フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月29日 (火)

年末のご挨拶まわり

昨日4件、本日1件、年末の挨拶まわりが終わり、2009年の業務終了です。

少し経理処理が残っていますが、それを終えたら静岡に帰省します。

Image2143 「中国語も勉強しますワン」

「良いお年を!新年好!」

2009年12月27日 (日)

台湾映画『九月に降る風』、本日 新文芸座シネマカーテンコールにて再上映です

http://www.shin-bungeiza.com/schedule.html

ノーボーイズ,ノークライ(2009/日=韓/ファントム)

10:00/14:15/18:30
九月に降る風(2008/台=香/アジア・リパブリック) (終映22:30)
12:15/16:30/20:45
【7のチカラ割引】韓国と台湾の両方に渡航歴のある方は777円!(要証明。パスポートなど)

2009年12月25日 (金)

25日、年賀状を郵便局に。

今日は朝5時から自然と目が覚めてしまい、せっかくなので、24H OPENのマクドナルドに年賀状のたばを持ち込んで、朝食をとりつつ最終チェックとコメント入れの作業。

終わったのは8時半すぎ。結構熱中してしまいました。

この間のHSK試験の時といい、我ながら結構集中力が続くものです。

9時半には郵便局に年賀状を持ち込んで、一安心、一安心。

正に、早起きは三文の得でした。(o^-^o)

2009年12月24日 (木)

名刺整理に「メディアドライブ やさしく名刺ファイリング PRO v.9.0 スキャナ付」

http://mediadrive.jp/products/ymfp/index.html

今年の年賀状は、コイツ↑で楽々業務処理。

名刺の入力作業は基本的にはスキャナで。

文字化けしてしまったものだけ修正するという感じだったので楽チンでした。

データベース機能や、ラベル印刷もお役立ちですし。

ただ、海外の名刺の読み込みはダメですな。英文も中文も。

説明書では英文名刺はOKのはずでしたが、アカンでした。

海外クライアント用には別のソフト買おうかな。

Image2147 「よし、そうしよう!ドスコイ」

年賀状の枚数、結局、昨年の倍ぐらいでしたが、明日25日にはすべて郵便局に持ち込めそうです。

2009年12月23日 (水)

年賀状に名刺整理に弥生会計にファイナンスに

師走とはよく言ったもので、年の瀬にいろいろと雑事に追われています。

ニュース番組や中国語会話CDを聴き流しながら淡々とこなしています。

意外とハマってしまっています。

気がつけばこんな時間。

Image2101

「仕事まだ?」とマスコット犬が訝しげに見ています。

Image2125_2

「みんな、『九月に降る風』観てくれた?秀作だワン」と申してます。

12月27日、新文芸座のシネマカーテンコールで再上映されます。

2009年12月22日 (火)

中国と台湾、FTA協議推進で合意

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091222-OYT1T01350.htm

東アジアのおヘソでチャクラが開く。

2009年12月14日 (月)

習近平国家副主席 来日。なんとも早い展開で

先週小沢氏が中国・韓国訪問(http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20091213_6)、今週は中国の習近平国家副主席が来日(http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091214-OYT1T00335.htm?from=navlp)。この師走になんとも早い展開で。

中・日・韓、北東アジア外交が目まぐるしく展開されています。

明日の天皇陛下との会見、日中のメディアでどのような報道がなされることでしょう。。。

2009年12月13日 (日)

チャイナ・パワー 第3回 膨張する中国マネー

http://www.nhk.or.jp/special/onair/091213.html

G2時代到来。

この現実を突き付けられた衝撃。

映画版『ハゲタカ』(http://www.hagetaka-movie.jp/index.html)の世界がよりリアルに。

世界的な政治・経済・社会の大変容。

今正に目の前で起こっているこのパラダイム・シフトから目を背け逃れることはできません。

変化に適応して行かねば。大津波に備えよ。

HSK(漢語水平考試)2009年冬季試験

http://www.jyda-ie.or.jp/hsk/top.htm

本日、HSK(漢語水平考試)2009年冬季試験を受験して来ました。

試験会場は西早稲田の早稲田理工学部。

中国語版TOEICのような試験で、コミュニケーション実践重視。

試験内容 問題数 試験時間
ヒアリング
50
約35分
文法
30
20分
読解
50
60分
総合穴埋め
40
30分
合計
170
145分

という内容です。

考えるヒマなんてほとんどなく、反射神経で速攻で答えて行かなければ制限時間内での全問回答は不可能です。まさにTOEIC型。

本日は朝から頭がハイになっていて、試験中も自分でも驚くほど集中力が持続し、アッという間に試験時間が終了し、終わった時には充実した気持ちでした。

今回は何級まで行けるでしょう?結果は年明けです。

2009年12月11日 (金)

遣唐使がゆく

現代版「柵封」??

600人強に及ぶ視察団が中国の胡錦濤国家主席詣でのニュースを見て、そんなコトバがフト頭をよぎりました。

2009年12月10日 (木)

マイ・ブーム: JJエイブラハムの『Fringe フリンジ』

http://www.amazon.co.jp/FRINGE-%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B8-%E3%80%88%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%B3%E3%80%89Vol-1-Blu-ray-%E3%82%A2%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%B4/dp/B002WYMO24

見事にハマってしまいました。。。

2週間前、ワーナーのパブリシティ担当の方から、「イチ押しの新しいTVシリーズを仕掛けますんで」とプッシュされて頂戴したDVDサンプル。

先ず、デザインが目を惹きました。濃い藍色ベースに何とも不思議なカエルの写真。アーティスティックでもありミステリアスでもあり、何かを期待させるものでした。

それから、DVDサンプルと言いつつも、正規商品と言っても過言ではない豪華パッケージに、ディスクが6枚も入っていて、ファースト・シーズン20話すべてをスクリーニングできるようになっていました(最初はディスクが1枚だけ入っているのかと思っていたので驚きました)。「イチ押し」というのも納得、すごいチカラの入れようなのでした。

解説文を読んでみると、このTVシリーズは、『ロスト』、『スタートレック』のJJエイブラハム&BAD ROBOTが手掛けたというから興味が沸かないわけがなし。しかも、パイロット版に10億円もかけているとか。スケールが違います。

TVシリーズは、一度ハマってしまうと睡眠不足が続くので躊躇もしましたが、第1話を観始めてしまったら、やぱっり止まらなくなってしまい、中毒、フリンジ・アディクトになってしまいました。

全エピソードを通して描かれる大きな謎+エピソード毎に解決される超科学事件がテンポよく絶妙にブレンドされているので、『○○○』のようなカッたるさ、イライラ感がなく、次から次に観たくなってしまうのでした。(お蔭でちょっと体調崩しましたけど・笑)。今までヒットしたTVシリーズや日本アニメのエッセンスがいっぱい詰まっていて楽しいです。

ファースト・シーズン最終回の最後の場面にはアッと驚く人物が登場します。早く第2シーズンが観たい!

日本では来年、ビデオ先行でリリースされるようですが、フリンジ・アディクトになる人が続出することでしょう~。

早速友人にサンプルを渡して薦めましたが、きっとアディクトが感染するに違いない(笑)。

2009年12月 8日 (火)

羽田ハブ化: 蒲蒲連絡線構想復活は?

http://umichan.chat-jp.com/kamata/column/kamakama.htm

「東武東上線・西武池袋線==東急東横線==東急多摩川線==蒲蒲連絡線→羽田空港」

この↑構想は復活しないでしょうかね?

羽田へのアクセスがもっと楽になれば尚いいですがね。

滅び行く島国!? 「グッドモーニング・プレジデント」

今秋、東京フィルメックスと併設で開催されていた「韓国映画ショーケース2009」。

何作品か鑑賞させて頂いたのですが、会場はどの作品も熱心な韓流女性ファンでいっぱいで、そのパワーに驚かされました。

その中の一本、「韓国映画ショーケース2009」のメイン・ビジュアルにもなっている「グッドモーニング・プレジデント」は、開場前から入り口付近がごった返していました。

http://www.filmex.net/kfs/2009/sakuhin.html

”韓国大統領”の人間的側面をコミカルに描いたエンターテイメント作品で、描かれた大統領3人のうち一人がチャン・ドンゴンです。

全体的には微笑ましく楽しい作品なのですが、二人目の大統領=チャン・ドンゴンのパートの中で、ビックリするようなシチュエーションと台詞が出て来て思わず「エッ!?」と声を上げてしまいました。

日本が北朝鮮の領海を挑発したため今にも戦争が勃発しそうで、米国海軍が日本の自衛隊をともなって韓国領海を通るのを許可するようにと米国大統領が韓国大統領に迫っているんですね。そして、チャン・ドンゴンから発せられていた台詞の中に「滅び行く島国」というのがあって・・・。それまで微笑ましく楽しく鑑賞していた映画ではありましたが、一気に気分が冷めてしまいました。この映画監督の独特な日本感なのか、それとも、韓国の一般市民はフツーにそういうように日本のことを考えているのか?怖くなりました。

「東アジア共同体」への道のりは険し・・・が、あの歴史的に犬猿の仲だった独仏が今やEUの盟友で中心的役割を果たしていることを鑑みれば、まだ道は。

映画の中でいろいろなことを発見したり考えさせられたりするものです。

「グリーン・デイズ」というイラン映画でもそうでした:

http://www.filmex.net/2009/sakuhin/fc03.htm

アジアの中でも西アジアは我々東アジアからは地理的にも文化的にも違いが大きく、また、なかなか現地一般の情報や心情を知りえないですが、映画がその”窓”の役割を果たしていたりします。

今年イランの大統領選挙でアフマディメジャド氏が再選されたこと、その背後にある問題を認識させられました。

http://blog.goo.ne.jp/kuranishimasako/e/5dbb2a766c53a73db2c0f311f2bb4056

台湾ドラマ「敗犬女王」 vs 日本「おひとりさま」 (2)

日本と台湾社会の類似性が高い故か、ドラマの展開にも類似性がありますね。

http://ameblo.jp/winds-of-september2/entry-10366467994.html

どちらのドラマも、現在日本で絶賛放映中ですが、主人公の30代前半のシングル女性が8歳以上も年下の男子とひょんなことから同居することになり、恋愛感情が芽生え始めたところで、前カレが登場して心が揺れる、という展開を迎えています。

この先の展開、日台で違いは出てくるでしょうか。

2009年12月 7日 (月)

東京羽田-台北松山便 来年秋!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091124-00000052-san-bus_all

やっとです!これで東京⇔台北の日帰り出張が可能になります。

台北から夕方便で帰って来ても、京急線品川方面が待っていてくれる!!!

(成田発の成田エクスプレスは夕方便の到着を待ってくれない。リムジンバスも少ない)

来年10月が待ち遠しい。

『九月に降る風』DVD発売決定! 2010年2月24日リリース。

9_jkt

2009年8月29日よりユーロスペース、シネマート新宿他にて劇場公開された台湾映画の傑作『九月に降る風』のDVD発売が決定しました!

”青春からの卒業”がテーマだった本作品、日本の卒業シーズンに合わせて2010年2月24日(水)にレンタル/セル同時リリースです。

「この10年間の台湾映画のベスト」と評されている本作品をぜひご鑑賞あれ!

------------------------------------

セルDVD(本編DISC 1枚)
ASBY4565 価格:3,990円(税込)/3,800円(税抜)
2008年/台湾=香港/
本編107分/ 1:1.85 ビスタ/ステレオ/片面1層/北京語/日本語字幕
特典映像:プロモーション映像ほか(約20分)
DVD発売日:2010年2月24日(水)、レンタル同時リリース
提供:アジア・リパブリック・エンターテインメント株式会社
発売・販売元:アミューズソフトエンタテインメント株式会社
© 2008 Mei Ah Entertainment Group

http://www.amusefamilyclub.jp/shopdetail/011001000074/order/

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック