フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 中台ECFA、関税引き下げ開始 | トップページ | 2010年12月24日~27日 台北出張時の写真 »

2011年1月 4日 (火)

NHK横浜で 横浜中華街レポート(こんにちはいっと6けん)

いま何気にNHK地上波を見ていたら「こんにちはいっと6けん」で横浜中華街のレポートをやっていました。

中華街で暮らす若い世代が頑張っている様子がレポートされていまして、メニューに韓国の石焼を取り入れた新メニューを開発した若手料理人、中国語と日本語でピアノの弾き語りを披露していた女性シンガー、横浜中華学校の獅子舞を練習している学生の姿が新鮮でした。

どの若者も、日本と中華圏を結びたい、架け橋になりたいという思いを抱いているようでして、いいなぁと思いました。

特に目を引いたのは横浜中華学校の獅子舞の二人組。一人は華僑の学生、一人は日本人の学生によるコンビ。最近は中華経済圏の発展をふまえて中国語を勉強させるために中華学校に子供を通わせる親御さんが増えています(正確に言うと、中国語と日本語と英語が学べるのでトライリンガルになります)・・・というのは知っていたのですが、映像で実際に目にしたのは初めてでした。インタビューでの二人のコメントに、自分が日本人だとか親友が華人だとかは他人に言われなければ全然意識しないで生活している・・・これは素晴らしいことだな、と思いました。国境なんてないんですね。二人のアクロバティックな獅子舞はそれはそれはシルドソレイユものでビックリしました。二人ともカッコ良かったです。

こういう若者がもっと増えると未来は明るいですね。

さて、いま思えば、自分が今こういう仕事をしているのは、高校時代に横浜中華街に近い高校に通っていたからかもしれません~根岸線の山手駅から徒歩20分ほどの山手の丘の上にある横浜緑ヶ丘という高校だったのですが、クラスに華人の子もいましたしね、身近だったんですね。それから、当時は学校の校舎の隣は米軍基地住居があったので米国文化も身近だったんです。なので、自分は昔は欧米志向で米国外資系映画会社でも働いたりしましたが、今ではどっぷり東アジア・中華にハマってしまっています。不思議なものです。

今でも時々中華街に行くのですが、とっても落ち付くんです(笑)

中華街も世代が若返って、どんどん進化しているようです。行くといつも賑わっていて、元気をもらえるような感じです。元気をもらいたい人はぜひ中華街に遊びに行ってみて下さい。旧正月のお祭りの時には横浜中華学校の生徒さんによる獅子舞も披露されると思います。ガンバレ若い世代

« 中台ECFA、関税引き下げ開始 | トップページ | 2010年12月24日~27日 台北出張時の写真 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/38330947

この記事へのトラックバック一覧です: NHK横浜で 横浜中華街レポート(こんにちはいっと6けん):

« 中台ECFA、関税引き下げ開始 | トップページ | 2010年12月24日~27日 台北出張時の写真 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック