フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 羽田空港の整備を優先 | トップページ | 全日空、沖縄貨物ハブ計画を始動 »

2009年10月25日 (日)

東京国際映画祭2009 東アジア映画

映画祭のお楽しみ、映画で世界旅行。

東アジア共同体の隣人たちの国を、北から南に旅行してみました。

■中国:「天長地久 Heaven Eternal, Earh Everlasting」(永遠の天)

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=9

中国の現代劇もの映画もここまで進化したか!と目から鱗の体験をした映画でした。編集に少々難アリのところはありましたが、真的没有”土”的感覚。ありがちなダサさを感じませんでした。と思ったら、リー・ファンファン監督はニューヨーク大学で映画を学んだ人で、撮影監督は同大学出身の西方人の好朋友。記者会見で中国の若い記者がコメントしていましたが、「自分たち中国の若い世代を等身大で描いてくれた初めての映画だ!」。エポック・メイキング的な作品になるのだと思います。東京国際映画祭がワールド・プレミアということですが、SARSを描いた部分は、果たして中国での劇場公開の時には中国当局のセンサーシップを無事通過することができるでしょうか。中国の現代もの映画はこれからどんどん進化して行くんでしょうね。目が離せません。

<TIFF press conference>

http://tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=1271

http://tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=1252

1) http://www.youtube.com/watch?v=WbdPaSjbyIw&feature=related

2) http://www.youtube.com/watch?v=6--JONYSR74&NR=1

3) http://www.youtube.com/watch?v=MWgYApOS-4Y

4) http://www.youtube.com/watch?v=Vdf7xrokjB8&feature=related

<TIFF Q&A Oct.19>

1) http://www.youtube.com/watch?v=OjWBCVrLyu4&feature=related

2) http://www.youtube.com/watch?v=AJdMoQnNfM8&NR=1

3) http://www.youtube.com/watch?v=3hAOCs6qxrg&feature=related

主役の黄明(ホァンミン)のブログ:http://blog.sina.com.cn/huangm

東京国際映画祭で来日してからの写真が毎日Upされています↓

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4949717e0100fyn3.html

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4949717e0100fzik.html

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4949717e0100g07l.html

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4949717e0100g0uc.html

http://blog.sina.com.cn/s/blog_4949717e0100g21n.html

スター街道を駆け登って行くことでしょう。

■中国:「麦田」

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=83

中国映画のいわゆるtypicalな。

時代背景は春秋戦国時代末期、秦が趙を滅ぼすところ。趙の牧歌的な田園風景と主演のファン・ビンビンが美しく。木火土金水の日、ゆっくりと時が流れます。

■中国:「愛してる、成都」

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=81

う~ん、荒削り。

■韓国:「よく知りもしないくせに」

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=77

途中までしか鑑賞できなかったので残念!映画祭と映画監督が題材なので映画の仕事に携わっているいる人には興味深いテーマ。お金のかかっている映像っていうわけではないですが、ほんわか笑えて和めました。8年ぶりに再会した友人の家で一夜過ごしてそのあとどうなったのだろう?

■台湾:http://ameblo.jp/winds-of-september2/entry-10366081261.html

コメント割愛で。

■香港:「机器侠 Kung-Fu Cybord」(カンフー・サイボーグ)

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=85

ザッツ・香港エンターテイメント!100%娯楽で面白いッス。しかしまあ、香港のCG技術はスゴいですね。「トランスフォーマー」の技術をここまで取り込んじゃうなんて脱帽。それから、香港・アジア映画好きな人だったら笑えるセリフやシチュエーションがそこここに。最後はホロっと。

■マレーシア:「心魔 At the End of Daybreak」(心の魔)

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=91

香港ノワールと台湾ニューシネマをうまくブレンドしたような作風ですかね。マレーシアというお国柄、広東語と普通語とマレー語と英語が出てくるマルチ・ランゲージ映画です。マレーシア映画界の動きに注目すべし!とは聞いちょりましたが、ホー・ユーハン監督はさすが、マーティン・スコセッシと師弟関係を結ぶ最終候補3人の一人になっているというのが頷けます。故ヤスミン・アフマド女史とは盟友。現在、日本との合作プロジェクトが進行中とのこと。

■シンガポール:「The Blue Mansion」(青い館)

http://www.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=93

全編英語、時々普通語とマレー語。緻密な脚本設計で傑作でした。その秘密はQ&Aに。この映画の作り、舞台をやっている人には特に響くと思います。グレン・ゴーイ監督、ただ者ではないです。ロンドンで舞台・演劇をアンソニー・ホプキンスとやっていたそうですし、前作「Forever Fever」のあと、ミラマックス社と5年契約をしていたそうな。「青い館」の中では、役者としても出演しています。今回観た東アジア映画の中で一番気に入った作品です。

<TIFF interview>

http://www.tiff-jp.net/report/daily.php?itemid=1247

<TIFF Q&A Oct.18>

1) http://www.youtube.com/watch?v=mYzWivC4XMY

2) http://www.youtube.com/watch?v=TNkZpvKTVCU&NR=1

------------------------------------------------------------------

それから、今日は、『九月に降る風』のトム・リン監督の盟友、チェン・ヨウチエ監督の長編デビュー作『一年之初』の舞台挨拶@シネマート新宿に行って参りました。『九月に降る風』で新竹の警察署の警察官役だったチェン・ヨウチエ&ホァン・チェンワイのコンビで、二人ともTIFFの『陽陽 Yang Yang』の来日の合間を縫っての舞台挨拶でした。チェン・ヨウチエ監督は日本語ベラベラで、ホァン・チェンワイさんの通訳もしていました。故郷を想う心、”望郷”ってなかなかすぐには出ませんね(笑)。

台湾映画界は、昨年2008年に大きな動きがありましたが、トム・リン監督とチェン・ヨウチエ監督は大注目です。この二人の作品は要チェック!観ておいて損はありません。

« 羽田空港の整備を優先 | トップページ | 全日空、沖縄貨物ハブ計画を始動 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/31932485

この記事へのトラックバック一覧です: 東京国際映画祭2009 東アジア映画:

« 羽田空港の整備を優先 | トップページ | 全日空、沖縄貨物ハブ計画を始動 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック