フォト
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月23日 (日)

年賀状リスト

1年も早いもので、あと1ヶ月ちょっとで2008年も終わってしまいます。年を重ねるにつれて、月日が経つのが本当に早く感じられます。

さて、12月は中旬にシンガポール出張が控えているため、年賀状の作業を早めに始めています。

名刺をもらう度に更新していたリスト化作業をここのところ怠っていたので、今週一気に入力・整理をやりました。だいたい500通ぐらいになりそうです。

デザインの方は来週フィックスです。刷り上ったら宛名書きとメッセージ書きをして、出張前には郵便局に持ち込みたいと思っています。

2008年11月 2日 (日)

『ORZ ボーイズ』 @The 9th NHK ASIAN FILM FESTIVAL (2)

本日、『ORZボーイズ』上映1日目。NHKふれあいホール、15:00~の回に行って来ました。

プサンで観た時よりも細かい部分がわかり、作品をより深く理解できました(と言っても、そんな小難しい映画ではないのですが)。

主演の子供たち、やっぱりカワイかったです。特に「騙子2号」。目に入れても痛くないとは正にこんな感じ。

気になったのは観客の反応。プサンの時よりも笑いが控え目。プサンでは5分に一度ぐらい会場が大笑いだったのですが、東京の反応は寂しい感じでした。

この映画、台湾語と国語の会話の掛け合いが面白かったりするのですが、翻訳の問題なんでしょうかね、プサンで大ウケしていたのに。

上映後のティーチ・インには、昨日東京入りした監督と「騙子2号」に加えて、本日昼に成田に到着したばかりのプロデューサーの李烈さんと「騙子1号」がぎりぎりセーフで参加。プレゼント付きクイズ形式の演出もあったりして、楽しく和やかな雰囲気でした。

『ORZ ボーイズ』はとても良く出来た作品で、自分は、『九月の風』(九降風)と同じぐらい好きな映画です。監督にとっては、本作が初の長編映画。『九月の風』(九降風)のトム・リン監督に負けない才能です。

こういった若い監督たちの才能が花開いた台湾映画界の今後に大期待です。

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック