フォト
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

2010年、韓流ドラマファンもハマった! 台湾ドラマ「秋のコンチェルト」 (更新しました)

2009年秋に台湾で放送が始まり、今年2月に最終回を迎えると同時に日本にも上陸した「秋のコンチェルト」は、日本の台湾・華流ドラマファンだけではなく韓国ドラマファンにも衝撃を与えたようです。

いつもは韓国ドラマの方を御鑑賞されている方、いつもは日本のコミックベースの台湾アイドルドラマをご鑑賞されている方にとっては、「台湾ドラマってこういうクオリティのものもあるのね!」という発見があったようです。

今宵はそんな声を集めてみました:

http://www.cinemart.co.jp/akicon/comment/index.html

http://mari7.blog13.fc2.com/blog-entry-1256.html

http://futonlove.exblog.jp/15213830

http://xxxxmisakixxxx.blog110.fc2.com/blog-entry-804.html

http://korea-tsuke.jugem.jp/?eid=1900

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1450078824

http://plaza.rakuten.co.jp/sakulove1219/diary/201012310000/

アジア・リパブリックは来年もハイ・クオリティなドラマを日本にお届けしたいと思います。「秋のコンチェルト」で目の肥えた方々の期待を裏切らない次なるドラマとして「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」を準備中です。ご期待ください。

台湾ドラマは残念なことに作品クオリティに大変バラつきがあります。

「秋のコンチェルト」のように非常に出来の良いドラマはまだまだ少なく、逆に箸にも棒にも引っかからないようなドラマの方が多い状況です。

皆さまも、次にご鑑賞される作品を選ばれる時にはくれぐれも御注意を!でないと、せっかく良いイメージを持って頂いた台湾ドラマに対して再びネガティブなレッテルが貼られてしまうことになってしまいますので、それだけは避けたいです。

アジア・リパブリックとしましては、Sクラス・Aクラス級の作品だけを厳選して日本にお届けしたいと思っていますので、どうぞ御期待ください!「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」はマジに良いですヨ。スーパーSクラスです(笑)!

台湾ドラマ 「秋のコンチェルト」 第30話 オンエアー・チェック

「秋のコンチェルト」の年内の放送は今日で終わりです。

物語はクライマックス、残り4話になりますが、続きは1月に!

待ち遠しいですね~

こんなにも「秋のコンチェルト」が突き抜けた存在になったのは、物語の広がりと深みに一つの理由があります。

クァンシーとムーチェンの愛の軌跡を軸とした物語ではありますが、氷のような祖母の心が孫によって癒されていく物語、それから、チーシンとトゥオイエ兄妹に振りかかる災難の物語など、いわゆる台湾のアイドルドラマではなかったような題材を取り入れて深みを出しています。特に、台湾映画ばりの血なまぐさいヤクザ抗争の描写などはフツーのアイドルTVドラマではなかったことですし(「闘魚」は除いて)、いろいろなところにクリエーターたちのチャレンジと努力が垣間見られます。

さて、残り4話でどのように物語を収斂させて行くでしょうか。来年1月の放送をお楽しみに!

2010年12月29日 (水)

2010年 仕事納め

昨日のうちに年賀状は出し終わって、本日お昼過ぎには本年「秋のコンチェルト」DVDで大変お世話になったエスピーオーさんに年末の御挨拶に伺って、本年の業務は終わり!

その時に映画「K-POP Dream Concert 2007-2009」のご招待券を頂いちゃいまして、そのままシネマート六本木の16:45の回を拝見して参りました♪人気K-POPアーティストたちのコンサート映像、とってもお得な感じでした。

今週月曜日(27日)の昼過ぎに台北から帰国してからバタバタとしつつ、同日にアジドラSo-netさんに「晴れ恋」第1話&2話の日本語字幕付きDVDの納品と、邦題ロゴ、人物関係図、スタッフ・リスト、台北でのマイク・ハー独占インタビューの時に撮影したサイン入りポラロイド写真(視聴者プレゼント用)を納品して昨日は年賀状作業に集中。なんとか間に合いました。

そして、先ほど、台湾から「晴れ恋」の第11話~25話のHDマスターが到着。これで安心して年を越せます。

弊社のマスコット犬のナナを連れて実家の静岡に帰省します。

来年の「晴れ恋」の成功祈願に草薙神社に参拝して来ます~

皆さま、良いお年を!

2010年12月28日 (火)

WBS(ワールド・ビジネス・サテライト) 本日の年末特集、冒頭のレポートは台湾日帰りツアー! 

いきなり東京羽田⇔台北松山の日帰りツアー・レポートでした。

ビックリ・・・昨日台北から帰国したばっかりだったんで。

いやでも本当に羽田国際ターミナルの開業によって東アジアが近くなりましたよ!

活用しないのは勿体ない。

11月の台北出張、先週末の台北出張の時には羽田国際ターミナルは人もまばらだったのでまだまだ開拓の余地ありなんだと思います。

WBSがこうやって、来年の注目!としてプッシュしてくれれば効果が出るんじゃないでしょうか。

2011年は台湾が来ますヨ~。本日のゲストには蓮舫大臣も招かれていますし、

なんてたって、来年は台湾建国100年、民国100周年のお祝いがありますんで~(10月)

台湾ドラマで勉強しておいて下さいね~

それにしても森本アナ、台北日帰り弾丸ツアーの取材、お疲れ様でした!充実のツアー内容だったと思います。

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 李易峰李智楠李金铭做客 互相爆料片场趣事

http://ent.qq.com/a/20101227/000549.htm

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」に出演している大陸出身の若手俳優3人によるインタビュー番組です(マイク・ハーとチャン・チュンニンが台湾に帰国した後に収録された番組)。

中国大陸の80后(パーリンホウ)世代の俳優は我々日本人が想像している中国人像とはだいぶ掛け離れていますヨ。垢抜けて来ています。中国においてでさえ、上の世代から新人類・宇宙人扱いされていて理解不能、まったく異質の存在と捉えられています。

逆に米・欧・日からすると、中国の若い世代は我々と同じく現代的な今ドキのフツーの感覚・考え方を持って来ているなんだな~という発見になるかと思います。

さて、弊社のブログで「幸福最晴天」に関する記事をご覧になられている方はお気づきかと思いますが、本作品は現在、中国・台湾・日本という東アジアの主要3地域でほぼ同時に足並みを揃えてマーケティング&プロモーションを行っています。東アジア・エンタメではいつも日本はかなり出遅れての展開になることが多いので非常に珍しいケースかと思います。

放送日自体も、中国が2月15日@安徽衛視、台湾が同じく2月中旬@中視、日本が3月6日@アジドラのスカパー無料デイで第1話・第2話のプレミア上映に続き4月から本放送、というようになっていますので、東アジアの主要3地域でほぼ同時に同じドラマを見ることができる状況になります。

アジア・リパブリックの理念としては、日本と東アジアのエンタメ距離を縮めたい!というのがありまして、できるだけリアルタイムで現地でホットな話題のコンテンツを日本にお届けしたいと努力しております。

「幸福最晴天」に関しては、弊社が今まで手掛けて来た作品の中で最速で日本に上陸させる作品になります。

2010年10月の羽田国際空港の開業によって東アジアの物理的な距離が格段と縮まりましたので、来年2011年以降、文化面エンタメの分野においても距離をどんどん縮めて行ければな、と思います。

国境の垣根を越えて東アジア地域の相互理解のために尽力したいと思います!

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」、どうぞお楽しみに。

2010年12月27日 (月)

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」: 搜狐明星在线 贺军翔 张钧甯 李易峰 《幸福最晴天》剧组互曝囧料大揭私事

先日sohuでライブ中継されていた「晴れ恋」組のインタビュー映像が上がっていました:

http://www.tudou.com/programs/view/WTmU4aoaZDU/

ライブ中は映像と音がシンクロしていなくてフラストレーションでしたが、この映像は大丈夫です!

チームの仲の良さが伺えます。微笑ましい。

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 李易峰: 签售会引爆贵阳全城

http://ent.gz163.cn/rdzt/rdzt/1072910.shtml

李易峰は、中国大陸で既に人気のアイドルですが、「幸福最晴天」の放送が始まれば、台湾や日本でも人気になることでしょう。

大陸でリリースされた彼の楽曲「那首歌」はドラマの挿入歌にもなっており、その甘い歌声が話題になることでしょう。

注目の才能です。

帰国。東京は晴れ!

台湾から太陽を持ち帰って来ました

「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 にピッタリの東京の今日の天気です(笑)。

7:30の早朝便で羽田に11:30には到着し、こうやってオフィスで仕事をしています。

やっぱり海外出張という感覚ではないですねぇ。

今回羽田空港からは品川へノン・ストップの京急快速に乗ることができ、ようやっと広告で宣伝されていた16分の快適さを享受することができました。

京急さん、朝の羽田行き快速を増発して下さい!朝のチェックインこそ時間が大切なので!

台北 松山空港

本日の7:30の早朝便で帰国。

ということで、今朝は5:00起きで6:00にはホテルをチェックアウトして空港へ。

朝の6:00だと道路もガラガラな上、タクシーの運ちゃんが飛ばしてくれた御蔭で、南京東路のホテルから空港までアッ言う間の5分で到着。時間をもて余してしまいました。

松山空港は交通の便がものすごく便利なのですが、一つ欠点があるんです。

免税店・お土産屋が極端に少ない!免税店1、お土産屋1、レストラン1、しかも、どれも規模が小さいです。

お土産を買うのであれば、出発日前日に市内で買っておくことを強くお薦めします。

自分は前回の11月の台北出張の時に学びました(笑)。

インターネットに関しては無料の無線接続サービスがあるので、こうやって時間をつぶすことができます。娯楽的なものは皆無なので。。。

お昼前には羽田に到着予定です。

本日午後は「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」の諸々の納品が待ち構えています!

マイク・ハーの良いインタビューも撮れました~♪

あと5分ぐらいで搭乗時間です。

2010年12月26日 (日)

イノライフさんの記事より: 2010年「イノライフアワーズ」

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=125258

http://innolife.net/vote/10/index.php

http://innolife.net/vote/10/vote12.php?apm_id=12

ドラマの傾向について、例のスター神話&ビッグバジェット崩壊の件が取り上げられています。

聯合報: 張鈞甯痛扁 賀軍翔身心受創

http://udn.com/NEWS/ENTERTAINMENT/ENT2/6056158.shtml

yoku 贺军翔张钧甯爱在《幸福最晴天》作客腾讯名人访

大陸でのインタビュー番組です: http://v.youku.com/v_show/id_XMjMyMTYyMzk2.html

台湾でのプロモーションは1月~2月にかけてになります。

youku 贺军翔喜庆生日

http://v.youku.com/v_show/id_XMjMyMTQ0Mzg4.html

↑このファンミの終了30分後、日本の華流新雑誌用の「幸福最晴天」独占インタビューが行われました。

ファンミの時の衣装から着替えをしたマイクのクールな写真は1月25日創刊の華流新雑誌にて!

2010年12月25日 (土)

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~(7)

マイク・ハー&チャン・チュンニン インタビュー: 贺军翔张钧甯做客 《幸福最晴天》出演欢喜冤家

http://ent.hnce.com.cn/c/2010-12-25/36277.shtml

注: 北京でのプロモーション活動は12月22日に終了し、マイク・ハーご本人は現在台北に戻って来ています。本日の午後、台北のHOOTERSにて誕生日ファンミが開催されました。ファンミには同じ事務所のディラン・クオがプレゼンターとして登場。多くのメディアが取材に参じていました。この様子は間もなく報道されることでしょう。日本でも1月25日創刊予定の華流新雑誌で紹介される予定です。

2010年12月24日 (金)

台北到着~

やっぱり台北松山空港は便利です!

前回はクライントが車で迎えに来てくれたので相当楽だったのですが、今回は空港に直結している地下鉄MRTを使ってみてもやっぱり便利でした。

松山空港駅から2~3駅で市内の繁華街に着けるのですから!所要時間たったの10分!恐るべし。

今回泊るホテルが駅に直結しているのでこれまた便利!

海外に来たという感じではありません。まさに国内出張の感覚。東アジアがどんどん近くなっていいですねぇ。

20分後にクライアントとミーティングです。。。

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~(6)

マイク・ハーの顔がアップで映っている動画です:土豆網 - 《幸福最晴天》安徽卫视开播 贺军翔、李易峰联袂主演

http://www.tudou.com/programs/view/raBsuvwrspw/

羽田国際ターミナル

到着したのが早すぎたようです!

羽田国際ターミナルはガラガラです。

いともあっけなくチェック・インが終わってしまいました。

実は11月に台北に出張した時もガラガラだったんですよね・・・

開業時にあれだけ混雑していたのに、どうしちゃったんでしょ?

11月の出張の時は平日の午前だからすいているのかな?と思ってたのですが、

さすがに今回は週末だから混んでだろうな?と思いきやそうでもなく、

台北行き出発ゲートの待合スペースは人もまばらです。

ま、まだボーディングまで45分もあるんでね。。。

ヒマだな~、と思ってPCを開いてみたところ、ナント羽田国際空港には無料の無線インターネット接続サービスがあるではありませんか!ボーディング・エリアのフロアーではどこでも接続できるようです。2種類の無料ワイヤレスネットワークが接続可能なのですが、空港が提供している方は空港案内・フライト情報のページにしかアクセスできないようになっている一方、NTTはメアドさえ登録すれば無料でインターネットが使用できるようになっています。成田は限られたスペースでしか無料インターネットに接続できませんでしたが、羽田はいいですね。空港へのアクセスが良いだけではなく、こういったサービス面も良いですね。

空港へのアクセスといえば、京急は期待ハズレ~。

前回の11月の出張の時もそうでしたが、羽田国際ターミナル開業時に広告バンバン出していた「品川⇔羽田 16分!」なんていう電車なんか全然ありゃしないッス(朝の時間帯はないんかい?)。各駅停車ばっかりですよ・・・これにはガッカリです。品川で待てど暮らせど羽田快速なんて全然来ません。

ということで前回学習をしましたので、今回早めに家を出発したのですが、それにしてもどうやら早すぎたようです(笑)。

お蔭様で無料インターネットでこうやってブログを更新したり、「幸福最晴天」の最新情報を収集したりできてますが(笑)

2010年12月23日 (木)

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~(5)

更に良い動画が出ました:QIYI.COM - 《幸福最晴天》安徽卫视“幸福”发布 贺军翔坦言没压力

http://yule.qiyi.com/20101223/n140966.html

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~(4)

こちら↓更に写真が豊富: msn新聞- 《幸福最晴天》加熱台灣偶像劇之爭 賀軍翔、張鈞甯甜蜜牽手炫幸福

http://news.msn.com.tw/photo_asian.aspx?asianID=131607&anchor=1

http://ent.msn.com.tw/gallery/watch.aspx?sn=1012230023

レコードチャイナさんの記事から: 「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)北京PR

写真が豊富です⇒ http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=48001&type=5

明日から台北出張~ 「幸福最晴天」の旅

ってことで、本日はオフィスで仕事をしています。

昨日から大陸で 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 のプロモーションが始まり、台湾と日本の方もこれから連携してPR活動をして行くのですが、そのためのマーケティング会議が明日に、それから明後日の25日に、日本のテレビ放送用に主演のマイク・ハーのビデオメッセージの収録と、2011年1月25日に創刊の華流新雑誌用の独占インタビューがあります。

04260233

更にさらに昨晩急に舞い込んで来たのが、25日の昼に台北某所で行われるマイク・ハーの誕生日ファンミの取材インビテーション(汗)。

そんでもって、今日は「晴れ恋」の邦題ロゴの決定、年賀状の準備なんかもあってバタバタしておりやす。

年賀状はもちろん来年上半期に弊社がプッシュする「晴れ恋」をメインでデザイン。夕方に印刷が上がって来ました。キレイに刷りあがっています。

「晴れ恋」のロゴ・デザイン案も先ほど最終版が上がって来て、決定をしたところです。あとは映像に入れ込む作業・・・。

なんたって、第1話と第2話の納品が12月27日なんです(汗)。

明日の出張の準備は・・・今夜に始めます。いつも直前ギリギリで(笑)。台北は羽田から行けるようになったので、気楽なもんです。国内出張のような感覚です。羽田も楽なのですが、台北の松山空港の方は市内までタクシーで5~10分で到着するので更に便利。日本国内の辺ぴなところに出張するよりも全然便利なんです。ということで、のほほんとしちゃっています。

Img_5386_2

 ↑ドラマのオープニング楽曲の映像より。マイク・ハー、運動神経いいですねぇ!

さー、取材の方は無事に行けるでしょうか。

台湾・日本での情報露出は来年1月になってから本格的に始まります。どうぞお楽しみに!

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~(3)

こちらは↓動画:youku 张钧宁爱情事业都想要 李易峰恋姜文苦练台词

 http://v.youku.com/v_show/id_XMjMxNjA2NzY0.html

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~(2)

更に写真:http://dailynews.sina.com/bg/ent/tv/sinacn/20101222/04472101020.html

2010年12月22日 (水)

「幸福最晴天」(邦題:晴れのちボクらは恋をする)チーム、現在大陸でプロモーション中~

http://news.xinmin.cn/rollnews/2010/12/22/8465197.html

華流ドラマ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 中国のサイトsohu.comで出演者5人のインタビュー中継ing

出演者5人が、ドラマの内容や自分が演じた役について語っています。映像は途切れ途切れ、しかも音声と映像がシンクロしていなんですが、音声を聞いているだけでも面白いですヨ。

http://v.tv.sohu.com/20101216/n278342908.shtml

贺军翔、张钧甯、李易峰、李智楠、李金铭

直播间聊天(12月22日09:40开通)

直播留言地址【《明星在线》说吧】

2010年12月20日 (月)

台湾 日曜22:00台の偶像劇枠に激震走る

日曜22:00~と言えば台湾の偶像劇枠として定番の時間帯ですが、春~夏に放送された台視&三立の「PS男」終了後の秋のクールから異変が起こり、現在の冬のクールにはついに激震にまで発展してしまいました。

「PS男」までは台視&三立の作品は常に4%以上の平均視聴率をキープして常に日曜偶像劇枠トップの位置にいました(台湾では4%は大ヒット)。

しかし、秋のクールの新ドラマはナント平均で2%台という惨憺たる結果に終わってしまいました。2%台といえども日曜偶像劇枠のトップの成績はキープしてました(つまりその他競合のドラマも弱かったということです)。

台視&三立は冬のクールで巻き返しなるか?と注目されていたのですが、これまたナント、3週間前に始まった新ドラマは初回放送でさえ1%台半ば、その後2回目・3回目と視聴率は右肩下がりで、毎週毎週最低視聴率を更新している有様です。が、その他競合のドラマも振るっておらず、結局は台視&三立のドラマが日曜偶像劇枠トップの座に着いている状態。

昨晩他局で始まったアイドル・ドラマも1%ギリギリやっと。全体的に低気圧に覆われています。台湾のメディアもこの異変・激震を話題にしていて、「敗北」とか「今週も最低視聴率更新」というような見出しが躍っています。

来年新春のクールになるまで、こんな状態が続くことでしょう。

来年新春には「幸福最晴天」などの新作が投入されて来ますので、状況が好転するように祈っています。春の暖かい高気圧を待ちましょう~

「幸福最晴天」がシアワセの春の高気圧をもたらしてくれますように!!

華流ドラマ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 第6話~10話 素材落としチェック

早く第1話~5話の続きが観たくて―

本日第6話~10話を一気見してしまいました(笑)。

先週末に台湾から到着ホヤホヤのマスター素材から編集プロダクションの方がDVDに落としたものを今日の昼すぎに持ってきて下さり、午後はずっと・・・

これは単なる偶像劇ではありません!

「秋のコンチェルト」もただの偶像劇の枠を超えた良質な作品でしたが、「晴れ恋」も大人の鑑賞に耐えられるハイ・クオリティな出来です。見ていて飽きが来ないです。

どうぞお楽しみに!

華流ドラマ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 オープニング&エンディング楽曲

現在第1話・2話の日本語字幕制作作業中ですが、今回はオープニング楽曲とエンディング楽曲にも日本語翻訳を入れるべく作業をしています。

オープニング曲は元気になる楽曲です。エンディング曲はしっとりとロマンチックな楽曲です。

どちらも映像の作り込みが素晴らしい出来になっています。特に、オープニングの方はテンポが良く映像編集が凝っているので何度も何度も見てしまっています。お楽しみに!

◆オープニング

郭靜 「有溫柔」

◆エンディング

張韶涵(アンジェラ・チャン) 「傷日快樂」

◆挿入歌1

李易峰 「那首歌」 「忘記要忘記」

 ↑「晴れ恋」ではマイク・ハーの弟役。中国大陸の「加油好男兒」の全国大会8位になった人で、中国版「テニスの王子様2」のメンバーの一人です。アリエル・リンとの共演もうわさされています。

◆挿入歌2

李智楠 「你是我的奇蹟」

 ↑「晴れ恋」ではマイク・ハーの前妻の現恋人役。上海出身。日本に留学経験あり。

2010年12月18日 (土)

中華圏の有名サイト”百度”(Baidu)で 弊社の「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」のブログが話題に・・・

http://tieba.baidu.com/f?kz=957177203

弊社のブログの記事が中国語に翻訳されて紹介されていたのでビックリしました・・・

中華圏でもまだ作品の情報が絞られている状態なので、情報に飢えているのでしょうね~

中華圏での放送開始は2月の予定ですので、年明け早々から情報が出回って来ると思います。これだけ出来の良い作品ですから、話題になること間違いなしです!

どの場面を切り取っても絵になってますしね。本当にクオリティが高いですヨ。

お楽しみに!

電影宣伝自由人さんのブログから:本日のTBS 「王様のブランチ」 で 『モンガに散る』 イーサン・ルァン&マーク・チャオのインタビュー映像 放送予定!

いよいよ本日より台湾映画『モンガに散る』が日本でも劇場公開になりますね!

以下↓『モンガに散る』のPRを担当されているFREEMANさんのブログです:

http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002/e/ac2c7ac524f87b4e494df048489e884b

http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002/e/030b3275cc32d43645cc3b8f4acabd39

http://blog.goo.ne.jp/fightinglove2002

2010年12月17日 (金)

華流ドラマ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 第1話・2話 日本語仮MIX

ものすごいスピード感!ぐいぐい来ます。「キラキラ」「ワクワク」「ドキドキ」そんな感じです。

ドラマの展開もスピード感がありますが、日本語字幕作業も疾風のごとくスピード感があります。もう年末、しかも来週クリスマスだって言うのに、制作スタッフの方々に無理を言ってしまっています(笑)大家非常辛苦!

自分は第1話~5話と10話・15話・20話・23話・25話の中国語オリジナル版を既にスクリーニングしていましたが(でも中国語字幕なしだったんで耳と映像だけを頼りに)、日本語字幕が付くと更に細部がわかって面白かったです。この人とこの人の関係って実はそうだったんだ・・・みたいな発見があって。

早く続きが観たい!と思わせるドラマ展開です。スタッフの間で映像サンプル争奪戦です。「次はまだかぁー」みたいな(笑)。

来春をどうぞお楽しみに!

このドラマ、オープニング曲とエンディング曲と挿入歌と音楽面も素晴らしいです。そのうちMVが出回るかと思います。こちらも要チェックで!

*第2話から登場の実力派俳優さんたち↓ドラマを盛り上げます。やっぱりドラマは脇を固める俳優も大事。右の子役がこのドラマのキーに!

05030047

05100399 

Img_3393

2010年12月16日 (木)

レコードチャイナさんの記事より

今年台湾では「秋のコンチェルト」が大人気でした:

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=47801&type=5

お蔭様で日本のアジア・ドラマファンの間でも好評を得ました「秋のコンチェルト」。

引き続きBSでの放送をお楽しみ下さい。

まだ御覧になったことがない方はレンタルDVD&セルDVDでぜひどうぞ!

そして、来年の上半期は何と言っても 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」 ですゾ。本格的な冬が到来して急に寒くなって来たニッポンですが、春にはシアワセの高気圧が列島を覆うことでしょう~

2010年12月15日 (水)

華流ドラマ 「幸福最晴天」(中国語原題) の邦題と日本での放送決定!

華流ドラマ「幸福最晴天」(中国語原題)の邦題と放送が決まりました:

◆ 「晴れのちボクらは恋をする ~幸福最晴天」

◆ アジアドラマチックTV(So-net)さんで2011年3月6日(日)のスカパー開放デーにて第1話&第2話がプレミア先行放送決定~(4月から改めて第1話から毎週1話進行にて放送の予定です)。

来年春、桜の季節、シアワセな気持ちになれますヨ。

お楽しみに!!

05040161

05110723

 

2010年12月14日 (火)

本日の朝日新聞 朝刊 沢木耕太郎さんの「銀の街から」に 映画 『モンガに散る』

御覧になりましたか?

イーサン・ルァンを大絶賛されていましたね。

「・・・ヤクザ映画としてではなく、青春映画としての強烈な印象を。」で文章が括られています。正に!

台湾映画 『九月に降る風』のトム・リン監督がプロジェクトに参加していたためでしょうか、上質な青春映画としても仕上げられていると思います。

2010年12月13日 (月)

アジアンパラダイスさんの記事より

いよいよ今週末より台湾映画「モンガに散る」の劇場公開!ということで、今年10月の東京国際映画祭の時のプレミア上映の時の模様がPodcastで公開になりました:

http://asianparadise.sblo.jp/article/42074414.html

プロデューサーの李烈(リー・リエ)さんが脚本の大切さについて語っています。

2010年12月10日 (金)

明日12月11日(土)よりシネマート六本木さんで「『モンガに散る』公開記念 台湾映画特集」

http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20101120_6423.html

以前にもご紹介しておりましたが、タイム・テーブルも出ました:

http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/schedule/index.html

『九月に降る風』の上映時間は以下のとおりです:

12月11日(土):15:50 @スクリーン1

12月12日(日):15:50 @スクリーン1

12月13日(月):18:50 @スクリーン1

12月14日(火):18:50 @スクリーン1

12月15日(水):18:50 @スクリーン1

12月16日(木):18:50 @スクリーン1

12月17日(金):18:50 @スクリーン2

1週間の限定公開になります。

『モンガに散る』を御鑑賞される前に観ておくと『モンガ』がより楽しめると思います!

新ドラマ 「幸福最晴天」(中国語原題)

2011年上半期、東アジアがしあわせな気分に覆われることでしょう~

05040161

05110572

中華圏では、台湾の若手の中で小天(イーサン・ルァン)が金馬奨主演男優賞を受賞して一つ抜け出した感じで、「次は誰?」ということで小美(マイク・ハー)と小綜(ジョセフ・チェン)の名前が挙がっていて、彼らのドラマ対決が話題になっています:http://big5.ifeng.com/gate/big5/ent.ifeng.com/detail_2010_12/09/3421042_0.shtml

片方は既に先週日曜日から台湾で放送が始まって結果は御存知のとおり。。。Oh my God! もう片方は来年2月から放送開始予定です。

やはり最終的には内容(脚本)の良いものが評価され、結果的に好視聴率を得ることになるかと思います。

話数が20話を超えることが多い東アジアのドラマ(日本を除き)、しかも他にもたくさんのドラマがある中で、最終回まで視聴者の方々を惹きつけるためには魅力あるプロット&脚本開発が必要です。韓国エンタメ情報サイト「イノライフ」でも書かれていたように、スターの知名度だけに支えられているドラマはせいぜい1話~2話ぐらいで視聴者がついて行けなくなってしまいます。

良い企画を見抜くのはなかなか難しいところではありますが!

「幸福最晴天」は、最終回まで一気に行っちゃうようなドラマです!先月台湾のスタジオで7話分のエピソードを一気にスクリーニングしましたが(6時間弱)、あまりに出来が良かったので、疲れるどころか充実感でいっぱいでした。

一日でも早く日本の視聴者の方々に御覧になって頂けるよう頑張りたいと思います。応援宜しくお願いします。

2010年12月 9日 (木)

台湾ドラマ 「敗犬女王」 12月14日(火)~  ホームドラマチャンネルさんで放送開始!

http://www.homedrama-ch.com/hdc/program;jsessionid=907C2EE46B744472670F1BD7C1E7000F?action=showProgramDetail&oa_prg_frm_cd=110100412005596652

御存知の方は御存知のように、「敗犬女王」は台湾でクリスマスシーズンに放送が始まりました。

第1話にはサンタクロースやクリスマス・プレゼントが登場。

ホームドラマチャンネルさんで12月14日から放送が始まるのはシーズナリティ的にバッチリです。

まだ御覧になったことがない方、ぜひぜひ。

台湾ドラマ 「秋のコンチェルト」 第27話 オンエアー・チェック

本日の第27話「レイプ事件の傷跡」もグぐっと来ましたねぇ、シャオラーとトゥオイエの衣冠禽獣(いかんきんじゅう)に関するやり取り、泣かせるじゃアーりませんか。この二人は演技がウマいですね!

ところで、今日の放送で気づかれた方は気づかれたと思いますが、クァンシーに電話インタビューしようとしていた「i-Found」。これは「敗犬女王」の舞台になっていた出版社です。主人公のシュアンとルーカスが働いていた出版社です。

三立電視台のドラマはこういったギミックがよく出て来ます。

「秋のコンチェルト」の後半では、アメリカに移ったイーチエンが「敗犬女王」のアノ人と!・・・アハハ。なので、楽しむために「敗犬女王」もチェックしておいて下さいね。アミューズソフトさんから「敗犬女王」のレンタル・ビデオがリリースされていますので、お近くのビデオ・レンタル店さんをチェックしてみて下さいネ(http://www.amuse-s-e.co.jp/makeinu/)。

それから、今日の放送でもう一つ気になってしまったのが「北の家族 すなグ」という表記。スナックですってば(笑)。台湾ではこういった表記間違いの日本語看板をよく見かけますね~台湾に行ったらチェックしてみて下さい!

では、来週もお楽しみに!待てない方は、12月3日にエスピーオーさんからリリースされた「秋コン」DVD第3弾を(http://www.cinemart.co.jp/akicon/products/index.html)!

2010年12月 8日 (水)

2011年上半期、アジア・リパブリックが大々的にプッシュする華流ドラマの発表 (写真だけですが・笑!)

05110723

この写真を見ただけで作品名がわかった人はよっぽどの台湾エンタメ通です!

ほとんどの方はこのドラマの名前を御存知ないですよね??

まだ中華圏で放送が始まってませんからね!

来年2月の元旦・バレンタインのあたりに大陸&台湾で放送開始です。

ところで、主役の二人の他に、このドラマでブレイク必至なのが この人↓

Img_5160

さぁ、わかる人いますか?!御存知の方は華流エンタメ上級者です(笑)

既に第1話~5話、10話、15話、20話、23話、25話(最終回)の10エピソードをスクリーニングしましたが、「ハートに命中100%」と「秋のコンチェルト」を掛け合わせたような出来の良さです。

現在、日本語字幕作業中です。

お楽しみに!!

台湾出張 モンガの町

Image2651

↑「モンガに散る」のオープニングでタイトルが出て来るところの龍山寺の商店街

「モンガに散る」の劇場公開もいよいよ来週土曜日(12月18日)からですね!

これを記念して今週土曜日(12月11日)からはシネマート六本木さんではちょっとした台湾映画特集が企画されていますヨ(http://www.cinemart.co.jp/theater/roppongi/lineup/20101120_6423.html)。弊社の「九月に降る風」もセレクトされています。

で今日は、9月の台北出張の際に行ったモンガの町の写真をお見せしちゃいます。「モンガ」のロケ場所・テーマパークは、台北の西門町から2ブロックほど行ったところにあります。龍山寺の付近は問題ないのですが、萬華の奥まで入るとちょっとコワいエリアになりますので、台湾人のガイドが付かない場合には夜の散歩は絶対おすすめしません。日本人だけで行くのであれば昼間に行って下さい!

Image2652

Image2653

Image2654

Image2655

以下は、9月の出張時に台湾のテレビ局の方が連れて行って下さった故宮博物館のレストラン。翡翠の白菜を模した料理を始め博物館の有名宝物をテーマにしたコースでした↓

Image2660

Image2656

2010年12月 4日 (土)

弊社の癒し系マスコット犬 ”ナナ” の近況  

Image2153

Image2336

Image2411

Image2427

Image2458

Image2729

相変わらず愛くるしい表情で癒してくれています。

シッポをふって愛きょうをふりまいてくれているナナを見ると、

仕事の忙しさも忘れてしまいます。

賢くて、手間がかからない犬で、よく言うことを聞いてくれます。

歯磨きも お風呂も全然嫌がらないですし、

「床に降りちゃダメ!」って言えばお利口に聞いてくれますし、

「GO!」って言えば行ってくれますし、便利(笑)

時々、「何でこっちが考えていることがわかるんだろ?」

って言うぐらい心を読まれていることがあります。

左に曲がりたいなぁ~と思ってると左に曲がってくれて。

超能力があるんだろうか?

最近は運動能力がめきめき伸びています。

メチャクチャ走り込みます。

走るのが早いです。

胸と足にアスリートみたいに筋肉が付いて来ました(笑)。

ドッグランでもイタリアン・グレーハウンドと競っています。早っ

この子のスゴイのは物怖じしないこと。

相手に吠えられても怖気ずに凛としてますし、

吠え返したりすることがありません。

ただ、小さな子供は苦手なようです。

子供が手を出してくると、吠えまくります。

なぜ??理解できない”敵”だと認識してるんでしょうか??

いろいろな発見があって、毎日楽しい日々です。

2010年12月 2日 (木)

台湾ドラマ 「P.S.男」 第22話 オンエアー・チェック: ロケ場所は 2010台北花博!

今週11月30日(火)に放送された「P.S.男」第22話。

最後のシーンでアマンダ(ビアンカ・バイ)たちが記者会見の撮影を行っていたあの場所は、2010台北花博(http://www.2010taipeiexpo.tw/MP_6.html)の会場です(第23話の冒頭にも出て来ます)。

花博は11月6日にスタートでしたから、「P.S.男」の撮影はその随分前に行われています。

実は自分、11月の中旬に台北に出張した際に、花博に行って参りました。

クライアントに薦められて行ってみたんですけど、意外や意外、結構よい散歩になりました。午前8:30に会場に着いて端から端まで11:30まで歩きっぱなしで、普段運動不足の自分にとっては健康的に有意義な時間を過ごせました(笑)。

花博の会場はだだっ広いです↓御注意を!

http://beta.2010taipeiexpo.tw/ct.asp?xItem=8694&CtNode=6085&mp=6

MRT圓山駅の目の前の入場口↓

Image2702_2

花博会場は松山空港が近いため、しょっちゅう上空に飛行機が↓

Image2704

蘭の花が豪華↓

Image2705

Image2706

Image2707

果物を花仕立てにしたアート↓

Image2711

米粒アート↓

Image2714 

Image2716

Image2717

園内の美術館では篠山紀信さんの写真展をやってました↓かなり当たり!!

Image2719 

「PS男」第22話エンド・23話冒頭のロケ地の花博イベント・ドーム↓

Image2720 

Image2722

Image2723

Image2725

さてさて、今回の出張は、来年の上半期にアジア・リパブリックが仕掛ける新作ドラマの買付けが目的でした。メチャくちゃ出来の良いドラマが手に入りました。「キラキラ」「ワクワク」するドラマです。乞うご期待!もうすぐ発表します。お楽しみに!

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック