フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2009年度決算⇒確定申告 | トップページ | 渋谷シネマ・アンジェリカ「アジア映画祭り」で台湾映画「九月に降る風」が上映 »

2010年4月24日 (土)

台湾映画 「九月に降る風」、清水映画祭へ

いよいよ今週、清水映画祭で上映されます:http://www.shimizu-eigasai.jp/item/DV11/2543.html

上映スケジュールはこちら⇒ http://www.shimizu-eigasai.jp/schedule/MOD15th/ (期間中、合計4回上映されます)

清水は自分の故郷です。中学校1年の4月まで清水の草薙に住んでいました。父の転勤の関係で、5月のゴールデンウィーク後から横浜の中学校に転勤になりました。

だから、ちょうど○十年前の今頃だったんですね、横浜へ引越する準備をしていました。

その頃、「コロ」という名の茶色の柴犬を飼っていました。

清水の自宅は一軒家で、しかも目の前がだだっ広い茶畑とミカン畑だったので犬にとっては幸せな環境だったのですが、横浜は社宅だったので、犬は不可。で、泣く泣くコロを手放して隣の家の人に飼って頂くことになりました。

清水の家を離れる当日、ガランとした家に一人残されたコロ。自分たちがクルマで横浜に出発する時、コロは犬小屋につながれている状態でした。

取り残されてしまうという気配を感じたんでしょうね、とても激しく泣き出しました。つないである鎖が引きちぎれんばかりに激しく。

そして、終いには、なんと腰を抜かしてしまったんです。初めて知りました、犬が腰を抜かしてしまうなんて!涙・涙のお別れでした。

その時の映像は今でも鮮明に覚えています。

コロは、自分が横浜で高校に入る頃にはこの世を去りました。寵愛していた動物の最後を看取るのはとても辛いことですが、その時は幸いに離れ離れになっていたので直にそのような経験をせずに済みました。

いま、その子供の時の思い出を心に抱きつつ、ナナを飼っています。

Image2502

人さまのベッドで寝てしまうナナ。赤ちゃんのような天使の寝顔confident

Image2503

  「何でちゅか?」 キミがいなくなってしまったら今度はパパが腰を抜かしてしまうよ。いつまでも仲良くね。

さて、清水映画祭に話を戻しますが、「九月に降る風」の第1回目の上映が行われる4月27日は父親の誕生日でもあります。映画の上映が誕生日プレゼントになればと思っています。良い親孝行になればとscissors

« 2009年度決算⇒確定申告 | トップページ | 渋谷シネマ・アンジェリカ「アジア映画祭り」で台湾映画「九月に降る風」が上映 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/34364950

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾映画 「九月に降る風」、清水映画祭へ:

« 2009年度決算⇒確定申告 | トップページ | 渋谷シネマ・アンジェリカ「アジア映画祭り」で台湾映画「九月に降る風」が上映 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック