フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (3) | トップページ | 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (4) »

2011年2月20日 (日)

看護師国家試験、EPAで来日の外国人候補生も受験

http://www.nhk.or.jp/news/html/20110220/t10014175891000.html

19:00のNHKニュースでやっていましたが、今日は看護師国家試験の実施日で、EPAで来日しているインドネシア人らも受験。

が、これまでEPAで来日している455名のうち、去年までに実施されている看護師国家試験に合格したのはたったの3人に留まっているそうです。

日本の人口が減って行く中、労働人口が減り、特に3Kと言われる看護の現場で外国から労働者を補って行かなければならないのは勿論理解していますが、なぜ政府/行政は漢字圏でないインドネシアやフィリピンを相手先に選んだのでしょう?

医療の現場では、難しい漢字で表記される病名/治療法や表現が使われています。看護師国家試験でも勿論出題されます。

そもそも日本人でさえ難しい医療用語や表現が使われている看護師国家試験。漢字を母語として使っていないインドネシア人やフィリピン人にはハードルが高過ぎます。彼らには漢字/日本語を一から覚えなければならないという学習プロセスが必要になるわけですが、彼らを日本に滞在させる費用と学習させる費用は一体誰が負担していると?・・・。我々の税金そして候補生を受け入れている病院側です。455名もの候補生を3年間も日本に滞在させた揚句にたったの3人しか看護師として日本に残ることができないとあれば、これは税金の無駄遣いとしか言いようがありません。

非漢字圏の人が看護師国家試験に容易に合格できないであろうことなどは容易に想像できたことです。見通しのない事業に無駄にお金を注ぎ込むなんて、民間では有り得ません。クビです。

折りしも国家予算が底をついている日本の財政。もっと見通しが高く、国民のためになって、費用対効果の高いものに税金を使ってもらいたいと思います。こんな時代、今後の国家運営は経営スキル・常識をもった人に委ねたいところです。

今回の外国人看護師の問題で言えば、漢字圏から候補生を受け入れた方が看護師国家試験の合格者は格段に増えるはずです。誰が考えてもそんなことはすぐにわかるはずだと思いますが、決定プロセスの中で、シンプルなことを歪ませるような政治的な力が働いたんだと想像します。

この国の財政にはもう余裕などないのですから、無駄なこと・非効率的なことに税金を注ぎ込むようなトンチンカンなことはもう止めにしてもらいたいと願うばかりです。

本日の看護師国家試験の合格発表は来月の25日。いったい何人のEPA候補生が合格していることやら?

政府はEPA候補生が不合格の場合でも強制的に帰国はさせないで、滞在期間を延ばす方向で調整しようとしているようですが、それは更なる税金の負担を意味します。。。

« 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (3) | トップページ | 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (4) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/38947111

この記事へのトラックバック一覧です: 看護師国家試験、EPAで来日の外国人候補生も受験:

« 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (3) | トップページ | 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (4) »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック