フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月31日 (土)

台湾ドラマ「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 イーサン・ルァン来日イベント 応募締切 明日23:00!

いよいよ明日(8月1日)23:00に応募締切です!お急ぎ下さい!

https://www.eigeki.co.jp/present/kenting_present.html

台湾ドラマ「秋のコンチェルト」第27・28話、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」第7・8話、日本語仮MIX チェック終了

「秋のコンチェルト」第27・28話、成語「衣冠禽獣」のことでシャオラーがトゥオイエに電話するシーンで泣かされます。それから、トゥオイエが妹のチーシンを連れてチーシンの実の母親に会いに行く回想シーンでも泣けます。後半戦、シリアスな映画ちっくな展開になって来ます。

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」第7・8話、チュウさん役としてニウ・チェンザが俳優として登場。ストーリー展開が更に面白くなって来ます。美術・小道具にも注目していて下さいね。オシャレです。

8月11日のイベント、お楽しみに!

2010年7月30日 (金)

「秋のコンチェルト」出演のフィガロ・ツェンのイベント

7月31日にフィガロ・ツェンのイベントがありますね。

http://www.k-poptown.jp/figaro2010/

彼は、「秋のコンチェルト」でヴァネス・ウー演じるクァンシーの親友ジャッコ(Jacko)役をやっています。養父の魔の手からムーチェンを守るために借り住まいをさせていた家を提供してくれたのがジャッコです。

クァンシーが脳腫瘍手術を受ける前の学生時代までの登場ですが、良い味を出しています。

BS日テレでの放送では、あと数回の登場になりますが、最後までお見逃しなく!

2010年7月29日 (木)

明日23:00~⇒本日24:00~BS日テレの「秋のコンチェルト」に注目!(2)

はい、答えはイーサン・ルァン来日イベントの告知でした!

詳細はこちら↓

https://www.eigeki.co.jp/present/kenting_present.html

応募締め切りは8月1日23:00です。お急ぎ下さい!

2010年7月28日 (水)

明日23:00~⇒本日24:00~BS日テレの「秋のコンチェルト」に注目!

放送開始が1時間延びてしまったようです!

2010年7月27日 (火)

明日23:00~BS日テレの「秋のコンチェルト」に注目!

TVCM枠に注目していて下さいネ!

2010年7月26日 (月)

NHK-BSでブルース・リー特集

今、NHK-BSでブルース・リーの企画が目白押し。

http://www.nhk.or.jp/bs/bs2.html

映画「燃えよドラゴン」、「ドラゴン危機一発」、「ブルース・リー 死亡遊戯」代表作3つが27日~29日の3夜連続で放送される他、俳優・倉田保昭さんが香港を訪ねるドキュメンタリーや、「熱中スタジアム」でもブルース・リー特集。

自分、リアルタイムでブルース・リーのブームを経験した世代です。

小学校~中学校の頃です。

ちょうど静岡から横浜に転校になった時ぐらいです。

でも、本当にハマっていたのは自分ではなく、2歳年下の弟の方。

彼は李小龍の写真集とか、ヌンチャクとかを買い込んで、ブルース・リーのマネをして同級生たちと遊んでいましたねぇ。

自分の方は専らロボットものとか、「最強美女 バイオニック・ジェミー」の方にハマってました。昔の夢は、ドクター・ルディみたいにロボット工学博士なることでしたから(笑)。

今振り返ってみると、アジア・エンタメとの接点はブルース・リーだったんですよね。そして、その後の「少林寺」のリー・リンチエ、「酔拳」のジャッキー・チェン。香港が入口だったけわけで。でも、あくまで、弟がハマっている香港アクションっていう感じで斜めに見てましたかねぇ。自分ではヌンチャックとかはやっていなかったと思います。子供の頃のアルバムを見てみると、弟はいつもブルース・リーの「アチョー」みたいなポーズをしていて(笑)。

今回のNHKーBSでの特集は江戸木純さんが協力をされているようです。

「日本映画 空振り大三振」(洋泉社)、面白かったです。

取りとめのない話でした。

2010年7月24日 (土)

エディ・ポンちゃんも!

本当に奇しくもなのですが、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」の放送がホームドラマチャンネルさんで始まる10月に、エディ・ポンちゃんがエイベックスさんの華流ライブ・イベントで来日するることになったようです。

Asia Music Summit ⇒ http://avexlive.jp/asia/

華流イベントでおなじみの品川ステラボールで10月16日(土)です。

有縁份~

2010年7月22日 (木)

台湾ドラマ「P.S.男」第3話、「秋のコンチェルト」第7話、放送終了~

日付変わって昨日、18:00よりBSジャパンさんで台湾ドラマ「P.S.男」の第3話「鋼鉄キバ女」(http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/story03.html)、いつもより1時間遅れて24:00よりBS日テレさんで「秋のコンチェルト」の第6話「脳腫瘍発覚」(http://www.bs4.jp/guide/drama/autumns_concerto/story/index.html)の放送がありました。

「P.S.男」はアマンダ役のビアンカ・バイの出演シーンになると演出が豪華になっているように見えませんか?画面が輝いているというか。そのように感じるのは自分だけでしょうか(笑)

「秋のコンチェルト」は一難去ってまた一難。クァンシーは学内法廷に勝利したものの、脳腫瘍が発覚し、どん底に落とされます。どうなる来週!?

2010年7月21日 (水)

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」日本初放送記念 イーサン・ルァン来日イベント開催決定!

以前告知させて頂きましたように、この10月からホームドラマチャンネルさんで「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」の放送が開始になりますが、これを記念して、主演のイーサン・ルァンの来日イベントが開催される運びとなりました。

イーサンが日本でファンと直接接するのはこれが初めて!(昨年秋の来日が公式初来日となりますが、その時にはファンと直接接する機会はございませんでした)

ドラマの初放送を記念して、50組100名様をイベントご招待プレゼント。

詳しくは下記のホームドラマチャンネルさんのHPをご覧いただき、ご応募下さい。

https://www.eigeki.co.jp/present/kenting_present.html

数が限られていますので、お早めに!

応募締切は2010年8月1日(日)23:00です。

2010年7月20日 (火)

台湾の不動産仲介業者「信義房屋」が日本市場に進出!

http://www.asahi.com/housing/news/TKY201007200504.html

中国人の日本不動産買いが加速してしまう。。。

しかも親日の台湾人の手によって。。。

なんとも複雑な気持ちですが、ビジネスに敏い彼らのことだから。。。

ところで、「しんぎふさや」って何だい、その日本語音読み翻訳、その「ふさや」って。「シンイー ファンウー」、「ファンウー」ですよ、「住宅」とか「家屋」とか。不動産屋さんってコッテすが、「ふさや」とかって言われてしまうと和菓子屋さん?ぶどう屋さん?なんて、思ってしまいました。

ま、そんなことは置いておいて、先ほどWBSで、中国人観光客争奪戦の特集をやっていました。韓国勢、さすがにスピードが早い!日本は安穏としていると、またまたオイシイ市場を奪われてしまうがな。

韓国人の中国語学習熱はハンパないです。生活がかかってるし、日本人のヤツらに負けてたまるかって感じで真剣に取り組んでいます。日本ではとうの昔に失われてしまったハングリー精神が、騎馬民族のDNAにはしっかりと生きています。我々も日本人も頑張らなければ!

「すぐに役立つ 中国人とうまくつきあう 実践テクニック」(吉村章 著、総合法令出版)

これから中国とのビジネスに乗り出そうという方への入門~初級書として、それから、大学の教養課程などでの異文化コミュニケーション論の参考図書としてもオススメです。

ただ、筆者が「まえがき」に書かれているように、「中国」と言っても実は一くくりにはできず、「地域差」「世代差」「業界・職業差」「学歴・経歴差」によって考え方・フィロソフィーが違うので、接し方も当然変わって来ます。

本書には入門・初級として必要な、「中国人とうまくつきあう」ベーシックな最大公約数の情報が盛り込まれています。筆者には、次の「中級篇」「上級篇」として、「地域差」「世代差」「業界・職業差」「学歴・経歴差」にまで踏み込んだものを期待したいと思います。

さて、本書を読み進まれると、きっと気が付かれることがあると思います。最大公約数の中国人像が、米国人の個人主義によく似ているのではないか?と。

会社に対する考え方、キャリア・アップに対する考え方、コミュニケーションの仕方に関してですが、米国への留学経験のある方、米国系の企業で働いていらっしゃる方、米国人の友達のいる方、または、異文化コミュニケーション論を学ばれている方が本書を読まれると、中国人と米国人は実は似ていて、逆に、日本人の方が特殊なのでは?と感じられると思います。

企業への忠誠、滅私奉公、終身雇用がスタンダードだった日本の方が、グローバル視点からすると異色。また、ほぼ同一民族、日本語が100%通じる日本では、白黒ハッキリと物事を言わなくても”察する”・”気づく”のが美徳とされているところがありますが、中国にしろ米国にしろ、キチンとハッキリと言わなければ伝わりません。『機動戦士ガンダム』のニュータイプのように阿吽の呼吸や以心伝心ができるのは、世界広しと言えども、日本人の方が特殊です。

なので、日本人が中国の職場でコミュニケーションうまく行かないという場合、米国でもうまく行かない可能性は大です。つまり、「中国人だから変」「中国が遅れている」とかいう目で本書を読むのではなく、逆に、「日本人の方が特殊なのかもしれない」ぐらいの視点で読み進んで行った方がよいかもしれません。

もう一つ例を。何か事故があった時、「対不起」と謝らないのは中国人だけではありません。米国人だって滅多なことでは「Sorry」とは言いません。この言葉を言ったら自分の非を認めたことになり、裁判で不利になります。

逆に、安易に容易に謝ってしまうのは、日本人庶民と台湾人庶民ぐらいでしょうか。

反対に、中国と米国でまったく違うのが契約に関する考え方です。契約は「努力目標」と考える(らしい)中国人は、契約は「守るべきもの」と考えるグローバル・スタンダードからは懸け離れています。

これには参りますが、被害を最小限に食い止める知恵が本書には書かれています。

本書を読み進む際には、グローバル視点で観てみて、本当に特殊な部分とそうでないものとを意識しながら読むと一層よいかと思います。

いずれにせよ、本書は、これから「中国」という広大な海に航海に出られる人にとって、最初のわかりやすい海図になっていることと思います。

2010年7月19日 (月)

「P.S.男」(原題:偷心大聖PS男)、昨晩台湾で最終回を迎えました。

昨日の7月18日(日)、台湾で、「偷心大聖PS男」最終回の放送がありました(90分台湾版の第21話)。

最終回はシリーズ最高の視聴率で締めくくり、大団円となりました。

今週の木曜日(7月15日)、最終回ロケ中の収録舞台裏に日本のメディアが入ることが許され、主役の藍正龍(ラン・ジェンロン)のインタビューに成功!

来月以降に発売される華流・台湾エンタメ雑誌に記事が掲載されますので、楽しみにしていて下さいネ。

ラン・ジェンロンは、台湾で開催されていた台北電影節のクロージング映画作品「酷馬」という作品でも主役をやっていて、何かと話題の人となっています。

彼の主演最新ドラマ、「P.S.男」は既に日本でも放送が始まっています。

BSジャパン毎週水曜日18:00~⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/

「P.S.男」でラン・ジェンロンの恋のライバル役を演じたウェン・シェンハオも台北電影節で日本の女優北川景子さんとプレゼンターを務めるなど、話題となっていました。

ラン・ジェンロン、ウェン・シェンハオと、台湾で大人気の実力派2大俳優が出演している「P.S.男」。お見逃しなく!

2010年7月17日 (土)

台湾ドラマ「秋のコンチェルト」第25話・26話、「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」第5話・6話、仮MIXチェック 終了

このところ日本語字幕チェックが立て込んでいます。

「秋のコンチェルト」第25話・26話はクァンシーの記憶がよみがえって、えー!そういう展開になっちゃうんだ!というターニング・ポイント。エピソードの舞台は再び台北に。ムーチェン、シャオラー親子は一体どうなってしまう?留置所送りになってしまったトゥオイエは?

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」第5話・6話はハンウェンがアナンと一緒にサーフショップ開店の準備!夢の実現に向けて着々と。そしてレインがいよいよ墾丁(ケンティン)入り。墾丁(ケンティン)の海の風景が奇麗です。この三連休は海に行きたい!と思わずにはいられませんでした(笑)。

「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」、8月中旬、何かが起こる。フフ。

2010年7月15日 (木)

台湾ドラマ「P.S.男」第2話、「秋のコンチェルト」第6話、放送終了~

日付変わって昨日、18:00よりBSジャパンさんで台湾ドラマ「P.S.男」の第2話「天使のいる幼稚園」(http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/story02.html)、23:00よりBS日テレさんで「秋のコンチェルト」の第6話「学内法廷」(http://www.bs4.jp/guide/drama/autumns_concerto/story/index.html)の放送がありました。

共通して裁判ネタでしたね。

「P.S.男」の幼稚園の先生は今はダサイ眼鏡をかけてて服装もパッとしませんが、キレイに変身して行くので楽しみにしていて下さいね。ソニアは台湾のスーパー・モデルさんですので。

「秋のコンチェルト」は、ムーチェンが継母に送った手紙のシーンで涙しませんでしたか?名場面の一つです。

さて、今日の「学内法廷」で、ヴァネス演じるクァンシーの敵方を憎々しげに演じていた俳優さんをご存じですか?

鄭有傑(チェン・ヨウチエ)という名前なのですが、台湾エンタメ通の方はどこかで聞いたことありませんか?

そうです、映画「一年の初め」「陽陽 Yang Yang」の監督さんです。

弊社で日本での配給を手掛けた映画「九月に降る風」(http://asia-republic.com/9wind/index.html)のトム・リン監督の盟友で、今後の台湾映画界を担って行く期待の星です。昨年の東京国際映画祭で「陽陽 Yang Yang」の上映・登壇のために来日していましたが、実はその時に、彼が俳優として出演していた「下一站、幸福」についての評価について聞いてみました。

自分の目でドラマを鑑賞して高い評価はしていたものの、まだ放送半ばでエンディングがどうなるのかもわからなかったので、買付けには不安がありましたものでして。

ヨウチエ氏曰く、俳優として出演を決めた理由としては、ドラマの監督に起用されたチェン・フイリンの才能に一目を置いていて、一緒に仕事がしたかったこと。それから、ヴァネス・ウーが非常に頑張って演技していること、チームが良い作品を作り上げようと一生懸命にやっていること等、前向きなコメントでしたので、トム・リン監督の盟友の言うことだし、ということで心を固めて行きました。

自分の作品の決め方って、ちょっと他社さんとは変わっていて、脚本+演出のチェックに加えて、出来るだけクリエーターたちの心意気を確認してから買付けたいと思ってます。

そして、彼らの作品に対する思いを裏切らないように、日本での展開を手掛けたいと考えています。一作品、一作品を大切に。

逆に、作品を観てみて、作り手に心が籠っていない、右から左に流したということがすぐにわかるようなウンコ作品は、すぐにトイレに流しています(笑)。

以上、買付け裏話でした。

2010年7月13日 (火)

台湾ドラマ「墾丁(ケンティン)は今日も晴れ!」 第1話~4話 日本語字幕 & オープニング映像 絶賛編集作業中!

実は、本日、一気に編集作業を進めています!

先ほどの暑中お見舞いの写真は、ドラマのオープニング映像に邦題を入れる作業のところで出て来た図案で、現在、本編集中なんです。

音楽付きでラフ映像をチェックしましたが、かなり良い感じでした。

出来上がりをお楽しみに!

暑中お見舞い申し上げます:台湾ドラマ「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」 邦題決定!

Photo_2

(注意:ラフ案です。コピー厳禁でお願いしますネ。禁止複製)

毎日蒸し暑い日が続きます。

アジア・リパブリックより暑中お見舞い申し上げます。

(沖縄以外は梅雨が明けていないので未だ早いのですが)

「我在墾丁☀天氣晴」の邦題が決定しました!

  ケンティン

「墾丁は今日も晴れ!」です。

原題のテイストを極力生かしました。

台湾の最南端、自然環境の美しい「墾丁」の爽やかな風を感じていただければ幸いです。

グローバル・ウォーミングの影響か、世界各地で異常気象ですが、健康管理等ご自愛ください。

放送告知:http://www.asian-hana.com/2010/05/xx-wayward-kenting.html

2010年7月12日 (月)

サッカーワールドカップは スペイン優勝で閉幕!

昨晩、頑張って、ナマ放送で観ようと思っていたんですけどねぇ

参院選の特番で目が疲れてしまって、カラダが持たなかったんです

NHK教育でキックオフまで解説を観ていたら眠くなっちゃって、そのまま寝ちゃいました。

起きてみたら、延長戦に到る大接戦の末、スペインが1-0で勝負を制していました。

「イニエスタ!」

今日19:00~テレ朝でワールドカップの総集編をやっていまして、それで決勝戦の模様を観ました。

中沢選手の日記、本田選手の軌跡、川島選手のベルギー渡航などの特集もあって、興味深かったです。

結局、本田選手は帰国後にどこのテレビ局の取材も受けなかったようですね、、、

本田選手は、ワールドカップ開幕前にテレ朝の「Get Sports!」で中田英寿氏との特別対談番組に出演していたので、ひょっとしたら今日の総集編でもサプライズがあるかと思ったのですが、本日の番組の中で使われていた本田選手の映像は、以前NHKで放送されていた独占インタビュー映像とオランダ・ロシアでの取材映像を、NHKとテレビマンユニオンから借りて再編集したものに過ぎませんでした。

おそらく本田選手にとっては、帰国後に日本のメディアに出演して小ガネを稼ぐことなど眼中にはなく、既に次の目標、夢の実現に向けて時間を大切に使っていたのかもしれませんね。ヨーロッパの複数のチームからオファーが来ていたようですから。

ワールドカップが終わって、川島選手がベルギーへ、長友選手がイタリアへ、内田選手がドイツへと次々とヨーロッパへ移籍して行きます。

サッカーの世界でも、ビジネスの世界同様に、グローバル人財が求められています。

世界での経験がないと、世界と対峙した時に、優位に戦うことが出来ません。

数年後、若手選手の海外での経験が、日本チームを更に強くしていることでしょう。

最近、海外旅行に興味がないという若者が増えているようですが、サッカー日本代表をお手本にして、どんどん海外に出て行ってもらったらいいと思います。

ユニクロは「民族大移動」を掲げて、全社員をグローバル人財に仕立て上げようとしています。楽天は、社内公用語を英語にしました。

好むと好まざるに関わらず、現代に生きる我々は、グローバル・ネットワークから逃れて生きることはもはや出来ません。

世界とともに、アジアとともに、東アジアとともに。

参院選特番はテレビ東京

昨日の参院選特番、皆さんはどのチャンネルでご覧になりましたか?

自分はテレビ東京でした。

19:54~の第1部は池上彰さんのMC、22:24~の第2部は小谷真生子さんのMCで構成されていて、第1部は池上さんのいつものわかりやすい解説で参議院選を読み解き、当選者に対してポイントを突いたインタビュー、第2部は「仕分け部屋」を模したスタジオに論客を招いての討論、途中、当選されたばかりの蓮舫議員も参加しました。

視聴率も高かったようですね。NHK、日本テレビに次いで、第3位だったそうです:http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20100712/enn1007121634023-n2.htm 大健闘です。

第1部、2部ともにナマ放送だったので、番組の進行がうまく行っていないところもありましたが、池上さんは動揺を顕にせず粛々と解説をしてくれていました。第2部の小谷さんは個性の強い論客たちの仕切りとタイム・マネージメントにあたふたされていましたね。

さて、そんな事より、選挙の結果、日本の政局がまたまた不安定になる構造になってしまいました。今朝の金融市場では、外国勢に円が大きく売られる展開となりました。

これからどうなってしまうニッポン?!政治も経済も落ち着きません。

2010年7月11日 (日)

NHKスペシャル 「サッカー日本代表 こうしてチームは甦(よみがえ)った」

以前このブログで、日本代表凱旋後、「自分的には松井のインタビューを聞きたい。それから、スイス合宿後に急速にチームワークが良くなった秘話など。」と書いたのですが(http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-10d7.html)、松井選手は次々とテレビ番組に出演してインタビューに応え、そして昨日はNHKスペシャルでチームワークが良くなった秘話を取材した「サッカー日本代表 こうしてチームは甦(よみがえ)った」という特別番組をやってくれていました(http://www.nhk.or.jp/special/onair/100710.html)。

やはり想像していた通り、カギはスイス合宿にアリ。

そして、その答えは、監督やスタッフは一切参加せず、代表選手23名だけで行った1時間あまりのミーティングでした。

その音頭を取ったのは、やはりこれまた想像していた通り、川口能活選手でした。さすが、年長の精神的支柱。期待とおりの動きをしたわけですね。

このスイスでのミーティングでは、代表選手たちが初めて腹を割って自分のホンネを語り合ったそうで、その中から選手たちの結束を決めることになった闘利王の発言が導き出されたとのこと:「オレたちはサッカーが下手クソだから泥臭くやらなきゃだめだ」

この日を境に、選手たちの間に大きな変化が出てきて、チームの連帯感が強くなり、兄弟・家族のような関係にまで親密になって行ったとのこと。

練習中でもお互いに声を掛け合い、積極的に意見を交わすようになり、練習後の合宿所では部活さながらだったようです。

(これは別番組で長谷部が言っていたことですが)食事の時には、川口能活選手が毎回いろいろなテーブルを回って選手たちと積極的にコミュニケーションを取っていたとのこと。

実は、これら一連のことは、企業にも共通して見られることですよね。

選手だけのミーティングというのは、現場によるブレイン・ストーミング。お互いに批判は一切しない・反対意見は出さないというルールの下、自由に意見を出し合うクリエイティブなミーティングです。商品開発やマーケティングの現場でよく使われる手法です。

川口選手が各テーブルを回ったコミュニーケションは、企業では部長や課長などの組織リーダーがやったり、人事部が補完したり。企業的に言うと、川口選手は将来の日本代表を託される人なのだと思います。

日本代表の選手が発表になったのが5月10日、ワールドカップが開幕したのが6月11日。それまで海外のチームやJリーグで別々に活躍していた選手たちが選抜されて、たった1ヶ月の間に日本代表としてのチーム作りをしなければならない、、、。あまりに短い時間です。でも、人間って極限の状態に置かれると、変わるんですよね。

開幕直前の4連敗は正にそれ。これをプラスのベクトルに転換させた日本チーム、そのリーダーたち。素晴らしかったと思います。

企業マネージメントの参考にもなりました。

さて、いよいよワールドカップも決勝を残すのみ。勝つのはスペイン?オランダ?日本時間の明日早朝です。

2010年7月 9日 (金)

サッカー日本代表凱旋 各局の報道 (5)

いやぁ~、昨日は結局ナマ放送で観ちゃいましたヨ、スペインxドイツ戦。朝の3:00からですヨぉ、眠かったのなんのって。でも、あまりにも好カードでしたから。北のゲルマンx南のラテンで。

今日の(日付変わっちゃったので昨日ですけど)午前中は体調ボロボロでまったく仕事になりませんでした(笑)。

なんかドイツの動きが受身でしたねぇ。スペインがほとんどボールを支配していた試合でした。スペインは攻撃のレア・チャンスを走り込みのヘディングでよぉ~く決めました。元鹿島アントラーズのアルシンドを思い起こしました。ヘアとスタイル、ははは(笑)。

さて、今日の「すぽると!」では、ベルギーのチームと正式契約した川島選手の映像が出ていましたが、川島選手は英語とオランダ語が話せるんですね!努力家!っていうか頭が良いのですね、きっと。本田選手も英語出来るし、松井選手もフランス語出来るし、サッカー選手って素晴らしい頭脳を持っているようで、、、というか常にフィールドでボールとプレイヤーの位置を把握しながら走り続けて頭使ってるんで、脳が鍛えられてシワしわになっているんでしょうね。生体電気信号が常に早いスピードで脳を走ってるんだろうから。

思い起こせば、高校の時のサッカー部の奴らって結構みんな頭が良かったです。

横浜の山手にある横浜緑ヶ丘っていう高校で、まあ進学校だったのでベース、頭が良かったんだと思いますけど、ほとんどが現役で早慶に合格してたんで、スゴイな~って思いました。サッカーやってて勉強する時間少なかっただろうに、何でそんなに試験も出来ちゃうの?ってぐらいエリート集団でした。

サッカーは脳に刺激を与えて血の巡りと神経パルスの巡りを良くするのかもしれません。机にかじりついてガリガリ勉強しているよりも高速で効率的に頭が動いてくれるのかもしれません。

子供にはぜひサッカーを(笑)。

チームワーク力も磨かれますヨ。

2010年7月 8日 (木)

「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」 第3話・4話 仮MIXチェック終了

このドラマ、深い!

実は以前にも観てはいたのですが、その時は自分の中国語力が及ばず、ネット小説のシーンなんかは付いて行けずに、???の状態だったのですが、今回日本語字幕が入った状態で観てみて、その内容の深さに改めて脱帽!

ニウ・チェンザ監督、やりますなぁ。

クラシック文学の表現があっちこっちで引用されていますし、セリフに頭の良さ・賢さが滲み出ています。

台湾の映像クリエーターの底力を改めて感じさせられました。

台湾ドラマ「P.S.男」第1話 放送終了。

7月7日(水)七夕。

18:00よりBSジャパンさんで台湾ドラマ「P.S.男」第1話の放送が始まりました。

台湾の今を時めく人気実力派俳優たちによる豪華共演、見ているだけでゴージャス感がありました。HDマスターなので画像もキレイ、俳優さんたちが美しく見えます。

さて、ドラマの冒頭、シア・フージエがインタビュー番組の収録を受けているシーンがありましたけれど、アレはわかりましたか?

台湾エンタメ通の人はすぐにわかったと思いますが、台湾の人気バラエティ番組「康煕来了!」のパロディですね。

番組司会のツァイ・カンヨンと小Sのコンビをパロっていましたので、知っている人は思いっきり笑ってしまったかと思います。よくやるよ、他局の番組なのに(笑)。

本日は第1話だったので、シア・フージエの恋のライバルが出て来ていませんが、「敗犬女王」で先輩役を演じていたウェン・シェンハオが出てきますのでお楽しみに。彼は「敗犬女王」でブレイクした後、「マダム・キラー」というニック・ネームで呼ばれています。ドラマで婦女子の心を鷲掴みにしました(笑)。

毎週水曜日、18:00~「P.S.男」、23:00~「秋のコンチェルト」、どうぞお楽しみに!

2010年7月 7日 (水)

台湾のスーザン・ボイル、林育羣(リン・ユィチュン)来日!

以前にも紹介した台湾版のスーザン・ボイルこと林育羣(リン・ユィチュン)ですが(http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-9528.html)、来日していたのですね↓

http://music.jp.msn.com/news/article.aspx?articleid=327537

ナマ声を聞きたかったです!

2010年7月 6日 (火)

ゆうパック 遅配

大ニュースとなっている「ゆうパック」の遅配問題。

あー、弊社にも遅配の影響が!

日本語字幕制作会社さんが、本日午前着指定で発送手配して下さっていた「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」第3話、4話の仮MIX DVDが13:00になっても届かず、14:00になっても届かず、15:30になってようやっと到着。。。せかっく空けてあったチェック用のスケジュールが狂ってしまいました。

まだ生ものじゃなかったからよかったですけど、生ものだったら大クレイムものです。

一体どうなっちょるぅ~

サッカー日本代表凱旋 各局の報道 (4)

昨晩は、フジテレビの「すぽると!」に川島選手が生出演。

「どや顔」って何?と思って観ていましたが、「どうや、やったやろ」したり顔のことでした。

感情爆発の顔写真が笑えました。

そんな川島選手、本日はベルギーのリエーセとの交渉のために成田から出国。サッカー・エリートへの道を進んでいます。日本のゴール・キーパーが海外に移籍するのは稀。以前川口能活選手がイングランドのポーツマスFCに行ったものの挫折を味わった過去があるので、今回は成功することに期待!

さて、昨晩は番組ザッピングをしていたら、NTVの「NEWS ZERO」にまたまた松井選手が生出演していました。

最近引っ張りダコです、この人。

話をしたら面白いってことが評判になったんでしょうか?それともサッカー協会のお墨付き?

最近の生出演番組では、長谷部選手、松井選手、長友選手、阿部選手が常連って感じで毎日露出しています。帰国後直後に出ていた岡崎選手は余り露出しなくなっちゃいましたね。おバカっぽい話しぶりに協会が待ったをかけたんでしょうか(笑)。

本田選手は相変わらず生インタビュー番組には出演していないようですが、先日、TBSの某番組を観ていたら、「600万円で出演オファーをしたのだけれど断られました」と言っていたので、やはりメディアを厳しく選んでいるようです。

ただ、その代わり、母校を突然訪問した様子が報道されていましたね。夢を持つこと、夢の実現に向けて努力することを子供たちに語っていました。

この人、真面目な人やで、と関心しました。外観から受けるチャラチャラとした印象とは違って、内面は夢の実現に向けて、自分に厳しく、ストイックにやっている人なんだと思いました。スゴイ人です。

本田選手のような若者がもっと増えてくれれば日本の未来も明るくなるでしょう!

加油、日本。

台湾ドラマ「P.S.男」、いよいよ明日18:00~BSジャパンにて放送開始!

台湾で絶賛放映中の高視聴率ドラマが早くも明日からBSジャパンさんにて放送開始!ホントに早っ!

BSジャパンさんの番組紹介HPページの「P.S.男」トップページ⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/

■イントロダクション⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/intro.html

■人物関係図⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/chart.html

■キャスト⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/cast01.html

■ラインアップ⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/lineup01.html

■ストーリー⇒ http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/story.html

最新の台湾エンタメをいち早くお楽しみアレ!

2010年7月 4日 (日)

サッカー日本代表凱旋 各局の報道 (3)

日本代表が敗退してからもワールドサッカーは続いています!

昨晩はドイツxアルゼンチンが4-0、スペインxパラグアイが1-0。

まさかアルゼンチンが準々決勝で4点差も付けられて負けてしまうとは!!!

メッシの動きがドイツの鉄壁な守りに封じられていました。ゲルマン魂、恐るべし。

さて、帰国後の日本代表のメディアでの露出ですが、昨晩の「すぽると!」に松井選手が生出演していました。

外見上はクールで取っ付きにくいイメージの松井選手ですが、内面はホットで人情味があって味のあるいぶし銀でした。関西の出身ということで、笑いのエッセンスがそこここに。でも、感情を抑えていて表情は変えないんですよね。そのアンバランスが面白い。

今日のNHK夕方のサッカー解説のゲストにも出演していましたが、感情抑え気味の淡淡としたコメントの中にいぶし銀が輝いていました。味のある人です。

今夜のテレ朝「やべっちF.C.」では、長谷部選手、松井選手、長友選手、阿部選手がゲストで鍋をつつくらしい??仲の良い4人のいじり・いじられが見られるかも。

フジテレビ「すぽると!」では、次回は川島選手が生出演すると言っていましたが、今日のことでしょうか??

「秋のコンチェルト」、7月7日 BS日テレさんでの放送はワールドカップのためお休みです~

7月7日に放送予定でした第7話「学内法廷」(http://www.bs4.jp/guide/drama/autumns_concerto/story/index.html)は、ワールドカップサッカー放送のため、次週7月14日に延期となります。

ご注意を!

2010年7月 3日 (土)

サッカー日本代表凱旋 各局の報道 (2)

帰国2日目、日本のTVメディアでは昨夕の記者会見時の今野の闘莉王の物マネ、森本の南アフリカの歌が話題をさらっていましたね。

夜は21:00NHKの「ニュースウォッチ9」に長谷部選手、阿部選手、長友選手が生出演、フジテレビ深夜0:23の「すぽると!」に長友選手が生出演、TBS深夜0:55の「SUPER SOCCER」に松井選手!が生出演。

が、しか~し、本日は注目の準々決勝ブラジルxオランダ戦が23:00からやっていたので、アッチ行ったりコッチ行ったり大変でした。しかも同じ時間帯でテレビ東京のワールド・ビジネス・サテライトも押さえておかないとならんので、テレビ2台と携帯のワンセグの計3画面でチェックという聖徳太子さんみたいなことをしていました。

深夜に番組に生出演していた長友選手も松井選手も同時刻に進行していたブラジルxオランダ戦の模様が気になってしょうがなかっただろうと思うのですが、、、

結果はナント、1-2でブラジルの敗退!日本チームは対オランダ戦は0-1だったので、日本はよく押さえたんジャンってことですよね。

それにしても、本田選手はテレビ局からの生出演要請には一切NOを出しているんでしょうかね?彼のコトバを聞きたいという人は多いと思います。おそらく、ストイックな性格だということなので、ワールドカップの全試合が終わるのを見届けるまで、メディアのインタビューには応じたくないとか、そういう感じなのでしょうか。いずれはカイザーの口から今回の日本チームでのことについて語ってもらいたいと思いますが。

明日は「すぽると!」に松井選手が生出演だそうです。

2010年7月 2日 (金)

「秋のコンチェルト」 ヴァネス・ウー インタビュー @A-Bloom 10th Anniversary Issue!

実業之日本社さんから「A-Bloom」最新号の見本誌が届きました。

A-Bloom編集部さん、第10号記念、オメデトウございます!!

ということで、今回は「華流ドラマロケ地ガイド」がオマケで付いています。充実!

P.16~21には「秋のコンチェルト」ヴァネス・ウー インタビューが掲載されています。

「秋のコンチェルト」、引き続き応援お願いします!

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)第21~22話、仮MIXチェック終了~

第21話、クァンシーの記憶がついに!!!

第22話、そしてクァンシーは!!

いよいよストーリーが佳境に入って来ました。

「その時アナタならどうする?」

サッカー日本代表凱旋 各局の報道

日にちが変わってしまいましたが、本日7月1日18:30から、サッカー日本代表の凱旋記者会見の模様が空港近くのホテルから生中継で報道されました。

主要地上波は各局ともライブで放送していましたが、各局に一長一短があって不満でした。

TBSのNスタは、記者会見の初っ端から映像が欠けました。吞気にCMを流している間に記者会見が始まってしまい、岡田監督の最初の挨拶を逃しました。

フジテレビのスーパーニュースは一番長く記者会見の映像を放送してくれましたが、右上隅の文字/ロゴ・ブロックがデカ過ぎて選手の顔が見えませんでした。途中でCMが入ったのも痛かったです。でも、今野の闘莉王の物まねや森本の南アフリカの歌までを放送してくれたんで◎。ええチームや~~^^

NHKは流石に映像が全体的にバランスよく、CMも入らなかったので良かったのですが、尻切れトンボ。記者会見が終わらないうちに天気予報のコーナーに行ってしまいました。大不満だったのは、自分がせっかくNHKをデジタル予約していたのですが、局側?(それとも番組表制作会社?)がデジタル番組表の放送時間データを途中で変更したらしく、録画が作動しておらず、歴史的なナマの会見映像を逃してしまったこと。その後のニュース番組で編集映像が流れたものの、川口キャプテンの挨拶などはカットされてしまっていたので、完全版映像が残せなかったこと。

夜22:00以降のニュース番組では、テレビ局のスタジオに選手が招かれての生インタビュー放送がありました。

NTVのZEROでは岡崎選手と大久保選手、TBSのNEWS23クロスでまたまた岡崎選手そして川島選手。フジテレビのスポルトでは長谷部選手。

アレ?あれ?あれ・・・メディアが一番騒いでいた本田選手はどこにも登場せず。どの局もブッキングできなかったんでしょうかね??明日以降どっかのメディアに登場するのか、それともメディア拒絶なのか?どうなっているんでしょう。

自分的には松井のインタビューを聞きたい。それから、スイス合宿後に急速にチームワークが良くなった秘話など。

どうやら、控えの選手たちがいろいろとサポートしたり気を遣っていたみたいですね。

でも、薄々そうなるだろうなとは思っていましたけれど、中村俊輔選手が帰国早々に日本代表を引退する表明をしたことは早すぎたかな、、、残念です。

明日は朝からどのようにメディアで報道されて行くのでしょうか?注目です。

2010年7月 1日 (木)

中国人旅行客への個人ビザ、本日より緩和!

また一つ、東アジアの扉が開きます。

日本を取り囲む経済環境は刻一刻と変化して行っています。

東アジア経済圏との一体化が刻々と深化して行っています。

我々は変わらなければなりません。Yes, we should, Yes we can.

坂本龍馬さんも草葉の陰できっとそう思っていることでしょう。

「P.S.男」(原題:偷心大聖PS男)、BS JAPAN さんのHPがオープン!(2)

PS(追伸):

ちなみにこの「P.S.男」(原題:偷心大聖PS男)は、台湾での放送が未だ終わっていないんです!

この日曜日に第18話(90分バージョン)が放送になったばかりで、あと数話が残っています。

台湾でまだまだ絶賛放映中の台湾ドラマが日本でこんなに早く放映されるなんて!

台湾で支持されているドラマをいち早く、リアルタイムで日本に持ってくるのが夢でしたので、嬉しい限りです。

台湾にお友達がいたら、トピックを共有して下さいね。

視聴率の高いドラマですから、きっと台湾のお知り合いも観ていることでしょう~。

お楽しみに!

「P.S.男」(原題:偷心大聖PS男)、BS JAPAN さんのHPがオープン!

7月となりました。

いよいよ来週7月7日(水)18:00~「P.S.男」放送開始!

ということで、BS JAPAN さんの「P.S.男」HPがオープンになりました↓

http://www.bs-j.co.jp/ps_otoko/top.html

素敵なデザインです。早速チェックしてみて下さいね!

毎週水曜日は、18:00~「P.S.男」@BS JAPAN、23:00~「秋のコンチェルト」@BS日テレで、最新の台湾高視聴率ドラマをお楽しみあれ!

この2つのドラマに共通なのは、天才子役のシャオシャオビン君。

見比べてみて下さいネ。

Please enjoy!

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック