フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 「中国語ジャーナル」(アルク)で3ヶ月連続の『敗犬女王』特集(CJ特選シアター) | トップページ | 第82回 アカデミー賞 発表 »

2010年3月 7日 (日)

NHKスペシャル 「MEGAQUAKE 巨大地震」

ハイチ大地震、チリ大地震、台湾高雄大地震と、このところメガ級の大地震が立て続けに起こっていたので、本日の放送は相当視聴率が高くなったのではないないでしょうか?

http://www.nhk.or.jp/megaquake/

本日のテーマは、「長周期地震動」。増え続ける超高層ビルへの警鐘でした。

正に超高層ビルが林立する東京に住んでいる自分にとっては他人事ではないテーマでした。

幸い、自分の住んでいる武蔵小山は地盤の固い台地の上で、しかも、中低層の建物が大多数なので、まだちょっとは安心できるのですが、それでも最近は東京都の定めた「洒落た街条例」の第一号指定地域ということで、駅に近い場所に19階のマンションが建てられるようになって来たので、オチオチとはしていられなくなって来ました。もしあのマンションが倒壊したら自分の住んでいるところに、最上階部分が倒れて来るのでは?なんて考えてしまいました。

高層マンションが建つ時の住民説明会では、古い家屋がゴチャゴチャしていた地域は大地震の時には危ないということで区画整理をして高層ビルを建てますというように、地震対策を前面に出しての説明だったのですが、今日のNHKスペシャルを観ていたら、逆に危ないのでは?という不安がつのりました。

それにしても、本日の放送がキッカケで、超高層マンションに住んでいる人やオフィスで働いている人は不安を抱えずにはいられなくなるのでは?

超高層マンションの購入を考えていた人もきっと躊躇してしまうことでしょうから、マンション市況がまた悪化してしまうのでは?とか、いろいろ考えてしまいました。

それと同時に、昔から”東海大地震が来る”と言われている静岡出身の自分としては、実家のことを思わずにはいられませんでした。

山の方なので、工業地帯の大火事とか大津波とかは心配ないとは思いますが、地割れとか何が起こるかわからないので不安です。

大自然の災害の前では人間の存在はちっぽけですから。

映画「2012」の世界は、あながち虚構ではないと思わずにはいられなくなるNHKスペシャル「MEGAQUAKE 巨大地震」シリーズです。次回は3月14日、「津波 TSUMAMI」がテーマです。チリ大地震で実際に津波が日本にも到達したばかりなので、タイムリーな特集です。これまた必見。

« 「中国語ジャーナル」(アルク)で3ヶ月連続の『敗犬女王』特集(CJ特選シアター) | トップページ | 第82回 アカデミー賞 発表 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/33675648

この記事へのトラックバック一覧です: NHKスペシャル 「MEGAQUAKE 巨大地震」:

« 「中国語ジャーナル」(アルク)で3ヶ月連続の『敗犬女王』特集(CJ特選シアター) | トップページ | 第82回 アカデミー賞 発表 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック