フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、本日 @スカパーDATV 第2話放送  | トップページ | 「中国語ジャーナル」(アルク)で3ヶ月連続の『敗犬女王』特集(CJ特選シアター) »

2010年3月 6日 (土)

「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、第11話~16話 マスターQC(クオリティ・チェック)

先週台湾から届いた国際版(60分版)マスター第11話~20話のうち、第11話~第16話までのQC(クオリティ・チェック)を実施。

第16話の父兄参観、やっぱ号泣です。父兄参観の終わりにシャオラーが言う台詞に心を打たれます。

放送開始時の番宣では、台湾版「冬のソナタ」という分かり易いキャッチでアイ・キャッチをしていますが、「秋のコンチェルト」は実はそれを超えるオリジナリティを持っています。それは、第11話から始まる「花田村篇」に登場するシャオラーの存在です。日本で「天地人」がキッカケでブレイクした清史郎クンのような感じで、このドラマで台湾の人気者になった天才子役。昨年末の台湾政府の行事にも招かれたくらいです。愛らしい表情に大人顔負けのセリフを言うので心を鷲づかみにされます。ご覧になった方はみんなきっとシャオラーの虜になることでしょう。

台湾アイドル・ドラマの流れを変えた「秋のコンチェルト」の日本放送、どうぞお楽しみに!

もはやアイドル・ドラマではありません。クオリティ・ドラマです。監督さんが映画センスをもった女流監督なので、ドラマが全体的に映画的な雰囲気を持っています。台湾のユン・ソクホ的存在になって行くんじゃないでしょうか。

« 「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、本日 @スカパーDATV 第2話放送  | トップページ | 「中国語ジャーナル」(アルク)で3ヶ月連続の『敗犬女王』特集(CJ特選シアター) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/33655183

この記事へのトラックバック一覧です: 「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、第11話~16話 マスターQC(クオリティ・チェック):

« 「秋のコンチェルト」(原題:下一站,幸福)、本日 @スカパーDATV 第2話放送  | トップページ | 「中国語ジャーナル」(アルク)で3ヶ月連続の『敗犬女王』特集(CJ特選シアター) »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック