フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月29日 (土)

台湾ドラマ「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」が本年10月に日本上陸!(2)

「華流.net」さんでもご紹介いただきました:

http://www.hualiu.net/index.php/newsinfo/1-news-info/187--wayward-kenting.html

2010年5月28日 (金)

NHK朝の連続テレビ小説 『ゲゲゲの女房』 の台詞 「貸し本業者はもうダメです~」にみるメディアの変遷

昭和37年前後、東京オリンピックの開催を前に一般家庭にテレビが普及して行き、それまで子供たちの娯楽の王様であった紙芝居が急速に廃れて行き、大手出版社が漫画雑誌の一般販売に乗り出したことによって、貸し本業が急速に廃れて行き、、、

NHK朝の連続テレビ小説『ゲゲゲの女房』は、そんなメディア変遷の時代背景を描いています。

テクノロジー/技術革新、大手資本のマーケット参入、業態革新などによって、その時代の主流メディアがどんどん変わって行きます。”今”現在も同様です。

戦後のメディアの王様だったテレビ・ラジオ・新聞・雑誌が、21世紀、インターネットの普及によって、その王座から引き摺り下ろされています。

消費者の情報消費(文字・音楽・映像)は専らPCに、携帯に、そして、iPhoneに、iPadに。

本日いよいよ日本でも午前8:00からiPadが販売開始になりました。

読書の形態が革命的に変わって行くことでしょう。

映画・テレビやゲームなどの映像消費の形態も変わって行くことでしょう。

今までテレビ画面で見ていたもの、レンタル店で借りていたもの、ゲーム機器で遊んでいたものが、iPadに集約されて行くことだって考えられます。

『ゲゲゲの女房』の時代も、現在も、”イノベーション”によって、世の中・社会はアッと言う間に変わって行きます。

ドラッカー先生の思考をもって世の中を観察しなければなりません。

技術面の他に、経済面で今、東アジア地域で大きな変化が起こっています。ラオックスに続き、レナウンも中国企業の傘下に。今後もこの傾向が続くことでしょう。生活レベルでも如実に変化が感じられるようになります。

いち早く”変化”を感じ取り、”変化”に合わせてこちらも動いて行かなければなりません。

その中に楽しい発見もあることでしょう。少なくともこの先10年、東アジア地区は非常に面白いと思います。

2010年5月27日 (木)

「秋のコンチェルト」 BS日テレさんのHP 公開準備中~

BS日テレさんより、「秋のコンチェルト」紹介ページのトップページのデザインを拝見させて頂きました。

秋らしい素敵なデザインでした。

台湾と日本の美の融合ですな。

日本人の情緒に訴えると思います。

来週早々に公開されると思いますので、お楽しみ!

BS日テレ、5月26日 「敗犬女王」 最終回 ⇒ 6月2日 「秋のコンチェルト」 初回放送

昨晩で「敗犬女王」が最終回を迎えました。

来週から「秋のコンチェルト」の放送開始です。

BS日テレさんで、告知CFが流れて行きますので注目していて下さいね!

請期待!

2010年5月25日 (火)

台湾ドラマの名作 「天国のウェディングドレス」 6月15日(火)21:00~放送開始 @スカパー!DATV

http://datv.jp/p000118/

「天国のウェディングドレス」は、台湾の人気俳優レオン・ウィリアムス、シンディー・ワン、ミンダオ主演の極上のラヴ・ストーリー。台湾ドラマの名作です。2004年の台湾偶像劇、最高視聴率をマークしました。

自分が台湾ドラマでパンチを食らったのも本作品でした。

海外ロケ(フランス)、英語と中国語のバイ・リンガルで展開される台詞、最新テクノロジー・通信機器・小道具満載。

台湾&台湾ドラマってスゴク進んでいるジャン!とショックを受けた作品です。

DATV = Discover Asia TV で、アジアの魅力を再発見できると思います。

どうぞお楽しみに!

「敗犬女王」 明日5月26日(水)で放送終了 @BS日テレ23:00~

http://www.bs4.jp/guide/drama/makeinu/story/index.html

いよいよ明日で最終回(第34話)!

シュアンとルーカスの恋のゆくえは!?

お楽しみに。

来週6月2日(水)23:00~からはヴァネス・ウー主演「秋のコンチェルト」放映開始です。

http://www.bs4.jp/guide/original/index.html

2010年5月24日 (月)

「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」のHDマスターが到着!

本日、早々と20話分のHDマスターが到着!ウレシイ!作業がはかどる!

台湾出張に行った甲斐があったというもの。

別にオネダリしたわけではないんですけどね。

こちら側の作品に対する真摯な態度が伝わったんでしょうかね。

監督・制作局側の想い、大事にさせて頂きたいと思います!

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)第17話・18話 仮MIXチェック

台湾出張から戻って来ての一発目の仕事が「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)第17話・18話の仮MIXチェックでした。金曜日と土曜日にやりました。

グローバルによる花田村土地買収には裏事情が!

探偵ストーリー的な話の展開に思わず引き込まれて行きます。

このドラマ、本当にいろいろな仕掛けがあって飽きないです!

台湾ドラマを観たことのない男性にもオススメです!!

2010年5月23日 (日)

NHK BS1 11時間ものW杯サッカー特集: スポーツ大陸 「すべてはW杯のために~サッカー日本代表 本田圭佑~」 (3)

6月6日(日)19:00~ テレビ朝日系列で面白い企画がありますね!

「2010FIFAワールドカップ開幕直前SP」 本田x中田のスペシャル対談があります。

http://wws.tv-asahi.co.jp/soccer/

http://www.sanspo.com/soccer/news/100521/scc1005210505002-n1.htm

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/soccer/news/CK2010052102000131.html

どんなことを話したんでしょう? 興味津々ですね。

やっぱり成田は遠かった。早く来い来い10月の羽田-松山線!そして、京急品川-羽田空港ダイレクト線。

あー、本当に恨めしかったです。

東京-台北なんて、たったの3時間ちょっとで行けるのに、空港への行き帰りのタイムロスと言ったら!

特に今回は腰痛と風邪を患っていたので、恨めしかったこと、恨めしかったこと。

10月の羽田-松山線開業が待ち遠しいです。

でも、値段は一体いくらになるんだろう??

それから、もうひとつ嬉しいニュースとしては、京急の大英断!

京急品川-羽田空港駅ダイレクト線の開業です!http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/170091

5月16日から既に稼動しているようですね。

10月の羽田国際線拡大を狙って着々とインフラが整えられているようです。

品川のホテル群も10月から外国客(特に出張のビジネスマン)がグンと増えることでしょう。

経済効果が期待されますね。

海外に開かれた都市、グローバル”東京”の真の始まりです。

今まで、東京の都市インフラはメチャメチャ世界一級レベルでしたけど、肝心な東京への外からのアクセスが最悪でしたので、外国客から敬遠されていたところがありました。

確かに蒲田駅高架化の建設に大田区がお金を出しているのは重要な考慮ポイントですが、”東京”を世界的ハブ競争の中でサバイブさせるためにはショウガナイことかと。

NHK BS1 11時間ものW杯サッカー特集: スポーツ大陸 「すべてはW杯のために~サッカー日本代表 本田圭佑~」 (2)

ちなみに、こちら↓、made in 清水、清水にゆかりのあるJリーグ・サッカー選手の一覧です:

http://www.geocities.jp/shimizumylove/local-players.html

改めて、清水ってスゴッ!

NHK BS1 11時間ものW杯サッカー特集: スポーツ大陸 「すべてはW杯のために~サッカー日本代表 本田圭佑~」

今週の台湾出張では、風邪を引くわ腰痛が悪化するわで体調が崩れてしまったので、週末は家でゆっくりと。。。

で、たまたまザッピングで当たったのが、NHK BS1でやっていた11時間ものW杯サッカー特集「ジャパンブルーに託す夢 徹底解剖!!FIFAワールドカップ」(http://www.nhk.or.jp/bs/japanblue/

午後2時台に『日本代表苦闘の50年』というのをやっていたのですが、貴重な映像でした。自分は子供の頃は静岡の清水に住んでいたので覚えています、世界のペレが清水にやって来た時のことを!小学校の掲示板に「ペレ来る!」のポスターが貼られて、学校中が盛り上がっていました。だって、世界のペレが、田舎町の清水に来るんですヨ!あり得ないですよね。大ニュースでした。その時にペレと交流した子供たちからJリーグでも活躍する選手が育って行きました。ドキュメンタリーの中では、堀池巧さんがインタビューを受けておられましたが、自分と同じく昭和40年生まれ。

昭和40年生まれの清水からは、長谷川健太、堀池巧、大榎克己の清水東三羽烏が高校サッカーで大活躍し、また、「ちびまる子ちゃん」のさくらももこさんも活躍されています。ペレの清水訪問の影響をモロに受けている世代です(笑)。ちなみに、長谷川健太さんとさくらももこさんは同じ小学校の出身(たぶん入江小)、アニメ版「ちびまる子ちゃん」の中にはそのエピソードが出てきました。

ドキュメントを見ていて意外だったのは、日本チームは個人の技能は高くてもチームワークがない、との指摘があったこと。

チームワークといえば、日本人の得意分野。逆に個人の方が弱いという理解だったのですが、野球界とは違ってサッカーでは違うんだ?と思ってしまいました。

ま、確かに、清水なんかもペレが来てからブラジル礼賛、サッカーの海外留学もブラジルを選ぶ人が多かったように記憶してますし、個人技を磨くことに重点を置いて行ったような記憶があります(中学1年の4月までしか清水にいなかったので、その後は知らないんですが)。

へぇ、ってな感じで昨日は番組を見ていました。

ぜんぜん話が違いますが、堀池さん、目尻にシワでちょっと老けちゃいましたね~(笑)

さて、昨日は途中で腰痛と風邪のため夕方にちょっと寝てしまったら、スポーツ大陸 「すべてはW杯のために~サッカー日本代表 本田圭佑~」を見逃してしまいました。

あー見逃してしまった!!!と思っていたら、今朝NHK本体の方で再放送をやっていました:http://www.nhk.or.jp/spotai/onair/228/index.html

これまた驚き。

今更なんでしょうが、本多選手ってスゴイな、と。テクニックも精神力も個性も飛び抜けていますネ。ヨーロッパにおいて、アジア人選手がキャプテンに指名されて「カイザー、皇帝」なんて呼ばれているなんて、今までにはあり得なかったこと。レギュラーを取ることでさえ難しく、単に日本からの観戦客を目当てにしたマーケティング・宣伝要員ってのがオチだったのに、第一線で活躍しているなんて!日本サッカーも、こんな選手を輩出するような時代になっていたんですね。今の若者は覇気がないなんて言われていますが、いつの時代もスゴい人はスゴいんです。素直に敬服しちゃいました。

心配は、日本代表チームに、チームの一員として溶け込んで活躍できるか?

キャプテンに指名された川口能活選手が個性ある選手で構成されたチームを仕切って行けるか?本田選手を生かして行けるか?どんなケミカル(化学反応)が起こるか楽しみです。一応川口選手もイギリスとデンマークのチームでの経験アリですからね(苦難でしたけど)

W杯までの短期間にチーム力を調整できるか?

テストマッチの結果に注目ですね。

台湾現地は 林志玲(リン・チーリン)の月9出演ニュースで大賑わい!

今週、ちょっくら台湾出張に行って来たのですが、毎日暑いこと暑いこと。

昼間の温度は気温計では33度ぐらいなんですが、台北は湿度がメチャクチャ高いので、体感温度は35度ぐらい。昼間は外で活動できません(泣)。室内にいるのが一番。

さてさて、台湾現地でテレビのニュースを見ていたたら、リン・チーリンの月9出演のニュースをあちこちで見かけました。新聞の芸能欄でもデカデカと。

キムタクとのキス・シーンが1分半以上も続いただの、キムタクの過去歴代ドラマの中でもこれは上位の記録だとか、、、台湾はこういったゴシップ系のニュース好きなんですよね~

気になる視聴率の方は・・・第2話にして早くも20%を割ってしまい、関西は更に厳しかったとのこと。

う~ん、あれだけの番組宣伝・PR・CMをやっていたのにもかかわらず、、、

逆に、初回では手堅い数字でも、2週目から徐々に右肩上がりになって行く方が、ドラマの内容が良いという評価になってウレシイんですけどね。

台湾ドラマ「秋のコンチェルト」は、まさにそういうドラマでした。

初回はソコソコの数字だったのですが(大きな台風が台湾に近づいていたのでニュース番組に視聴率を食われてしまい)、2週目からどんどん右肩上がりで視聴率を上げ、ついには歴代アイドル・ドラマ第2位の記録にまで上り詰めました。

ストーリーが魅力的でハマる人も多く、また天才子役の演技に泣かされる人が大量に!

現在、スカパー!DATVで絶賛放映中ですが、6月2日(水)23:00~からBS日テレでも放送になります。

今まで台湾ドラマを観たことがない人もぜひご覧になって下さいネ。イメージががらりと変わると思いますよ(笑)。東アジアの新たなる魅力を発見して下さい!

2010年5月21日 (金)

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、来月6月2日(水)~BS日テレにて放送開始!(4)

BS日テレさんのHPで、情報が更新されました:

http://www.bs4.jp/guide/original/index.html

「秋のコンチェルト」 ヴァネス・インタビュー @新創刊 華流ムック 「C*Trend」 (メディアックス)

株式会社メディアックスから新創刊の華流ムック「C*Trend」の見本誌が届きました(http://www.amazon.co.jp/gp/product/4862013783?ie=UTF8&tag=ming01-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4862013783)。

P29-39にヴァネス・ウー&「秋のコンチェルト」特集です!

ライターのmingming さんのブログより⇒ http://mangguobing.blog11.fc2.com/blog-entry-62.html

2010年5月19日 (水)

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、来月6月2日(水)~BS日テレにて放送開始!(3)

BS日テレさんのHPでも発表になりました!⇒  http://www.bs4.jp/drama/

2010年5月17日 (月)

「秋のコンチェルト」ヴァネス・ウー @ 「月刊テレビタロウ TV Taro」

ご報告し忘れておりました!

現在発売中の「TV Taro 4/29-5/31」(東京ニュース通信社)のP8、まるまる1ページにインタビュー記事が載っております。2月の来日時のものです。

表紙が市原隼人さんです。ヴァネスと同じ坊主頭。。。日台坊主頭比べ??(笑)

http://www.tokyonews-webstore.com/tvtaro/

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、来月6月2日(水)~BS日テレにて放送開始!(2)

現在発売中のテレビガイド誌「TV Japan」最新号の番組表の中に6月2日の「秋のコンチェルト」の番組名が出ていますヨ。

ただ、「ヴァネス・ウー」が「バネス・ウー」って表記されちゃってましたが。。。

最近、林志玲(リン・チーリン)の日本での露出が多いと思ったら・・・

日本の事務所はエイベックスさんだったんですね!

http://lin-chiling.syncl.jp/

「レッド・クリフ」つながりなんでしょうね、きっと。

ドラマにバラエティに広告に、そういうことだったんですね。ナットク。

台湾・中華圏の魅力を伝えてくれる伝道師になってくれることでしょう!

そういえば、昨日映画館で見た”QUALITA”のCMソングはalanだったような。。。

「レッド・クリフ」のテーマ曲を歌ったエイベックス所属の歌手。

”QUALITA”はガッツリ組んでいるんですね。。。

ワールドカップ・サッカー日本代表に川口能活選手(2)

(1)⇒ http://asia-republic.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-4d96.html

深夜寝る前にテレビをザッピングしていたら、テレビ朝日の「Get SPORTS」(http://www.tv-asahi.co.jp/getsports/index.html)で、川口能活選手がW杯日本代表に選ばれるまでの265日を追った密着取材をやっていて、思わず見入ってしまいました(http://blog.tvasobi.jp/entries/view/getsports/9826)。

病院でのリハビリ、夫のリハビリに付き添う妻の甲斐甲斐しさなど、普段では見ることのできない川口選手の姿をカメラが追いかけていました。

リハビリ中に見せた弱音とか怯えの表情、はたまた明るく気さくなコメントなど、いつもフィールドで凛として凄みのある川口選手からは想像が出来ない姿、とても新鮮でした。

川口選手は、活動の場が静岡の富士⇒清水(清商)⇒横浜(マリノス)、と変遷をしていて、自分と似ているんです。

自分の場合は富士におばあちゃんがいて、自分は清水で生まれ育って、中学1年生の時に横浜に転校して・・・という具合だったのですが、故に親近感を覚えることも多く。

挫折⇒リカバリー、挫折⇒リカバリーの不屈の精神には敬服です。

ドキュメントの中で、川口選手は自分のサッカー人生を、「紆余曲折、女房は大変だったと思う」とコメントしていました(「女房」という古めかしい言い方も川口選手らしい・笑)。

ヨーロッパでの挫折と、今回のケガによる挫折と、その他にもいろいろな挫折があったんだと思いますが、いつも不屈の精神で復活して来る姿には感銘を受けます。

昔から、自分に厳しく、練習の鬼。

そういった真摯でストイックな姿が周りを感動させ、信頼を得るんだと思います。

今回の岡田監督の決断もそういうことだったんだと思います。

ただただ敬服、尊敬いたします。

W杯、頑張って欲しいと思います。

そして自分も頑張ろう、東アジアと日本の架け橋として。

2010年5月16日 (日)

ドラマ「新参者」で泣く 日曜日の夜

日曜21:00~のTBSドラマ「日曜劇場 新参者」。

ストーリーがいい、脚本がいい、役者がいい、演出がいい。

倍賞美津子の回も、原田芳雄の回も、そして本日も、エンディングのところで泣かされっぱなしです。

心の底に秘められていた想いを知らされた時、思わず涙腺が・・・

「JIN-仁」もそうでしたが、最近、日曜劇場のクオリティが高いです。

日曜の夜から目が離せません。

今回のクールでは、NHKの土曜ドラマ「チェイス-国税査察官」 (http://www.nhk.or.jp/dodra/chase/)とTOPを争う出来の良さです!

唐突ですが、お隣、台湾でも、日本人が観ても頷くナットクのクオリティ・ドラマが制作されるようになっていますヨ。

秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)。

現在、スカパー!DATVhttp://datv.jp/p000059/)で絶賛放映中ですが、6月2日(水)23:00~からBS日テレでも放送開始になります。

第11話から登場する子役のシャオシャオビンに毎回泣かされっぱなしです。

国内外を問わず、天才子役っているもんなんですね、、、

中華圏・台湾ドラマを観たことがない方も、入門篇として観てみて下さいネ。ハマりますよ(笑)。そして、アジアの魅力の発見があります。アジア・ドラマに興味のなかった制作スタッフもハマってしまって、映像サンプルの奪い合いになっています(笑)。「でしょ!」みたいな。既に鑑賞されている方、周りの人に教えてあげて下さいね。

台湾の林志玲(リン・チーリン)、旅のブランド ”QUALITA”のモデルに

本日山手線に乗ったらリン・チーリンがいっぱい。

・・・車内吊り広告のことです。

"QUALITA"と書いてありました。

これって何だろう?と思って、家に帰って来てからネットで調べてみたら・・・

http://qualita-travel.com/

旅行の新ブランドのようでした。

HPのトップページにはリン・チーリンの説明文が。

ちなみに、山手線の車両はキムタクもいっぱいでした(笑)

アサヒ飲料の”TeaO”(ティオ)の車内吊り広告のことです。 (http://www.asahiinryo.co.jp/newsrelease/topics/2010/pick_0510-3.html

つまーり、「月の恋人~Moon Lovers~」コンビ。

ということで、明日の放送、高視聴率を維持しますでしょうか?

第2回は上海から東京に場所を移してストーリーが展開する模様です。

2010年5月15日 (土)

台湾ドラマ「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」、キックオフ・ミーティング

昨日、「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」の日本語字幕制作の第1回目キックオフ・ミーティングがありました。

制作会社さん、テクニカル担当さん、翻訳者さん、番販担当さん、弊社で、大画面でDVDを観ながら基本情報のシェアと今後のスケジュリング・進行の仕方などについてお話合いをしました。

このドラマ、海の風景がキレイなんですよね~

思わず海に行きたくなりました。

いつかぜひ墾丁(kenting)に行ってみたいものです。

世界のサーファーたちからも愛されている土地なんですって。

ハワイやグアムにまで行かなくっても素晴らしい海の観光地が日本の近くにあったんですね。

「秋のコンチェルト」第12話+ヴァネス・ウーSPインタビュー2010前編&後編、本日DATVにて放送!

本日5月15日(土)、今夜のDATVさんの放送はヴァネスづくしです↓

ファンの方、お見逃しなく!

http://datv.jp/timetable/daily/

21:00 ヴァネス・ウーSPインタビュー2010前編

21:30  ヴァネス・ウーSPインタビュー2010後編

22:00  台湾ドラマ「秋のコンチェルト」#12

今夜の「秋のコンチェルト」を観る前に、先週のおさらい⇒ http://datv.jp/p000059/outline-011.html

先週からストーリーが「花田村篇」に入りました。なんと言っても子供のシャオラーに注目を!

お楽しみに! 

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、来月6月2日(水)~BS日テレにて放送開始!

ヴァネス・ウー主演の「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、お陰様で、好評につき、6月2日よりBS日テレの水曜23:00枠にて放送開始決定!

「敗犬女王」の後続番組となります。

ご期待下さい!

Image2257

ヨっ、お待たせしましたっ

2010年5月14日 (金)

台湾ドラマ「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」が本年10月に日本上陸!

Photo

(c) Public Television Service Foundation.Taiwan 提供:アジア・リパブリック

ニウ・チェンザ監督xイーサン・ルァンxエディ・ポンxチャン・チュンニン主演の「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」が本年10月に日本上陸!

本年2月に台湾で劇場公開されるや空前の大ヒット、台湾映画として歴代第2位の興行成績を残した「艋舺/MONGA」のニウ・チェンザ監督xイーサン・ルァンのコンビでおくる台湾のハイクオリティ・ドラマ「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」がホームドラマチャンネルにて10月 より放送開始!

詳細はこちら⇒ http://www.asian-hana.com/2010/05/xx-wayward-kenting.html

弊社で今年下半期に大事に扱って行きたいプロジェクトです。台湾ドラマは日本コミックのリメイクものだけではなく、オリジナルでハイクオリティのものも作られている!ということをぜひお伝え致したく。

そもそも台湾で現在活躍している映像クリエーターには、80年代の台湾映画ニューウェーブのDNAを引き継いでいる方も多く、テレビドラマ業界でも活動しています。

ニウ・チェンザ監督は正に代表格です。今年の春節(旧正月)に台湾で劇場公開された「艋舺 MONGA」は作品評価が高いだけではなく、商業的にも台湾映画歴代2位の記録を打ち立てる大ヒットとなりました。7月に開催される第12回台北電影節の台北電影獎の長編劇映画部門にもノミネートされました:http://asian.cocolog-nifty.com/paradise/2010/05/post-2c3f.html (アジアンパラダイスさんより)

「我在墾丁☀天氣晴 wayward kenting」(邦題未定)、ご期待下さい!

2010年5月13日 (木)

アクターズ・スタイル台湾別冊「台湾ドラマ パーフェクトガイド 完全保存版」(2)

そういえば!

ヴィック・チョウ&マーク・チャオ主演の「ブラック&ホワイト」(原題:痞子英雄)の日本放送がやっと決まったようですね。

「台湾ドラマ パーフェクトガイド 完全保存版」のP84~で紹介されています。

スカパー!DATVさんで6月12日(土)から放送開始とのこと。

2010年5月12日 (水)

「秋のコンチェルト」 DVD収録用メイキング映像 届く

台湾からDVD収録用メイキング映像が届きました。

これが良い出来なんですワ。

何度も編集をやり直しをしたというだけの価値アリです。

ヴァネスはドラマ撮影の時に本当に中国語で苦戦してたんですね~

インタビューで何度も苦労話を聞かされていましたが、映像として見てみると、ここまで大変だったんだ!と感銘をさえ受けました。周りからさんざん中国語のことを揶揄されて、落ち込んだんだろうなー、きっと。

DVD用の特典映像なので、楽しみにしていて下さいね!

スカパー!DATVさんから 「秋のコンチェルト ヴァネス・ウー スペシャル・インタビュー2010 後編」の放送済み映像が届きました。

DATVさんのオフィスでプレビューがあったのが1ヶ月ほど前。

何箇所かの修正が入った完成版が放送されたのが4月24日(土)。

完成バージョンが本日送られてきました。

編集マンの方、頑張りましたねぇ~

ちなみに、インタビュー当日、通訳を担当してくれたのは、前職ワーナーの時の同僚。

今やプロの通訳として映画祭や対談に引っ張りだこです。

ありがたや、ありがたや。

「秋のコンチェルト」 on アクターズ・スタイル台湾別冊「台湾ドラマ パーフェクトガイド 完全保存版」

本日竹書房さんからアクターズ・スタイル台湾別冊「台湾ドラマ パーフェクトガイド 完全保存版」の見本誌が届きました(http://www.amazon.co.jp/%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%AF%E3%83%88%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89/dp/4812441595)。

ヴァネス・ウー インタビューと「秋のコンチェルト」の特集がP33~43まで掲載されています。2月の来日&放送開始から早3ヶ月弱。時間過得真快!視聴者の皆さん、楽しんで下さっているでしょうか!

「月の恋人~Moon Lovers~」 初回放送

http://sankei.jp.msn.com/entertainments/media/100511/med1005111106003-n1.htm

初回視聴率は22.4%だったとのこと。

台湾でも林志玲(リン・チーリン)のことを中心に騒がれています:http://www.libertytimes.com.tw/2010/new/may/12/today-show3.htm

個人的には、日本企業による上海の工場買収・閉鎖、工員の抗議のシーンが大陸の方でどのように受け取られるか?に関心を持ちました。現実の世界では、日本企業が中国大陸で強引にコトを進められることはレアだと思います。

2010年5月11日 (火)

「緑のシンフォニー~緑光森林~」本日5月11日より テレ朝チャンネルで放送開始!

http://www.tv-asahi.co.jp/channel/contents/dorama/0317/

現在、台湾での視聴率男&映画「MONGA」もメガヒットのイーサン・ルァンがメジャーになるキッカケとなったテレビドラマ「緑のシンフォニー~緑光森林~」が、本日5月11日よりCSテレ朝チャンネルにて放送開始!

共演のレオン・ウィリアムスは「天国のウェディングドレス」でブレイクしたシンガポール出身のモデル。

美しい森林の風景と、イケメン対決が見ものです。

ちなみに、主演女優のエスター・リウは「九月に降る風」でイェン(リディアン・ヴォーン)の浮気相手の女子学生役だった人です。

ワールドカップ・サッカー日本代表に川口能活選手

昨日の14:00~、日本中の注目がワールドカップ・サッカー日本代表選手の発表に集まっていたと思います。

岡田監督から発表された選出者リスト。

一番最初のゴールキーパーの発表でサプライズがありました。

3番手で名前が上がった川口能活選手。

記者団からもドヨメキの声が上がっていました。

今回で4回目のワールドカップ出場となる大ベテランの川口能活選手。

清水出身者で知らない人はいませんし、誇りでもあります。

清水映画祭で「九月に降る風」が上映された会場=清水文化センターに隣接している清水商業高校(通称、清商)が川口選手の母校。数々の有名選手を輩出しているサッカーの名門校です。 

                                        清水商業の校舎↓

Image2570_2

清水商業時代の1993年の高校サッカー大会、鹿児島実業との準決勝、長崎の国見高校との決勝戦は今でも語り草です:http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/hs/86th/data/back/back_05.html

鹿児島実業は当時、前園や城が活躍していた時代です。

自分の父親が鹿児島出身、母親が清水出身なので、面白い対決だなと思って当時は観ていました。

ちなみに、今自分が住んでいる武蔵小山には、国見高校サッカー部の名物監督=小峰忠敏監督のお兄さんが経営しているパン屋さんがあるんです!「パン工房こみね」。テレビ東京の「出没!アド街ック天国」でも紹介されたことがあります:http://www.tv-tokyo.co.jp/adomachi/041016/01.html

あっちこっち繋がっていて面白いものです。

ちなみに、今回のワールドカップ日本代表中、静岡関係者は6名。静岡のメディアでの取り上げられ方はこんな感じです⇒ http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/shizuoka/100510/szk1005102233000-n1.htm  

ガンバレ、ニッポン!

2010年5月10日 (月)

本日の「SMAP x SMAP」に台湾の女優リン・チーリンが登場

本日から放送開始の話題の月9「月の恋人~Moon Lovers~」。

その女優陣、篠原涼子、リン・チーリン、北川景子が今夜の「SMAP x SMAP」に登場。

http://navicon.jp/news/7810/

http://wwwz.fujitv.co.jp/b_hp/smapsmap/index.html

「月の恋人」の初回は上海ロケからですし、番宣もガンガンやっているので、高い視聴率が狙えるのでは!?

台湾から第2のスーザン・ボイルが生まれましたね(といっても男性ですが)

台湾の有名オーディション番組「星光大道」から世界に羽ばたくビッグな才能が輩出されましたね。

米国の有名バラエティ・ショー「エレン・デ・ジェネシス・ショー」にも招聘され、世界中で話題になっています↓

http://www.youtube.com/watch?v=DPqEkaYVX0M

いじめられっ子だったいうから感動ものですね。

2010年5月 7日 (金)

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)第15話、16話 日本語字幕仮MIXチェック

ゴールデンウィーク明けの昨日、ギリシャ・ユーロ圏問題と沖縄問題で騒がしい一日になりましたが、今朝になってNY市場が暴落、日本市場も急激な円高と大幅な株安に見舞われ波乱模様。世界経済が再び大暴風圏に入りそうで恐い。

さて昨日は、「秋のコンチェルト」第15話、16話の日本語字幕仮MIXチェックがありました。

第16話は「秋コン」名シーンの一つ、「父兄参観日」。

シャオラー君の名演技にまたまた泣かされてしまいます。

子供って大人が想像している以上に大人だったりすることがあります。

台湾で加藤清史郎クン並みに大人気のシャオシャオビン君(シャオラー役)に要注目です。

2010年5月 2日 (日)

4月30日、銀行はゴッタ返し

2末〆決算に基く税金の支払いに行って来たのですが、4月30日は通常の月末というのに加えて、ゴールデンウィーク直前ということもあって、銀行内はゴッタ返し。支払い手続きに1時間もかかってしまいました。

ゴールデンウィークは期間中天気が良さそうですね~sun

久々にゆっくり過ごそうと思います。

昨日5月1日は朝9:00から健康診断に行って来ました。今は「生活習慣病予防健診」って言うんですね。昨年はブッチしてしまったので、結果はどうなることやら?!気になります。

品川区指定の大崎にある健診クリニックは、駅に直結した新しいビルの中にあって利便性が高く、院内は最新設備とスペーシャスで清潔感がある上にスタッフのサービスが異常に良くって、満足度が高かったです。以前に行っていたところよりも格段に良かったです。

上海万博開幕!

万博公式サイト⇒ http://jp.expo2010.cn/xwzx/index.htm

5月1日の開幕の直前、4月30日に行われた開会式には各国要人が招かれていましたが、日本からは鳩山首相は行かなかったのですねぇ。韓国はイ・ミョンバク大統領が行っていたのに、日本の東アジア外交、大丈夫でしょうか??まあ、国内の普天間問題でそれどころではないのかもしれませんが。開会式での招待者座席位置、日本は最前列には入れてもらえてなかったですね。。。http://www.chunichi.co.jp/article/national/news/CK2010050102000044.html

昨日の開幕初日は会場は大混乱だったようですね:

http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp1-20100502-624875.html

6月13日のSMAPのミニ・ライブは大丈夫でしょうか???怪我人が出ないことを祈っています。整理券は配布されるんでしょうか?

清水映画祭(2)

清水映画祭ご報告:

Image2576

↑会場の清水文化センター。4月27日当日は雨に祟られてしまいました。

 写真は大ホールですが映画祭の会場は別館の中ホール(500名規模)。

 建物老朽のため(築38年)、2年後には閉館となり、JR清水駅前に新築移転とのこと。

 閉館する前に、思い出のホールで映画を上映できて良かったです。

Image2567

↑会場1階フロアーの立て看板。「九月に降る風」の写真が3点。

Image2574

↑3階の会場入り口。「清水文化センター 中ホール」

Image2573

↑会場内ホワイエの様子。ポスター、写真パネル、パンフレット販売。

 映画祭事務局スタッフの方々の手作り感♪

Image2570

↑清水文化会館のお隣はサッカーの名門「清水商業」、通称「清商(きよしょう)」。

 川口能活がいた頃、清商は黄金時代。J-Leagueには清商出身の選手がいっぱい。

Image2572

↑上映ホール入り口、座席見取り図。

B会場初日の4月27日(火)16:10~「九月に降る風」の上映後、17:50~シネマトークに参加しました。約30分間、台湾映画と「九月に降る風」に対する思いを語って参りました。清水映画祭では、ホウ・シャオシェン監督やエドワード・ヤン監督の作品も過去に上映されていたとのこと。特に、「クーリンチエ少年殺人事件」は、「九月に降る風」のトム・リン監督が映画業界に入るキッカケとなった作品ですので、ご縁ですね。

頑張れ、清水。

 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック