フォト
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

« 『ASEAN マーケティング』 Think Globally! Think Regionally! Think Locally!  | トップページ | 資本金 999万円 »

2008年3月 9日 (日)

F4 ケン・チュウのコンサートで感じた東アジア性とローカル・マーケティングの必要性、トライリンガルの必要性

昨日、F4のケン・チュウのコンサート@東京フォーラムに行って参りました。

スペシャル・ゲスト(レイニー・ヤン)、F3からのビデオ・メッセージ、和太鼓演奏、JAZZ、カーペンターズのメドレー、新曲ご披露など、いろいろと演出の工夫がされていて充実したコンサートだったと思います。

会場では今までお世話になった華流業界の方々にご挨拶も出来ました。

さて、ケン・チュウのコンサートでは、いくつか感心させられたことがあります。

1)ケン・チュウがMC(楽曲の合間・合間のおしゃべり)で話をする時、必ず、英語・中国語そして”日本語”で話をしていたことです。ケン・チュウはシンガポールで8年ぐらい暮らしていたことがあるそうなので、英語・中国語はネイティブ。今回のコンサートでは、英語の歌も多く取り入れられていました。そして、MCでは、英語・中国語に加えて、日本語、しかも、ちょっと長めの日本語で話をしていました。トライリンガルです。日本でのコンサートのため、日本のファンのために努力をしたんだな~、と感心しました。日本語は一つ一つの言葉を噛み締めながら話をしていて、ケン・チュウ頑張ってるな、と感動しました。それからバック・バンドのメンバーのほとんどは日本人でした。彼らF4にとって大事なマーケットである日本というローカル・マーケットに合わせたマーケティング努力なのだと思います。これから東アジアで活躍しようとする日本人アーティストも見習った方がいいかもしれませんね。

2)楽曲についても、日本語の歌詞・日本の楽曲を取り入れるなどの工夫がされていました。一番最初の楽曲「晴天/On Fine Day」の1フレ分、それから、スペシャル・ゲストのレイニー・ヤンに到っては安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」を丸々一曲日本語で歌いきりました。彼女はMCでもしっかりとした日本語で話をしていましたので相当努力をしているのでしょうね。ローカルに合わせたマーケティング努力の表れだと思います。

3)和太鼓の演奏。これにはビックリしました。日本の和太鼓アーチスト6人との共演で約10分の力強いパフォーマンス。これは並々ならない努力をしたのだと思います。コンサート後の記者会見では、「日本に2月19日に来てからずっと練習をしていた」とコメントをされていたので、原来如比。努力家なんですね。

4)「東アジアの範囲」って、自分の考えている範囲とやっぱり同じなんだな、と感じる場面がありました。「今日のコンサート、韓国から来ている人~?」「香港から来ている人~?」「台湾~?」「シンガポール~?」「タイ~?」「インドネシア~?」。東アジアのアーチスト(特に中華圏の)が思い描いているファン像は、大体において東は日本、西はタイ、北は中国・モンゴル、南はインドネシアという感じではないでしょうか?(時々、米国西海岸やオーストラリアも登場しますが)。すなわち之、華僑の主要居住区なんですね。リージョン思考で考える時、東アジアは大体この範囲(ASEAN10+日・中・韓)に納まる感じです。

« 『ASEAN マーケティング』 Think Globally! Think Regionally! Think Locally!  | トップページ | 資本金 999万円 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1006163/11109230

この記事へのトラックバック一覧です: F4 ケン・チュウのコンサートで感じた東アジア性とローカル・マーケティングの必要性、トライリンガルの必要性:

» マーケティングを知りたい [マーケティングを知りたい]
そもそも、マーケティングという言葉が使われだしたのは1900年代以降の話になります。 [続きを読む]

« 『ASEAN マーケティング』 Think Globally! Think Regionally! Think Locally!  | トップページ | 資本金 999万円 »

オススメ関連サイト

無料ブログはココログ

最近のトラックバック