルト」(以下、「秋コン」)のムーチェンの継母役&「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」(以下、「晴れ恋」)のヨンヨンが勤めていたホテルの客室係チーフ役の女優さんが屋台ベンダーの女将さんとして登場、最後に出て来たサングラスをして犬のぬいぐるみを抱いていたマダムは「晴れ恋」のヨンヨンの継母役。

それから、「ハートに命中100%」(以下、「命中」)ネタはわかりましたか?メーガン・ライと屋台ベンダーの女将の会話の中に出て来る”ジェイ”と”ジョー・チェン”のことです。”ジェイ”とは「命中」の中でイーサン・ルァンが演じていた社長役の名前、”ジョー・チェン”は「命中」のヒロインを演じていた女優の名前です。「ステキな朝」の中では、メーガン・ライがジョー・チェンと間違われたわけですが、「命中」は屋台のベンダーのおばさんが見ているほど台湾でメガ・ヒットした歴代視聴率No.1の台湾偶像劇です(2008年作品)。アミューズソフトさんからDVDがリリースされていますので、ぜひ御鑑賞アレ!大いに笑って大いに泣けます。


◆第2話「あの夏の小さな家出」

主演の男の子は、台湾映画『Orz Boys』のウソつき1号・2号の一人。


◆第3話「サマー・ヒート」

主演女優は「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」に出て来たレインの出版社の編集部スタッフ役。コンドームを持ってきたボーイは「敗犬女王」に出て来た雑誌社iFoundのシュアンの右腕カメラマン&台湾映画『海角七号』のバンドメンバーの一人。


◆第4話「昔の恋人」

主演の二人は言わずと知れた「秋コン」のトゥオイエ役とイーチエン役。


台湾ドラマでも御馴染みの面々が出ていたんですね~。チェックできましたか?

来週の『台北24時』(後編)もお楽しみに!

2011年6月22日 (水)

あっ、とうとう。。。

レコードチャイナさんより: http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52235&type=5

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 @アジドラHPの アクセス・ランキングNo.1に返り咲き!!

http://www.so-net.ne.jp/adtv/

↑↑↑の中段左にある「アクセスランキング」に注目!

なみいる韓国ドラマ勢を押さえて、再び堂々の第1位に!(6月10日に更新された5月のアクセス数集計です)

「秋のコンチェルト」に続き、韓国ドラマファンをも魅了した模様です。

スゴいぞ「晴れ恋」!

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 @アジドラでの再放送決定!!

http://www.so-net.ne.jp/adtv/info/index.html


↓↓↓アジドラさんのHPより抜粋:

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*.:*・゜

アジドラお楽しみアワー 放送番組第一弾決定のお知らせ!

現在、アジアドラマチックTVでは、7~9月の期間限定で災害による放送障害、計画停電等、やむを得ない理由で視聴できなかった方の再放送リクエストをお受け致します。

【現在放送決定分】

7/3(日) 深夜3:30~ 「晴れのちボクらは恋をする」#1

7月のアジドラお楽しみアワーは、再放送リクエストの最も多かった
台湾ドラマ「晴れのちボクらは恋をする」を
8月からの再放送を前に、先取りで数話分お届けします!!
是非ご覧下さいませ。

*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*・゜゜・*:.:*.:*・゜

「晴れ恋」、@アジドラで大変好評につき、8月~再放送決定!

6月24日(金)~「台北電影節」 開幕! ・・・ということで 台湾映画 『台北24時』 (原題:台北異想) 本日&来週(水)23:00~日本 ”初” 放送 @BS日テレ!!

毎年恒例の「台北電影節」。

今年は6月24日(金)~7月16日(土)の期間で開催されます。

http://www.taipeiff.org.tw/

これを祝して、本日23:00~、来週29日(水)23:00~の2週にわたって、@BS日テレさんで、台湾映画『台北24時』(原題:台北異想)が日本"初"放送されます!

http://www.bs4.jp/guide/drama/taipei24h/

この作品は、2009年の台北電影節でプレミア上映され、同じ年の東京国際映画祭「アジアの風」部門でも上映されました。

詳細はこちら(プレミア時の写真付き)⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2011/05/post-3b88.html

今年の「台北電影節」では、「秋のコンチェルト」に出演していたクリス・ウーが「閃亮之星」の一人に任命されて映画祭のPRを務めていますが、その彼が同じく「秋のコンチェルト」に出演していたティファニー・シューと共演した短編「昔の恋人」を含む全8篇で構成されているのが『台北24時』(原題:台北異想)です。

アジアンパラダイスさんに台北電影節「閃亮之星」に関する記事が掲載されています(クリス・ウーの写真付き) ⇒ http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/05/2011-6295.html

作品の詳細は東京国際映画祭HPでも紹介されています⇒ http://www.tiff-jp.net/ja/news/110614.html

ハイ・クオリティな台湾ドラマを放送し続けていらっしゃるBS日テレ水曜23:00~枠では先週までニウ・チェンザ監督による「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」がオンエアされていましたが、その流れに沿ったように、ニウ・チェンザ監督を含む台湾の新進気鋭の若手映像作家たちの短編8本が堪能できます。

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」は台湾の西南端に位置するリゾート地"墾丁"(ケンティン)の自然の風景を楽しむことができましたが、『台北24時』は台湾の北西端に位置する大都会"台北"(タイペイ)が舞台になり、8人の監督が台北の街の魅力を様々な角度から描いています。街の風景をお楽しみ下さい。台北にはソウルに負けない魅力がありますヨ。

7月6日(水)23:00~@BS日テレで放送開始になる台湾ドラマ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 をご鑑賞される前に台北の街の魅力を存分にお楽しみ下さい。そして、台北電影節に行っているような気持ちを味わってみて下さい。『台北24時』冒頭の映像は、これから映画祭に参加するゾ!という気分を演出してくれています。

それでは、今夜の放送をお楽しみに!

NTV系列 「スタードラフト会議」に 本日 R.A.B.が再出演(していたようだ)

夜22:00台から弊社ブログへのアクセスが急増していたので、「なぜ?」と思ってアクセス分析をしてみたところ、「RAB リアルアキバボーイズ」で検索して来る人が多かったので、「もしや今日、再出演してた?」と思い「スタードラフト会議」のHPをチェックしてみたら、その通り!どうやらマツコ・デラックスさんのリクエストで再出演を果たしたようです。

あ~見逃しちゃいました!

今日は前回センターでグルグル回っていたメンバーが不参加で、代わりに団長が来ていた模様。

この団長がアキバ少女のコスプレをしていたらしく、オタクらしさを演出していたようなんだけど、どんなパフォーマンスだったんだろ??

ブレイクダンスはスケールアップしてたんだろうか?

なぜか気になる。

2011年6月21日 (火)

話題の台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」(原題) この秋、日本に上陸!

Photo

台湾で絶好調の偶像劇ドラマ 「醉後決定愛上你」(レイニー・ヤン&ジョセフ・チャン主演): http://www.ttv.com.tw/drama11/drunk/index.htm

 がこの秋 日本に上陸!

邦題、放送局、放送開始月の詳細については間もなく発表しますので、お楽しみに!

(放送開始月はアジリパ社長の誕生月になりそうです。ちょうど台湾で最終回を迎える頃に日本に上陸になるので「秋のコンチェルト」パターンです)

アジア・リパブリック的に超オススメのドラマ!掛け値なしに面白いラブコメです。

特に、「ハートに命中100%」(原題:命中注定我愛你)、「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」が好きな人はハマるハズです。

請期待!


台湾ドラマ 「醉後決定愛上你」 台湾での視聴率が絶好調につき舞台化!?

聯合報より: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT2/6410593.shtml

残念ながら、主役のレイニー・ヤンはスケジュールが合わないようですが。。。

台湾映画 『台北24時』(原題:台北異想) 明日23:00~ @BS日テレ 日本"初"放送!

いよいよ明日!
http://www.bs4.jp/guide/drama/taipei24h/

2011年6月17日 (金)

「醉後決定愛上你」(原題) 視聴率5%突破記念 主演俳優プール飛び込みイベント [追記アリ]

「聯合報」より: http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT7/6403688.shtml

台湾で偶像劇 「醉後決定愛上你」(原題) が絶好調!

先週の放送では視聴率がついに5%を突破。

台湾の放送事情を御存知ない方は「たった5%?」と思われるかもしれませんが、台湾は一般人が普通に100チャンネルを視聴できる環境にあるので、1%を超えればマズマズ合格、2%を超えればヒット、3%を超えれば中ヒット、4%を超えれば大ヒット、5%を超えれば超ヒット、といった感覚です。

以上は台湾の日曜夜の偶像劇枠に関しての感覚でして、日曜偶像劇枠ではない平日の20時台などは、例えば台湾語ローカル・ドラマの「夜市人生」などがコンスタントに5~6%とかの数字を作っていたり、また、金曜22時のドラマでも、例えばローカル・ネタの「新兵日記」が異例の10%超えをしたりしているのですが、これらは別格。。。「夜市人生」などはちょっと古めの日本の昼ドラといった感じですし、「新兵日記」は当兵(兵役)を描いたドラマで台湾人にとっては馴染みのあるテーマであっても日本では社会的背景が違うので、いくら台湾で数字が高くても日本で取り扱うには難しいとされています。

話は戻って、日曜偶像劇枠の視聴率に関しては先ほどのような感覚になるので、「カエルになった王子様」(原題:王子変青蛙)、「ハートに命中100%」(原題:命中注定我愛你)、「敗犬女王」(原題と邦題同じ)、「秋のコンチェルト」(原題:下一站幸福)が7%以上の視聴率を超えたっていうのは台湾の社会的一大事件だったんです。

「醉後決定愛上你」(原題)は第9話にして5%を突破。

全20話の計画ですから、この先どこまで数字が伸ばせるかが注目されています。

この勢いであれば、「敗犬女王」や「秋のコンチェルト」を超える確率は高いと思われ、後は歴代記録No.1の「ハートに命中100%」にどれだけ迫れるか?ひょっとしたら乗り越えられるか?記録を塗り替えるか?が話題です。

「醉後決定愛上你」(原題)は、「ハートに命中100%」(原題:命中注定我愛你)の姉妹作なので、なおさら話題になっています。

さて、この視聴率5%突破記念の飛び込みイベントで実際に飛び込みをしたのは、「醉後決定愛上你」の主演男優”張孝全”(チャン・シャオチュアン、英語名:ジョセフ・チャン、注意!ジョセフ・チェンではありません)。

彼はまだ日本での知名度はほとんどありませんが、小天(イーサン・ルァン)が「ハートに命中100%」(原題:命中注定我愛你)で、陳銘章監督の指導下でラブコメディに初挑戦して大ブレイクしたように、いま台湾でブレイクして来ています。

張孝全(ジョセフ・チャン)はもともと台湾のテレビや映画で真面目な役ばっかりやって来たので、地味なイメージでしたが、「醉後決定愛上你」で初めてコメディに挑戦し、同じく陳銘章監督の指導下で、その才能を開花させています。

台湾の俳優というと、日本では”娘”(ニャン)タイプの中性的美顔男子が人気ですが、張孝全(ジョセフ・チャン)は台湾には珍しくモムチャン・タイプです(追記:韓流ドラマ「夏の香り」の時のソン・スンホンのようにちょっとユルんだ感じではありますが・・・笑)。

台湾のテレビ局やプロダクションの人と打ち合わせをしていると、よく聞かれるのですが、「日本では何でそんなに娘(ニャン)タイプの男性が人気なの?」・・・。いつも答えに窮しています(笑)。台湾の女性は"Man"タイプの男性の方が好きのようで、男らしい韓流男子は人気です。草食系は敬遠され、野獣系が好まれるようです。「日本でも野獣系の2PMが人気になって来ているよ、韓国エンタメの方はね」と説明すると、「ふ~ん」みたいな(笑)。

同じ流れなんだと思いますが、台湾ではK-POPのSuper Juniorのメンバーの中ではシウォン(中国語表記:始源)が人気で、雑誌のカバー(封面)を飾ったりしています。そういえば、金城武さん似ですよね。ということで、台湾で制作されるドラマ「スキップビート」にシウォンが抜擢されたんでしょうね~

話がちょっと変わりますが、「醉後決定愛上你」(原題)の日本語字幕をやって下さる翻訳家の方と今週打ち合わせをしたのですが、2つの点で意気投合しました: 本ドラマは掛け値なしに面白いこと、そして、主演の張孝全(ジョセフ・チャン)が日本のある俳優に似ていること!

誰だと思いますか?

実力派の人気俳優です。

モデル出身のイケメンで、その後俳優に転身して、しばらくは真面目で地味な役ばかりで目立つこともなかったのが、深夜の帯で放送されて人気を博したアノおっとぼけ刑事サスペンスドラマのトボけた刑事役で初めてコメディに挑戦したあの人。。。


そう、「トリック」で大ブレイクした阿部寛さんです。


ブレイクした経緯が似ているというだけではなく、顔の表情や演技が本当に似ていると思います。

正直、自分が「醉後決定愛上你」(原題)を買い付ける時、張孝全(ジョセフ・チャン)が主演というのが企画書段階では懸案事項だったのですが、第1話をスクリーニングしてビックリ!彼がこんなにコメディ作品にハマるなんて!やっぱり俳優としての基礎・トレーニングが出来ている人はポテンシャルが高いんでしょうねぇ。

小天(イーサン・ルァン)が「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」でニウ・チェンザ監督に鍛えられて、その後「ハートに命中100%」でブレイクしたのもそういうことなんだと思います。

台湾でも実際、放送前には「今さら張孝全(ジョセフ・チャン)で大丈夫なの?」という声が多々ありましたが、そこは台視&三立マジックというんでしょうか、「ハートに命中100%」で小天(イーサン・ルァン)が、そして、「秋のコンチェルト」でヴァネス・ウーが再ブレイクしたように、今まさに 張孝全(ジョセフ・チャン)が再評価され、逆に人気を博しています。

芸能界、何が起こるかわかりませんね~

台湾でも日本でも、大事なのは、良い脚本と良い監督に巡り合うことですネ。

長くなりましたが、「醉後決定愛上你」(原題)の日本上陸をお楽しみに!

*追記:レコードチャイナさんに日本語記事が掲載されていました:http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=52115&type=5


2011年6月16日 (木)

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 最終回(第20話) オンエア・チェック

本日は30分遅れでスタート。。。

大団円、いかがでしたか?

あのエンディング、良かったでしょう~?!好きなんです。

俳優たちがハンディカムで撮影していた映像まで織り交ぜて、墾丁の仲間たち、なんだかいい感じで、を演出していました。それに、BGMになっているジョアンナ・ワンの音楽がいいですからねぇ。

このドラマ、本当の主役は”墾丁”(ケンティン)の自然そのもの。尊敬に満ち溢れています。

PTSという日本のNHK的なテレビ局が制作していて、しかも、観光局や地元政府の援助もあって、墾丁(ケンティン)の魅力を存分にアピールしています。

このドラマを観て、墾丁(ケンティン)に行ってみたいと思った人はたくさんいるはずです。自分もその一人です。

いつか実現したいと思います。

台北の松山空港から恒春(ヘンチュン)に飛んで、そこからバスで20分というのが最短ルートだと思います。高雄(カオション)を起点にするとバスでの移動が2~3時間かかってしまうので、長時間のバスが苦手な人には恒春(ヘンチュン)ルートをお薦めします。

それでは、来週からは2週にわたって「台北24時」(原題:台北異想)です。

こちらは、台北の街が主役。ドラマだけでなく、台北の街の風景をお楽しみ下さい。

そして、”台湾ニューシネマ”のDNAを引き継ぐ台湾の映像作家たちの実力をぜひ味わってみて下さい。

再見!

2011年6月15日 (水)

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 今夜23:00~ @BS日テレで最終回(第20話)!!

いよいよ本日で最終回です!

お見逃しなく!

http://www.bs4.jp/drama/kenting/story/index.html

2011年6月14日 (火)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 7月8日(金) @アジドラで 最終回!

http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/ad_SO0000002940.html#25

4月15日(金)から@アジドラで放送が始まった「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」。

いよいよ7月8日(金)にファーストランの最終回を迎えます。


◆そして、7月6日(水)にはいよいよBSで放送開始!

@BS日テレ、毎週水曜日23:00~毎週1話の進行です。

既に@アジドラで御覧になられている方、結末はナイショで!

BSで御覧になる方、あと3週間の我慢です!お楽しみに!


◆その前に、明日@BS日テレで最終回を迎える「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」、次週から2回にわたって放送される「台北24時」(原題:台北異想)もお楽しみ下さい!

特に、「墾丁」の方には、「晴れ恋」の主演女優であるチャン・チュンニンが全く違うキャラクターで出演していますんで、比較してみてください。面白いですよ~

請期待!

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」DVDパッケージ・デザイン、カッコイイ~!!

いよいよ明日23:00~、BS日テレさんで最終回(第20話)を迎える「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」。

本日、DVD発売元のアミューズソフトさんからDVD Boxの外装デザインが届きました。

これがカッコイイんですよ!!!

ジャケ買いアリです。

額縁に入れたくなるような素晴らしい出来です。( ̄ー+ ̄)

写真の発表をお楽しみに!

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 いよいよ明日 BS日テレで最終回(第20話)です!

http://www.bs4.jp/drama/kenting/story/index.html

東京国際映画祭(TIFF)のHPにて 「台北24時」日本初放送の御紹介~

http://www.tiff-jp.net/ja/news/110614.html

NTV系列 「ヒルナンデス!」 今週のTSUTAYAランキング 台湾ドラマ部門

「PS男」が先週の2位から3位にランクダウンしたものの、華流トピックとして、ウェン・シェンハオの先日の来日映像と番組へのビデオメッセージが流れましたね。

台湾の○○○とデカデカとテロップが出ていましたが(笑)。

「敗犬女王」の先輩役で一躍スターダムに昇ったウェン・シェンハオ。作品を観たことがない方はぜひDVDで!いい役です。

アジア・リパブリックが2011年下半期に大々的にプッシュする作品の発表 ⇒ 「醉後決定愛上你」 (3)

http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/BREAKINGNEWS8/6396055.shtml

http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT7/6396857.shtml

↑(追記)


ははは。

視聴率が5%を超えたということで(ナント、15歳~44歳の間では最高7.13%まで到達していたそうです!)、主演の張孝全(ジョセフ・チャン)が水に飛び込むという約束を実施するそうな。

まるで「ハートに命中100%」の時のようなお祭り騒ぎです。

(あの時は、主演のイーサン・ルァンが海に飛び込んで海パンを脱いでみせましたね。あれから3年近く経ってるんですね~)

それだけ勢いのある作品ということで!

でも本当に面白いですから!

2011年6月13日 (月)

アジア・リパブリックが2011年下半期に大々的にプッシュする作品の発表 ⇒ 「醉後決定愛上你」 (2)

速報!

昨晩(6月12日)の台湾での放送で、視聴率がとうとう5%を超えました!

5.03です。今週も記録を更新しました!

(偶像劇枠2位の「美楽」と3.65ポイント差をつけて圧勝)

この視聴率は昨日の台湾全土の全日全番組の中でNo.1の数値。

そして、この数字は今年に入って台湾の日曜夜の偶像劇枠で最高値となっています。

まだまだ記録を更新しそうな勢いです!

なんてたって未だ第9話(90分版)ですからね!まだまだ先があります。

台湾の日曜夜にやっと活気が戻って来ましたネ。

取り急ぎ。

2011年6月11日 (土)

アジア・リパブリックが2011年下半期に大々的にプッシュする作品の発表 ⇒ 「醉後決定愛上你」

2011年上半期は、マイク・ハー&チャン・チュンニン主演の「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」を大々プッシュして来たアジア・リパブリック。

2011年下半期は、ジョセフ・チャン(張孝全)&レイニー・ヤン主演の「醉後決定愛上你」(原題)を大々プッシュして行きます。

◆台視(TTV)のHP: http://www.ttv.com.tw/drama11/drunk/main.htm

◆三立電視台のブログ: http://blog.iset.com.tw/drunk/

台湾エンタメファンの方は既に御存知だと思いますが、現在、台湾の日曜夜の偶像劇枠でブッチギリの視聴率を上げているドラマです。先週の視聴率は4.89で、今年の偶像劇枠視聴率では最高値を記録しています。

毎週右肩上がりで視聴率が推移していて、来週には5を超える見通しです。なんと言っても来週は、レイニー・ヤンの元カレの小鬼(シャオクイ)が登場することで話題になっていますんで!

このドラマは、3年前に台湾で史上空前の視聴率を記録した「ハートに命中100%」(原題:命中注定我愛你)の姉妹作として放送前から注目されていました。

自分は、第1話を鑑賞して一目惚れ!面白すぎて大笑いしてしまいました。レイニー・ヤンはコメディアンヌとして最高です!台湾では、ドラマを見ながら、飲んでいた牛乳を吹き出しちゃう人もいたとか!それぐらい面白い作品です。「ハートに命中100%」を更にパワーアップさせたような感じです(笑)

でも、実は自分としてはちょっと複雑な気持ちだったんです。というのは、自分が好きで選んだ2作品 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 と 「醉後決定愛上你」が台湾の日曜偶像劇枠でお互いにライバルとして視聴率競争をするハメになってしまったんですね。

本来、「醉後決定愛上你」は初夏作品として予定されていたのですが、前番組の不発によって、放送が前倒しになってしまって、春番組の「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」とガチンコ対決させられることになっちゃったんですよ。。。

「晴れ恋」はただでさえ中国大陸からの映像流出で苦しんでいたところ、途中から「醉後」がウラで始まったことによって視聴率を奪われて行ってしまいました。「醉後」は「ハートに命中100%」の姉妹作ということで話題豊富でしたし、台視&三立のコンビは宣伝プロモーションがうまいですからね、ショーガナイです。

という複雑な思いから、日本では、放送タイミングをズラして両作品ともに大切に扱って行きたいということで、発表を遅らせました。ファンの方からは日本での放送を待つ声を頂戴しておりましたが、そういうことで御理解くださいまし!(目聡い方は弊社ブログの右上にある「オススメ関連サイト」で察知されていたようですが!笑)

現在、日本語字幕作業進行中、日本での放送をアレンジ中です。

どうぞお楽しみに!!

皆さんの御意見・御感想をお待ちしておりま~す。

2011年6月10日 (金)

静岡茶から放射性セシウム!?

http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20110610/CK2011061002000152.html

これ、かなりショックです。

福島からあんなに離れている静岡県静岡市でも放射線セシウム基準値を超えたお茶が検出されたなんて!

福島と静岡の間に位置している千葉、東京、神奈川なんて、もっと危ないじゃないですか!

既に先月、神奈川の南足柄のお茶から放射性セシウムが検出されて騒がれたばかりでしたが、その時の報道では、東京の上空を越えて、南足柄の山々の表面に放射性セシウムが漂着したと言っていましたが、それが静岡の山地にまで到達していたとなると、どういうことなんでしょう??実家は静岡市の山側の草薙にあるので、飲料水が汚染されていないか、とても心配になりました。

放射線物質は我々のDNAを壊してガンを引き起こすので、中長期的な不安材料です。

ただでさえ人口減問題に直面している日本国が、更に人口減になってしまいます。

2011年6月 9日 (木)

沖縄が梅雨あけ: 気候変動と地殻変動

本日沖縄が早くも梅雨あけをしたということなのですが、これは1951年の統計開始以来最速、通常よりも14日も早いそうです。

東日本大地震後に長期にわたって日本各地で余震が続き、日本列島”下”の地殻が大きく動いている模様ですし、日本列島”上”の気候も大きく変動して来ていますし、、、

また、日本を取り巻く経済環境も国際政治も社会構造もどんどん大きく変動していってます、、、

戦後60年間に我々が”常識”と捉えていたものが、どんどん変化して行っています。

ドラッカー的思考で”変化””新常識”を早期に受け入れて邁進するのみ・・・ですかね。

台湾ドラマ 「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 第19話 オンエア・チェック

久々のブログ更新です!

実は先週末~台北に出張しておりました。その時のことはまた別途書きたいと思います~

さて、本日は「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 BS日テレさんで第19話の放送がありました。

まだ肌寒い初春の2月にBS日テレさんで放送が始まった「墾丁(ケンティン)」ですが、いよいよ来週で最終回です!

ちょうど日本も夏めいて来て、ドラマの雰囲気とシンクロして来ました。

(ドラマの舞台の台湾は、出張時の日中の気温は最高35度。とっても蒸暑かったです。外を出歩く時には短パンにTシャツで、but、映画館やレストランやショッピングセンターや地下鉄MRTの中では長袖が必要!という相変わらず東南アジア的なクーラーの使い方で(笑)。コレって、体調崩す原因なんですよねぇ。エネルギー資源を大切に!)

「墾丁(ケンティン)」第19話は、何と言っても、チュウさん亡き後の墾丁(ケンティン)開発計画の行方とアナン父子の雪解けが見どころです。アナンが母を想う回想シーンが涙を誘います。アメリカで女一人で苦労してアナンを育ててくれた母。。。

それから、アンコーが若い従業員に言っていたセリフが響きました:

  「どこへ行こうと

   引き続き残ろうと

   墾丁(ケンティン)に来た日のことを忘れないでくれ

   チュウさんとの約束も

   “自律して独り立ちし自由に暮らす”

   音楽やサーフィン

   墾丁(ケンティン)から無限の希望をもらい・・・

   懸命に生きた」   

特に” ”の付いているセリフは、”独立自尊”を掲げている大学を卒業した者としては尚さら響きました (ホントは政治的にもっと深い意味があるんですけどね)。 

脚本や演出からすぐおわかりのように、「墾丁(ケンティン)」は単なるアイドル・ドラマではないんですよね~。NHKの土曜ドラマ的なクオリティーです。台湾にもこういったドラマ作品があるんですよぉ!  

さて、今日の放送ではTVCMの入れ変えをしましたが、お気づきになりましたか??

オープニング曲あけのCMが、「九月に降る風」DVD発売中告知⇒ 「モンガに散る」DVD7月発売告知⇒ 「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」DVD8月発売告知になりました。

さあ、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」もいよいよ来週で最終回です。最後までお見逃しなく!お楽しみに!


「墾丁(ケンティン)」の後番組は、6月22日(水)~2週にわたって「台北24時」(原題:台北異想)です。昨日、放送用マスターの編集がありまして、スタジオに籠って来ました。台湾映画の潜在力を御堪能アレ!

「台北24時」の後番組は、7月6日(水)~マイク・ハー&チャン・チュンニン主演の「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」です。BS初放送!アジドラさんで韓国ドラマファンの間でも話題の「晴れ恋」、どうぞお楽しみに!

2011年6月 3日 (金)

NTV系列 「スタードラフト会議」 本日出演の R.A.B. (リアル・アキバ・ボーイズ)に笑い転げた(2) 台湾の若者とオタク文化

今週の「スタードラフト会議」(NTV系列)での放送がキッカケで話題となっているR.A.B. (リアル・アキバ・ボーイズ)。

弊社ブログで感想を書いたところ、ブログへのアクセス数が異常に上がっていました(笑)。

それほど彼らのインパクトが大きかったということでしょうね~

”ストリート文化”+”オタク”という異色の組み合わせ、そのギャップが面白い!

先日、台湾の人気オーディション番組「模笵棒棒堂」(*台湾では既に放送終了)を引き合いに出しましたが、実は、この番組の中でも、(台湾の)若者の間に(日本の)オタク文化が受け入れられて来ているということを発見して驚いたことがあります。

台湾ではオタク男のことを”宅男”と呼んだりしています。”お宅”の”宅”をそのまま使っているんですね。

番組では、ストリートダンスの技などを競うコンテスト(淘汰賽)で、自分の趣味として、日本で買って来たというフィギアや、漫画&アニメのコレクターアイテムを自慢するメンバーがいたり、、、

極めつけは、オーディション番組からデビューした6人組ユニット「棒棒堂 Lollipop」に続け!と、二軍(第2の棒棒堂)の候補生を選抜する時に、2つのグループに分かれて競わせていたのですが、その名前が「公主幫」と「宅男塾」。

チーム名に”宅男”を使ってたんです。

台湾には、フィギアをコレクションしたり、ゲームに熱中する若者は結構いますし、台湾の渋谷”西門町”や台湾の秋葉原”忠孝新生”には、そういう若者のニーズに応えているお店が多々見かけられます。

世界一親日的な台湾は、日本での流行がすぐに入って来ますし、流行に敏感な若者の間ではすぐに浸透して行きます。

台湾にまだ行かれたことのない方、ぜひ現地に行って確かめて来て下さい。台北の”西門町”に行くと、東京の渋谷にいるのか、韓国ソウルのミョンドンにいるのかわからなくなるほど文化がリアルタイムでクロスしていますヨ。

2011年6月 1日 (水)

アジアンパラダイスさんより: 「台北24時」 ご紹介記事

どうも有難うございます!

http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2011/05/24bs-0820.html

台湾映画のショウケースといった感じの作品です。

台湾の今、台湾映画の今、を短時間で知るためにもオススメです。

6月放送開始の台湾ドラマ&映画 「秋のコンチェルト」、「あの日を乗り越えて~那年、雨不停國~」、「台北24時」

6月になりました!

今月、アジア・リパブリックからのオススメは:


「秋のコンチェルト」 
  6月15日~@ホームドラマチャンネル
  http://www.homedrama-ch.com/hdc/program?action=showProgramDetail&oa_prg_frm_cd=111032415053861958


「あの日を乗り越えて~那年、雨不停國~」 
  日本初放送!6月16日~@ホームドラマチャンネル
  http://www.homedrama-ch.com/hdc/program?action=showProgramDetail&oa_prg_frm_cd=111032415093639068


「台北24時」 
  日本初放送!6月22日~@BS日テレ
  http://www.bs4.jp/guide/drama/taipei24h/index.html


毎年6月に台湾の台北で開催されている「台北電影節」にちなんで、映画クオリティの台湾作品を御堪能アレ!


それから、

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 @Asia Dramatic TV (So-net)アジドラで週2話進行で絶賛放映中です!今月は、6月29日(水)までに第22話までが放送になります⇒ http://www.so-net.ne.jp/adtv/content/ad_SO0000002940.html

7月6日(水)からは、いよいよBSに進出。@BS日テレ 毎週水曜日23:00~放送になります。BSでは週1回の放送です。

NTV系列 「スタードラフト会議」 本日出演の R.A.B. (リアル・アキバ・ボーイズ)に笑い転げた [追記アリ]

*台湾エンタメとちょっぴり関係のあるトピックです

◆NTV系列22:00~「スタードラフト会議」⇒ http://www.ntv.co.jp/star/

◆本日トリで出演したR.A.B.(リアル・アキバ・ボーイズ)⇒ http://www.ntv.co.jp/star/star/index.html

彼らのパフォーマンスは衝撃的でした!腹を抱えて笑えたと同時に意外にも感動した自分がいた!

”オタク”と”ストリートダンス”という意表を突いた組み合わせに会場も自分もアッと驚き!

R.A.B.の本来の姿はプロフェッショナルなダンス集団で、”オタク”は恐らくプロデュースで加えられた要素だと思われるんで、番組終了後、ネットで検索してみたら、やはり!

ホンモノでした。YouTubeに彼らの過去のパフォーマンスが出ていました↓

http://www.youtube.com/watch?v=8xHA4-c6XgM

◆このストリートダンス、台湾の若者の間でも流行しています。

前職の時に、川崎のチッタに「Beatronic」というイベントを取材に行ったことがあるのですが、日本・台湾・韓国からの出場チームがストリートダンスの技を競っていました(追記:台湾の人気オーディション番組「模笵棒棒堂」の准メンバーの一人が台湾代表として大会に参加したことがあります)。

審査員の一人は台湾人だったのですが、実はその人は、「棒棒堂 Lollipop」の”黒角”出身の3人を指導したことがある人物でした。

「棒棒堂Lollipop」は台湾の人気オーディション番組「模笵棒棒堂」からデビューした6人組ユニットですが、現在は「Lollipop F」と「J..P.M」に分かれて活動しています。所属事務所も違います。

オリジナルの「棒棒堂Lollipop」のうち、アオチュエン、アウェイ、ブライアン(シャオチエ)の三人が台湾のブレイクダンス集団「黒角」の出身者。「模笵棒棒堂」のオーディションのダンス部門では彼ら3人のパフォーマンスは光っていました(追記:この3人はR.A.B.と同じ激しいストリートダンスをこなせます。特にアウェイは”大風車”というワザが出来ます。倒立⇒大開脚⇒倒立開脚したまま足を回転)。元々同じチーム出身だったのに、現在、アオチュエンとアウェイは「Lollipop F」のメンバー、ブライアン(シャオチエ)はプリンス&マオティー兄弟に交じって「J.P.M.」のメンバー。もともと仲間だったのに、大人の事情で2つの棒棒堂に分かれて活動しているというのは本人たちは精神的にちょっと辛いかもです。

素材・人材を料理するのはプロデューサーです。

R.A,B.を秋葉原からオタク・ストリート・ダンサーとして花開かせようとしているプロデューサー。
台湾の「棒棒堂Lollipop」というオーディション番組からボーイズ・アイドル・ユニットをデビューさせたプロデューサー。

プロデューサーの料理しだいで素材は化けます!さあ、今後の行方は!?


« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック