フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« アジアンパラダイスさんより: 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 | トップページ | 看護師国家試験、EPAで来日の外国人候補生も受験 »

2011年2月20日 (日)

2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (3)

日本人選手強いですね~

男子シングルはSPとフリーがともに終了して総合第1位が高橋、2位が羽生。

女子シングルはSPが終了して第1位が安藤、2位が浅田。

ベテラン勢の中にあって16歳の羽生はスゴいですね~

やはり「何か持っています」ね(笑)。スター性を兼ね備えています。

日本人離れした姿態にあの技術と4回転をやってのける度胸。恐るべき16歳です。

男子フィギアでありながらチカラ技だけではなく女子フィギアの細やかさ・優美さまで備えているんですね。コーチが女性だからでしょうか。衣装は米国のジョニー・ウィアー選手がデザインしたのだとか。

さて、それにしても、台北ドームの観客席、お客さんの数が少ないですな。。。ガラガラです。しかも、リンクサイド周りの広告スペースは日本企業の広告ボードばかりで台湾系企業の名前がほとんどなかったです。台湾では観客数が少ないということで企業側が広告価値なしと見ているんでしょうかね?まあ特に、目立った台湾人選手がいるわけでもないのでショウガないことなのでしょうが(中国大陸の選手はいましたけど)、、、観客席は日の丸を持った日本応援団が目立っていました。

さあ今夜は女子フリーです。

選手の皆さんは台湾料理や台湾観光は楽しんでいらっしゃるでしょうか。

オアチェン(台湾式カキのお好み焼き)はぜひ御賞味あれ!

台湾では今夜22:00から注目の華流ドラマ「幸福最晴天」第2話の放送もあります。先週に引き続いて高視聴率になりますでしょうか~。乞う御期待!

« アジアンパラダイスさんより: 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 | トップページ | 看護師国家試験、EPAで来日の外国人候補生も受験 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは♪
フィギュアスケート大好きです~
ジョニー・ウィアーも好きでしたぁ。今はデザイナーに
なってしまったのかな。
レディ・ガガの曲で滑るジョニー・ウィアーは特に
魅了しましたぁ~good

幸福最晴天、今回も視聴率NO.1でありますようにsign03期待happy01

Yukariさん、どうも。香港お疲れ様でした。ジョニ・ウィアーはデザイナーになったというわけではなくって、羽生選手の才能に惚れ込んで特別に衣装デザインを申し出たようですよ。以前テレビ番組で見たことがあります。「晴れ恋」今日も良い視聴率でありますように!

無事に台北から帰って来ました。
松山空港の情報とっても役立ちました、ありがとうございます。

四大陸の感想をちょっとだけ。
台湾の方も盛り上がっていてとても楽しそうでした。

エキシビションの時には、TVを観てちょっと会場に寄ってみた風の、チョイワルお兄ちゃん達の姿もあり、彼らも楽しんでいるようでした。

どの国の選手にもちゃんと拍手をしてくれてましたが、やっぱり地元台湾の選手と日本人選手への歓声が特に大きく、真央ちゃんがトリプルアクセルを着氷した時の歓声はすさまじかったです!
某地上波テレビの放送は音量大分絞ってると思いますよ。
大歓声で、音楽が聞こえない位でしたから。

台湾の施文倡選手は、佐藤信夫コーチに毎年短期コーチングを受けているそうで、演技のところどころに、「佐藤組」の雰囲気が出てましたよ。

台湾の方は皆親切で温かかったです。
また是非行きたいと思います!

Womtaさん、お帰りなさい~。羨ましい!自分も見に行きたかった。チャレンジしたことはないですが、日本だとチケット入手が困難なんでしょうね??テレビで観ていたら、台北アリーナは空席が結構余っていたようなので、当日でもチケットを入手できたようなので、行けばよかった!!Womtaさんはどうやってチケットを入手したんですか?最前列だといくらぐらいなんでしょう??下世話な話でスミマセン(笑)

今回のチケットは2階でも3階でも最前列でも無料!でしたよ。
日本じゃ考えられないです!

語学難民の私の代わりに、台湾ドラマ好きのお友達が公式サイトを調べてくれたので、男女フリーは公式サイトからエントリーしました。

席は会場でチケットを引き換えるまではわからず、私は12月頃エントリーして2階席だったんですが、事前エントリーで3階席の人もいたり、当日席で2階の人もいたりしたようです。


日本のチケット代理店や旅行会社が各日ではなく各競技1万円!!!で2階席を売ってました。

今回はブロックと列までの指定だったんですが、実際入ってみると、事前エントリーで完売したはずなのに、各列に3,4組くらいしか人がいませんでした。

製氷の後、後半グループからは席を移っていいというルールがあったらしく、台湾の人は前へ、日本人はジャッジ側へ移っているようでした。

エキシビションだけ当日並び、3階席でした。
が、エキシビションの時だけ移動禁止だったので、ちょっと残念…


台湾の人には開催前に台北アリーナ配布ってのもあったみたいです。

2階席は招待や関係者席と聞いてたんですが、チケット捌ききれなかったんですかね?
小学校の団体さんなどの姿もありました。

事前リサーチと当日の行動力で席の良しあしが決まってしまったこともあり、有料席を買った人にはちょっと気の毒な運営だったと思います。
が、ボランティアの子達は皆頑張っていたので、私は大満足でしたよ!

長文失礼しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/38943330

この記事へのトラックバック一覧です: 2011年四大陸フィギュアスケート選手権 @台北 (3):

« アジアンパラダイスさんより: 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 | トップページ | 看護師国家試験、EPAで来日の外国人候補生も受験 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック